メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「まさかねぇ、離れ離れになった二人が数年後に再開……ドラマチックじゃなぁい?」
「いやぁ、オレもそう思うんだぜマリコさん。まさかさっちゃんにまた会えるとはなぁ……」
「私だってまさかだ。アイツがこんなどうしようもないバカになってるあたりが余計にね」
三者三様、それぞれにコーヒーとケーキを嗜みながら、思い思いを口にする。
「なんだよー、バカだって悪くないよ、毎日楽しくやれるんだぜ?」
「だからって私はバカ呼ばわりなんかされたくない、そっち側には行かないよ」
軽口を叩きながらコーヒーを啜る晃、と。
フォークでガトーショコラを一口大に切り分け、口に運ぶ咲耶。
「あれからもっかい引越ししたからなー。そうか、新しい場所と昔いたとこって近いんだ」
スイッチを切り替えたように、カチリと突然話題が変わる。
「……みたいだね、2回も転居してるとは思わなかったけど」
チョコの甘さを上書きするように、咲耶はコーヒーを含む。

「しかしまー、あれだな。さっちゃんが神姫始めてるとはねー、しかもやたら強いのな」
「別に……結局負けたし」
先ほどの試合結果を思い出したのか、彼女の態度が少しだけ硬化した。
「いや、あれはすげーよ。オレ勝てるとは……って、これはさっきやった」
「そうだね、思いっきりやった」
「……まぁ、とりあえず―――あの装備とかさ、どうやって手に入れたんだ?あんなバックユニットとか初めてみるぜ?」
晃は、さらなる話題の切り替えのため、装備の話に移したようで。
「ん、あれは……色々かき集めて、金で解決した」
「金かよっ!?そこで金かよ!……てか、お前ン家、確かに金あったなぁ……」
晃はツッコんだり、納得したりと、その表情がコロコロと変わっていく。
すぐその後、はっとした表情に変えて咲耶に口を開く。
「あのバカ力はどうしてんだ?あの刀明らかに両手用のヤツだろ?それを片手で振り回せるなんてどうなってんだ」
「駆動系を強力なのに換装してある。軽装備程度の神姫なら片手で持てるよ」
少女はケーキを口に運びつつ、さも詰まらなそうに語る。
「……片手とか、すげぇバカ力……でも、武器振るときのバランスは?パワーだけじゃ武器は扱えないぜ」
ケーキもコーヒーもそっちのけで、少年は興味津々で回答を求める。
「反復練習。体に覚えこませなきゃ、こんなバカなことできるか」
「うわぁ……ホントによく勝てたな、オレ」
語られる、聞くだけでため息がでるような装備と技術の数々。晃はただただ呆然とするばかり。
「……今度は私が聞きたいんだけど」
唐突に咲耶から晃へと、へと会話のベクトルが変わる。
「あ、ああ、なに?スリーサイズまでなら答えるぜ」
少女は、はぁ、と嘆息一つ。
「そんなものいい……聞きたいのはアレ、あのレーザー」
戦闘中、使用された目標に向かって追尾するレーザー。ホーミングレーザーと銘打たれたもの。
「アレこそどうしたのさ、あんなの、ネットでだって聞いたことないよ」
青年は待ってました、と言わんばかりで答える。
「おおぅ、あれさ、言うなればホーミングレーザーってんだけどさ、すげーだろ、あれ。オレの自慢なんだぜ?オレが作ったんじゃないけど」
嬉々として、武装の概要、というか自慢を始める晃と、それを気だるそうに聞く咲耶。
「んでな、どーいう原理かよくわかんねーんだけど、神姫側でロックオンした上で、軌道までこちらが設定できるわけよ」
「それで、あんな当て方ができたのか」
「そうそう、視認できる範囲までならけっこー細かく設定できるんだぜ。ただまぁ威力はそこそこで、次弾のチャージに死ぬほど時間かかるけど」
「ふーん」
「そんで実はコレ、このマリコさんが作ったんだぜ。あ、マリコさんてのはこの店の店長で、やたら綺麗だけどオカマだったりするんだ」
「ああ……どおりで声に違和感があるわけだ……」
オカマという表現にに納得いかないのか、マリコさんと呼ばれているその人物は反論を始めた。
「せめてニューハーフといいなさい!オカマって表現イヤなのよ!アンタだけ料金倍にするわよ晃っ!」
「ちょ、まってマリコさん!?ゴメン!ゴメンてば!」



「ま、いいさ……当面の目標はできたし、ぼくはこの辺で帰るよ」
最後の一切れを口に放り込み、少女は席を立つ。
「あれ、もう帰るの?夜、ウチのとっつぁんと母上さまに会わせようかと思ったのに。メシ込みで」
「おいで、フラン」
会話の始終を聞き込んでいた紅と黒のうち、黒いほうが、己のオーナーのもとへ駆け寄り、ポシェットの中へジャンプ。
「別にいらない、それより覚悟しといたほうがいいよ……次は負けないから」
鋭い眼差しを、少年に向かって叩き付けた。
「……おう、こっちだって負けないぜ。ムラクモさんともども、がんばってやるさ」
腕組から、チャレンジャーへ対しての返り討ち宣言。
テーブルの上の紅い神姫、ムラクモも「次だって負けないぞ!」のアピール。
「ま……しばらくは、こっちのセンターの世話にならせてもらうよ、面白そうなヤツらもいるみたいだしね」
「おう、たくさんいるぞ!強さよりネタに走るヤツらばっかだけど」
カラン、と、ドアのカウベルが鳴り、少女は店の外へ。

「晃、あの子がアンタの言ってた、初恋の子?」
「ああ……なんか随分雰囲気変わってたけど、あの子だよ―――まさか、また会えるなんて思ってなかったぜ」
「マイマスター……アイツがそうなの?初恋って……」
「ん、まぁ……どうなる、かね。これから」
ドアを見つめる少年は、嬉しそうに笑っていた。






トップへ      ねくすと




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー