メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

すとれい・しーぷ000



“回らない世界の中心はいつだってキミだったじゃないか”
“僕の23.4度 もうブレてしまったね”
“禁忌の果実 含みあって 僕ら気づいてしまった”
“戻れない過去こそ 僕の世界”
“振り返るけど なにも見えなくなってて”
“堕ちてくんだ キミの中”
“居場所求めて彷徨うけれど 見えない 見えない 見えない”
“キミの世界 放り出された Stray sheep”
“僕は迷子”

歓声が上がる。最高の瞬間。この時の為に生きている。そう言っても過言ではなかった。
熱っぽい少女の声や、熱に浮かされたように叫ぶ少年の姿は最高の媚薬だった。
脳髄まで響くそれに、くらくらしながらステージを降りる。
「お疲れ様です、アベル様!!」
楽屋まで追いかけて来たファンの女の子がプレゼントの箱を押し付けてくる。
その顔は緊張と興奮から、顔が赤らんでいる。
「STRAY SHEEPの曲、大好きなんです!特にアベル様の歌声、澄んでいて、迷ってる私を導いてくれる気がして・・・!」
アベル。そう呼ばれたのは紛れもなく自分。俗に言う芸名だ。
メジャーバンド“STRAY SHEEP”それが自分の所属するグループの名前だった。
ゲーセンやホビーショップでのゲリラライブを中心に、流行している神姫ユーザーからの強い支持の元のし上がった異色のバンド。
かくいう自分も神姫バトルのヘビーユーザーだった。

筐体に座るとたちまち周りが沸いた。
「“狂い羊(マッドシープ)”アベル、今日もやるのか」
「くっそ、俺も戦いたかった!」
「狂い羊なんて呼ばないでよ!“謳う羊(ハミングシープ)”アベル様が正式名称よ!!」
口々に発せられる熱を持った言葉。そのどれも、自分の耳には入って来なかった。
アドレナリンを分泌しすぎた脳が悲鳴を上げ始める。
脳の奥のくすぐったさに薄く開いた口から声が漏れる。
それは笑い声となってセンターに木霊した。
「ユノ!いつものをかましてやれ!」
ポッドに吸い込まれたユノと呼ばれたストラーフは僅かにうなずくと、バーチャルの世界に粒子となって流れ込んだ。

何もない荒野。それが今回の戦闘ステージ。ユノのもっとも得意とするステージだ。
目の前に展開された三面鏡のようなバーチャルモニターを見つめながらサイドボードからデータウェポンを流す。
相手はアーンヴァル型。装備を見る限り射撃を得意とした神姫のようだ。
そうなれば、こちらの選択肢は接近戦一択だ。
・・・こちらの持ちえる戦法は接近戦の力押ししかないのだが・・・。
流れてきたデータ粒子はユノの手首辺りからその手のひらを包み込み形を成す。
ナックルガントレット。黒光りするそれをユノはぺろりと小さな舌で舐めた。
『オーナー、私のチカラを見て』
グン、膝を曲げて勢いよく伸ばす。
その反動で荒野を駆る。わざと相手に見つかるように。
まんまとおびき出された相手のアーンヴァル。その手には長距離対応の銃火器。
飛行ユニットで空を駆る彼女の表情は勝利を確信しているかのようにも見えた。
「狂い羊、とかってたいした名前もらっても、こんな無策じゃ、勝てないぜ!」
さも楽しそうに言い放ったアーンヴァルのオーナーは最後の指令を打ち出した。
『了解です、マスター!』
命令を受けたアーンヴァルは手にした銃火器をユノに向けた。
「ユノ」
『了解だ、オーナー』
ユノは冷静に向けられた銃口を眺めた。
発射まで、3・2・1・・・
ゴォッという激しい爆音とともに火を噴くランチャー。ユノに迫る弾。
しかしユノは笑った。至極楽しそうに。
次の瞬間、確かにそこにいたはずのユノの姿が消えていた。
ランチャーが何もない地面に炸裂する。
『ど、どこに・・・!?』
あわてるアーンヴァルのセンサーがけたたましいアラートを鳴らし始める。
センサーの示す方向は・・・・・・・上。
『チェックメイト』
作り物のデータの光球を背にユノは拳を顔の前に構え小さくまとまりながら、逆さまに急降下して来る。
太陽で目が眩んだアーンヴァルは高速のその姿を捉えることができない。
影が動いた。同時に鈍い音。
落下速度を乗せたユノのジャブが綺麗にアーンヴァルの飛行ユニットを叩き割り、ともに荒地に墜ちた。

ジャッジAIが示した勝者はユノだった。三面鏡の正面に大きく結果が表示される。
“WIN”
『オーナーと私に勝とうと思うなら、もっと考えなしに動いてみることだ』
ぺろりと舌を出したユノの姿がバーチャルの世界から粒子になって消える。
ポッドへと戻って来た彼女の意識を人差し指の腹で撫でてやると、ユノは嬉しそうにほんのりと頬を染めた。
「負けたよ、すごいジャンプ力だな、そのストラーフ」
相手のオーナーは素直に負けを認め、握手を求めて来る。
握ったその手はバトルの興奮からか、僅かに汗ばんでいた。
謳い終わった後の歓声も好きだが、バトルの後、友情が生まれる瞬間、こちらも言いがたい幸福感を自分に与える。
「次に戦う時は負けません!」
「ふ、キミが私に勝つ日を楽しみにしているよ」
先ほどの熾烈な争いが嘘のように握手を交わす神姫達。
今度の曲はそんな無形の友情を描くのもいいかもしれない。そんな思案を巡らせた。

その日、センターの帰り道、メンバーとぐだぐだとくだらない話をしながら帰る。
いつもの光景。いつもの会話。いつもの帰り道。そうなるはずだった。
「じゃ、気ぃつけて帰れよ」
最後まで道の同じだったドラムのセトが手を振った。
大柄な体躯に似合わず朗らかな表情はどこか憎めない。
「キミこそ、車にはねられるなよ」
笑いながら分かれた後、小さな公園が見えた。
人気のない、寂れた公園。申し訳程度の遊具が並ぶ夕闇に何かが蠢いた。
「?」
いつもならこんな気味の悪い現象はスルーするのだが、その日はライブでの興奮からか気が大きくなっていた。薄暗い公園を覗き込む。
思えばここが運命の分岐点だったのかもしれない。
「っ、オーナー、後ろだっ!!」
ユノの絹を裂くような声とともに後頭部に鈍い痛みが走る。
最後に見たのは歪んだ男たちの笑みだった。

闇に堕ちた公園で身体中を鋭い痛みが走る。
苦しい。痛い。気持ち悪いよ。嫌だ、ユノ・・・ユノ、助けて、ユノ・・・
鞄、楽譜、財布、持っていたものすべて奪われた。
声も。
・・・ユノも。
地面に無残に投げ捨てられたユノの武装を握りしめて、冷えて行く身体の温もりを追う。
意識が奥へ奥へと進んで行って、最期には自分の姿が闇に消えて見えなくなった。

STRAY SHEEPが解散宣言をしたのは、その翌日のことだった。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー