四つの兵種(Hordes)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホードには四つの兵種があります。

  • ウォーロック(以下WL)
大将で魔法使いです。強力なモデルですがやられたら負けです。
フューリー(以下Fury)という独自の能力を持ち
バトルグループのウォービーストから回収するFuryポイントを消費して
様々な効果を発揮できます。WL独自のスペルであったり
アタックやダメージのブースト、追加攻撃、自身の受けた
ダメージの回復、ウォービーストの回復etc。
便利ですが、使わずに持っておいたFuryを消費する事で
受けたダメージをバトルグループのウォービーストに
転送する事も出来ます。状況に応じて消費しましょう。
また、WLからFuryの二倍の範囲をコントロールエリア(以下エリア)と
呼び、この範囲内ではWLからの距離を計る事ができます。
それ以外にもエリア内に効果のあるスペルや
ウォービーストからFuryを回収できる範囲もこれに依存します。

  • ウォービースト(WB)
戦闘用に操る獣です。
高いARMと高い攻撃力を持ち
HPもどんな兵種よりも多いです。
WLのエリア内にいればFuryポイントを
一定の範囲まで貯め込む事で、アタックや
ダメージのブースト、追加攻撃に
走ったり、チャージしたりが可能です。
更にWBだけに可能なパワーアタックという
特殊攻撃が行える他、アニムスという能力も使えます。
このアニムスはWLが借りる事も出来ます。
WBは更にヘヴィーWBとライトWB、レッサーWBという三つに
大別されます。
 ヘヴィーウォービースト
 コストは高いが、それに見合う性能をしています。
 回避力/DEFは低めですが、高いARMを持ち
 HPとあいまって高い耐久力を誇ります。

 ライトウォービースト
 コストがヘヴィーWBに比べて安い分
 能力もそれなりの簡易版です。比較すると
 DEFと移動力/SPDは高く、ARMとHPは低めです。

 レッサーウォービースト
 コストが更に安いWBです。ライトWBの特徴を更に
 強調し、ベースサイズがスモールです。

  • ユニット
一般の兵士です。WLやWJB違って複数(主に3-10)のモデルで
構成されている兵種です。ユニット内のモデルは
リーダーのモデルの指揮値(以下CMD)の範囲内まで
広がって移動できます。
DEFが高くARMの低い軽歩兵とその逆の重歩兵がいます。
能力は様々で射撃を得意とするユニット、接近戦を
得意とするユニットなど色々です。
HPは各モデル毎に1しかないユニットが大半ですが
5-8の範囲で持っているユニットもあります。
後者の中に更に特殊なユニット、キャバルリーユニットがあります。
 キャバルリー
 騎兵です。モデル数は3-5。HPも最低5以上。
 非常に高いSPDを持ち、騎兵としての特殊ルールも
 複数持っています。ただしその分コストも高めです。
 更にキャバルリーの中にも突破力に優れた
 ヘヴィキャバルリーと、比較して軽装甲ですがDEFに優れ
 ヒットアンドアウェイが可能なライトキャバルリーに分かれます。

  • ソロ
エリート兵です。WLやWBではないが、一体だけで
成立しているモデルです。総じてユニットの一体よりも
高い能力を持ちます。ユニットに比べるとコストが安いのも特徴です。
また味方を支援する能力がある事も多いです。
特殊なソロとして下記の二種があります。
 キャバルリーソロ
 騎兵でもあるソロです。キャバルリーの能力を併せ持ちます。

 ドラグーンソロ
 騎兵ですが、HPが馬の分と本人の分の二つあり
 まず馬がやられると、降りて普通のソロになります。

編成は総コストの範囲内で、基本的にWCを一人と
残りのモデルを制限の範囲内で行います。
追記としてWLはウォービーストポイント(以下WBP)
という数値を持ちます。総コストから、このWBPの
分だけWBのコストが差し引かれます。
(例:総コスト15でWLのWBPが+6の場合、WBの
コスト6Pまではタダ。実質21Pまで編成できます)
どのような編成をするのも自由ですが
WBをある程度組み込んだ方が得だということです。  


今日 -
昨日 -
トータル -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。