メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「武装神姫のリン」
第17話
「花憐」



「ぶっふぇぇ!!!」

今日はリンの2回目の"誕生日"、それでリンにプレゼントに何がいいか聞いてみた。
その返答に対する俺の反応が上のモノだ。
思わず下品にも口に含んだものを吹き出してしまった…
そのリンの返答っていうのが、

「子供が欲しいです」

うん、俺の反応は間違ってないはずだ。
茉莉も口をポカンと開けるばかりでティアもさすがに閉口している。

「…リン。判ってるよな? 子供って…」
「あの、私そんなに変なこと言いましたか? マスターが子供に相当するパーソナリティを持つモデルを買ってくれるって言ったじゃないですか。」

しばしの沈黙。そして…
「もう、亮輔のバカ!!!」
茉莉の思い切りのいいビンタを頂戴した俺であった…orz

そして数時間後、俺たちはエルゴの店頭にいた。
頬を腫らしている俺を見て苦笑しながらも店長はかねてからおねがいしていた"頭身が低い素体"と"成長速度鈍化""子供思考"のCSCを棚から出している。

「ヘッドユニットはストラーフでいいのかな?」
素体とCSCを接続した店長が聞いてくる。
「はい、それでおねがいします。」
俺ではなく、リンが返答する。

「そういえば…ちょっと提案があるんだけど。」
「どうしたんですか?」
「あのね、今度から神姫の髪の色を変えるカスタムのサービスを始める予定なんだけど、この子にモニターっていうか、なんていうか試しにやってみないかい?」
「リン、どうする?」
「私が決めるんですか…じゃあお願いします。さすがに全く自分と同じ顔というのは気になるので」
「わかりました、で何色がいいのかな? 好きに選んでくれていいよ」
そういって髪の色のカタログやら見本をリンに渡す店長。
見ると茉莉やティアもカタログに見入って、話しをしている。

「ちょっと、亮輔君」
その隙をみて急に店長が俺に言い寄ってくる。なぜか俺だけに話したいことがあるらしいが…

レジ裏にしゃがみこんだ俺と店長。そして店長は俺にものすごい小声でこう言ってきた。
「あれってリンちゃんのプレゼントだよね?」
「そうですけど、子供が欲しい…自分で世話をするからそういう子供に相当する神姫が欲しいって」
「たぶん前代未聞だよ、母親になる神姫だなんて…まあそれは置いといて。もう1個プレゼントになりそうなものが今、ウチにあるんだけど、どうかな?」
「物を見せてくれないとなんだかわからないんですが…」
「ふれあいツール"赤ずきんちゃんご用心"って言えばわかるだろう?」
「プ…ッ(必死に吹き出しそうになるのを押さえる音)」
「あれがね~幸運にも手に入ったんだよ。結構競争率高いらしいんだけどね。」
「で、俺とリンにですか?」
「うん、リンちゃんにもそろそろ"ホンモノ"の感触を知ってほしくないかい?」
俺の脳裏にピンクな景色が一瞬広がる

「…ホントに商売上手ですね、店長。」
「じゃあ買う?」
「ハイ。」
「じゃあがんばってね」
「あの、それっていうのはどういう意味で?」
「さあ~どっちだろうw」

そんな感じで商談が成立した。
そして何も無かったかのようにリンたちの所に戻る。さっきまでのことは忘れよう、ウン。

「決まったか?リン」
「あっ、マスター。いちおう決まったといえばそうなんですが…」
「じゃあ言ってみろ」
「黒はイヤですか?」
「なんで?リンが好きならそうすればいいだろ。」
「だって、マスターって金髪好きそうなんで…」

そうして茉莉の方を見るリン。
くそ、そんなにカワイイ表情しないでくれ…さっき想像したことが再び頭の中に浮かんでくるのをかき消して返答する。
「はは、そんなこと気にするなよ、もし俺とリンの子っていうなら黒でいいんじゃないか?」
「じゃあそれで、店長。黒でおねがいします」
「たしかに承りました。処理に5分ぐらい掛かるから待っててくれるかな?」
「はい、じゃあその間に料金払っときますよ、で合計でいくらですか?」
「うん…基本のセット料金に素体の特注のライセンス料、黒髪は特別料金だけど今回は割り引きで…しめて…この値段だね。」

まあ予想通り"それっぽい名目"で書かれた料金票を見る。
うん、この値段なら予算の範囲内だ、微妙に余計な費用が加算されたりはするが…今回はジェニーさんのレジを通すわけには行かなかった。
レジと接続した状態のジェニーさんにはそういう偽装は通用しないことは以前のことで知っていた。
だからこそ、店長に直接料金を支払うのだ。物はあとで取りにいくとしてもこれだけは回避しなければならなかった。

そうして支払いを済ませて待つこと数分。艶やかな黒髪のストラーフが俺たちの前に横たわっている。
CSCは先ほどのもに加え、"おしゃれ"を選択。これはリンの提案だった。
CSCおよび素体、ヘッドユニットのチェック完了。リンの娘である神姫が起動し、ゆっくりと瞳が開かれた。

「…う~ん、眠ぃ…」
第一声がコレだった。やっぱりCSCの特性が関係してるんだろう。とりあえず俺がまずはマスター登録をする。
「藤堂 亮輔をマスターとして登録しましたぁ~で呼びかたはどうしますかぁ?」
「お父さん、だ。」
「……お父さん…お父さんですねぇ~判りましたぁ…むにゃむにゃ…」
今にも寝そうな彼女を必死に起こして言う。
「まだ名前をあげてないだろ、キミの名前は花憐だ」
「花憐…カワイイ名前です~こんな名前をもらえて花憐はうれしいです。」
名前をもらえたことがいい刺激だったのか、眠そうだった花憐の目に光が宿ったように感じた。言葉遣いも安定してきた。

「それは良かった、それで…この子がキミのお母さんのリンだ。お母さんの言うことはちゃんと聞くんだぞ~」
「はい~わかりました」
そうして 花憐はくるっと回転して、リンに向き合う。
「お母さん よろしくおねがいします。」
「ええ、花憐」
リンは花憐を抱きしめる。
リンはとてもうれしそうで、涙さえ浮かべてた。
花憐のほうもなんだか安心したような表情で。


こうしてウチに新しい家族。俺とリンの"娘"の花憐が加わった。
これでウチは以前にもまして明るくなるだろう。この幸せを大切にしていきたい。そう俺は思った。
燐の18「アキバ博士登場」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー