メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第13話


星々を散りばめた漆黒の空間に幾筋もの閃光が走る。
アカツキは四方八方から放たれる銃撃を避けながら、すれ違いざまにストラーフをレーザーサーベルで斬りつけた。ストラーフは一瞬虚空にとどまった後、消滅した。
そして、間髪を入れずにシールドの裏面からミサイルを放ち、ブライトフェザーの右腕を武器ごと破壊する。
一方でシラヌイは機動力を活かし、ティグリースと白兵戦を演じている。
廻転刃刀で相手の斬撃を受け流し、一瞬の隙を突いて袈裟懸けに切り伏せ、ティグリースを撃破した。
「くっ、まさか私たち、一方的に・・・?!」
「シラヌイ、縁起でも無いこと言わないでよ」
《二人ともボヤボヤするな!5時の方向からツガルが3、12時からはランサメントと飛鳥、散開して各個撃破!!》
「「了解!(です!)」」
アカツキは転送されたLC3レーザーライフルを受け取ると、ツガルの編隊に向けて照射した。たちまちツガル三機は何が起きたかも判らず、消滅した。
一方、シラヌイは速射砲で飛鳥を牽制しながら距離を詰め、飛鳥が機関砲を構えたと同時に、レーザーライフルと同時に転送された大手裏剣・「白詰草」を投擲した。
咄嗟に飛鳥は防ごうとするも、機関砲ごと右腕をもぎ取られ、さらに胸に廻転刃刀を突き立てられて戦線を離脱した。
それと呼応してアカツキが超高速で接近し、レーザーサーベルでランサメントを撃破する。
突如、彼方から砲撃が二人を襲う。
「くっ、敵の増援?」
「畜生、乱入可能って言ったのはこういう意図もあったのか・・・。ええい、考えてもしょうがない、アカツキ、シラヌイ、迎撃開始!!」
「「了解!」」
撃破されたオーナーが再ログインしたのか、それとも他のが参戦したからかは知らないが再び神姫が10体追加される。
だが、今度は事情が違った。
彼方からスカイブルーの機体が飛来する。背面に背負った三角翼と扁平な外観がステルス爆撃機を彷彿とさせる。
「あれは・・・メビウス!?」
ユニオン軍の主力神姫の名をアカツキは言った。
それもそのはず、“本来は競技の場に存在しない”神姫だったからだ。
メビウス隊が翼下パイロンから誘導ミサイルを発射する。
アカツキはそれらをバルカンで迎撃し、シラヌイは身を捻って回避する。
ミサイルが弾丸に切り刻まれ、互いにぶつかり合い、宇宙に幾つもの大輪の花を咲かせる。
シラヌイは爆風を利用して加速し、先頭にいた一機に肉薄する。
危険を悟ったメビウスはぎくしゃくと後退しようとするが、既に命運は決していた。
「せいやっ!!」
廻転刃刀で横薙ぎに斬りつけられ、そのメビウスはポリゴンの塊と化し、消滅した。
だが、重火力のメビウスの攻撃は留まる所を知らず、背後から放たれたレール砲がシラヌイの右腕を刀ごともぎ取っていく。
「くっ、これでは反撃が・・・、できない!」
ろくな飛び道具を装備していないシラヌイには、高速で飛び回るメビウスに対して攻撃手段は無いに等しい。
何とかして速射砲を撃ち返すも、装甲が分厚く、致命傷を与えられない。
「シラヌイ!・・・きゃぁあ!!」
アカツキはシラヌイを援護すべく、転進しようとすると、ミサイルがリアウィングに着弾し、爆発する。
僅か数秒の間に四肢を失ったシラヌイにメビウスがトドメとレーザー砲
を放ち、照射が終わった後、そこに、シラヌイの姿は無かった。
「そんな・・・、嘘でしょう?!」
呆然とするアカツキに、他のメビウスが一斉にレール砲を放つ。
磁力で加速された弾丸が、アカツキの体を切り刻むかに見えた。しかし、すんでの所で彼女は上昇に転じ、ビームライフルで応射しながら優一に指示を仰ぐ。
「マスター!、トランザムの許可を!!」
《言わずもがなだ!!》
優一は手元のコンソールからアプリケーションを呼び出し、「トランザム・システム」の起動認証を行う。
液晶画面に「UN LOCKED」文字が浮かび、スキル使用が可能になった。
「トランザム、発動ぅうううう!!!」
既に彼方此方に被弾したアカツキの白い体が真紅に色づき始め、胸の放熱フィンが開く。
「今頃スキルを使った所で!!」
その様子に驚愕していたメビウスの一機が思い出した様にレール砲をアカツキに向けて放ち、他もそれに倣う。
だが、次の瞬間、先頭に居たメビウスが胸を刺し貫かれて爆散する。
「くっ、この!?」
僚機の突然の喪失にメビウスは驚愕し、慌てて機関砲を撃とうとするも、砲口が火を吹く前に四肢を全て斬り飛ばされ、戦線を離脱する。
ライフルで、サーベルで、グレネードで次々とメビウス達は消滅していく。
《そんな馬鹿な!?防御力では定評のある重爆型だぞ!?それがたかが競技用の、それも最古機種のマイナーチェンジに!?》
先ほど撃破されたメビウスのオーナーが驚愕の叫びを上げる。
《要は戦い方だ。あんたらは数ばかりで、個々の実力なんてまるで理解しちゃいない。そんなんで「鳴く子も黙る」?片腹痛いわ!!》
「マスター、キャラが変わるくらい怒っているなんて・・・」
優一は温厚な性格からか、本気で怒ることは滅多にない。
それ故に、いつもの優一に無い迫力を声だけでもアカツキは感じ取った。
《アカツキ、フィニッシュだ!!》
「判りました・・・。破ぁああああああああ!!!」
抜刀したレーザーサーベルから光の刃が迸り、最後のメビウスを刺し貫く。
しかしバトル終了のサイレンは鳴らない。
それもそのはず、懲りずに再ログインしたメビウスがアカツキに照準を付けていたからだ。
「馬鹿め、コレで・・・何!?」
発砲しようとした刹那、背中から何かに貫かれる。
「忍法・空蝉!!」
「何だとぉおおお!?」
メビウスを襲った何かの正体、それは先ほど撃破されたかに見えたシラヌイだった。
喪失した左足にサバーカレッグを装着した状態で強烈な蹴りを食らわせて最後のメビウスを撃破し、全てに終止符を打った。

  • 数十分後・帰り道にて-

「すんでの所でスキルを使って正解だったな、シラヌイ」
「とは言っても、残ったのは片足ですが・・・」
「もう、寿命が縮むと思ったわ。次からは脅かしっこ無しよ」
「すみません、お姉様」
一応バトルロワイヤルだったので、最後はアカツキとシラヌイとで戦うことになったが、二人とも満身創痍だったので、試合は引き分けとなった。
「ブラッドファントム」の面々も優一に陳謝し、この騒動は決着した。
(黒いアーンヴァルか・・・。でもいったい何故?いずれアネゴに調べてもらおう)
自分たちを陥れようとした黒いアーンヴァル、何故アカツキを狙ったのか、剥き損ねたリンゴの皮の様に、腑に落ちない優一であった。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー