メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

注:18禁描写ありのお話です。嫌いな方はご注意下さい。







 鳴ったチャイムにドアのレンズを覗き込めば、そこにいるのは見知った顔だった。
 鍵を開けて、ドアを開く。
 立っているのは、笑顔の美人。
「おかえりなさい! 鳥小さん」
 柔らかな鳥小の笑顔に、少女も笑み。
「ベルが千喜ちゃんの部屋に来てるってメールもらったから、迎えに来たんだけど……」
「はい、鳥小」
 答えたのは千喜ではなく、彼女の右肩に立つ小さな姿だ。玄関の段差のおかげで同じ高さになった目線で、ふたり穏やかに笑い合う。
「ベル。峡次クンの力にはなってあげられた?」
 微笑みながらの主の問いに、小さなベルがはいと答えようとすれば。
「すごく助かったって言ってたよー。ね、プシュケ」
「ええ。ベルのサポートがなければ、あそこまで早く終わらなかったはずですわ」
 それより早く言葉を紡ぐのは、千喜と彼女の左肩にいる、ベルと同じ背丈の少女。
「……客観的に見れば、そのような評価をいただけたようです。鳥小」
 二人のフォローに、ベルは軽く肩をすくめて笑みをひとつ。
「そう。なら良かった」
 ベルは自分に高い評価を下さない。いつもなら「何とか」と答えて終わりだったろう。
 だからこそ、二人のフォローは鳥子にとっても嬉しいものだとしても、邪魔に思うものではない。
「じゃ、帰りましょうか。ベル」
 くすくすと笑いながら、鳥子は買い物袋を下げた左手をすいと延ばす。
 それに応じて、向かい合う千喜もベルのいる右手を持ち上げれば。
「あ……」
 ほんの少し触れ合うのは、互いの細い指の先。
「あ、ごめんなさい、千喜ちゃん」
「ううん。それより……良かったね。鳥小さん」
 鳥小の言葉に千喜は少し頬を赤らめて、嬉しそうに目を細める。先程までの笑みとは違う、祝福するかのような笑み。
「……ええ」
 鳥小が答えと共に見せるのも、嬉しいような、恥ずかしがるような、そんな表情だ。
「鳥小」
 腕の橋を伝ってベルが鳥小の肩に移ってしまえば、再び橋は途切れ、鳥小の左手はドアノブを後ろ手に。
「それじゃ、私、帰るわね。二人とも、また明日」
「うん。また……明日ね」
 その言葉を残し、201号室のドアはバタンと閉じられた。


「……マスター?」
 ふらふらと部屋に戻った千喜は、ぽすんとベッドに倒れ込む。
「ね……プシュケぇ……」
 その頬は朱く染まり。
 小さな唇から漏れる吐息は、淡い熱を含んでいた。


マイナスから始める初めての武装神姫

その3 後編



 ベッドの上に飛び降りて、私はマスターの顔を覗き込んだ。
「もう。はしゃぎすぎですわよ、マスター」
 とろんと潤んだ大きな瞳には、私の顔が映り込んでいる。体温も、少しだけど上がってるみたい。
「ん……ごめん。でもアイツ、あたしのことすごく意識してるんだもん……アテられちゃって、さ」
 ベッドに顔を埋めたまま、艶っぽい息を長く吐いて。マスターは、乾いた唇をぺろりと小さくひと舐めする。
「当たり前ですわ。あれだけ近い距離にいて」
 こうなる事だって、分かってたでしょうに。
「だって……ああしないと、分かんないじゃない? アイツ、説明へたっぴだし」
 まあ……その気持ちは分からないでもないですけれど。
 あれだけ細かい物が転がっている状況で、アレとかコレとか言われてもね。
「でも、非道いマスターですわね。本当のことを知ったら……峡次さん怒りますわよ?」
 私はため息をついて、横になったマスターのおでこにそっと身をもたせかける。薄く浮いた汗がひたりと背中を濡らすけど、マスターの汗だ。気になんかならない。
「そうならないと、いいなぁ」
 もぅ。この子ったら。
 みんながみんな、倉太さんや鳥小さんのようではないのだから……。
「ふふ。あんなだけど、倉太も結構えっちだよ?」
「もぅ、マスターったら」
 私は体の向きを変え、マスターのおでこに抱き付くように。胸元やお腹がマスターの汗に濡れて、てらてらと光ってる。
 それが何だか嬉しくて、私は右の頬も額に押し付けた。
 マスターの汗の匂いが、私のセンサーを優しく包み込んでくれる。
「マス……タ……ぁ」
 あ。声……出ちゃった……。
「ね……プシュケぇ」
「ひぁっ! な、なんですのっ?」
 ふと掛けられた声に、慌てて自分を取り戻す。
「プシュケは私のこと、千喜って呼んでくれないの?」
 最初にマスターって呼ぶように決めたの、マスターでしょうに。
「そうだけど……ココも静香さんのこと名前で呼ぶし、ベルもそうだから、ちょっとうらやましいかな……って」
 もぅ。せっかく気持ちいい所だったのに……。
「台無しですわ、マスター」
「なにが?」
 ぜーんぶ知ってるクセに。そんな嬉しそうに言わないでくださる?
 バカマスター。
「でも、プシュケの口から聞きたいじゃない?」
「もぅ……ばか」
 そう言いながら、私は額に左の頬を触れ合わせる。湿った感触と、淡い汗の匂い。
 ダメ。マスターの……千喜の匂いから離れられない。
 愛しい額に、そっと唇を……。
「それにね、プシュケ」
「ぁ……」
 その瞬間、私の体は千喜の右手に捕らえられ、額から引き離されてしまう。起き上がった千喜は、目の前にいて……。
「舐めるなら、もっと……気持ちの良いところにしてよ。……ね?」
 あ……。
 それは、もっと千喜の匂いがするところ?
「……だよ」
 千喜の匂いに冒されたセンサーが、システムを誤動作させてるみたい。
「分かってるんでしょ? プシュケ」
 ……はい。
 承知いたしました、マイマスター。



「ふぁ……」
 有明ノリの箱に置かれたクレイドルの上、ティッシュとテープで作られた服を着て、ゆっくりと瞳を開いた神姫は不思議そうに俺を見上げてる。
「え、ええっと……」
「表皮パターン、展開出来ない?」
 俺の言葉に、神姫はしばらく意識を集中するように小さな声を上げていたけど、ティッシュから覗く腕や脚、首の周りには何の変化も起きていない。フォートブラッグのデフォルトパターンは全身を覆う迷彩に近い装いのはずだから、初期設定のパターンが起動したならそのあたりにも変化が起きるはずだけど。
 やがて彼女は、諦めたようにため息を一つ。
「……はい。どうやら、不良のようです」
「悪いけど、しばらく修理代が都合出来そうにないんだ。それに素体は中古品だから、初期不良の保証対象外なんだって」
 さすがに、甥っ子の進学祝いをハードオブで買ってきたのか……なんて、叔父さんに聞けるはずもない。夏休みになったら叔父さんとは顔を合せることになるだろうし、上手く解決する方法を見つけておかないとな。
「そう……ですか」
「それと、ノリコ」
「……はひ?」
「君の名前。それと、俺の名前は武井峡次。マスター登録、まだだったよね?」
 言われてようやく気が付いたんだろう。
 フォートブラッグははっとしたように表情を変える。
「マスター認証、マスター登録、神姫名登録、完了しました! お名前は、何てお呼びすればいいですか?」
「峡次でいいよ」
「はい。……峡次さん」
 それで安心してくれたのか、ノリコはふわりと柔らかい笑みを浮かべてくれた。
 う……なんか、すごく可愛いぞ。
「それじゃ、これからよろしくな。ノリコ」
 そう言って、俺はノリコに手を伸ばす。
 ノリコもクレイドルの上からそっと身体を起こして。
 響いたのは、薄い紙が破れる音と。
「きゃああああーーーーーーーーーーーーっ!」
 女の子の、悲鳴だった。



 そっと触れたそこは、べちゃりという音を立てて私の手を包み込んでくれた。
 白いコットンのショーツに広がるシミは、もう全体に広がりきっていて、元の色も分からないほど。千喜ったら、一体いつから濡れていたんだろう。
「あ……ぁぅ……」
 ショーツの上、手のひらをゆっくりと滑らせてみる。ほんの少し動かすだけで、染み出した水気は私の手のひらに絡み付いてきた。
 とろりと濡れた手のひらを、そっと鼻に寄せてみれば。
「……千喜の匂い……すごいですわ」
 汗なんかよりもっと濃い匂いに、私の背中に甘い痺れが走り抜ける。
 ショーツの表面、指先で触れるだけでこうなんだ。
 ここに顔を押し付けたら……ショーツの奥を拓いたら、私いったい、どうなるんだろう。
「ね……プシュケぇ……」
 そのドキドキを遮るように、千喜の声。
「もぅ。私、あなたの性欲処理のためにいるわけでは……ありませんのよ?」
 私の想い、私の望むこと。
 もっとしたい。もっと、千喜の匂いに包まれたい。千喜の甘い声を、聞いていたい。
 みんなみんな、千喜に筒抜けなのは分かってる。
 でも、それが分かっても、こんな言い方になってしまう。
「でもプシュケの大好き、すごくキモチイイんだよ……。それに、匂いフェチの神姫だって聞いたことないしさ」
 千喜も、私の本当の気持ちを口に出したりはしない。
 知っていて、それでもなお……意地悪な言い方をしてくれる。
「……もぅ」
 ショーツを少しだけずらして、顔を近付けてみた。
「ぁは……千喜、すご……です…わぁ……」
 むわりと広がるショーツの奥からの香りに、私のセンサーは悲鳴を上げっぱなし。
「ひぁ…あぅ……ぅぅ……っ!」
 崩れ落ちそうになる膝、力の入らない腕。システムはセンサーの感度を落とすよう警告を鳴らしてるけど……そんな勿体ないことしたくない。
 アラートを切って、千喜の匂いに包まれたまま。濡れた襞を押し広げ、その内側に腕と顔を押し込んで。

 じゅぶ……。

「ひぁ……プシュ…ケぇぇ……っ! な、かぁ……!」
 肉の襞の向こうから、じゃない。薄桃の襞が直接、千喜の押し殺した声を伝えてくる。
 その声に導かれるように、私は頭を膣奥に向けて進めていく。
「ぁ…はぁ……あぁぁぁ……っ!」
 千喜の胎内。奥まで延ばした右腕を軽く動かす度に、その声は長さや高さを変えて、私の聴覚センサーを刺激する。
「あ……い…いひ……いいよぅ……っ!」
 私も千喜の匂いと鳴き声にAIを占領されて、そう叫ぶことしか出来なくて。
 大好き……。
 大好きですわ……マスター!
 マスター! マスター!
「プシュケ……すご……すごぉい……っ! あたしも、すきぃ……大好き、大好きぃぃ……」
 私の体をきゅうきゅうと締め付ける圧力が、一際強く……。
「…………」
 ……なりかけて、そのまま止まってしまう。
「……ふぇ?」
 そう呟いた瞬間、千喜の体がぐらりと揺れた。
 絶頂なんかじゃない。単に立ち上がっただけだ。
「ひぁっ!」
 私の体もずるりと千喜の膣内から滑り落ち、ベッドの上にぽすんと尻餅をつく。
「どうしたんですの? 千喜」
 四つん這いの姿勢から起き上がった千喜は、こちらにお尻を見せて黙ったまま。
「ねぇ、千喜……」
 千喜の愛液にまみれた躯のままで、しっとりと汗に濡れた足の指にしがみつく。
 私、やりすぎました? 痛かったですの?
 いつもと同じくらいしか、していないはずですけれど……。
「……プシュケが悪いんじゃないよ。下」
 見て分かるほどに不機嫌な様子で、千喜はベッドを指差している。
「……下? 倉太さん、帰ってきましたの?」
 その割には……。
「ならもっと喜んでるって」
 ですわよね。
 考えても分からないので、聴覚センサーを指向性に切り替えてそちらに向けてみる。感度を最大にすれば、巴荘の薄い床板なんか障害にもならない。
「……何ですの、これ」
 聞こえてきたのは、きゃあきゃあ言う女の子の悲鳴。
 座標測定……102号室。
 音紋照合……登録無し。
 登録はないけど、テレビからの音じゃない。パターンを簡易解析してみれば、人間の声でもなかった。
「……神姫の声?」
 再度チェックを掛けてみる。間違いない、神姫の声だ。
 けど、いま巴荘にいる神姫は、私とベルだけのはず。峡次さんの神姫は、明日来ると言っていたけれど……。今日届いたのかしら。
 でもこの内容は……。
「……最低」
 千喜はベッドに腰掛けて、スカートをもそもそと穿いている。そのまま大股で玄関に……。
「あ、ちょっと、千喜!」
 垂れてますわ! 垂れてますってば!
 でも、私の声は千喜には届かない。慌てて追い掛けようとしたけれど、私の体も千喜のものでドロドロな事に気が付いた。
「ちょっと、千喜ってば! お待ちなさいな!」
 あとぱんつ穿きなさいなー!

 私もテーブルのウェットティッシュを引っ張り出して、千喜を追い掛ける事にする。



「きゃーっ! きゃーーーっ!」
 ノリコの悲鳴は、いまだ収まる気配がない。
「だ、だから、落ち着けって」
 俺もそう言ってはいるけれど。
 いい加減悲鳴にも慣れてきて、落ち着くまで放ったらかしといてもいいかな……とか思い始めた頃だった。
 だんだんだん。
 ドアを乱暴に叩かれる音がして。
「ちょっと峡次! うるさいわよっ!」
 バタンと開いた扉の向こうにいるのは、千喜……って俺、ちゃんと鍵掛けてなかった……!?
「……へ?」
 俺と、千喜との視線が合って。
 千喜の視線は、そのまま下へ。
「ふぇ……っ!?」
 怒りのこもった千喜の視線に、ノリコはびくりと身を震わせて、そのまま言葉を失ってしまう。
「って、アンタ……」
 ……。
 えー。
 あの、その、なんだ。
「い、いや、これは……だな」
 男の一人部屋。
 ティッシュ製の破れた服をまとった半裸の神姫が、悲鳴を上げて泣きじゃくってる。
 何があったかなんて、だいたい予想がつくわけで。
「神姫でいきなり何やってんの!」

 それ全部誤解だけどな!

 なんて聞く相手じゃない!
 部屋に土足で飛び込んだ千喜は一瞬で廊下を駆け抜け、気付いたときには俺の目の前に。
「この、へんたーーーーーーーーい!」
 そのまま、右のこめかみに横殴りの回し蹴りがぶち込まれた。
「千喜! 見えてますのっ!」
「ふぇっ!?」
 な、何が……見えてっ!?
「げ、原子の単位まで分解されろーーーーっ!」
 俺は何が見えたかも分からないまま。
 二撃目の回し蹴りを、左のこめかみに叩き込まれるのだった。



 CLOSEDの看板を出し、鍵をかけてカーテンを閉じる。
 これで店の閉店作業は終了。後は二階で、貯まっている書類の類を片付けるだけ。とはいえそれも、届いていたファックスや納品書の束と業務ソフトを突き合わせて、未処理分を確かめれば良いだけだ。
「なあ、アキさん」
 二十分もあれば終わるだろうと思ったところで、一枚目で手が止まる。
「なんだい? オーナー」
 二階の作業場を片付けていたスタッフの一人が、声だけを投げ返してきた。
「この納品書なんだが……」
 複写式の紙束をひらひらと振ってみれば、アーンヴァル装備を背負って飛んでいた彼女はこちらにやって来る。
「んー? ああ、前にオーナーが注文しといてって言ってたヤツだろ。フォート」
 おじさんから頼まれたアレか。
 大砲がどうこう言ってたから、フォートでいいとは思うんだけど。
「そうなんだけど、フォートって素体ないじゃない。セットにしなくて良かったの?」
「あの後、叔父さんって声の大きい人から電話掛かってさ。素体はこっちで安く手に入ったから、他の一式だけ送ってくれればいいって」
「あ、そう」
 そんな話、してたっけなぁ。
 ま、いいか。
「それはいいんだけど……」
 そんな事を話していると、下に続く階段から間延びした声が聞こえてきた。
「オーナー。下の片付け、終わったよぉ」
 ウチのもう一人の住み込みスタッフだ。
「ああ、お疲れさま、タツキさん」
 俺とアキさんが難しい顔で話しているのに気付いたんだろう。とてとてとこちらにやってきて、小さく首を傾げるタツキさん。
「ん? 何かあったの?」
 タツキさんは飛行ユニットを持っていないから、テーブルの上に拾い上げてやる。
「アキぃ。こないだ、フォートの注文入れたじゃんか」
「うん。お姉ちゃんやタカちゃんと決めた、あれだよね?」
 ……タカさんまで絡んでるのか。
 だったらまあ、今日はもう遅いし、明日確認するんでいいか。
「何か問題あった?」
「いや。三人が聞いてることなら、いいや」
 人手不足の我が店の方針として、スタッフ三人にはある程度の裁量を与えてある。その三人が揃って判断したのなら、店長の自分としても言うことはない。
「にしても叔父さん、神姫のことなんか全然知らないのに、素体とかどうやって都合してきたんだ……?」
 というか素体を手に入れられるくらいの知識があるなら、俺に頼らないで自分で一式揃えたんで良かったんじゃないのか?
 地元の経済的にも。
「……まあ、いいか」
 嫌な予感がしないでもないけど、仮にも工業科に進むくらいなら、その程度のトラブルは自力で何とかしてくれたまえ。
 我が弟よ。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー