メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2部   「ミッドナイトブルー」



第11話 「night-11」





      • 2ヵ月後


西暦2041年 7月21日  15:00

『大阪府 大阪市 鶴見緑地センター店』


お昼の3時のチャイムが公園内に響く。
園内の噴水広場の軽食コーナー、そこでは多種多様な神姫とオーナーたちがお菓子を食べて雑談をしていた。

オーナー1「おい、知ってるか?昨日の夕方、出たらしいぜ」
オーナー2「出たって何が?」
天使型「例の都市伝説ですね」
剣士型「超音速の死神か・・・」
悪魔型「ええーーーほ、本当?」
オーナー3「ついにこの神姫センターにも、来たか」
種型「なんでも物凄い数の神姫が撃破されたらしい」
花型「ひゃーーー恐ろしい恐ろしい」
オーナー5「超音速の死神、あれって実在するのか?よくあるゴーストファイターだろ?」

雑談に花を咲かせるオーナーたち。


軽食コーナーの端でパラソルの下で老人と将棋を打っている黒い軍服を着た将校型神姫がぼつりとつぶやく。

ナターリャ「やれやれ、またなんとかの死神か」

アオイ「死神といえば、あいつを思い出しますねーナターリャ将軍」
ナターリャの将棋を観戦するアオイとツクヨミ。

ナターリャ「そいつの話はするな」
ツクヨミ「ちょっとトラウマって奴ですか?」
茶化すツクヨミ。
軽食コーナーの横の桟橋では航空母艦型のツラギが停泊し甲板を開放し中央では武装をはずして水着姿になった神姫たちがホースを掴んでキャッキャと水浴びして遊んでいる。

ツラギ「あーーあーー、最近なんか張り合いのある奴がいなくてつまんないですねーマスター」
でっぷりと太った金川がカメラを片手に水着姿の神姫を写真に収めて満足している。

金川「いやいやーこういう可愛い神姫たちのキャッキャウフフを愛でるのもいいもんだよ」
ツラギ「なにも私の甲板の上でやらなくても・・・」

金川「オマエの上だったらいろいろと遊び道具とかあるし、便利だろ!艦内にはシャワーもあるし!!」
ツラギ「そういうのに、空母型使わないでくださいよー」

パチン
ナターリャ「チェックメイト・・・じゃなかった王手!」
ナターリャが将棋を心地よく打つ。

ナターリャ「うむ!将棋も悪くないな!!面白い!」
ナターリャの対戦相手でありオーナーである伊藤は満足そうなナターリャを見て微笑む。

伊藤「それはよかったですね。ナターリャー」

湖に灰色の数十隻の戦艦型神姫が着水する。

野木「やあ、みんなお久しぶり」

ラフな半そでのTシャツを着た野木が軽食コーナーに顔を出す。

金川「おおー野木ちゃんお久しぶりー」
立花「ノギッチ!キター」
衛山「おひさ」

野木「ナターリャ将軍、おひさ」

ナターリャ「うむ」

ナターリャは手をひらひらと振る。

野木「調子はどうだい?」
ナターリャ「まあまあ、かな?最近はとんと暇している」

アオイ「張り合いのある神姫がいないんだとよ」
野木「まあ、SSS級の将軍に合うようないい娘はなかなかそういないからね」

湖に着水した数十体の戦艦型神姫の灰色の巨体がまぶしく光る。

ナターリャ「灰色艦隊は、すべて復活したようだな」
野木「まあな、マキシマがバラバラになっていて完全に治すのに1ヶ月以上かかった」

マキシマがやれやれと肩をすくめる。

マキシマ「今度、やるときは指揮系統をしっかりとしてくれよ」
ナターリャ「今度か・・・」

ナターリャは遠い目をして湖を見る。

ナターリャ「そういえば、夜帝はどうしている?」

野木「夜帝か、あいつは心斎橋の神姫センターでちょくちょく見かけているって話だ」

2ヶ月前に行われた夜帝との激戦はネットにも動画が公開され、多くの話題を呼んだ。

今まで夜帝の存在はあまり公には知られておらず、都市伝説化していたが二日間にわたる連戦で、夜帝がたった1機で戦艦型神姫を9隻、航空母艦型1隻、艦載機10数機という完全武装の2個艦隊を撃滅したことは多くの神姫たちを震撼させた。

夜帝はナターリャの手によって敗れたが、帰ってその名声を轟かせたことになる。

ナターリャ「そうか・・・またあいつとチェスを、いや・・・神姫バトルをやってみたいな」

ナターリャは感慨深くそういうとパチンと将棋を打つ。

アオイ「神姫バトルって将軍は、基本他人のふんどしで戦うだけでしょwwww」

ナターリャ「・・・」

青筋を立ててナターリャはパチンと指を鳴らす。

アオイ「ちょ」
湖に停泊中の灰色艦隊がアオイに向かって砲塔を向ける。

マキシマ「艦砲射撃ッ!!撃ち方ァーー用意!!」
ヴィクトリア「アオイさんはいつも一言余計なんですよ・・・・」

ナターリャ「これが私のバトルスタイルだ。文句があるならいつもで受け付けるが?」

野木「将軍には誰も勝てないな」
ナターリャ「SSS級でも用意したまえ」

サソリ型「あのお・・・・」


おずおずと一体のサソリ型神姫がナターリャに声をかける。

サソリ型「この間から夕方の5時に超音速の死神って二つ名のSSS級ランカー神姫がこの神姫センターに現れて暴れまくっているのです・・・た、助けてください!ナターリャ将軍!」

野木「はあ?超音速の死神ってあの超音速ステルス戦闘機型MMS「クリスティ」のことかい!?」

野木は目を丸くしてサソリ型の声に耳を傾ける。

サソリ型「はあ、なんでも心斎橋の神姫センターにいたらしんですが、夜帝とテリトリーがかぶるからってこっちに流れてきて・・・ううう・・・もうすでに300機くらいの神姫が、仲間がやられているんですよ・・・」

野木はナターリャに声をかける。

野木「将軍!出番だぜ」
アオイ「おいおい、超音速の死神って・・・確か音速を超える超高速戦闘型の化け物じゃねえか!!」
ツクヨミ「うは、また化け物神姫かよ」

ツクヨミとアオイが唸る。

ナターリャ「ほほう、化け物退治というわけか」

ナターリャはすっと立ち上がり桟橋に停泊している航空母艦型MMSのツラギに声をかける。

ナターリャ「ツラギ!張り合いのある奴が出たぞ!仕留めに行くぞ!!今度は超音速の死神だ!!」

ツラギがきょとんとした顔でナターリャの顔を見る。

ツラギ「ちょ、超音速の死神!!?クリスティじゃないですか!!SSS級の化け物ォ!!」


桟橋にいた灰色艦隊の戦艦型神姫もざわめき出す。

ノザッパ「ひえええええええ!!音よりも速いあのスピード狂ですか!?」
マキシマ「へへっへ、上等じゃねえか」
ヴィクトリア「化け物神姫ですね」

そのとき、神姫センターの上空を真っ黒な槍のようなスマートなフォルムの航空神姫が空を切り裂くように飛び去った。

□超音速ステルス戦闘機型MMS 「クリスティ」 SSSクラス 二つ名「超音速の死神」



姿が見えて、数秒後にショックウェーブが軽食コーナーに巻き起こり、日傘のパラソルが衝撃波で吹き飛び、音が後から付いてくる。


ドゴゴオオオーーーン!!!


ナターリャはにやりと笑う。となりにいたサソリ型が悲鳴を上げる。

サソリ型「で、出たァ!!!」
ナターリャ「ふん、あれが超音速の死神か、なるほど化け物神姫め」

アオイ「ひええええ!!お、音が後から来たぞ!」
ツラギ「レーダーに反応無し!!ステルス機だ!!」
ノザッパ「は、速い!!」

ナターリャ「ふはっはっはは!!この間のバトルはまだ続いているぞ!!あのランカー神姫は夜帝のシュヴァルに心斎橋神姫センターを追い出されてここに流れ着いたランカーだ!!俺たちが招いた因果だッ!!!!!!盛大に歓迎してやろうではないか!」

ナターリャは右手を超音速の死神に向ける。
ナターリャ「バトルロンドは戦いの旋律 終わらない戦いの旋律 さあ、私たちも旋律を奏でようではないか・・・」







西暦2041年

その世界ではロボットが日常的に存在し、さまざまな場面で活躍していた。

神姫、それは全高15センチほどのフィギュアロボットである。

:心と感情:を持ち、最も人々の近くにいる存在。

その神姫に人々は、思い思いの武器、装甲を装備させて、戦わせた。

名誉のために強さの証明のために・・・・・・・・・

名も無き数多くの武装神姫たちの戦い

戦って戦い尽くした先には何があるのか

バトルロンドは戦いの旋律 終わらない戦いの旋律

戦いの歴史は繰り返す いにしえの戦士のように 鉄と硝煙にまみれた戦場で

伊達衣装に身を包んだ神の姫たちの戦いが始まる。





第2部   「ミッドナイトブルー」


終わり
添付ファイル




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー