メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日も今日とて暑い。天気はいいけど暑い。
夏なんて滅んでしまえばいいのに。心の中で悪態をつきながら、帰路に着く。
自宅の最寄駅からとぼとぼと歩く。駅から家まではそこそこ距離があるのだ。
あるのだが、自転車は使えない。なぜか。
実に単純な話、ただ定期自転車駐輪場の競争に負けたのだ。
……くそう、なんでここはこんなアナクロなんだよう。
あまり広くない駐輪場ゆえ、定員はすぐ埋まってしまう。だが駅を利用する人は結構多い。
ゆえに、場所確保のために競争がはじまるのだ……。大半が、サラリーマン軍団でうまってしまうが。
町内会も、もうちょっと大きくしておくれ、という要望をしに送っているが、手ごたえはいまいちらしい。
……そろそろデモ行進でも始まりそうだ。参加しちゃおうかしら。


時計は6時を回りつつも、外はまだ明るい。
さすがに昼間ほど、というわけじゃないけど、赤く焼けながら、まだまだ電気つけなくても十分なくらい。
何事もなく無事、自宅に到着。周りの平屋に比べて、ちょっと大きめな2階建て
金属の門をくぐって、取り出した鍵をノブに突っ込んで、まわす。あとはドアあけて家の中。
「ただいまぁ」
返事はない。感じるのは、漂う、我が家独特の、なんともいえない匂い。
返事がないのはあたりまえ、家には誰もいないんだから。


我が家の家族構成は、両親と私一人の3人。でも、今は二人とも家にいない。
父さんはなんか、中東でプラント設計やらで、日本にいない。
母さんはいまだ売れっ子のモデルさんで、これまた撮影やらなんやら家にいない。
家族そろうのは、年に二回あるかないか。
最低でも一回はあわせるようにしてるのが、父さんと母さんの決まりごとらしいけど。
まぁ、家に一人っきりなんて、今時よくあることよくあること。
お手伝いさんはいない。防犯上の理由でそういうのはナシだとかなんとか。
だから、おさんどんは全部私。掃除と洗濯は、今時は便利なものがあるので、どうとでも。
料理も、別に何も考えなければ、しなくても何とかなる。
でも、それもなんだかなぁ、というところで、せめて料理は自分でするようにしてる。
お金には困ってないけど、安く上がるし。
さて、今日は冷蔵庫の中身と相談して、なんにするか考えようかな……。



ざっと作った肉豆腐と、朝作りおいた野菜の煮物、あとごはんと味噌汁を平らげ。
少し後にシャワーで汗を流してさっぱりとした私。ちょっと爪なんか整えながら、リビングでまったり。
バラエティ番組のBGMと笑い声の中、ひゅん、ひゅんと混じる風切り音。
その正体は、リビングの小さいテーブルの上、黒いドレスを着た神姫が、刀を振るっている。
袈裟切り一閃、横凪ぎ一閃、踏み込んで柄打ち、唐竹、すばやく離れ、刃を寝かせて、勢いを付けての突き。そこから横凪ぎ。
スパーリング用のネイキッドモデルがあるわけでなく、ただただ、無心ともいえる表情で、剣を振り続ける。
その神姫は、タマさん。実はタマさんというのは愛称で、ちゃんと登録した名前がある。でも、タマさんと、私は呼ぶ。
ゲーセンや神姫センターで呼ぶと、よくマオチャオ型じゃないのか?と間違えられるのは、まぁ、ご愛嬌。
タン、タタン、タン、タン。
ブーツのカカトがテーブルを叩き、擦る。摺り足に、踏み込み、はたまた地から離れて惑わす足捌き。
白兵での戦闘は、位置取りが重要。この舞踏は、常に動いて、有利な位置取りをとるためのステップ。
気がつけば私は、爪の手入れなんか忘れて、神姫の剣舞に見入っている。
これは、タマさんの毎日の日課。付き合い長いけど、欠かしたところは見たことがない。
生きてる時代を間違えてるんじゃないかなぁ、と思うくらい、剣に打ち込む。
一方の私といえば、まぁ、だらしない女で通ってる。対戦だって初心者じゃないけど、今は、そんなに重きを置いてるわけじゃない。
正直、こんな真剣に打ち込んでいるタマさんに申し訳ないくらいだ。漫才ばっかさせてね。
時々考えてしまうのだ、私のお守りなんかしてるより、ずっと自由に、生きられるような。そんなオーナーがいるんじゃないかって。
上へ上へと上り詰める、私なんかとは比べ物にならないくらい、上昇志向のオーナーが。

「……マスター、物憂げに見られると、ちょっと気になるんだけど。何か、太刀筋違えたところ、あった?」

声をかけられる。はっ、と思わず身体が震えた。
「あ、いや、うんごめん。だいじょぶだいじょぶ、タマさんの剣は変わらず鋭いのでございます」
へらへらと、バカなことをバカ面の仮面で覆い隠す。こういうとき、とっさの猫かぶりは、堂に入ったもんだと思ってしまう。
「なら、いいけど。でも、まだ私は私の剣に満足していない。目指す先は遠い。だがいつか、届かぬものすら斬ってみせよう」
空に浮かぶ、あの月すらも。と、熱のこもった瞳で、窓から覗く月を見上げる、タマさん。
……ああ、私にはもったいない、すごい子だ。
暖かい反面、ちょっと罪悪感が首をもたげて。私は思わず、タマさんの頭を優しく撫でるのであった。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー