メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鋼の心 ~Eisen Herz~


インターミッション06:武装神姫




 閃光が奔り、ターゲットは蒸散して果てる。
 焦げたようなイオン臭が去ると共に、周囲に光が戻って来た。
 否。
 暗がりが戻って来た、と言うべきか。
 白い闇。閃光が消え失せたのを確認し、京子はゴーグルを外した。
「流石です、京子さま。素晴らしい威力だと思います」
 世界初のMMSである“彼女”はそう言って微笑む。
「……後はコストパフォーマンスかな? 出来れば、一射当たり10円位で納めたいわね……」
 MMSが神姫としてホビーバトルをする事になれば、当然それはユーザーに浸透させなくては話にならない。
 KemotechもFrontLineも、遊びや慈善事業でこの企画を立ち上げた訳ではないのだ。
 商業である以上、その座は万人に解放されなくてはならなかった。
「……問題は放電管のチャージロスね、コレを押さえられれば実費で7円切ると思うのよ……」
「収束効率を落として、蓄電量を下げるのは如何でしょうか? ……私のように汎用動作で射撃するのではなく、専用のプログラムを用いれば命中精度はもう少し落としても通用する筈です」
「やっぱそれっきゃ無いか……」
 本来“彼女”は射撃を考慮したプログラムを有しては居ない。
 目視での測量と、計算による非効率な射撃方法では、そろそろテストの方も限界だった。
「……お~う、やっとるね。京子ちゃん」
「……芹沢さん」
「おはよう御座います、芹沢教授」
 芹沢に頭を下げる“彼女”の言葉に時計を見れば、時刻は既に朝の10時。
 寝る前にちょっと、のつもりで運用試験を始めたのは既に半日前の事だった。
「……眠いわけだ……」
 京子は欠伸を噛み殺して伸びをする。
「んで、どうよ? LC1の調子は?」
 芹沢の視線の先には試射の的となり、半ば消失しているターゲットボードの群れ。
「……どうやら、実用まで漕ぎ着けられそうじゃねぇ?」
「はい。私もネットで調べてみましたが、最先端の軍用レーザーにも無い画期的な機構が、いくつも盛り込まれているようです」
「……まあ、出力が低いから出来ることも多いんだけどね……」
 軍事転用されそうな技術は思いついても使わないようにしていた。
 真紀は、きっとそれを望まないから……。
「……所で芹沢さん。FL12の試作品って、もうロールアウトしたんですか?」
「ん? 確か先週試作品が出来て、起動実験をしてた筈だけど? ……まだCSCは載せずに従来型AIの有線接続だけどね」
 ふむ、と京子は考え込んで。
「……芹沢さん。FL12の試作機、2,3機貰えませんか?」
「おチビちゃんでは不満かね?」
「……レーザー砲の他にも、幾つか装備のテストをしたいんです。ブースターのテストもしたいから、出来れば4機あるとベストですね……」
「ブースター?」
 首を傾げる芹沢。
「……教授。京子さまの力作を目にしたら、きっと驚きますよ」
 くすくすと、顔を綻ばせ“彼女”が微笑む。
「…………」
 京子がパソコンから図面を呼び出すのを見ながら、芹沢の心境は複雑だった。
(……やれやれ、ワシ形無しじゃね。……つーかもう用済みっぽい?)
 自分達が年単位で築きあげて来たものを、この姉妹はいともあっさり超えてゆく。
 それは、嬉しくもあり、悔しくもある不思議な心境だった。
「で、京子ちゃんは何を造ったんじゃね?」
「……羽根です」

 その二日後。試作型神姫FL12は飛行型MMSとして再調整を受ける事となる。
 そして程なく。
 MMSの営業方針は、武装神姫としてのホビーバトルに重点が置かれることとなった。


 CSCに伴う記憶障害には大きな特徴があった。
 それは、記憶領域の拡大と、思考の加速、並列化。

 言うなれば、愛用のパソコンからごっそりとデータが消失したようなもので、CSC患者の脳には使用可能な空白が大量に出来るのだ。
 脳の処理能力は、当然のように常人を凌ぐようになる。

 それは、先天性であれば『天才』と称される現象であった。

 そして、その天才性はCSCの深度と比例する。



 例えば。

 軽度で回復してしまった少年は、常人でも珍しくない程度の天才性を持ち。
 重度で固着してしまった少女は、もはや神託とでも称する他無い天才性を発揮した。

 そして、自らも気付かぬ内にCSCに罹患し、一月かけて独力で回復したその少女は、世界最先端の技術を扱えるようになっていたのだった。


「……武装神姫」
「はい、真紀さま。今後MMSは武装神姫としてバトルを中心とした展開を行っていくそうです」
 真紀は、“彼女”の報告に少しだけ表情を歪めた。
「……」
「? 主よ、如何なさいましたか?」
 真紀を主と仰ぐ“彼女”が、首を傾げて真紀の顔を覗き込む。
 その時、病室の扉が慌しく開けられた。
「あ、真紀。私、これからちょっと研究室に行って来るね。……試作品のレーザーソードが出来たんで、カトレアに届けてくるわ」
「カトレア様ですか」
 フロントラインとケモテックの、共同研究室に配置された4“人”の神姫。
 その長女が、ラン科植物の名を冠する、格闘武器試験用の神姫だった。
「……あの、姉さん……」
「ん? 何、真紀? バスの時間あるから手短にね」
「…………あ、…………ん、……な、なんでも、無い……」
「……? それじゃあ行って来るけど食事、ちゃんとするのよ? 食事残すと香苗さん(看護婦さん)が心配するわよ?」
「……ん」
 真紀が頷いたのを見て、京子は走り去った。


(私にも、真紀の為に出来る事がある)

 京子は走る。

(私も、真紀を喜ばせる事が出来る)

 脇目も振らずに走る。

(武装神姫が世界に広まれば、それは真紀の想いが世界に広がることになる)

 振り返る事も無く。

(私が強い装備を作る事で、それを手伝える!!)

 残されたものに気付く事も無く…。


「主よ、宜しいのですか? この計画は、京子さまの協力が不可欠と存じますが……」
「……いいわ。姉さんは……、そうね……」
 真紀は、病室の窓から病院前のバス停を見る。
「……姉さんは」
 そこでバスに駆け込む京子の姿を瞳に映したまま。
「……姉さんには、敵になってもらうわ」
 そう、呟いた。








 最近のプラモは凄いですね。
 思わずガンダムスローネ3種買って、誰もが思いつくコンパチスローネ作ったさ。
 色も青で塗り直して、ご満悦。
 ……ま、ALLガンダムマーカー仕上げですが何か?

 AC4に嵌まっている身としてはアーリヤが欲しかったのだけど売り切れで入手できず。
 明日当たり遠出してでも手に入れようかと考え中。



 ALCでした。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー