メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ぱしゃりと水の音がして、部屋に湯気がふわり浮く。
 静香の机の上でお湯を湛えたそれは、洗面器だ。
「えーっと」
 机の上に頬杖を突いたまま、静香は私の話にため息をひとつ。
「要するに、あなたの意志を受けた獣王が、姫のスイッチを入れちゃった……と?」
 体の汚れをたっぷりのお湯で洗い流しながら、私は首を縦に振った。
「たぶん……」
 静香がお風呂の支度で一階へ降りた時だろう。
 マスィーンズのAIは、私達神姫のシステムと繋がっている。本来は戦闘時の意思疎通や処理系のフォローに使われるそれが、どうやら違うほうに気を利かせてしまったらしい。
「なるほどねぇ……獣王の、ねぇ」
 頬杖を突いたままの静香は、ニヤニヤ笑いながら私の入浴風景を眺めているだけ。
「何ですか……」
 体を流す所を見られるのは、気にならないけど。
 その意味深な笑いは、気になって仕方がない。
「べっつにぃ。ただ、獣王起動させて、何してたのかなーって思ってねー」
「う……」
 そ、そんなこと、どうだっていいじゃないですか!
 思わず叫び返しそうになったところに、彼女が飛び付いてきた。
「お姉ちゃん! 何のお話?」
 洗面器の湯船の中。彼女は私の胸元に抱き付いたまま、無邪気にこちらを見上げている。
 満面の笑顔は、その名の通り満開の花を思わせるほどに可憐で、どこかの姫君でも通るほどに愛らしい。
「な、何でもないですよ、花姫」
 あまりに無防備な表情に少しどぎまぎしながら、花姫には何とか離れてもらって。
「ほら、肩までつかって」
「はぁい……」
 私の言葉に素直に従って、洗面器の湯船に肩まで身を沈ませてくれる。もともと花姫は汚れてなかったから、お風呂に入る意味はあまり無いのだけれど。
「十まで数えたら、出ましょうね」
 なんとなく。口元までお湯に沈めてぶくぶくやりながらの花姫と一緒に、数なんか数えてみたりして。
「ま、いいわ。とりあえず、こういう時は……」
 その様子に私達用のタオルを広げながら、静香は軽く肩をすくめた。
「頼れる人に頼りましょう」


魔女っ子神姫ドキドキハウリン

その24



 それから一時間ほどが過ぎて。
 私達は、エルゴにいた。
「静香ちゃんの予想通りだね。認証システムの一部が壊れてるみたいだ」
 店の奥の作業部屋。ディスプレイに映る記号の羅列をスクロールさせながら、店長さんは静かに呟く。
「やっぱり……」
「……どういう事です?」
 静香の家では検査の設備が足りないと、エルゴまで来たのはいいけれど……。静香と店長さんは専門用語の会話を続けるばかりで、見ている私には流れがさっぱり分からない。
 肝心の花姫も、チェック機器に一度通した後は、お店の方で兎羽子さんや凛奈さんに遊んでもらっている有り様だ。
「説明すると、だね」
 パソコンに繋がったシリンダー状のユニットを、指でこつこつと叩きながら。
「花姫のシステムをスキャンして、ざっとチェックしてみたんだけど……」
 店長さんは今までの流れを、噛み砕いて話し始めた。
「イニシャライズプログラムの一部が、破損したまま起動しちゃったらしい」
 イニシャライズプログラムというのは、私達が初めて起動した直後にだけ動く、初期設定システムの通称だ。主に自身の名前の設定や、マスター認証を行う……。
 ……そうか。
「その壊れていた所が、マスター認証システムだった、って事ですか?」
「その通り」
 マスター認証システムは、イニシャライズプログラムの一部。その名の通り自分のマスターを設定・登録するシステムで、これが正常に動いていたからこそ、私は静香をマスターとして認識し、今も主と呼ぶことが出来ているわけで。
「じゃ、私がマスターと認識されたのは……」
「認証システムが壊れてて、神姫と人の区別が付かなかったんでしょうね」
 そのうえ、私が上の空で返事と名前を口にしてしまったものだから……。
 絶頂を迎えた直後でまともに返事できなかったなんて、起動直後の神姫が判断できるわけがない。花姫が、私をマスターと認めてしまうわけだ。
「全く、なんでそんな事に……」
 ため息をつく私に、店長さんの表情は硬い。
「……何度もシステムを書き換えられた後があったからね。多分、そのあたりでエラーが出たんだろう」
「……え?」
 その言葉に、私は言葉を返せなかった。
 システムを何度も書き換えさせたのは、どう考えても鶴畑大紀だろう。けど、彼の元に花姫を送る原因を作ったのは……。
 クウガ。私の前身だ。
「ココ。自分を責めない」
 ……人の考え読まないでくださいよ、静香。
「それだけ顔に出てたら、読むまでもないわよ」
 そういう所を言ってるんです。もぅ。
「あんたがAI焼き切れるまで悩んでも、今の姫には関係ないんだから。どうせ考えるなら、もっと役に立つこと考えなさい」
「……はい」
 ……ありがとうございます。静香。
 そうだ。静香の言うとおり。昔の私の失態を悩むより、今考えるべきはこの先の問題だ。
 反省は後にして、思考を切り替える。
「それで、花姫はこのバグで、どうなるんです……?」
 まずは、そこだ。
「どうもしないわよ。イニシャライズ系のプログラムは起動後には動かないし、他の所にはバグはないみたいだしね。ココをマスターと認識してる以外は、普通の神姫と変わらないわ」
 あの、静香……?
 普通って、そこが問題なんでは?
「認証系が欠落したまま起動するケースや、神姫をマスターと認識する神姫がいないワケじゃない。今までの例じゃ、少なくとも……壊れたり、暴走したりする問題はないよ」
 欠落した、の辺りでちらりと外を見たけれど。
 店長さんも神姫と長く関わってきた人の一人。そんな経験も色々とあるんだろう。
 けど、私が気になるのはそこじゃなくて。
「いえ、私が言いたいのは……そのバグは、治せるんですか?」
 神姫が神姫をマスターと呼ぶなんて、どうかしてる。一応花姫には、私のことを『お姉ちゃん』と呼ぶように修正してはもらったけど……それはあくまでも、呼び方を変えただけ。彼女の中で私がマスターであることは、変わりない。
「治したいの?」
 そりゃ、懐かれて悪い気はしない。
 あの無防備な笑顔にマスターと呼ばれて、ドキッとした事も否定はしない。
「治したいというか……神姫をマスターとして認識するって、変じゃないですか」
 でも、花姫は神姫の私ではなく、人間の静香をマスターと呼ぶべきだ。
 出来ることなら、今の無邪気な花姫のまま、マスター登録だけを変えられれば……。
「認証システムは起動時にしか使われないからなぁ。もちろん、全システムを出荷状態に戻して再起動させれば、再認証も可能だろうけど……」
 出荷状態って、まさか。
「初期化する、って事ですか?」
 その時だった。
 店に続く部屋の入口で、がたんという音がしたのは。


「……あ」
 入口にいたのは、凛奈さんと……。
「花……姫……」
 その手のひらに乗った、花姫だった。
「凛奈ぁ……」
「え、いや、花姫がココちゃんに会いたい言うから……間、悪かった?」
 苦笑する凛奈さんに、店長さんは頭を抱える。最悪、という言葉も出てこないらしい。
 でも、私もそれどころじゃない。
「あ、あの……」
 違う。
 否定の言葉が、出てこない。
 何が違うのかが、分からなかったから。
「あ…えっと………えへへ」
 言葉を失った私に、花姫は力なく笑うだけだ。
「わたし、おかしかったん……だね」
「花姫……!」
 悲しげな笑みに、違うと叫びたかった。
 でも、違わなかったから。
 花姫は、神姫をマスターと呼ぶ、変な神姫だから。
 私は『おかしくない』と、叫べない。
「そうだよね。へへ、なんか変だって思ったんだぁ。お姉ちゃんはわたしとおんなじ大きさだし……神姫って、静香ちゃんや店長さんみたいな人間をマスターに選ぶのが、ホントなんだよ……ね?」
 瞳に浮かぶ涙の粒が、蛍光灯をきらりと弾く。
「あっ!」
 次の瞬間、花姫は凛奈さんの手のひらから飛び出していた。
 お店の方で兎羽子さんの悲鳴と、お客さんの声が連なって聞こえてくる。自動ドアの開く音も聞こえていたから、外に出てしまったらしい!
「……あの子!」
 私も慌てて駆け出そうとして。
「ココ、追い掛けるの?」
 静香の声に、呼び止められた。
「当たり前じゃないですかっ!」
 神姫にとって外は危険で一杯だ。人間の子供でも危ないのに、その十分の一の大きさもない神姫が周りも見ずに飛び出して……無事に済むはずがない。
 花姫みたいな危なっかしい子なら、なおさらだ。
「それは、花姫とマスターの問題よ?」
 そのひと言に、私は思わず動きを止めた。
「…………」
 そうだ。静香の言うとおり。
 これは、神姫とマスターの問題だ。
 でも。
 静香の言葉を聞いてなおに、私はそれ以上足を留める気にはなれなかった。
「…………」
 胸一杯に息を吸い込んで。ほぅと息をひとつ吐けば、熱くなりすぎていたAIからすうっと何かが引いていくのが分かった。
 ……ああ、そうか。
 そういう、ことか。
 思わず笑みがこぼれそうになるけど、今はそんな場面じゃない。
「静香」
 私は唇を引き結ぶと、一度だけ主の名を呼んだ。
「なぁに?」
「私も、不良品だったみたいです」
「そう」
 迷うことのない私の言葉に、静香の返事はそっけない。
 けどきっと、それでいいんだ。
 私達は。
「私もダメマスターだから、おあいこね」
「そういうことにしときます……獣王!」
 私の声に、トートバッグの中から飛び出してくるのは頼れる相棒。
「私の神姫を連れ戻してきます。マイマスター!」
 たった一人の応援を連れて、私は外へと走り出す。
「ええ。行ってらっしゃい!」
 背中に、最高のマスターの声を受けながら。


 兎羽子さんから花姫の消えた方向を聞いて、全速力。聴覚センサーを最大にして、入ってくる音声情報を花姫の泣き声でフィルタリングする。
 私の世界から、一切の音が消えた。
 でも、私の足が緩むことはない。
 周囲の警戒は獣王に一任。盲導犬のように寄り添い、私の足の動きを軽快に避けながら、獣王は私のもう一つの耳になってくれている。
 音のない世界。
「……っく」
 そこに、小さな音一つ。
 いた。
 方向を変えようとすると、獣王が私の進路を塞ぐ。
「……ありがと、獣王」
 背後から来た自転車を見送って、私は再び疾走開始。
「……ひっく」
 少しずつ、求める声が大きくなる。
 屋根に上り、塀を駆け抜け、広い公園へ出た先に……。
「ひっく……ひっく」
 彼女は、いた。
「花姫!」
「あ……っ!」
 逃げようとする花姫に、獣王が突撃する。
 彼女が獣王に進路を塞がれているところに、私が後ろから回り込んで。
「捕まえたっ!」
「やだっ! やだぁっ!」
 抱きしめた私の腕の中。花姫は振り解こうとバタバタ暴れるけど、もう逃がしたりなんかしない。
「花姫……」
 暴れ、泣き叫ぶ耳元に、優しくその名を囁いてやる。
「ひぅ……っ!」
「ほら、落ち着いて、花姫」
「ひ……」
「花姫」
「…………うん」
 何度も何度もその名を呼んで。私の腕が軋み始めた頃、ようやく花姫は暴れる手足を緩めてくれた。
「ん、良い子」
 でも、その腕は離さない。後ろから抱きしめたまま、そっと頬を重ね合わせる。
「……お姉ちゃん」
 それで安心してくれたのか、やっと花姫は私の名前を呼んでくれた。
「わたし、変なの?」
「どこから聞いてたんですか?」
 花姫の瞳に浮かぶのは、大粒の涙。抱いたままの指先で拭ってやりながら、私は静かに問い掛ける。
「凛奈ちゃんに連れてってもらったら、お姉ちゃんが、わたしのこと変って……」
 あー。
 一番、間が悪いところだ。
 まあ、誤魔化しても仕方ないか。
「ホントは神姫って、人間をマスターにするものですしね……。花姫は、そこが変なんですよ」
 両手は優しく抱きしめたまま。落ち着いてくれているのか、その言葉で花姫が暴れ出す様子はない。
「じゃあわたし、おかしいの? データ、消されちゃうの?」
 ああ。起動したてで幼く見えるけど、彼女もちゃんと神姫なんだ。その理屈だけは、ちゃんと理解しているらしい。
「花姫は、どうしたいんです?」
「消されたくなんかないよ! わたし、お姉ちゃん……マスターと、ずっと一緒にいたい! お風呂に入ったり、遊んだり、もっともっと仲良くしたい!」
 マスター。
 呼ばれたその名に、胸がどきりとする。
 自分で呼ぶときは何とも思わないのに……呼ばれて生まれた昏い想いに、私も欠陥品なんだと、実感する。
「なら……」
 でも、欠陥品でも何でもいい。
 私は。
 私は……。
「いいですよ。そのままで」
「……ふぇ?」
 この子と、一緒にいたい。
 この子と静香とみんなと、ずっと一緒にいたい。
「わたしが変でも、データ、消さない?」
「消すもんですか」
 頬を寄せ、ぎゅっと抱きしめる。
「花姫が変なままでいいなら、私も変なままってことですしね」
「……え?」
 不思議そうな花姫に、私は笑みを一つ。
「神姫の私が花姫のマスターになりたいなんて、変でしょう?」
 でも、花姫が可愛くて仕方ないんだから、しょうがない。
 もう一度……いや、一度と言わず何度でも、マスターと、お姉ちゃんと呼んで欲しい。
 それが、欠陥品の、私の想い。
「……変、だねぇ」
 そんな私の腕の中。花姫は、やっとくすりと笑ってくれた。
「でも、お姉ちゃんも変なら、おそろいだね」
 変のひと言で片付けたいなら、いくらでもそう呼べばいい。それでこの幸せが得られるんだったら、安いものだ。
「ええ。ついでに、それをいいって言う私のマスターも変だから、三人でおそろいです」
 そして、静香も。
 私の大切なマスターも、巻き込んでやる。
「おそろいなら、変でもいいや」
「ん、良い子ですね。姫は」
 微笑む花姫の顔が見たくて、私はその腕を解き放つ。
「えへへー」
 腕を緩めても、もう彼女は逃げやしない。くるりと私に振り返り、みんなが大好きになったその笑みを、私にも惜しげもなく向けてくれる。
 それが、あんまり可愛くて。
 たまらなく愛おしくて。
「だから、ごほうび」
 その名目で、私は彼女の額にそっと唇を触れさせた。
 ちゅ、というだけの軽いキス。
「んっ、くすぐったい、よぅ」
 くすくすと笑う花姫の声を聞きながら、静香が私を可愛がりたい理由が、少しだけ分かった気がした。



 静姉が起動した花姫を連れてきたのは、その日の晩の事だった。
「じゃ、登録は静姉の名前で?」
「ええ。マスターのマスターって事で、姫も納得してくれたみたい……」
 なんか、ココをマスターと認識したり、検査の途中で逃げ出したり、色々騒ぎがあったらしい。でもそれも全部解決したみたいで、今はココも花姫も、ジルと楽しそうに遊んでる。
「ふえ……? ジルちゃんは、お姉ちゃんのお姉ちゃんなの?」
「そうだよ。だから、花姫もジル姉って呼びな!」
 ああ。ジルったら、また変なこと花姫に吹き込んで……。
「ジルねー!」
「おー。花姫は賢いなぁ」
 やれやれ。相変わらず、花姫には甘いんだね、ジル。
「えへへー」
 全ての記憶を失っても、コアユニットとCSCの構成は同じ。基本の性格は、前の花姫とそんなに変わらないように思う。
 CSCのゆらぎのせいか、少し子供っぽくなったかな……? そう思う程度だ。
「そうだ、静姉。花姫に、昔の話は……?」
「なるべく早く、ココがちゃんと話すって」
「そっか」
 ココはそれで前にヒドイ目にあってるしね。まあ、ココならしっかりしてるし、いい神姫のマスターになれると思う。
 神姫だけど。
「なー、ココー。やっぱ花姫、あたしにくれよー」
「バカ言わないでください。花姫は、私の妹なんですから。ね、花姫?」
「うん!」
 テーブルの上では、ジルが抱いてた花姫をココが取り返してぎゅっと抱きしめてる。花姫も楽しそうだし、まあ、いいっちゃあいいんだけど……さ。

 あんまり人んちの子に手ぇ出しちゃダメだよ? ジル。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー