メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典


キズナのキセキ



 ちょっと気が強い神姫と、理想を追い求めたマスターの、絆の物語。


著:トミすけ

○バトルロンドのバーチャルバトルの設定を『Mighty Magic』よりお借りしております。
○一部、武装神姫の性能などを独自解釈している部分があります。ご了承下さい。
○本作は前作「ウサギのナミダ」の続編です。前作からのキャラクターや設定が引き続き登場しますので、先に「ウサギのナミダ」をお読みになることをお勧めします。
○コラボ歓迎です。この作品のキャラクターや設定は無理のない限り、自由にお使いいただいてかまいません。



登場人物紹介
(本編のネタバレを含みますのでご注意下さい)






ストーリー


ACT0は過去編、ACT1は現在編となっています。
それぞれのACTごとの順番で、時系列順に追うことが出来ます。
お読みになる際には、下記リストの順番でお読みいただければ幸いです。











































番外編


黒兎と盗賊姫
前編 後編




この物語は、以下の作品の設定やキャラクターをお借りしております。





感想などありましたら、こちらにコメントをお願いいたします。
過去ログはこちらにまとめました。↓
キズナのキセキ コメントログ
キズナのキセキ コメントログ・2
キズナのキセキ コメントログ・3
キズナのキセキ コメントログ・4

  • 初めてコメントします。
    あおいお姉様のしてきた事を考えると手放しでハッピーエンドはやはり難しいですか…
    それでも私は二重螺旋が笑顔で迎えるエンディングを期待しながら、最終話の投稿を楽しみに待って居ります。
    -- Yu (2012-08-16 01:55:08)
  • アツい戦いでwktkです!!
    ついに最終話!!楽しみに待ってます~ -- 神姫中毒 (2012-08-16 10:39:54)
  • 最終回、とても楽しみです! コラボしたいんですが、何分バトロンから8年も経ってるとコラボしづらいですよね…… -- ユキ (2012-08-16 12:08:53)
  • 死ぬな!
    生きて帰って来て欲しい -- げしもちゃん (2012-08-16 21:20:17)
  • さて、遠野が何を考えているたのかの種明しが楽しみですね。
    このまま終わったら奈々子が報われん。まああの刑事はおそらく……。 -- 第七スレの6 (2012-08-17 23:48:21)
  • エピローグを投稿しました。最終回です。コメントログもまとめました。
    初投稿をさかのぼりますと、なんと二年も経っていました。
    執筆の遅い私の作品に長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。
    また、多くのコラボ作品の筆者様、素晴らしい作品をありがとうございます。皆様の作品なくして、「キズナのキセキ」はありませんでした。
    ……あとがきを書こうと思ったのですが、どうにも陳腐なものしか思い浮かばず、断念しました。
    一つ私が言うならば、「キズナのキセキ」という作品は、完結を持って作者の手を離れ、読者の皆様のものになったということです。
    願わくばこの物語が、皆様に気に入ってもらえることを祈りつつ、筆を置きたいと思います。
    長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。
    -- トミすけ (2012-08-23 23:15:12)
  • コメントにお答えいたします。
    Yu様>初コメントありがとうございます。嬉しいです(^^) エンディングはこのような感じになりましたが、いかがだったでしょうか。お楽しみいただけたなら、嬉しく思います。
    神姫中毒様>戦闘シーンは、私も書いていてとても楽しかったです。最終回はいかがだったでしょうか。
    げしもちゃんさん>まあ、死んだりはしなかったわけですがw 最終回もお読みいただければ幸いです。
    第七スレの6様>長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。エピローグはいかがだったでしょうか。
    -- トミすけ (2012-08-23 23:19:55)
  • コラボの件があるので、別コメントで。
    ユキ様>コメントありがとうございます。コラボはこのページの上にもあります通り、歓迎です。
    時系列については……気にしなくていいんじゃないでしょうか(^^; そうじゃないと、バトマスから入った人の作品は、バトロン時代の作品とコラボできなくなってしまいますから。
    そこは自由に考えていただいて、キャラ設定とかはそのままに、バトマスに合わせた戦術戦略なんてのを妄想するのも楽しいと思います。
    -- トミすけ (2012-08-24 00:42:39)
  • キズナのキセキ完結お疲れ様でした。
    そして、おめでとうございます。


    題名通りの「絆」が起こす様々な「奇跡」によって、この素晴らしい物語が完結しましたね~
    この度、エピローグを読み終わったのでコメントをしてみたのですが、これから後の物語も外伝として是非読んでみたいです。


    遠野さんと菜々子さんの今後。(警察へ連絡をしていた事による言い訳等の痴話喧嘩)
    ティアとミスティの会話。(ティアがミスティのメンテナンス中に聞いた初代ミスティからの伝言を伝えたり等の2人の絆の確認)
    桐島あおいと久住菜々子のコンビプレイ復活劇。(往年の二重螺旋の復活とその活躍風景等) -- ウサギの (2012-08-24 01:13:42)
  • 更に追記。
    そして、今回のキズナのキセキのエピローグを読んでみて思ったのですが、マグダレーナは警察に逮捕され、丸亀重工への証拠物件として警察に保護されたままで終わるのか?と思いました。
    マグダレーナ自身、イリーガルとして、裏バトルに参加し様々な違法改造された神姫を殺しているし、桐島あおいを助ける為に人を傷つけていたりするかもしれません。
    それに、丸亀重工が軍事目的の為に開発した強力な神姫なので、普通には開放出来ないというのは分かるのですが、マグダレーナにも救いが欲しいと思いました。
    意識と本人の記憶等、犯罪に繋がる部分を除去して、普通のシスター型として、桐島あおいの元に戻ってきてくれたら良いのにな~と、エピローグを読んでいる途中から思い続けています。


    トミすけさんの中では、これで完全に完結しているのでしょうが、マグダレーナへの救いも欲しいと思いました。
    桐島あおいとマグダレーナの為の「キズナのキセキ」があっても良いかな~と。


    読者が、ウダウダと好き勝手に書いていて申し訳ありません。
    大変素晴らしい物語をありがとうございました。 -- ウサギの (2012-08-24 01:14:17)
  • ついに完結ですか。長かったようで実際に楽しんだ時間は短かったというか…。
    これで残念ながら楽しみが一つ減ります。お疲れ様でした。


    やっぱりあの刑事でしたか。もう店長と並びお馴染ですね。
    この後どうなるのか、劇中では軽く流された遠野の家族関係の変化とかが気になります。
    そこら辺も読んでみたいかなぁと思っちゃったりとか、そんな一ファンの感想でした。 -- 第七スレの6 (2012-08-24 10:57:18)
  • くっ…仕事中に読んで不覚にも泣きそうになったです…あくびしたデスとごまかしておきましたが!
    読みだした当初からとても大好きな作品で完結したこと、読めたことがとても嬉しく思います。
    今後の作品を楽しみにしております!
    そして完結おめでとうございます!! -- 神姫中毒 (2012-08-24 11:44:17)
  • 物語の完結、お疲れ様です。長い物語での起承転結がしっかりしており、伏線もしっかり回収された丁寧な作りこみは見る度に感心し、学ぶものが多かったです。
    話の結末はしっかりとまとまった大団円で見ていて非常に気持ちのいいものでした。
    誰にも打ち明けずに進めてきた計画の上での遠野の行動は菜々子を助けるだけでなく、あおいを救い、結果としてマクダレーナの心すらも変えましたな。
    異なる三人の傷ついている心を開かせ、周りの人を変えていける遠野は本当に色々な意味で強い人ですね。
    たった一人のためにここまでできて、その上、周りを動かしていける人なんてそうはいません。


    素晴らしい物語をありがとうございました。トミすけさんの次回の作品を楽しみにしております。 -- 夜虹 (2012-08-24 21:50:59)
  • ついに完結してしまいました……ッ!
    読み終えた直後の感想がそれでした。完結、おめでとうございます。
    物語の開始当初、あれだけ凶悪だったマグダレーナが、最後にはあおいに対してあれだけの変化を迎えましたね。それも、ミスティとのすべてをかけたぶつかり合いや、あおい、遠野君たちとの関わり合いがあったからでしょうね。
    そして、遠野君や仲間たちの力を得て、全力で戦い抜いた菜々子さんとミスティ。彼女たちにも「お疲れ様です」と言いたいです(うちの食堂からも四人も出演させていただいて感激でした)。
    トミすけさんの次回作も楽しみにしています。


    ……いや、以前のトミすけさんのコメントから察するに、まだ番外編が残ってるんですよね? ね?


    -- ばるかん (2012-08-25 00:12:46)
  • 完結おめでとう御座います。読んだ後、あぁ楽しかった。と思える本当に素晴らしいエンディングでした。


    ただ一つだけ遠野君にツッコミを「気を使うなら、目なんて閉じてないで、菜々子さん分のドーナツをゆっくり選んで来なさい」…まぁソコまで気を回したら遠野君らしくない気もしますが…w


    もしあるのなら番外編や次回作も楽しみに待って居ます。
    個人的には、あおいお姉様に「武装神姫を続けるから私にピッタリの子を選んでね♪」とか無茶ぶりされて右往左往する遠野君と菜々子さんがみたいな番外編がいいなぁとか妄想しておりますw
    -- Yu (2012-08-28 03:50:18)
  • 読み返し中に怪しい文章ハッケン!
    1-18 二つ目の「□」記号の直後「、八重樫さんくらいだ。彼女が考えたの対戦の組み合わせなら」
    部分、「考えた対戦の組み合わせ~」なのかな?と思ってみたり・・・ -- 神姫中毒 (2012-08-28 14:17:36)
  • 長い間の執筆ご苦労様でした。


    一年半ほど前に神姫を知り、神姫とマスターとの絆を描いた前作
    そしてマスターとマスターとの絆を編み上げた今作を、ときには可笑しく
    ときには大きな感動と共に読ませて頂きました。


    やはり神姫の物語は彼女らの存在理由そのものである「絆」という
    テーマが似合いますね。


    個人的に冒頭の桜吹雪に佇む美女二人のシーンや、前作よりも寡黙で
    「当たり前の積み重ねだ」と難局を打開する主人公が私の好きな
    某古本屋の主の作品とダブり、この先どんなサプライズがあるのだろうかと
    妙にワクワクしてしまいました。


    ともあれ、完結おめでとう御座いました。
    次のエピソードは「女帝」との決戦? 次回作も楽しみにしています。 -- のらくろ (2012-09-03 00:19:35)
  • 遅くなりましたが、完結おめでとうございます。


    多くの神姫とそのマスター達が紡いだ絆の物語堪能させていただきました。
    他の方も仰っていますが個人的にはマグダレーナさんのその後が気なりますね、きっともう1つの奇跡が起こるのだろうと勝手に妄想しています。


    次回作も楽しみにしています。 -- 紙白 (2012-09-04 21:40:54)
  • ご無沙汰しております。
    最終回のコメント、たくさんいただきまして本当に感謝しております。
    遅くなりましたが、コメントにご返答させていただきます。
    ウサギの様>コメントありがとうございます。見たいシーンをいろいろあげていただきましたが、それらは読者の皆様の想像にお任せいたします。
    マグダレーナについては、作者からこれ以上申し上げることはありません。もしかしたら、どこか別の物語で登場してたりすると面白いかもしれませんね(笑)
    第七スレの6様>投稿開始当時から長らくお付き合いいただきありがとうございました。遠野君の家族関係については……書けるといいなぁ。
    -- トミすけ (2013-02-03 00:31:53)
  • 神姫中毒様>当初から大好きと言っていただき、作者冥利に尽きます。ラストも気に入っていただけたならよいのですが。
    夜虹様>過分なお言葉をいただき、大変恐縮です。そして、最新作では全面的に夜虹様のキャラクターに出てもらってしまいました。ご容赦いただければ幸いですm(_ _)m
    ばるかん様>武装食堂から四人出演いただいたこと、大変ありがたく思っております。お待ちかねの番外編、お楽しみいただけたら嬉しいです。
    Yu様>お楽しみいただけたようで、胸をなで下ろしています。確かに遠野は気が利きませんねw
    のらくろ様>コメントありがとうございます。某古本屋の主といえば……京極堂でしょうか。思えば、桜吹雪に美女二人というシーンは、影響があったかもしれません。
    紙白様>完結お祝いいただきありがとうございます。久々の投稿、お楽しみいただければと思います。
    -- トミすけ (2013-02-03 00:32:35)
  • さて、本編完結から半年近く経って、やっと投稿できます。
    この番外編は相当難産でした。
    ですが、本編の「特訓場」のシチュエーションにおいて、皆さんが見たい対戦カードではありませんでしたか?
    いや、私が一番読みたかった対戦なのですw
    ちょうど夜虹様が新作を投稿された、絶妙のタイミングで一人悦に入っております。
    お楽しみいただければ幸いです。
    -- トミすけ (2013-02-03 00:36:09)
  • ティアと蒼貴は超一流の神姫ですね
    2人のマスターはプロ級です
    すごいです -- げしもちゃん (2013-02-04 07:38:41)
  • 番外編キター!!!
    もう待ちわびてましたよ~
    本編ではあまり絡まなかった二人だけに確かに気になるカードでした!
    個人的には復帰したアクアとか、成長した虎実の活躍も見てみたいなー…とか
    作中に登場する神姫も人間も魅力的過ぎるので見てみたい組み合わせがいっぱいです><
    今後の更新も楽しみにしてますっ!! -- 神姫中毒 (2013-02-04 15:39:53)
  • おせっかいながら文章的な疑問点…
    前編
    尊氏の序盤のセリフ内
    「つまり、ネットワークをに強い神姫ってことだな」
    がありましたです。 -- 神姫中毒 (2013-02-04 16:06:44)
  • 後編
    2つ目の♦以下
    装備を工夫し技を磨いき
    がありましたです。 -- 神姫中毒 (2013-02-04 16:29:58)
  • 黒兎と盗賊姫、見させていただきました。互いの手札を全て出し尽くしての総力戦は見事でした。
    武装奪取をこんな方法で防いでくるとは予想外でしたし、トミすけさんの描く蒼貴の戦い方、動きと学ぶ所も多かったです。
    話の内容も最初から最後まで尊と遠野、蒼貴とティアと神姫とマスターの共通の点の光る展開でとても面白いかったです。
    実際に対面してみると話し方、戦い方、性格と本当に近いもので、違いは戦い方と進む道ぐらいなものですね。それもまた個性という名の違いで、面白いものですよね。


    それにしても尊と遠野が手を組んで立ち向かう事件……もし、あるとしたらいったい何が起きるのか……面白そうですね。 -- 夜虹 (2013-02-07 00:44:24)
  • 何となくウサギのナミダから読み返してて気付いたんですが、一番最初のティアvsミスティ戦で既に二重螺旋って単語が出てたんですね…こんな所に伏線があるなんて…。
    って今更気が付いたのかよって感じですね。 -- Yu (2013-02-10 15:18:53)
名前:
コメント:







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー