メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔女っ子神姫ドキドキハウリン

その3



 だらしなくベッドに寝ころんだ静香の顔は、今までに見たことがないほど険しい物だった。
「うー……」
 目の前のノートが真っ白なのだ。
 もちろん学校の宿題などではなかった。
 傍らに私の写真が何枚か置いてある所を見ると、どうやら新しい衣装のアイデアを考えているらしい。
「思いつかない……」
 静香が悩むなんて、珍しい。
 眉間には見たこともないほど深いしわが寄っている。
 これが、いわゆるスランプというやつだろうか。
(そうだ)
 私はふと、前にネットで見た情報を思いだした。
 感情がトゲトゲしくなったときに、落ち着くための方法を、だ。きっと悩んでいる静香にも効果があるだろう。
「あの……静香」
 おずおずと静香の傍らに腰を下ろし、そのままころりと寝ころんだ。
「んー?」
 澱んだ瞳で、こちらをぼんやりと見遣る静香。
「えっと……」
 足を伸ばし、腰でバランスを取りながら、そっと両足を開いてみた。
「…………」
 足と足の間……股間からは、静香の瞳がこちらを見つめている。
 続く動作で、ゆっくりと両足を閉じる。
 再び開けば、そこにあるのはじっと見つめる静香の瞳。
 開く。閉じる。
 開く。閉じる。
 繰り返すたび、静香の瞳がこちらを捕らえて……。
「ぁう……」
 恥ずかしさに、顔が火照るのが分かった。
 でも静香のためだ。
 閉じる。開く。
 閉じる。開く。
「……ココ」
 ぱかぱかを繰り返す私に、静香の手がゆっくりと伸びて……。
「……静香?」
「あたし、それよりこっちの方が好みなんだけどなぁ……」
 整った細い指が、私のお腹にすっと触れた。
「ひ……っ」
 恥ずかしさにセンサーの感度が狂っていた私は、思わず甘い声を上げてしまう。
「ふふっ。ココのお腹、すべすべしてる……」
「ひ……ぅ……っ」
 センサーを調整するより早く、静香の指が私の触覚を制圧した。
「ぁ……しず……かぁ……」
「ん? ココ、こっちとか弱いのかなぁ?」
 過剰な情報に調整中のセンサーがさらに狂わされ、私の心は静香の指先に侵されていく。
「ひぁ……っ!」
「ココ、さっきより、こっちの方が可愛いよ?」
 耳に届くのは、静香の甘い声。
「ぁふ……ぁ……ぁぁっ!」
 柔らかな指が、私の躯を優しく蹂躙する。
「ほら、鳴いてごらん?」
「は…あぁ……ぁぁあっ!」
 そして静香の指先が、私の胸をふにゃりと押し潰し……。
「ぁあああーーーーっ!」
 私の意識は、あっさりと闇の中に沈んでいった。


「ありがとね、ココ。おかげで良い服が作れそう」
 オーバーフローした意識が戻ったとき、静香はノートにペンを走らせていた。
 いつもの軽快なテンポだ。どうやら、何か良いアイデアが浮かんだらしい。
「そう……ですか」
 AIは復帰したものの機体側は安全装置が働いているらしく、まだ体に力は入らなかった。
 でも。
「良かったです」
 笑顔の静香を疲れ切った体で眺めながら、こういうのも悪くないな……と、思った。
「でも、どこで読んだのか知らないけど……ああいうはしたないこと、止めた方が良いよ?」
 ちょっ!
「ひどっ!」
 下着姿のあなたに言われたくないんですが!





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー