メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キズナのキセキ

~ エピローグ ~




 俺は今日も、ティアを連れて、ゲームセンター「ノーザンクロス」に来ている。
 四月を半ばを過ぎた土曜日の午前中。
 チームメイトはまだ来ていない。
 高校生のメンバーは午前授業の日だし、大城はランキングバトル目当てだから、昼過ぎにならないと来ない。
 新年度が始まって間もない頃だ。常連客もまばらで、ゲーセンの中はいつになく平穏だった。

 菜々子さんと桐島あおいがバトルした日から、二週間が経つ。
 菜々子さんは、いまだに顔を見せていない。
 体調が悪いわけではないようだ。彼女の様子は、頼子さんからのメールで知っている。新学期が始まり、忙しくしているのは間違いない。
 しかし、以前は忙しくても無理矢理時間を作ってまで顔を見せた彼女だ。あの日以来、ゲームセンターに来ない彼女を心配して、八重樫さんたち高校生メンバーが先日、久住邸を訪ねたらしい。
 頼子さんが玄関先に出て言うには、

「もう少し時間がほしい」

 とのことだった。
 今はまだ心の整理がつかないということだ。

「……早く戻ってきてくれればいいのに」

 八重樫さんたちは少し寂しそうにそう言った。
 俺も大城も、菜々子さんが帰ってくるのを待っている。
 だが、彼女が帰ってこられない原因の一端は、間違いなく俺にあった。

 あの日、バトル終了後に警察が踏み込んできた。
 その手引きをしたのは俺だった。
 警察には離れたところで待機してもらい、バトルが終わってから踏み込む手はずになっていた。
 バトルの勝敗に関わらず、『狂乱の聖女』は捕らえられる予定だった。
 そこまでのお膳立てをする代わりに、現場でのリアルバトルと多少の無茶は目をつぶってもらえるよう、警視庁の地走刑事とは話を付けていた。
 結果、任意同行ではあったが、桐島あおいは警察に連れて行かれた。

 すべてが終わった後、そうする必要があったことは説明したが、菜々子さんにしてみれば、俺の裏切りに見えても仕方がない。
 俺は言い訳しなかった。菜々子さんの落胆は痛いほど分かったが、慰めの言葉をかけることはできなかった。このときほど、自分の口下手を呪ったことはない。

 その日以来、俺は時間を見つけては、できるだけゲームセンターに入り浸るようにしていた。
 日々の状況をメールで菜々子さんに知らせる。以前、彼女が俺に、そうしてくれたように。
 たまに短い返信が返って来ると、ほっとする。彼女との絆が断たれていないことを実感するのだ。
 そして俺は待ち続ける。
 彼女が来るのを待っている。



「あっ……マスター……あの方は……」

 先に気がついたのは、ティアだった。
 俺は顔を上げる。今入ってきた客の姿を確認する。
 一瞬、本人かと見間違えそうになる。だが、ティアの言うとおり、俺の待ち人だった。
 その客は女性である。軽やかな春物のワンピースとカーディガンを身まとい、清潔感のある大人の女性、といった佇まいだ。
 帽子をかぶっていないせいもあってか、過去に見た印象をまるで違って見えた。
 その女性が俺の視線に気づいたように、顔を上げた。
 彼女は迷わずに俺の前までやって来る。

「遠野くん……ちょっと、いいかしら?」

 涼やかなその声は、一度ならず聞いている。
 俺は応える。

「やっと来てくれましたね……予想より遅くて心配しましたよ」

 振り向かずにはいられないほどの美貌が目の前にある。少し緊張しながら、名前を呼んだ。

「……桐島さん」

 俺の待ち人……桐島あおいは少し困ったような微笑みを浮かべ、肩をすくめた。



 やかましいゲームセンターで立ち話も何なので、俺は行きつけのミスタードーナッツに桐島あおいさんを案内することにした。
 甘いものは大丈夫かと訊くと、大好き、と笑顔と共に返事が来た。
 マグダレーナと一緒だった時とは明らかに雰囲気が違う。不敵な笑みを湛えた、超然とした雰囲気はなく、人好きのする明るい雰囲気に入れ替わっている。こちらが桐島あおい本来の姿なのだろう。

 店に着いて、ドーナツを取って席に座る。
 店の奥、窓に近い席だ。俺が入り口が見える方に腰掛けると、桐島さんが向かいに座った。

「あの子が……マグダレーナがかばってくれたみたい」

 桐島さんがそう話し始めた。
 彼女が警察にいたのはバトルの日の夜までで、その後二回ほど警察に出頭して終わりになったという。
 厳重注意されただけで、何のお咎めもなかった。
 それというのも、マグダレーナのメモリから、桐島あおいに関する一切の情報が出てこなかったからだ。最凶神姫から直接的な手がかりが出てこなかったため、証拠不十分として注意だけで終わったらしい。
 もっとも、マグダレーナのメモリから桐島さんの記録が出てきたとしても、大きな罪には問われないだろうとは予想していた。
 裏バトルに出入りして、賭博に関わっていたことは事実としても、証人の方も裏バトルの運営者や、裏バトルに参加するマスターや観客だから、桐島さんの証言をすれば、やぶへびになりかねない。
 また、警察が今回の件でターゲットにしていたのは桐島さんではなく、マグダレーナだ。彼女はどちらかと言えば、重要参考人だった。
 だから、警察が掴んでいる以上の罪には問われないと思っていた。

 それにしても、マグダレーナが警察の調査の前に、桐島さんの記録を消したというのは、どのような心境の変化だったのだろうか。

「マグダレーナも……桐島さんとの絆を自覚した、ということでしょうか?」

 テーブルに座っているティアが言う。
 俺と桐島さんは小さく頭を振った。今となっては想像の域を出ない。真意を知っているのはマグダレーナだけだ。
 だが俺も、ティアと同じように……マグダレーナが最後には、人間との絆を信じるに至ったと、思いたい。

「それに、世の中はそれどころじゃないものね」

 桐島さんが苦笑しながら言うのに、俺は真顔で頷く。
 そう、今、世間はそれどころではない。

 マグダレーナの記録から、亀丸重工によるMMSの軍事研究利用が明るみになったのだ。
 日本有数の大手企業によるMMS国際憲章違反。丸亀重工には、先日、強制捜査が入る事態にまで発展していた。
 この事件は連日報道されている。警察は蜂の巣をつついたような騒ぎになっているはずだ。
 先日、バトルの現場を押さえた警察の真の目的がこれである。
 亀丸重工よりも先にマグダレーナを確保し、亀丸のMMS不正利用を暴き出す。それは見事に成功した。

 また、桐島さんとマグダレーナが救い出して保管していた神姫たちも、彼女たちのアジトだった廃倉庫から発見された。
 百体近い神姫の保護は前代未聞だ。しかも、いずれも人間のマスターによって虐げられてきた神姫ばかりである。
 警察のMMS犯罪担当は、普段でも全然手が足りていない。そこへこの大規模事件に大量の神姫の保護である。裏バトルの参加容疑者一人にかまってはいられない状況だった。

 今の状況を改めて整理してみて、思う。
 マグダレーナは、彼女が望んだ方法ではなかったにせよ、結局は彼女自身の復讐を果たしたのではないか。
 マグダレーナ自身が犠牲になることをきっかけに、恨みのあった企業にダメージを与え、研究を停止させて仲間を救い、さらに人間たちに虐げられていた神姫たちを数多く救った。
 それは紛れもない事実なのだ。

「その後はどうしていたんです?」
「祖父母のところに戻って、いろいろ話したり。祖父母はずっと放任だったのにね……警察に世話になって、病院で検査して……なんてことしてたら、怒られるやら、心配されるやら、泣かれるやら……不思議よね」

 桐島さんが、肩をすくめて苦笑する。
 それが桐島さんの家族の絆だということなのだろう。血のつながりはそう簡単に断てるものではないのだ。俺はふと、頼子さんと、自分の父親のことを思い浮かべていた。

「それから、心療内科に検査に通ったわ。長い間、マグダレーナの催眠術を受けていたから、念のために」
「結果はどうでした?」
「まあ、深刻な影響は出てないみたい。でも……結局のところ、どこまでが自分の意志で、どこまでがマグダレーナの操作だったのか……いまとなっては、わたしにも分からないの」

 桐島さんはうつむき、苦渋の表情を浮かべながら、続けた。

「菜々子には悪いことをしたわ。後悔している。あの子から、ミスティを奪うなんて……どうかしていたと、今になって思う。
 でも、あのときの気持ちは……はっきりしないの。マグダレーナの意志なのか、自ら望んだことなのか……今となっては分からない。
 もしかしたら、もう後戻りできない自分を止めてもらいたかったのかも知れない」

 後戻りできないように未練となる妹分と戦ったと思っていたが、実際には逆だったのか。
 二度の敗北を喫してもなお、菜々子さんは立ち上がり、そして勝利した。
 かつて桐島さんが語った「理想の神姫マスター」となった菜々子さんが、かつて菜々子さんが「アイスドール」と呼ばれた時の思想を極めた桐島さんを倒した……そして桐島さんは、心のどこかでそうなることを望んでいた……なんとも皮肉な話だ。
 そう言えば、桐島さんの暴走を止めたいと願う人が、もう一人いたことを思い出す。

「……姐さんには会いましたか?」
「姐さん……? だれ?」
「M市のゲームセンターで働いてる、バイトの姐さんですよ」
「ああ……」
「あの人も心配していましたよ、桐島さんのことを。一度会って、無事を伝えた方がいいと思います」
「っていうか、あんなとこまで行って、調べたの?」

 ちょっと睨みながら、それでも口元には笑みを浮かべて、桐島さんが小さく抗議する。
 その表情がどこか菜々子さんを彷彿とさせて、なるほど姉妹なのだなと、妙なところで納得した。
 俺はその抗議をどこ吹く風と受け流しながら、コーヒーのカップを口に運ぶ。
 よくやるわね、と桐島さんは肩をすくめ、一段落したら姐さんに会いに行くと約束してくれた。

「それで……これから、どうするんです?」

 俺の問いに、桐島さんは自嘲するように笑った。

「……もう武装神姫はやめるわ。あの子にも、もう会わない。それがわたしの、せめてもの償いでしょうから……ね。
 今日はそれを言いに来たのよ。あの子に……菜々子に会えなければ、もうそれっきりのつもりで……」
「……」
「だから、遠野くん、菜々子に伝えてくれる? もうわたしのことは忘れて、あの子の望む道を行きなさいって……」
「駄目です」

 俺は彼女の言葉を即座に否定した。
 少し目を見開いて驚いた桐島さんに、俺は真顔で続ける。

「菜々子さんに償うというなら、あなたは武装神姫を続けなくては駄目だ。それが菜々子さんの望む道だ。あなたがここでやめてしまえば、彼女の今までの苦労がすべて無駄になってしまう。それは俺が許さない」
「でも……」
「それに、ルミナスもマグダレーナも……あなたの神姫たちは決してそんなことを望んではいない。新たな神姫を手にして、絆を育む。それこそが、彼女たちが本当に望んだことでしょう」

 だからこそ、マグダレーナは自らの記録から桐島さんを抹消し、彼女を守ろうとしたのだ。俺はそう信じている。
 桐島さんは、深いため息を一つついた。

「厳しいわね、遠野くんは……そして優しい」
「優しくはないです。……俺の言うことなんて、誰かを追いつめてばかりだ」

 俺がもっとうまく話ができたなら、もっとうまく立ち回ることができたなら、誰も傷つけずに解決できたかも知れない。いつも、そう思う。

「それに、俺は菜々子さんのためだけに動いています。彼女のためなら、厳しいことなんていくらでも言いますよ」
「菜々子が好きなのね?」
「……一応、恋人なので。
 それに……菜々子さんはかけがえのない恩人です。
 俺が絶望しているときに、手を差し伸べてくれたのは、彼女だった。
 あなたが、絶望の淵にいた菜々子さんに、手を差し伸べたように」
「……」
「彼女の気持ちはよく分かる……だから、こんなメールも送ります」

 俺は桐島さんに携帯端末の画面を向けた。
 彼女の眼が大きく見開かれ、顔色を失った。

「このメール……いつの間に打ったの?」
「この店に来る道すがら」

 ドーナツ屋に案内しながら、桐島さんに背を向けていた俺は、自分の身体をブラインドにして、素早くメールを打ち、送信していた。
 タイトルだけの短いメール。

『いますぐドーナツやにきて』

 相手先にはそれだけで用件が伝わると確信している。
 桐島さんが驚きのあまり腰を浮かせた。
 俺は彼女の肩越し、今し方入ってきた客に視線を向けながら、言う。

「逃げられませんよ?」

 息を切らして入ってきたその客は女性。
 ショートカットの髪。春物のブラウスに、細いパンツという出で立ち。肩に神姫を乗せている。
 どうやらメールを見て、急いで来てくれたらしい。ベストタイミングだ。
 俺と視線が合う。
 すると、まっすぐにこちらにやってきた。

「貴樹くん……!」

 確信は現実になった。
 俺は彼女に小さく手を挙げたのみ。もはや何を語ることもない。俺の役目はここで終わりだ。
 メールの宛先……久住菜々子さんは、桐島さんの真後ろまで迫っている。
 菜々子さんが、ぴたりと歩みを止めた。

「……あおい……おねえさま……?」

 おそるおそるその名を口にする。何ともいえない表情が、彼女の複雑な心の内を物語っている。
 桐島さんも、負けず劣らず複雑な表情をしていた。驚き、苦渋、そして慈愛。いくつもの感情が彼女の表情を行き過ぎる。
 だがそれでも、大きな吐息一つで心を整えたようだ。視線をあげた桐島さんの瞳には、覚悟の色が見て取れた。肩をすくめて薄く笑う。
 そして、俺にしか聞こえない声で、言った。

「ありがとう、遠野くん」

 俺は小さく頭を横に振った。
 桐島さんは立ち上がり、振り向く。

「菜々子……」

 菜々子さんは動けずにいる。
 一瞬の沈黙。
 二人の間に万感の思いがよぎる。
 今にも泣き出しそうな、菜々子さんの顔。
 ふと、桐島さんが微笑んだ。作り物でない、本当の笑みは、とんでもなく魅力的だった。
 そして、今一度、愛しい妹分の名を呼ぶ。

「菜々子……!」
「……お姉さまっ!!」

 菜々子さんが、桐島さんの腕の中に飛び込む。しっかり抱き合う。
 ようやく菜々子さんは分かったのだ。出会った頃と同じ、本当の桐島あおいが戻ってきたことに。
 桐島さんは優しく微笑んでいる。
 菜々子さんの閉じた瞳の端に、光るものがにじんでいる。
 二人の間に言葉はない。
 だが、離れていた二つの螺旋は、ようやくここに同じ方を向いて重なった。

 菜々子さんの肩にいた神姫が、こちらのテーブルの上に飛び降りてきた。

「ティア!」
「ミスティ……!」

 二人の神姫も、抱き合って再会を喜ぶ。二人の間にあったわだかまりも、もはや遠い。
 ミスティは自分のマスターを見上げ、眩しい笑顔になった。ティアも明るく笑っている。

 店の中が少しどよめいている。
 店員も他の客も、何事かとこちらを見ている。
 菜々子さんと桐島さんは抱き合ったままである。
 だが、俺は彼女たちに声をかけることはしなかった。
 周りの目など気にする必要もない。
 なぜなら、二人は様々な困難を乗り越え、二年もの時を越えて、ようやく真の再会を果たしたのだから。

 しかし、すべての事情を知る俺が、その様子をじろじろと見ているのは、あまりに無粋というものだろう。
 だから俺は、そっと、目を閉じた。





(キズナのキセキ・おわり)








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー