メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

すとれい・しーぷ009


大学の敷地を飛び出し、家路についたオーナーは尋常でない速度で家までたどり着いた。
オーナーは決して身体が弱いわけではない。運動神経だって人並み程度にはあるのだ。
そう再確認していると、オーナーの自室に着いたようだ。
勢いよく扉を開くと、そのままフラフラとベッドに倒れ込みぜぇぜぇと荒い息を整えている。

「オーナー・・・あの、大丈夫・・・ですか・・・?」

恐る恐る、壊れ物を扱うか如く、ベッドに伏せたオーナーの首筋に触れると、それは真っ白な見た目とは裏腹にものすごい熱を帯びて脈打っていた。
伝う汗すらも温かく、もはやそれは体温調節の意味を成していない。
わたしはそっとオーナーの顔の前に移動して、その綺麗な御顔を覆い隠すサングラスをそっと外す。上昇した体温によって曇ったグラスはやはりオーナーの視界を妨げていたようで、荒々しい息を吐き続けながらもわたしの頭を人差し指の腹で撫でてくれた。

「ん、大丈夫・・・少し驚いただけ、だよ」

指先の心地よい温もりと相まって、そのたおやかな声はいっそう美しいものに聴こえる。
わたしはやはり、オーナーが好きだ。
それは忠心であり、感謝であり、憧れである。普通の神姫と一緒。
一つだけ、違う感情も混ざっているが、このことがオーナーに知れれば、きっと迷惑になる。だからわたしはいつも口を閉ざすのだ。
神を愛す。神に愛されたいと願う。なんとも不遜ではしたない感情だろう。
わたしはかぶりを振ってその疚しい考えを振り払うと、努めて冷静にオーナーの瞳を覗き込む。
黒い。黒い。澄んだ色。
まるでわたしの心を映しているようで、思考回路がちりちりと痛んだ気がした。
しかし、なぜ紅は突然学校を休んで買い物など?
わたしの頭には、憤りと疑問が同居し少しだけ熱を持っているような気がした。
オーナーを困らせた彼が、それでも許されてしまう彼が、とても憎らしく感じて、悔しかった。わたしも神姫でなければ、そうやって奔放に振舞い、オーナーを愛することができたのだろうか?





日も傾きかけた頃、寝台に身体を横たえていたオーナーの携帯電話が鳴った。
オーナーが休んでいる間も、数回鳴っていたが、それらとは違う音楽。
普段のオーナーからは考えられないような緩慢な動作でそのディスプレイを確認すると、
彼女の端整な顔が僅かに歪んだ。
なんとも言えない気だるそうな表情。一体何があるというのか、わたしは息を呑んだ。
些細なオーナーの動きでも、わたしはいまだに身構えてしまう。
もし、また倒れたりしたら大変だ。オーナーは必要以上にわたしの事を気遣ってくださるのだが、自分の事は無頓着…というよりは、限界を迎えるまで決して口はおろか、態度にも出さない。
信用がない、と言われてしまえばそれまでだが、わたしはそれを試練と捉えている。
オーナーの隣にいる権利。黙っていても、オーナーの事がわかるようになる。
それはきっと、最も理想とされる神姫とそのオーナのあり方なのだ。

「オーナー。どう、されましたか…?」

遠慮がちに問うたわたしに向かい、オーナーは、まだ眠たそうな眼を数回開閉し微笑んだ。
しかしその表情はいつもの優しい笑みでなく、やはり気だるそうだった。

「でかける予定、できちゃった」

ため息交じりに携帯のディスプレイをわたしに向けると、オーナーは部屋着を脱ぎ捨て、おとなしい黒のワンピースを掴んだ。
画面には、絵文字や顔文字といった装飾はなく、カタカナのみの奇妙な…よく言えば、簡素な文面が映し出されていた。
“神姫ヲ用意シテEDENマデコラレタシ”





空のグラデーションが美しく映える中、オーナーとわたしは、商業区へと足を運んでいた。
ちょうど帰宅時間なのだろう、会社勤めのサラリーマンと何度もすれ違う。
夕方のゆっくりとした時間の流れに身をゆだね、オーナーは急ぐこともなく、ゆるりゆるりと歩えお進めている。

「あの、オーナー、EDEN…とは、何処なのですか?」

まさか危険な場所なのでは。わたしの脳裏に一抹の不安が過ぎる。
巷では、裏バトルや、賭けバトルといった非合法的な神姫バトルが開催されている
と聞く。中には大金を賭けたバトルもあり、掛け金のなくなった女性は自分の身体を賭けるのだとか…。
強者にとってはまさにEDEN、天国というわけだ。
顔を真っ青にして身震いするわたしを見つめ、オーナーは首を傾げている。

「私も顔を出すのは2年ぶりになる、かな…昔はよく行ったのだけれど」

遠くを見るようなオーナーの黒い瞳が記憶の遥か底の暗い思い出を映し出したような気がした。やはり、賭けバトル場か。
確かに、わたしを起動したせいで、オーナーにかかる金銭的負担は大幅に増えたに違いない。
メンテナンスの工具代、消耗品、電気代etc...

「オーナー、やめましょう!わ、わたし…、わたし、オーナーのためなら眠ったままでもいいですから!そんな事したら、ご両親が悲しみます!!そんな事をしてまで、お金に困ってるなら、わたし……!!」

眠ったまま、永遠の時を過ごしてもいい。
本心だった。でも、何故こんなに涙が出るのだろう。
火照った回路を沈めるために瞳から止め処なく流れる冷却液の理由をわたしは知っていた。
悲しいという感情。怖いという感情。なにより、オーナーに迷惑をかけている自分への憎しみのため。

「それは違うよ、ルキス」

泣き続けるわたしの頭をいつもの優しいオーナーの指が撫でる。
そして、彼女はまるで謳うかのように続けるのだ。

「私はルキスと一緒に居たいから、お金が欲しいんだよ。ルキスがいないと、もうダメなんだ。…確かにキミの言うとおり、こんな事してまで、って思うよ。でも、父さんも、母さんも、きっと好きにしなさい、って言ってくれると思うから」

涙が止まらない。オーナーを止めることのできない自分が不甲斐なくて、滝のように流れる冷却液は、オーナーの肩を濡らした。





EDEN
チューブライトで装飾されたその看板は商業区の一角の小さな店にかかっていた。
まるで海外ドラマに出てきそうな小粋なバーだった。
微かに開いた扉からは僅かだが酒の香りと喧騒が聞こえてきた。
危ない場所。わたしの回路がアラートを鳴らし始める。オーナーを中に入れてはダメだ。

「オーナー、か、帰りましょう!まだ間に合います。考え直してくだ……あぁ!!」

わたしの声を聞くなり、オーナーは得も言わせぬ微笑をわたしに向けた。
その優しい笑顔はズルイ。言葉を失ったわたしをもう一度撫でてから、オーナーはついにその扉をくぐってしまった。
刹那、耳に飛び込んできたのは空を割くような破裂音。俗に言う銃声、というものだろう、わたしは反射的に目を閉じてしまった。
しばらく間があって、顔にくもの巣のような細い繊維が絡まる。
おそるおそる目を開けると、そこにあった光景は。

『神姫バトル復帰おめでとう!!!!』

紅、碧、メル、ラン、ライア、端整な顔立ちの夫婦と思われる男女、その他諸々。
彼らは全員、蓋の開いたクラッカーを手に笑っている。
まさか。ひやり、とわたしの頬を冷や汗が伝う。

「すまんな、瑠璃。今日は学校に行けなくて。朝お前の母親に捕まってな…」
「久しぶりだな、瑠璃、ルキス!元気だったか?」
「この前のバトル、すごかったみゅ!復帰おめでとうなんだみゅ!」
「…………おめでと」
「ランちゃんノリが悪いじゃん!せっかくの祭りなのにさわがにゃそんじゃん!!」

わたしは思い知った。自分の想像力、いや、妄想力のすごさを。
オーナーをちらりと見ると、先程までの気だるそうな表情とはうって変わって、照れたような、くすぐったいような、頬を蒸気させ俯き気味に笑っていた。
そんなオーナーの表情を見て、笑みをこぼしたのが、夫婦の奥方。
何処となくオーナーに似た雰囲気の優しい表情で笑うと一歩前に出て、オーナーの頭を撫でた。

「本当におめでとう。あなたの笑顔を見たの、どのくらいぶりかしら?ねぇ、お父さん?」

たおやかな声に導かれるように旦那様はゆっくり頷く。
オーナーはそれを見てまた照れくさそうに笑うと目を閉じた。今までに見たことのないくらい安らかな表情で。

「ありがとう、母さん、みんな」

歓声の中、宴会は朝まで続いた。
鳥の囀る頃、またわたし達は歩き出す。
先の見えない、けれど暖かいであろうその場所に向かって。



To be continued...







おまけ
「母さん、仕送りいれてくれないと、今月生きていけない。今日、本当はこれを言いにきたんだけれど」

「…」

「ルキスに親不孝って怒られたよ。やめたほうがいいかな、一人暮らし」

「好きにしなさい」




next
.




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー