メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 夜の森の中からやかましい音が聞こえる。
 彩女は近寄ってきた敵を両断しながらそう思った。
「マスター! もう弾がありません!!」
『補給ポイントまで後退しろ! 彩女、先行してポイントまで急げ!!』
「承知」
 都の言葉に彩女は露払いをしつつ、ハウは急いで補給ポイントまで走る。
 やっとの思いで辿り着いたそこには、新品のガトリングとハンドガンが二挺置いてあった。
「ハウ様、お早く!!」
 近くまで寄ってきたネイキッドに斬りつけ彩女は叫んだ。
 多対一の戦闘方法は一通り学んでいる彼女ではあるが如何せん数が多い。ここは火力の高い銃器で無いと乗り切れない。
『彩女! 後ろだ!!』
「―――――――――ッ!?」
 記四季の言葉に即座に反応した彩女は右に構えた刀で後ろに向かって斬りつける。しかし無茶な体性で切りつけたためか刀は根元から折れてしまった。
 斬りつけられてもまだ動くネイキッドの手を取り、そのまま背負い投げを決める。そしてようやくネイキッドは動かなくなった。
「幾らなんでもこの数は・・・多すぎる・・・・!」
 彩女は補給ポイントに出現した新しい刀を手に苦々しく呟く。
 その呟きは突如として鳴り響いたガトリングの爆音によって遮られた。
「・・・ごめん! 遅くなった!!」
 ハウはそういいながらガトリングでネイキッドを薙ぎ払う。
 毎分7200発の機銃掃射から逃れられる術など無く、彼女らはただ蹂躙されるだけだ。
「・・・・・ふぅ」
 敵の攻撃の波が緩んだことで彩女は溜息をついた。無理も無い。この補給ポイントに辿り着くまで休む暇なんて無かったのだ。
『大丈夫か?』
「・・・少々きついものがあります。バトルロワイヤルならまだしも、これだけの数を相手取るのは初めてなれば」
 そういいながらも彩女はハウの後ろについて背中を守り続ける。
 ガルガンテュアを構えたネイキッドが振りかぶってきたが振り下ろされる前に胴を断つ。
「マスター! 次の補給ポイントまではどのくらいですか!?」
『・・・・・南東に二キロだ!』
 今ここにある補給ポイントは三つ目。つまりあと二つ補給ポイントを通り抜ければそこがゴールとなる。
「・・・道はまだ遠いですねぇ」
「ふふ、彩女さん疲れちゃった?」
 背中合わせになったハウが薄く微笑む。
 その頬を汗が伝う。
「いえ全然?」
 話しながらも彩女は襲い来るネイキッドを切り払う。
「そう? だったら行ってみようよ。二人でいけるところまで、さ」
 ハウはただひたすらに、重いガトリングを構え掃射し続ける。
「・・・そうですね。それも悪くない」
 彩女はそういうといきなり敵陣の只中に飛び出し、そこにいたネイキッドを一瞬で薙ぎ払う。
 遅れることなくハウはピッタリとついてきていた。















ホワイトファング・ハウリングソウル

第二十五話

『四足で踊る夜』


















「え、普通に対戦じゃないの?」
「違う。今回は新しいルールで対戦してもらうよ」
 都と合流し筐体についた三人を前に都はきっぱりとそういった。
 ・・・白衣姿であると言う事は、バイト中ということであろう。
「なんか知らんが最近出来た新しいルールでね。私達は『無双神姫』なんて呼んでるけど」
「・・・上手く狙おうとして外しまくってねぇか。それ」
 筐体に肘をつきながら記四季は言う。
 全く持ってその通りだ。
「・・・ん、まぁ名前はどうでもいいんですよ。どうせ製品版になったら気取った名前が付くんでしょうし。とりあえず大まかなルールとしては・・・五つあるポイントを経由して、ゴールに先に辿り着いたチームの勝ち、と」
「・・・ミヤコ、それは単なる競争では?」
 説明にサラがつっこみを入れる。
「まぁそうなるな。でもただの競争じゃない。邪魔が入るんだ」
「邪魔、ですか」
「そう。訓練用のネイキッドがわんさか出てくるぞ。今はまだ連中、射撃系武器は使えないが多分そのうち使えるようになるだろう。まぁそんなわけでうじゃうじゃわいて来るネイキッドを蹴散らしながらどっちが先に着くかを競うわけだ。ルールはそれだけ」
 都はそういってみんなの反応を窺う。
 八谷は楽しそうに感心し春奈はさっそく勝ち方を考えていた。記四季は普段どおり。
「・・・ふむ。まぁアレだ。やってみようじゃないか。ポイントは補給ポイントも兼ねてるから弾切れの心配は無いよ」
 都は皆に神姫を筐体に入れるよう進め、そして『無双神姫』は始まったというわけだ。














「にゃーははははははー! 人がまるでゴミのようだー!!」
「もう少し静かに出来ませんかね」
 彩女とハウが戦っている少し後方、森のちょうど真ん中辺りでマイとサラは戦っていた。
 マイはドリルだらけのシンキオーを操りひたすらに走る。走りつつ大量にいるネイキッドを踏んづけたり蹴っ飛ばしたりしていた。強引なことこの上ない。
「・・・・・・」
 その大暴走しているシンキオーのちょうど肩の部分にサラは座っていた。
 彼女は一人、冷静にマイに飛び掛ってくるネイキッドを狙撃する。
 その狙撃に狂いは無く、暗闇に包まれた森の中にも拘らず撃ち損じは無い。
「さすがサーマルスコープ。ネイキッドとはいえ発熱はしていますからくっきり見えますね」
『このまま行くと三つ目の補給ポイントがあるはずよ。そこでマガジンを補給しといて』
「イエスマム」
『マイはシンキオーの充電だね』
「らにゃー!!」
 それぞれのオーナーの言葉に彼女達は肯く。
 そのまま補給ポイントまで驀進するかと思われたが・・・・
「っ!?」
「にゃんと!?」
 彼女達の視界は、黒い“何か”で埋った。
 その黒い“何か”は蝙蝠のような翼をはためかせ二人に襲い掛かる。
 マイはシンキオーの右腕で辛うじてそれを防ぐ。
「この・・・!」
 サラはライフルをフルオートに切り替え弾丸の嵐を食らわせる。が黒い何かは全ての弾丸を翼で弾いた。
「・・・マイ!」
「おうさ!!」
 マイの掛け声と共にシンキオーの両腕は一瞬でドリルへと変形し、黒い何かへと襲い掛かる。
 高速で風を切り裂き回転するドリルを、黒い何かは後ろへ大きく跳ぶことで回避した。あろうことかそのまま暗い森の中へと消えてしまう。
「サラやん!」
「判ってます!!」
 サラのその言葉と共にゴーグルが下ろされる。
 彼女は即座に音波、熱源、暗視を含めたもてる限りの索敵能力を駆使して黒い何かを探すが
「見つからない・・・!? これは一体・・・・?」
 音波は愚か熱源反応すらない。
 その事実にサラが驚愕したその瞬間
「―――――――え?」

 巨大な死神の鎌が












































・・・




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー