メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※これは「種子さんときっしー(超仮タイトル)」のスピンアウト、剰余分です。まずはそちらを読んでから、こちらを読んで頂けると嬉しいです。


 「さて、終わったかい」
 私はクレイドルの上で身を起こす。
 「それで、君と俺がどうしたって」
 突然投げかけられた言葉に絶句した。人間ならば耳まで赤くなっていただろう。しかし、どうして。私はテキストデータの表示などしていなかったはずー。
 「いや、巴さんがさ。彼女、テキストデータの表示設定を取り消し忘れていたらしくて、彼女の言葉がずっと表示されてたんだよね」
 モニターを振り返ると、チャットウィンドウに「巴御前;」で始まる会話文が延々と表示されていた。あの小娘、どうしてやろうか。種型の名前の通り、土中にでも埋めてやろうか。私、騎士型の基本装備である長剣のコルヌなら、あいつを埋める穴くらい掘れるだろう。
 私は衝動的に足元に転がっていたボールペンを手に取ると、主に向かって突きつけた。
 「貴様っ! 忘れろっ! 今すぐにっ!」
 主は、ペン先をちょいとつまんで反らすと、私に近づいてきた。
 「たまにはさ、もうちょっと普通に話をしないかい」
 思わず顔をそむける。こんなとき、種型ならば、ほわんとした対応で上手く話を進めるのだろう。何故、騎士型の基本性格はこうなのか。誰が決めたのかは知らないが、この仕様を決めた技術者を思い切り問いつめたい。
 苦しい。
 とても、つらい。
 「ま、いいよ。落ち着くまでまっているから」
 そういって、主は手にした耐熱ガラスのカップに入っている緑茶に口を付けた。グラスのなかで、赤い花を付けた茶葉がゆれる。ジャスミン仙桃(せんとう)とか言うのだそうだ。ゆらゆらと浮かぶ茶葉を眺めていると主が声をかけてきた。
 「それが今の君の気持ちかな」
 何を言っているのか、と顔を上げて気づいた。私の双眸から、素体の皮下を循環しているはずのヂェルが流れている。本来、ここからヂェルが溢れ出すのは視覚装置の保護が必要であると私のシステムが判断したときだけだ。今はそのような必要もないし、指示をだした覚えもない。確かに、悲しい、と思ったが、それで不随意にヂェルが流れるようなプログラムは本来、ない。
 「ホラ」
 主がメンテ用の綿棒で顔のヂェルを拭ってくれる。何か言わなくちゃ。思わず、綿棒の軸を掴んで引っ張った。
 「お、どした」
 主に言われて気がついた。何をどう言えばいいんだ。
 「あ、ありがト」
 声が裏返ってしまう。
 「いいさ。ピノキオだって人間になれたんだ。君も人間に近づいたってことでいいんじゃないか」
 また、ヂェルが、涙が溢れてくる。止められない。
 「まぁ、無理せずやってけばいいじゃん。いままでの君も大好きだし」
 馬鹿野郎。

 ひときしり泣いたあと、私はマスターに別の話を切り出した。前々から問題になっていた話題だ。転職先が見つかったのだ。留守中にその旨のメッセージを私は受け取っていた。
 「で、どうするんで…だ」
 思わず、語尾が変わりそうになった。
 「ああ、丁度いいや。最後にひと暴れでもしていくか」
 「じゃぁ、あの話を受けるんだな」
 「うん、まぁ、立つ鳥跡を濁さず、どころの話じゃなくなっちゃうけど。最後に好きなようにやらせてもらうさ。もう雇用をタテに脅かされることもないしな」
 奇怪な声を出して笑う。
 巴のマスターも問題がある。が、しかし、我が主も相当性格に問題ありだ。
 「あ、そうそう」
 今度は何だ。
 「今度、髪を下ろしてみたらどうかな」
 やっぱり馬鹿野郎だ。

Fin





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー