メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウサギのナミダ

ACT 1-8



「……落ち着いたかよ?」

 ほれ、と言って、缶コーヒーを俺の方に差し出す大城。
 今日は大城に迷惑をかけっぱなしだ。
 路地裏で泣き叫んでいた俺を、何とかなだめすかして、近くの公園のベンチまで連れてきて、座らせてくれた。
 ゲーセンで暴れようとした俺を止めたのも大城だし、今もこうしてコーヒーを買ってきてくれた。

「……すまん。今日は、迷惑をかけた……」

 自分の声か、と一瞬疑うようなガラガラ声。

「まったくだぜ」

 苦笑しながら、缶コーヒーのプルタブをあける。
 そういえば、喉がカラカラだ。
 俺も大城にならって、缶コーヒーをあけた。
 独特の甘苦い味が喉を通り過ぎると、不思議と心が落ち着いた。
 俺はやっと、大城をまともに見ることが出来た。
 革ジャンに、ジャラジャラつけたシルバーアクセ。
 相変わらずヤンキーに見える格好だが、優しげな視線を道の向こうに投げている。
 肩には、大城の神姫・虎実が乗っている。
 なんだか心配そうな表情で、俺を見ていた。
 ……虎実にまで心配されるようじゃ、しようがないな、俺は。
 今日の俺はどうかしている。
 こんなに感情的になったのは、生まれて初めてだった。
 歯止めがはずれて、自分の衝動を満たす以外のことは、どうでもよくなる感じ。
 俺はかぶりを振った。
 まったく俺らしくない。

「……話せよ」
「え?」

 何の前触れもなく、大城が言った。

「お前とティアのこと、全部話してみろよ」
「……いや、しかし」
「そうやって溜め込むから、あんなふうに暴発しちまうんだぜ?」
「……」
「それによ……俺がお前の友達だって自惚れさせてくれや」

 大城は、にっ、と歯を出して笑った。
 いい奴だ、と思う。

「……俺の恥をさらすようなもんだけど」

 そう前置きして、まとまらない頭をなんとか回転させながら、ぽつぽつと話し始めた。
 ティアとはじめて出会ったときのこと、話したときのこと、ボディを交換し、マスターの登録をしたこと。
 オリジナルのレッグパーツを武装にするために、様々な訓練をしたこと。
 ティアを公園に連れだしたときに、あいつが笑ったこと……。
 取り留めのない俺の話を、大城は相づちを打ちながら、辛抱強く聞いていた。

「俺は……結局俺は、自分のことしか考えていなかったんだと思う。ティアが武装神姫になりたいかどうかなんて考えもしないで……。そう言う意味じゃ、あの井山の奴と変わらないのかも知れない」
「そんなことねぇよ」

 大城が、俺の方を向いて、ごく真面目な表情で言った。

「ティアが本当に武装神姫になりたくないんだったら……あんなふうに戦えるもんかよ。いつも必死で、お前のために戦っていることくらい、端から見てれば誰にでもわからぁ」
「……今回は、みんなに否定されたけどな」

 俺が自嘲気味に言うと、大城は苦い顔をした。

「……すまねぇ。俺に言う権利はない言葉だったかも知れねぇ」
「わかってる、大城、お前を責めてるわけじゃない」

 そう、むしろ大城は言いにくいことを言ってくれて、暴れそうになった俺を止めてくれて、今は俺の愚痴を率先して聞いてくれている。
 感謝こそすれ、責める筋合いなどあろうはずがない。
 だが、ゲームセンターの連中の反応もまた現実だ。
 大城はわかってくれていても、他の連中はわかってくれない。
 俺達二人では、もうどうにか出来る問題ではないのだ。
 俺の口から、独り言のように言葉が転げ出た。

「いっそ……バトルロンドをやめるか……」
「え?」
「そうすれば、ティアは傷つかなくてすむ……ティアのことを考えれば、それが一番なんだろうな。
 俺は、ティアがこれ以上貶められてまで、バトルする必要がないんじゃないかって……そう思いはじめて」
「だめだ、そんなの!!」

 いきなり大声で叫ばれて、俺はびっくりした。
 大城も目を見開いている。
 叫んだのは、虎実だった。
 怒ったような、困ったような、必死の表情で、大城の肩から俺の方に身を乗り出していた。

「ティアがバトルをやめるなんて、絶対にだめだ! だめなんだ!!」
「な、なんでだよ……」
「だって……アタシは……ティアともう一度戦うことが、目標なんだからっ!!」

 ……なんだって?

「いや、そんなこと言ってもな……だっていままで、ティアと戦おうとしなかったじゃ……」
「ちがう、ちがうんだ! アタシは……っ!」
「あー、虎実はさ、ティアに憧れてたんだよ。ああいう神姫になりたいって、な」

 興奮している虎実に代わって、話す大城。
 ……なんだって?
 虎実がティアに憧れてる?

「初耳だぞ、それ……」
「そりゃあまあ、話したのは初めてだしな」

 真剣な表情の虎実とは対照的に、大城はにやにやと笑いながら言った。

「遠野、俺達がはじめてバトルしたときのこと、覚えてるか?」
「……まあ、な……」
「あんときは、俺達もはじめての負けで、頭きててよ……そりゃそうだろ、しこたま武装積んでるのに、ライトアーマー程度の軽量級に完敗だったんだから。
 しばらくは、地団太踏んでたもんさ。
 ……でもな、頭が冷えてくると、わかってきた。あの装備で勝てるってことが……少なくとも、俺達の奇襲をとっさにかわした技量が、どれだけすげぇのかっていうのがさ」

 俺は思い出す。
 虎実が、ハイスピード仕様にしたファスト・オーガを操り、飛び込んできたティアに向けて、フロントをバットのごとく振り出した奇襲。
 あの時の回避はティアのアドリブだった。
 大城は、缶コーヒーを一口飲み、話を続けた。

「それで……虎実は言った。
 自分も、あんな風に、技で勝負できる神姫になりたい、ってな。
 技を磨いて、独自の戦闘スタイルを確立して、オンリーワンの神姫を目指したい……ティアのように。
 自分に納得のいく戦いが出来るようになったとき、もう一度ティアと戦いたい……それまでは、ティアとやりたくないって、そう言ったのさ」

 俺は虎実を見た。
 必死の表情で俺を見つめている。

「まあそれで、俺達は俺達なりの戦い方を身につけようとしてんだ。武装も、前みたいにしこたま積むんじゃなくて、戦い方に合った武装を絞り込んで……それで、今じゃランバトにも参戦してるんだぜ?
 ゲーセンのランバトで納得のいく結果が出せたら、改めてティアに挑戦するために」
「だからっ……! ティアにバトルをやめられちゃ困るんだ!
 頼むよ、トオノ! きついのわかるけど、バトルはやめないでくれよ! もう一度、アタシとティアを戦わせてくれよ! 頼む、頼むから……!」

 虎実の必死の懇願に、俺は当惑しながらも感動していた。
 嬉しかった。
 俺とティアが積み上げてきたことを、こんな風に思ってくれる神姫がいるとは。

「けどな……」

 だけど、現実を見つめ直せば、そんな想いにも影が差す。

「そう言ってくれるのは嬉しいが……今は俺達がバトル出来る場所さえない……」
「……だったら!」

 虎実は決然と言い放った。

「アタシはランバトで一位を取る! 三強も全部倒して、あそこで一番強い神姫になってやる!
 それで、ティアをバトルの相手に指名する!
 それなら、誰も文句は言えない……言わせない!!」

 それはまるで誓い。
 強い強い決意だった。
 そこまでティアを信じてくれるのか。

「ありがとう、虎実……」

 その想いを無視することなんてできない。
 バトルロンドのプレイヤーであるならば、その想いに応えなくてはならない。

「俺達は……バトルをやめない。虎実と戦うまで、諦めない。
 そして、虎実が納得のいく戦いが出来るようになったとき、必ず挑戦を受ける。
 ……約束するよ」
「トオノ……」

 つぶやいた虎実の瞳から、雫が一筋、小さな頬を流れ落ちた。

「虎実……?」

 それが合図だったように、虎実の両の瞳から涙の雫が次から次へと溢れ出てきた。
 ついに顔をグシャグシャにして、虎実は泣き出した。

「ティアが……ティアが、かわいそうだ……あ、あんなこと……されてっ……つらくないはず……ねぇしっ……な、なのに……あんなこと、言われて……っ
 おかしいだろっ……ゲーセンの……連中は……わ、わかってるはずだろっ……ティアと戦えば、戦ったヤツは、わかるはずなんだ……! すげぇ頑張って……身につけた、技なんだって……
 な、なのに、あいつらっ……ちくしょうっ、ちくしょうっ……!!」
「虎実……」

 悔しかったのは、俺だけじゃなかったのか。
 泣いている虎実に、自分の姿がかぶる。
 自分の大切な者のために、何もしてやれない無力さ。
 今の俺と虎実は、きっと同じ想いだ。
 どうしようもない絶望の中でも、味方はいるのだ、と俺の胸は熱くなった。
 泣きじゃくる虎実に、せめて髪を撫でてやろうと、右手を伸ばし……

「うわぁ! なんだこれは!?」

 見慣れた手はそこになかった。
 異様に膨れ上がっており、色は紫色、まさに異形と言うべき手がそこにある。
 これが俺の手とは、到底信じがたい。
 だが、

「い、いたたたたたっ……!」

 確かにその異形の手から、激痛が伝わってきた。

「お、おい……トオノ、大丈夫か!?」
「あーあ、ひどい手だな。骨折もしてるかも知れねぇ……医者行くか」

 いまだに涙を瞳に溜めたまま、虎実は心配そうな声を上げ、大城はさもありなんと頷きながら、立ち上がった。
 しかしこの痛みはやばい。
 今までは気が高ぶっていたせいか気にもならなかった。だが、一度認識してしまうと、ひどい激痛に目がくらんでしまっている。

 俺は、大城の助けを借りて、なんとか近所にあった総合病院にたどり着くことが出来た。
 治療してくれた医者の先生に、「自分で壁を殴って怪我をした」と言ったら、こっぴどく怒られた。

 別れ際、大城はこう言った。

「俺達はお前達の味方だ。
 何もできねぇかも知れんけど。でも、俺達の力が必要なら、遠慮なく連絡しろよ」

 笑いながらそう言った。
 ……俺の方こそ、友達だと自惚れさせてほしい、いい奴だった。



 今日の自主訓練は最低だった。
 マスターから出された課題は、どれ一つとしてクリアできていない。
 それどころか、簡単な基本動作さえ、ままならなかったりする。
 何度も転んで、痛い思いをした。
 でも、本当に痛いのは身体じゃない。

 昨日のゲームセンターでの出来事。
 わたしが恐れていたことが、最悪の形で起きてしまった。
 雑誌に掲載されて、公表されるなんて……考えもつかないことだった。
 わたしの過去が、マスターに迷惑をかけた。ゲームセンターの人達は、手のひらを返したように、マスターに冷たくあたった。
 あんなに仲が良かった久住さんも、記事を見て逃げてしまったという。
 わたしのせいだ。
 わたしが、マスターを不幸に突き落とした。
 そして……マスターのあの目。
 マスターは、わたしのことをどれだけ恨んでいるだろう、蔑んでいるだろう、やっかいに思っているだろう……。
 わたしは、生まれて初めて、心が壊れそうなほど痛い、という思いを味わった。
 わたしは怯えて、謝ることしかできなかった。
 せめて、いつものように出された課題は、いつもよりも必死で頑張ろうと思ったのだけれど。
 ……身体が言うことを聞かなかった。
 怖かった。いままで積み上げてきたものが、もう無意味になってしまうのではないか、という思いが胸をよぎった。
 そのたびに、わたしはトリックに失敗し、転んだ。

 マスターに迷惑をかけるだけじゃなく、教えられたことも満足に出来ない。 
 わたしはもう、マスターにとっては何の価値もなく、ただのやっかい者に成り下がってしまった。
 マスターも今度こそ、わたしに愛想を尽かしたに違いない。
 わたしは、どうなってしまうのだろう。
 あの、元お客さんだった人のところに連れて行かれるのだろうか。
 お店に戻されるのだろうか。
 もしかすると、電源を落とされたまま、二度と目覚めることはないのかも知れない。
 そのいずれもが、怖くて、悲しくて、わたしはまた泣いてしまう。
 思い返せば、ああ、わたしは……マスターとの戦いの日々が幸せだったのだと……それを手放さなくてはならないことが悲しいのだと、ようやく理解したのだった。

「ただいま……」

 玄関の扉が開いた音に、わたしは顔を上げる。 

「お、おかえりなさい、マスター……」

 マスターの声はあまり元気がなかった。
 何かあったのだろうか……。
 姿を見せたマスターを見て、わたしは驚いた。

「どうしたんですか、右手……」
「ん、あぁ……」

 マスターは右手を軽く挙げる。
 彼の右手は、包帯でぐるぐる巻きにされていて、元の手が全く見えていない。
 なにかギプスのようなものをしているらしく、左手と比べてもずいぶん太くなっていた。

「大丈夫。なんでもない」

 なんでもないはずないじゃないですか。
 でも、わたしに問いただすことは出来なかった。
 そんな権利はないのだ。
 ただ、マスターのことが心配で、困ったように見つめるだけ……。
 マスターがわたしを見た。

「そう、心配そうな顔をするな」

 マスターはかすかに笑った。
 でもそれは、いつもと違って、自嘲のような苦笑だった。
 マスター……その怪我も、わたしのせいですか。
 わたしがマスターと一緒にいるから、傷つくんですか。
 わたしの胸に、また耐えがたい痛みが走った。
 わたしが、マスターに愛想を尽かされることよりも、つらくて悲しいことは。
 マスターが自分のせいで傷つくことだと、今ようやく気がついた。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー