メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

回の01 「二人目で始めて(?)の神姫」



「少しだけメタな事を言うと、一人称ならのマスタのターンなワケなのですよぉ♪」
 などとのっけからワケの判らないティキの言葉でゴメンナサイ。お久しぶりの藤原雪那(ふじわら・せつな)です。
 さて、意味不明なことを言っているティキはともかく、今目の前にある問題はこの黒いアーンヴァルだったりする。
 それにしても昨日のティキのうろたえぶりは凄かった。
 ……深夜まで部屋の隅っこで震えてるんだもん。
 まぁ、判らないでもないんだけど。
 で、件のそのアーンヴァル。送り主は親父の名前になっているんだけど、実際はジイ様が送りつけた事が判明。
 とはいっても親父がこのアーンヴァルを購入した事はまったくの事実で、ティキの起動一周年に合わせてジイ様が我が家に送ったそうだ。
 ……親父の事故のタイミングを考えたら、親父はこのアーンヴァルを見る前に居なくなったんだよなぁ。
 チョットだけテンションダウン。
「ところでマスタ、この娘の名前は決まったのですかぁ?」
 ニコニコしながら、ティキは僕の顔を仰ぎ見る。
 かれこれ一時間ぐらい、悩んでいたからなぁ……
 例えばゲームでも、主人公にデフォルトで名前が無くて自分で考えなければならない場合、僕はいつもこれくらいの時間をかけて名前を考えている。
 常にそんなに時間をかけているって言うのに、更に女の子の名前なんてそう簡単に思いつけない。
「うー……まだ決まんない」
「そうなのですかぁ…… うん、でもでもこれから長く付き合う事になる名前なのですから、じっくり考えた方がいいのかもですよぉ♪」
「そう言ってくれるとありがたい……」
 なんだか申し訳ない気持ちになって僕はティキに頭を下げた。



 申し訳ない。
 そんな気持ちは確かにあった。
 昨日、気持ちが落ち着いたティキは僕にこんな事を言ってきた。
「マスタ。この娘を起こしてあげないのですかぁ?」
 僕がアーンヴァルをそのまま箱に戻した事を言っているらしい。
「いや、だって、ティキは怖いんだろ?」
「でもでも、このまま起こされないなんて、かわいそうなのですよぉ?」
 まだ恐怖心も完全に治まっては居ないだろうに、この娘はそんな事を言う。
「うーん、確かにかわいそうだと思うけど、ね。 ……でもさ、ティキはそれでいいの?」
「?」
 ティキは可愛らしく首を傾げる。
「あー…… なんて言うか、さ。ティキは僕がティキ以外の神姫のオーナーになるのに、抵抗は無いのかなぁ、て思ってさ」
 うん、チョット照れる。
 多分少しだけ赤くなっているだろう僕の顔を見ながら、ティキは少しだけ驚いたような顔を見せ……そしてとろける様な笑みを浮かべた。
「ティキは大丈夫なのですよぉ♪ ティキはマスタが大好きで、マスタがティキを大切に思ってくれてるって、それが判ったから大丈夫なのですぅ☆」
 僕の顔が耳まで赤くなった事を自覚した。
 その僕の顔を見てなのかどうなのか、ティキは幸せそうに笑った。



「って、まるでまともな恋愛も出来ない所までイッちゃったみたいじゃないかー!!」
 違いますよ? 僕とティキはどちらかと言えば兄妹みたいなものですよ? そういうアレな関係じゃないんですよ? ……あんな夢を見た事はありますが。
「……言えば言うほどドツボにはまっていく感じが~」
「いきなりどうしたんですかぁ、マスタァ?」
「いや? ナンデモナイヨ?」
「???」
 反省。
 不思議そうに僕を見るティキの頭をなで、僕は気を取り直し再びそこいらに散らばる本に目を通す。
 いつも名前を決める時、僕は同じように色々と辞書やら漫画やら小説やらを見て名前を考える。そうすると考えている間は今の様に部屋中に本が散乱する事となる。
 どうでも良い事なんだけど。
 そうしているうちに、その言葉が僕の目に入った。
 ……うん! 良い感じ。
「決まった。早速この娘を起こそう!」
「ドキドキなのですよぉ♪」
 さて、いざ起動させようと思ったとたん、僕はいきなり緊張した。
 だって、僕自身は初めて神姫を起動させるんだよ?
 難しくないとみんなは言ってたけど、ヤッパリ初めての事は緊張する。
「あのさ、一応説明書とか見ながらやるけど、ティキもフォローしてね」
「もちろんなのですよぉ☆」
 ティキのフォローは的確で、僕は拍子抜けするほどスムーズに準備を進める。

 そして――

 その黒いアーンヴァルは

 その眼を開けた。


トップ / 前回 / 次回




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー