メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

“職人”として、私達にできること




冬の昼さがり、店の会計処理を一通り終えた私・晶は店のシャッターを
がらごろと降ろし始めた。この作業がいつでも大変だ……私一人では。
だが、彼女がいればそれも苦にならぬ。本当に手伝いはありがたいな。

「よっこらしょ……はい、マイスター持ってくださいですのっ」
「うむ、御苦労。いつもすまぬな、私の身長が足りぬばかりに」
「もう。おとっつぁんそれは言わない約束だよぉ、ですの~♪」
「おとっつぁん言うなッ。まったく、ワンセグの見すぎだぞ?」

ロッテが滞空しながら引き降ろしたシャッターを完全に閉じ、施錠。
そしてフックに、ラミネート加工を施した張り紙をこしらえてやる。
“外出につき、本日は臨時休業いたします”。これで準備は整った。

「これでよしと……では往こうかロッテ、奴めの店にな」
「はいですの~、いいお返事がもらえるといいですけど」
「だな、奴ならばどうにかできるかもしれんのだが……」

マイスター(職人)たる私だが、専門性はさておき万能でない自覚はある。
神姫の事で言えば、主にデータ処理の方か。こちらはまだまだ修行の身。
故に、今日は先日面白そうな客を紹介してくれた“奴”の所に赴くのだ。
某町商店街に構えるその店名は……“ホビーショップ・エルゴ”という。

「こんにちわ~ですの~、ジェニーうさ大明神さま~♪」
「ロッテさん……貴女まで大明神と呼ばないで下さいよ」
「ん?やあいらっしゃい。晶ちゃ……ゲフンゲフン、晶」
「来てやったぞ日暮。過日は客を紹介してくれて感謝だ」
「はは。ウチで捌ききれない時だったから、礼はいいよ」

日暮夏彦。この店・エルゴの店長を務める……訓練されたオタ男だ。
正直、アキバの専門店にも引けを取らぬ神姫関連の品揃えは感服だ。
他がアレなので、ホビーショップという冠詞はどうかとも思うがな。
そしてロッテにじゃれつかれ困惑している胸像は、ジェニーという。
ヴァッフェバニーの頭部に、共通規格部品の台座を与えているのだ。

「しかしまあ相変わらず、突き抜けた品揃えだ。参考になるぞ」
「いつも思うけど、これで参考になるのかい晶ちゃ……っとッ」
「よろしい。いや、主要ユーザー層の趣味嗜好を知る上でな?」

即座に訂正したので、ハンマー飛び膝蹴りは勘弁してやろう。有無。
まあ今言ったが……如何せん女の思考では、一見見えぬツボがある。
故にエルゴの品揃えを調べ、日暮と語らう。重要な市場調査なのだ。
尤もそれだけでこの店に来る程、私も暇な身分ではないのが辛いな。

「とりあえず、このパーツとこれを買って……本題に入ろうか」
「毎度ー。よっこらせ……それで、今日の用件はなんだい晶?」
「2つある。まずはこの間話していた、データを失う神姫の事」
「ああ、アレね……晶の店にも来たのか?教えた通りの症状で」

日暮の目がすっと細まる……奴めはこれでなかなか“正義感”がある。
真剣味は少し疑問であったが、この目にはホンモノの意志を感じるな。
それを確認して、私は神姫──マオチャオタイプを、寝台に寝かせた。
死んでいるかの様に動かないが、機構的には全くの正常だ。だが……。

「うむ。基幹プログラムがごっそりと削り取られている様だ……くッ」
「ああ泣くな、って言っても泣かないだろうけどさ。対処は可能だよ」
「ほ、本当かッ!?……流石は日暮だ、私もまだまだ修行が足りんな」

泣きたくなるのも当然、神姫にとっては体と心を引き剥がす“拷問”だ。
無理矢理データを移管した所為で、この様になっている所までは分かる。
だが、その先……常連から預かった神姫“ミモザ”を救出する手はない。
実際に涙は見せぬが、マイスター(職人)としてどうにも歯がゆくて……。

「まあ、何にせよ救出できるなら頼みたい。これも“神姫犯罪”か?」
「多分ね……事情はマスターから聞いてるんだろ?大方裏バトル関係」
「御明察。この通り、クライアントのログも渡してもらったぞ。ほれ」
「サンクス……ん、これなら大丈夫。今晩にでも助け出してあげるよ」

神姫犯罪。彼女ら神姫がテクノロジーの産物である以上、人間の悪意には
どうしても翻弄されがちだ。今回の様に他人の神姫データを簒奪したり、
小柄さを悪用して強盗をさせたり、暴力事件に使うマスターもいるとか。
有名無実の“プロテクト”も、防犯の役に全く立っていないのが現状だ。

「なぁ……私に、何か出来る事はないのかな、日暮」
「え?“神姫犯罪”に、かい?晶ちゃ……ムグムグ」
「そう。このまま黙って泣くのは、私の魂が許せん」
「マイスター……わたしも同じ思いですの、皆さん」

様々な事象が頭の中を駆けめぐり、ついつい弱音が零れる。
己の未熟さと世の不条理、そして哀れな立場にある神姫達。
どうにかしたい。偽善だろうが傲慢だろうが、それが本心。

「とオレに言っても、なぁ……なぁ、うさ大明神?」
「──────そうですね、私も返事には困ります」
「でも、どうにも我慢できない!……っとすまんな」
「落ち着いて。気持ちはオレらも良く分かるし、ね」

奴めらが何かを隠しているのは確かだが、今それを詰問はしない。
それ以上に、“私に出来る事は何なの?”という疑問が強いのだ。
彼女らは人間にとって、大事な大事なパートナーである筈なのに。
それを理解する所か、従属を強いる愚物が多いというこの現状に。

「……日暮。私に協力できる事があれば何時でも言え、必ずだ」
「今日はいつになく真剣だね、晶。まあ覚えておくよ……うん」
「日暮さん、マイスターはいつだって“全力全壊”ですのっ!」
「ロッテさん……発音だけでは微妙ですが、字が違いません?」

可愛らしい妹・ロッテを軽く撫でてやりながら、私は心中で宣言する。
“その時は職人として出来る事に取り組む”。今決めた、私の誓いだ。
疑問の答えになっていないが、まずは出来る事を一つずつという事で。
確認するまでもなく、ロッテも賛同するだろう。そういう娘だからな。
そして……日暮の“暑苦しい魂”が、こういう時は精神的支柱になる。

「いつかは私の様に、皆が神姫を共に連れ歩く日がくるといいな」
「そう、だなぁ……本当にそんな日がくるといいんだけど、ね?」
「晶さん。そろそろもう一つの用件も出してはいかがでしょうか」

いかん。うさ大明神・ジェニーの言葉で、私は調子を取り戻した。
もう一つの用件、追加武装の火器管制プログラムの相談をしよう。
繰り返すが、私もそこそこ自信は有る物のデータ処理はまだ未熟。
その為今日は開発した“アレ”のデータを持ってきたのだ、うむ。
プロ並みの腕を持つ日暮の意見を、どうしても聞きたくなってな。
とは言え、アレの正体そのものについては日暮にも、まだ内緒だ。

「マイスター、マイスター♪ここからはわたしも混ざりますの!」
「だな。実際に使う彼女の意見も聞いてやってくれぬか、日暮や」
「あいよ。重量級とは言えこんなに武器使うんだロッテちゃん?」
「マイスターの作ってくれた、制御用プログラムがありますのっ」
「じゃあ、そっちも一緒にチェックした方がいいね。いいかな?」
「構わぬ。この際、徹底的に改良点を聞かせてくれんか、頼む!」

──────更に高みへ……私とロッテはまだ途上なのだ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー