メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……おいしい」
こんにちは。武装神姫、犬型ハウリンの凛です。さて私この度、初めて食事とい
うものをとる事となりました。
舞達がよく訪れているという『喫茶翠屋』さん。パン屋さんを営む傍らで営業し
ている喫茶店らしいのですが、こちらのパンケーキ。ふわふわとした食感がとて
も心地好く、口の中に入れた瞬間には圧倒的な存在感を持ちながら、次の瞬間に
は消えてしまいそうな儚さ。柔かく広がる甘みは鮮明な印象を残し、あっと言う
間に駆け抜けて行きます。食事という経験が乏しいばかりにうまくこの感動を表
現出来ないのがもどかしくて仕方ありませんが、正に幸せの味、とにかくただた
だ『おいしい』のです。
「ホントにどうなってんだ、神姫って?味覚まであるのか?」
「武装神姫、26の秘密のひとつ!なんだって。でもよかったじゃない。一緒に
おいしいって言えるでしょー?」
「ふーん。あとの25はなんなんだ?力と技の風車とか?」
夢中になってパンケーキをむさぼる私とヒカリをよそに、隼人と舞はカップを片
手に楽しそうに話しています。
先日の騒動から数日間、隼人は舞達に冷たくあしらわれ続けていました。耐えら
れなくなったらしい隼人はとうとう全面的に謝罪し、今日はその御詫びも兼ねて
ここ、翠屋で御馳走する事となり訪れた訳なのです。。
そう、先刻まではあんなに不機嫌そうだったのです。それがまぁ、随分楽しそう
だ事。って言うか改めて見るとこの二人、意外といい感じなんじゃあないでしょ
うか。
「そういやお前、髪伸びたんじゃないのか?」
「でしょー?ちょっと奈々さんのマネしてみようかなーって。あ、でもあたしね
、なんだか髪細いみたいなの。気になってるんだー。さわってみてよ」
「そうか?いいんじゃねーの?綺麗だし」
舞の髪に指を滑らせる隼人。ちょっとなんですか、その雰囲気?また自然に触れ
合うじゃあないですか若い二人が。隼人もさりげなく綺麗とか言っちゃってなん
なんですか?私今初食事中なんですけどもう少し関心とか感動とかないんですか
なんなんですか?
「相変わらずうらやましいですね~、このラブラブカップルは」
またどこからともなく二人を冷やかす声。そうですか、そんなに私にケンカを売
りたいと。
「はぁ?」
隼人達より先に、私が不機嫌オーラ全開で声に応えます。どこの誰だか知りませ
んが、今の私はすこぶる機嫌が悪いですよ?
「ひぅっ!」
視線を泳がせ、あからさまに怯える小柄な少女。初めて見る方ですが、どこのど
ちら様でいらっしゃるんでしょう。
「バカ。なんで俺らがらぶらぶしなきゃならんのだ」
「そーだよ、ルナちゃん。いつも言ってるけど、あたしと隼人だよー?そんなの
ないってばー」
二人の対応を見るに、どうやら隼人達の知り合いのようです。いぶかし気な視線
を送り続ける私に気付いたのか、舞がルナさんと呼ばれた少女を紹介してくれま
した。
「この娘は北斗ルナちゃん。あたし達のクラスメイトで、この翠屋の看板娘なの

「へぇ。そうなんですか」
「ご、ごめんなさぃ」
不機嫌な私に余程驚いたのか、おろおろしながら謝罪を述べる彼女。段々気の毒
になってきました。その様子を見るに悪意があった訳ではないようですし、これ
は悪い事をしてしまいましたね。
「あの私、なにかしちゃいました……?」
「い、いえいえ!こちらこそすみませんでした」
深々。誠心誠意の座礼で反省の意を表します。私とした事が、隼人達の友人に対
してなんと失礼な事を。
「いぇ、そんな……?」
「こいつは凛。見ての通り俺の神姫だよ」
隼人の紹介を聞くとよくやく安堵したようで、申し訳ない気持ちを引きずる私に
「よろしくね」と柔らかな笑顔を向けてくれました。その後の談笑でもころころ
と表情を変え、その度にふわふわ揺れるツインテールが彼女の可愛らしさを際立
たせていました。多少幼く控え目な印象もありますが、穏やかな物腰の優しい方
のようです。
「ぁ、ごめんなさぃ。そろそろ戻らないと」
「お店の手伝い?大変だね」
「うぅん、私もやってて楽しいから。みんなはゆっくりしていってね」
「あ――」
改めて謝罪を述べようとした私を制すると、ルナさんは微笑みながらそっと頭を
撫でてくれました。
「凛さん。またね」
まるで私の気持ちを見透かしたような明るい笑顔。それだけで、暗い気持ちが晴
れていくようでした。
「はい!ありがとうございました」
私達に手を振り、とてとてと店の中へと駆けて行くルナさん。さりげなく伝票を
持って行くあたりも彼女の人柄を表しているのでしょう。
「可愛らしい方ですね」
「ああ、舞とは違って……痛いごめん冗談痛い」
笑顔のまま隼人の足をぐりぐりする舞。怖いです。隼人もどうなるかはわかって
いるのですから、余計な事を言わなければいいのに。
「でもいい娘でしょー?ちっちゃくて可愛いし」
「舞!あたしはー?」
「うん、ヒカリも可愛いよ」
「えへへー」
こんな風に過ごす平和な時間。マスターやその友人達と過ごすこんな時間も、私
達神姫にとってとても幸せな事なのです。こうして深められる絆が、苦しい時に
立ち上がる力になるのです。
神姫とマスター、これが私達の日常。少しずつ積み重ねていく日常なのです。
「舞ー!おかわりー!」
「まだ食うのか!?」
「あ、隼人。私もお願いします」








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー