チャネリングについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォーキャスターやウォーロックは、コントロールエリア内のバトルグループにチャネラーがいると、そのモデルを基点にSELF、CTRL以外のスペルを使えます。この時スペルの対象となるモデルが見えているかやコンシール、カバーを得ているかどうかはチャネラーのモデルから判断します。(アークノードを持つモデルはチャネラーです。)
敵モデルのメレーレンジ内ではチャネル出来ません。チャネラーがノックダウンしていてもダメです。

利点
  • ウォーキャスターやウォーロックのスペルの射程を大幅に拡張できる。
味方を支援できる範囲が広がりますし、WCやWLが前線に出る事なく、敵にスペルを掛けられます。前者も重要ですが、後者は敵を弱体化するスペルを持つ場合、大きな利点になります。

  • 視界外にスペルを掛けられる。
スペルを掛ける際にはターゲットが視界内である必要があります。ウォーキャスターやウォーロックから見えないターゲットでも、チャネラーから見えていれば、掛けられます。(チャネルする場合、チャネラーが攻撃の基点になります。この為、基点がターゲットの背後に回り込んでいる場合、スペルのアタックロールにバックストライクボーナスを得る事ができます。)

欠点
  • コストが高め
アークノードを持つウォージャックは、どうしてもコストが高くなります。チャネルは有効な能力ですが、全てのウォーキャスター、ウォーロックに必要不可欠とは言えません。その辺りを踏まえて編成を行いましょう。

現状
ウォーマシン
カドーアとマーセナリーはチャネルの可能なウォーキャスターが限定されます。(オールドウィッチと(E)マグナスのみ)

ホード
リージョン以外では、スコーンとサークルが特定のウォーロック限定でチャネル出来ます。(ヘクセリスとラシェス、Eカヤ)




今日 -
昨日 -
トータル -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。