メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二十三話 「しょうゆ・あ・スマイル」


あたしは時々、夢を見る。
神姫の夢は、データ整理の時に出る、ただの情報の流れに過ぎないって人は言うけど。
あたしにとって夢は、時間をこえて『あの頃』につながる、大事な扉なんだ。



ある夜、博士の夢を見た。


博士は夢の中で、真っ白な白衣を着て、あたしに背を向けていた。
「博士……? 博士?」
 あたしが何度呼んでも、博士の顔は逆光でシルエットのようになって見えない。そして、あたしは博士が出てくると、いつも決まってこう言う。
「どこに行かれるのですか?」
 けど博士はいつも、首を振って言うだけだ。
「それは、――――だ」
 そして博士は、いなくなってしまう。 
 博士のぼんやりした輪郭が、真っ白な空間に消えてしまいそうになる。
 まってください、博士!



※※※



――「はっ!!」
 目を覚ますと、スズメが外で鳴いて、窓から日が差し込んでいた。
 ふと、頬を触ると、塩分を含んだ冷却水でたっぷり濡れているのが分かる。また夢を見てしまったらしい。博士の、夢を。
 クレイドルの上で、一人で感傷に浸ってしまいそうだったけど、
「ぐおお~っ、ごーっ」
「んう……アキラさぁん、うんん……むにゃ」
 机の下で憎たらしい顔で寝ているハゲ野郎と、隣のクレイドルで寝ている貧乳のせいで、そんな気はすぐ萎えてしまった。
「はぁ~」と、あたしはため息を一つついて、

「さっさと起きろ、ハゲぇっ!!」
「ぐほおぉあ!」
 と、下腹におもいっきりジャンピング&ドロップキックをかましてやった。



※※※



 まったく、ホントに信じらんない。

「それで島津ちゃん、この間教えてもらった塩麹。良かったわよぉ、島津ちゃんの言った通りだったわぁ」
「そうッスか。あれ、チャーハンに使っても美味いらしいッスよ」
「あらぁ。じゃあ今度試してみるわね」
 学食のカウンターでおばちゃんと話し込むアキラを見てたら、朝のアレが胸にこみあげてきて、むかむかした。今は人がいないからいいけど、誰か来たら邪魔になるじゃないの。
 それに、そうやって料理のことで誰かからもてはやされるのって、―――誰のおかげだと思ってるの。
「アキラ、さっさと注文しなさいよ。ナオヤが待ってるでしょ」
「あら、ごめんなさいね。……はい雅ちゃん。今日はこれ、あげるわぁ」
 そう言って、おばちゃんはトレーにのったあたしの前に、いつもみたくお菓子をポンと置いてくれた。む、今日は珍しく練ようかんか。いつもより機嫌がいいと見えるわね。――なんて、内心大喜びしてしまう自分にも腹が立った。
 あー、信じらんない。何年一緒に暮らしてると思ってるのよ。人が感傷に浸りたいと思ったらそれをおもんぱかりなさいよ。
 って、考え事をしたら、アキラが急に動いたもんだから、トレーに座っていたあたしは後ろに倒れて、後頭部をしこたまぶつけた。
「お、おい。平気かお前」
「っ~~!! この、バカあぁ!!」
「はあ?」
 この上なく間抜けな顔をしてたアキラだったけど、はたから見たらたぶん、一番間抜けなのはあたしだ。



※※※








 そもそもあたしは、どうして博士の夢を見るんだろう。
 気になったから、そういう勉強をしているハヤトに聞いてみた。
「夢? そうだねぇ。良くさ、自分の望んでるものが夢に出るって言うよね」
 教室でハヤトはそう言った。自分の望んでるもの?
「それって、人間の場合じゃないの?」
「うん。でもね、神姫の見る夢って、なんだか良い研究対象になりそうじゃない。で、雅はどんな夢を見てるの?」
 そう言って、ハヤトはニコニコ笑った。あ、これは教えたらいけない笑顔だわ。
「な、内緒よっ。内緒っ!」
「あらら、残念」
 絶対残念なんて思ってないくせに。そういうのがハヤトのいやらしいところなのよ。
 こいつに博士のことなんて言えないし、アキラにも言えない。はあ。


 けど、自分の望んでいるものっていうのは、納得できる気がした。
 あたしは博士に会いたい。
 博士は、島津博士は――アキラのお父様というだけじゃなくて、あたしの生みの親にもあたるからだ。もちろん、神姫と開発者という意味で、だけど。
 博士は、戌轡人造舎――こひるとメリエンダを作った会社だ――で生まれたあたしを引き取って、今の生活を与えてくれた。会社にいたころだって、あたしに外の世界のいろんなことを教えてくれた。感謝してもしきれない。
 でも……、博士はある日突然、何も言わずにいなくなってしまった。しかも、博士がいなくなったその時のことを、あたしは覚えていない。
 そしてそれは、いつまでも夢に現れて、けれど永遠に届かない。



 ※※※






 そしてある夜、今度はおじいさまの夢を見た。


「雅、雅よぅ」

 名前を呼ばれて気が付くと、目の前に懐かしい人が立っていた。
 夢の中で目が覚めるっていう感覚なんて全然気にならない。それくらい、あたしは驚いた。
「……おじいさま!?」
「かっかっか。なーにを驚いとるんじゃ」
 顔が半分白いもやに隠れて見えないけど、からからと笑うその声は、間違いなくおじいさまだった。
「ああ……!」気づけば、足が勝手に動いて走ってた。
 なんて懐かしいんだろう。おじいさまに、また名前を呼んでもらえるなんて。
 けど、おじいさまに触れるか触れないかで、あっさりとあたしの体はおじいさまをすり抜けてしまった。
「えっ」
 鼻に、かすかなお醤油の匂いが残る。おじいさまの姿が、霧のように消えてなくなってしまう。
 あ、また届かなく……。




―――気が付けば、また頬を冷却水で濡らして起きていた。
「ぐごごごぉ~っ、ごが~っ」
 アキラの大いびきなんて気にならなかった。そんなもの気にしていられなくなった。
 あたしの足は、まだ日も昇ってないのに、厨房まで向いていた。



「……これと、これ……」
 誰もいないカウンターで、一人お醤油の小ビンを引っ張り出して、小皿に注いだそれを舐める。
 途端、舌から頭にしょっぱさが伝わる。そして、まるでそれがそのまま流れ出てくるように、あたしの眼から水分が止まらなくなる。お醤油の匂いに胸が引き裂かれそうで、けれど舐めるのを止められない。
 おじいさまが教えてくれたこと。
機械のあたしに、『味』っていうのはどういうものなのか教えてくれた、大切な思い出。
―――しょっぱいよ。
いつの間にか、喉の奥からひきつった声が漏れた。
「……しょっぱい、よお……おじいさま、うぐ、おじいさまぁ……」
 頭の中でデータの流れが、暴走するように駆け抜ける。それが、しょっぱくて、苦しくて、せつない。うずくまって、喉から嗚咽が漏れるのが分かった。
 届かないのに、虚空へ向かって手を伸ばす。頭が焼き切れそうで、苦しくて仕方ない。苦しい、助けて、誰か、たすけてよぉ……。
 たすけて、ア、き……。






「何してんだ、お前」


―――崩れ落ちそうなあたしを、誰かが受け止めてくれた。
「お、とうさ……?」
 それは大きな手のひらのようで、とても暖かい。あたしは、その手のひらに寄りかかった格好で、冷却水でぼやけたその輪郭に向かってそう言った。けど、
「なんだお前、本当にどうした?」
 ――違う、お父様じゃ、博士じゃない。
 輪郭がはっきりと見えてくるようになって、その正体が分かった。同時に、顔のパーツが瞬時に熱を持つのも分かった。
「あ、アキラ……?」
 顔のパーツが内部から、じりじりと熱を放つ。思わず、アキラの手を押し返した。けれどまだ体に、アキラの体温が残ってしまっている。
「あ……その……」
 もじもじと体を動かしたけど、分かっている。泣いてるのを完全に見られた。ごまかせるわけがない。
「ん、こりゃあ」案の定、アキラがそこらじゅうに置かれたお醤油のビンに目をつけた。あたしは言葉が出なくて、その場に固まった。
「お前、これなんだ……って、おま、顔醤油だらけだぞ」
「え、あ、これはっ」
「ほら、早く拭けよ」
 アキラがその辺から布巾を取って、あたしに渡した。あたしが泣いてたのなんて気にしてないみたい。それはひとまずほっとしたけど、けどあたしは、なんだか素直に顔をぬぐう気になれなかった。だって、おじいさまの面影が、消えてしまう気がしたから。
 そうこうするうちに、アキラがビンを片づけ始めたから、
「ま、待ってアキラ!」
 と、あたしは声を張り上げていた。
「その、あの……」
「なんだよ。そろそろ仕込みの時間だぞ」
 言われてみれば、窓の外が白んでいる気がした。あたしはどれだけの時間、こうしていたんだろう。
 ……アキラになら、話してもいいのかな。
 なんて考えが頭をよぎって、あたしはそれを振り払うように頭を振りたくった。なんでよ。こいつに話すなんて嫌よ。
 でも、あたしは思い出す。さっきあたしが助けを求めたのは、誰だったか。あれは、きっと……。
「ねえ、アキラ」
 あたしの唇は、あたしに選択させる余裕を与えず、結論を出した。

「ちょっと、話したいことがあるの」



 ※※※


 あたしの記憶している限りの話を聞いたアキラは、しばらくの間じっと黙って、あたしの顔を見つめた。
「……なんであんな夢を見たのかは、分からないんだけど」
「そりゃ、お前が会いたいってことなんだろ」
 え、と呆けたあたしの前で、アキラはそっとつぶやいた。
「……俺もできるなら、じじいに会いてぇもんだ」
「そ、そう。でも」
「だが、あいつは駄目だ」
 思わず、目をむいた。
「あいつって、博士のこと?」
「……」
 アキラは、それ以上なにも言わなかった。
 分かってた。アキラが博士を許してない、これからも絶対に許すことなんてないってことくらい。昔から家族をないがしろにしてて、おじいさまと自分を残していなくなったひどい人間だって、アキラはきっと思ってる。
 でも、もしかしたらとも思ってた。時間の流れが、アキラを変えてくれていたらって。でも、そうじゃなかった。
 そっと、アキラの横顔を見る。日に焼けた横顔に、遠くを見つめる視線。そのどれもが、あの人を思い出させる。
『あたしは、きっと……』
 口には出さずに、心の中でつぶやいた。

 助けてって言ったのは、アキラがどことなく、あたしの大好きな博士とおじいさまに似てるからなんだって……。
 博士と、アキラ。
 二人は似てるはずなのに、その距離はどこまでも遠い。


※※※


「さ、もうおやっさんが来るぜ。お前も仕込み手伝えよ」
 考え事を終えたらしいアキラが言った。もうそろそろ、京介さんやバカ貧乳が起きてくる時間だ。そして、また忙しくて騒がしい一日が始まるんだろう。
「くぁ~っ、早起きってのはいつまで経っても慣れねえもんだ」
 アキラが椅子から立ち上がって、厨房に入っていく。その後ろ姿は、やっぱりあの人に似ている。
「あ……」あたしは、そのあとを追おうとして、足を止めた。

 アキラは……。
 アキラは、あたしのそばから、いなくなったりしないよね?
 あの夢のように、いつか目が覚めたら消えてしまうことなんて、ないよね?
 もしそうなったら、あたしは……。


――「な~にをボーっとしてるんです、だるまさん」
「えっ」
考え事をしているうちに、いつのまにか『あいつ』が隣にやってきた。あたしをだるまさんなんて呼ぶのは、あいつしかいない。
「ほらほら、いつまでもしけた顔してないで下さいよ。朝っぱらから幸せが逃げちゃいますからね」
 貧乳、もといメリーはいつものように、あたしたちには大きすぎる雑巾を軽々と操って掃除を始める。その足取りも、まとう雰囲気さえも軽やかに見えた。
 ……そうよね。
 いつまでも先のこととか、昔のこととかうじうじ考えてもしょうがないわよってね。
 メリーに教えられるなんて、あたしもまだまだかな。
 ―――さ、
「し~ごっと、仕事っと♪」
「わ、なんですか。朝から浮かれて気持ち悪い」
「アンタがシケた顔すんなっつったんでしょうがぁ!!」
 こんなふうに騒いでたら、いつの間にか悩みなんか吹っ飛んでた。


 ……でも、これだけは言いたいな。
 たとえ、届かないと知ってても。


 ――博士、そしておじいさま。
 あたしは今も元気です。
 いつか、どこかでまた会えるでしょうか?――

























 ※※※





 ――「ねえ、ねえさま。なにをしてるの?」

 どこか暗い部屋の中で、蛍は胡蝶に呼びかけた。胡蝶は窓際で、眼下に一望できる夜景を見ていたのだった。
「……なんでもないわよ、蛍。ちょっと考え事をしてたの。そうね……昔の想い人のことをよ」
「おもいびとってなあに?」
「あら、蛍にはまだ難しかったかしらね。……私の想い人はね、とても素敵な人だったわ。輝く炎のような眼をした、暖かい人……私には、与えてくださらなかったけど」
 胡蝶は頬に手を添えると、もう一方の手で髪をいじくった。長く、つややかな黒い髪だった。
「……ねえさまって、たまにへんなこというよね。わけがわからないよ」
「あら、そうかしら?」
「うん。で、それはなあに? あたらしいおもちゃ?」
 首をかしげた蛍が指さしたのは、胡蝶の背後に立つ、奇怪な物体。見ようによってはタコのようだ。
「うふふ、おもちゃではないわ。彼女はね、ロードが“再生”された、私たちの新しい仲間よ。蛍、貴女ともきっと仲良くできるわ……」
 薄く笑った胡蝶の背後で、それはうねうねと蠢いた。



「……げっへへ……あぐぇみ……あげみぃい~……」


 半月状の口がぱっくり裂け、幽鬼のような呼び声を漏らした。





 ~次回予告~


 ――どうしてこうなったんだろうな。

 ――どうしてこうなったんですかねぇ。




 「とりあえずお風呂に……♪」

 「ヤメロォオ!」



 武装食堂に戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー