メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これからも…

※注意!この作品は18禁です!


バトルロンドの台詞からエロ妄想をしてみるSS

書いた人
 優柔不断な人(仮)














「修行して出直して、こい!」
勝利の声が響く。今日も猫子は絶好調だった
そしてバトル後のブリーティング
「ねぇねぇ、あたしってすごいでしょ。だから、なでて…」
破竹の快進撃を続けSランク入りした猫子だが、それに比例するように最近は非常に甘えん坊になってきた
「よしよし、よくやったな」
誉めながら猫子の頭を撫でる
「うにゃ~ん…」
目を細めながら愛撫を受ける猫子。こうしてると、とてもSランクの神姫には見えない
続いて顎下も撫でる
「にゃ~んゴロゴロ…」
全身を俺に委ね甘える猫子
ふと悪戯心が沸いてくる
辺りに人影は…無いな…ニヤリ
ムニュ
胸を軽く撫でる
「にゃうっ…にゃうん…」
薄目を開けこっちを見る
『もっとして』
そう訴えかけているように見えた
ムニュッ…ムニュッ…
両方の胸をそっと摘み、回すように弄ぶ
「にゃうぅ…」
身を捩りながら熱い吐息を漏らす猫子
…なにやら大腿を擦り合わせながらモゾモゾしている
片方の胸から手を離し、股間へと人差し指を伸ばす
「にゃうっ!」
くちゅっ
猫子の股間にある僅かなスリットを指で突く。そこからは特殊な潤滑オイルが滲み出していた
「みゃぁ…ご主人様…」
切なげな眼差しで俺を見る猫子
「…大丈夫だよ。いっぱい「撫でて」あげるよ」
指を広げ、顎下・胸・大腿・そしてスリットを同時に撫でてやる
ムニュッ…ムニュッ…くちゅっ…くちゅっ…
「みゃぁ…みゃぁ…ご主人様…ご主人様の手…好き…すき…にゃうっ…すきぃぃぃぃぃっ!」
プシャアアアッ!
猫子は体をピクンと弾ませ、スリットから特殊オイルと冷却水を噴出させながら絶頂に達した
「はふぅ…にゃうぅ…みゃぁぅぅ…」
口からは涎を垂らし、放心状態となっている
そんな猫子の頭をそっと撫でてやる
「可愛いよ、猫子」
「みゃふぅ…ご主人様…あの…」
「ん?なんだ猫子?」
「あの…次は…ご主人様の番…だよ…」
俺のズボン、というか盛り上がった部分を見ながら猫子が言った
猫子の痴態を見ていた俺のモノは、すっかり臨戦態勢になってしまっていた
しかしここは自宅ではなく、神姫センターの一室
既に他のSランカーのマスターは居なくなっているとはいえ、いつ巡回の警備員が回ってくるかは解らない
「ごしゅじんさまぁ…」
「うおっ!」
いつのまにか俺の股間の前へと移動した猫子が、ズボン越しに俺のモノを撫で始める
シュッ…シュッ…
布を擦る僅かな音が聞こえてくる
僅かな快楽ではあったが、俺の僅かに残っていた理性を吹き飛ばすには十分な刺激であった
「猫子…もっと…」
俺の声を聞いた猫子は、ズボンのチャックへと手を掛ける
ジー…
開かれた窓へと手を入れ、奥にある熱く滾るモノを取り出す
ビィン…
「ご主人様…」
そそり立つ剛直をウットリと眺める猫子
『猫子に見られている』
そう思うだけで俺のモノは更に高まっていき、勢いを増していく
「すごい…どんどんおっきくなっていく…」
ピクン、ピクンと脈打つ度に巨大化していくモノを見て驚嘆の声を上げる猫子
「見てるだけじゃなくて…」
「うん…」
きゅ…
自分より遙かに巨大になったモノへと抱きつく猫子
そのまま体を上下に揺すり、扱き始める
「うっ…猫子…気持ちいいよ…」
シュッ…シュッ…
猫子は胸や大腿を擦りつけてきてモノを悦ばせようと一生懸命に体を捩りながら扱いてくれる
「んちゅ…んふっ…ご主人様…ぺろ…」
口での奉仕も加わり、俺は快楽の頂点へと一気に高められる
「うっ…猫子…そろそろ…」
俺の訴えを聞いた猫子は、一気にモノ高めるべくぎゅっと抱きつき、体を揺する速度を一気に上げた
「みゃうっ…ご主人様のが更に大きく…」
もうだめだ!
「………ううっ!」
びゅくっ!
低く呻き声を上げながら、俺は勢い良く精液を放出した
びゅくっ!…びゅくっ!…びゅくっ!…
モノから弧を描いて放出される精液を満足げに見ている猫子
「うう…うう…おおう…」
びゅっ…びゅっ…びゅっ…
「ご主人様…すごい…」
びゅ……びゅ……………びゅ…………
猫子に扱かれ、最後の一滴まで放つ
「はぁ…はぁ…はぁ……はうっ…ううっ…」
射精して敏感になった所をなおも攻められ続け、身をよじる俺
「あっ…ごめんなさい、ご主人様」
慌ててモノから離れる猫子
「大丈夫だよ猫子。それより、後始末してくれるかな?」
「あ…うん」
猫子に射精し終え萎えてしまった俺のモノの後始末を頼む
ティッシュを持ち、モノに付いている精液やオイルやらをそっと拭う猫子
「くぅ…うう…」
一仕事終えたモノにはその柔らかな刺激さえも過剰な物となってしまう
外側を綺麗にした猫子は、仕上げにと尿道に残っている僅かな精液を吸い取り始める
「お…うう…ううっ…きもちいいっ!」
「あっ…ご主人様…また…」
拭って貰ってるうちに落ち着きを取り戻したモノが、刺激を受け再び固くなっていく…
「ん…れろ…」
綺麗にし終わった頃には、モノはすっかり巨大化してしまっていた
「ご主人様…もう一回…」
剛直に再びしがみつき、体を揺すろうとする猫子
「あっ、まって」
そんな猫子を制止する
「…え?」
「そこに横になって」
テーブルの上で寝そべるように指示を出す
「こ、こう?」
「そう。そしてこうやって…」
寝そべった猫子の上にモノを乗せる
「そのまま手足できゅっと締め付けて」
猫子にモノに手足を絡めるように頼む
「これでいいかな…?」
「うん。それじゃ動くよ…」
猫子の上で腰を前後させ、モノを擦り付ける
しゅっ…しゅっ…
「はう…にゃうう…」
体へと擦り付けられるモノに一生懸命刺激を与えてくれる猫子
ちゅっ…ちゅっ…
次第に乾いた擦る音は、先走りの液と猫子の唾液、特殊オイルに濡れ湿った淫靡な音へと変わっていく
「くっ…猫子…そろそろ…出すよ…」
猫子に終わりが近い事を告げ、腰の動きを早める
「にゃうっ…わたしも…また…」
全身にモノを擦りつけられた猫子もまた絶頂に達しようとしていた
「くっ…猫子…一緒に…」
「にゃはっ…ご主人様…一緒に…いっしょにっ…いっしょにぃっ!…ああああーーーーっ!」
ぎゅううう
「くうううっ!」
どぴゅっ!
猫子にぎゅっと抱きつかれた刺激を引き金に射精する
どぴゅっ…どぴゅっ…どぴゅっ…
「ああ…ご主人様…」
ぴゅっ……ぴゅっ……ぴゅっ……
さっき射精したばかりとは思えない量の精液を猫子へと放つ
「ううっ…猫子…」
ぴゅ…………ぴゅ
「にゃは…にゃはは…大好きだよ…」
「俺もだよ、猫子…」
「だから…これからも一緒にいてね…」
「…そんなの当たり前だろ」
俺は猫子を撫でながら言った

その後、俺は疲れ果てた猫子をそっと寝かせながら一生懸命部屋を掃除した
バレてないといいなぁ…

(終わり)


オンラインの猫子のエロさは異常
そんな思いをぶつけたSSです







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー