メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雷帝の御剣、神殺しの槍(中編)




それはアルマにとっても、私にとっても予期していなかった奇襲。ミラの
籠手はこの為にあったのだ。即ち、蛇腹部から伸展させての遠距離打撃。
見ればミラの脚部装甲はパイルバンカーになっており、腕の反動を完全に
受け止める土台を作っている。それを確認してか、籠手が更に変形した。
神姫の細腕より一回り大きかった掌はさらに巨大化し、巨大な拳となる!

「さぁ、思いっきり叩きのめしてあげるわ!私は“力”の象徴よッ!!」
「ち、力?……きゃぁああっ!?」
『アルマッ!?』

壁に投げつけられたアルマは、すんでの所で翼をはためかせて制止した。
だが、ミラの剛腕は凄まじく躯の各所にも影響が残っている……拙いな。
ミラの方は止める筈もなく、伸びた腕を縦横無尽に振り回して薙ぎ払う!

「いたたた……これ、リーチが長いのにストラーフよりも柔軟ですね」
「そうッ!姉様が精一杯の勇気を振り絞って、店で作ってもらったの!」
「くっ!?う、腕を乱暴に振り回して……きゃあぁっ!?」
『アルマ!無事か!?』
「……ど、どうにかまだ動けます!」

フィールドアーマーと“ソニック・ブランド”、更にスラスターをフルに
活かし、アルマは腹に打ち込まれたラリアットの衝撃を殺す。さもなくば
“アルファル”は一瞬で砕け散っていただろう……と言ってもこれ以上は
恐らく凌ぎきれまい。要はミラがあの姿勢を維持出来なければいいのだ。

『よし……アルマ、雪崩れに呑み込まれそうな時はどう逃げる?』
「ふぇ?え、えっとそれは……あ、はい!わかりましたっ!!」
「無駄よっ!一気に止めを刺してあげるッ!!えやああああっ!!」

優勢と見たミラが、得意の白兵能力をフルに活かして叩き潰しに掛かる。
しかし、その為に両腕で挟み込む様な動きをする……これが勝機だった。
普通なら飛び上がる所だが、アルマは銀の翼をはためかせて突撃するッ!
手にはエルテリア……鋭き魔剣が、真一文字に鋼の雪崩れを潜り抜ける。

「雪崩れに立ち向かうには……垂直に、動くんですっ!」
「え──────きゃ、あああうぅっ!?」
『ミラ、脱落!“黒翼の戦姫”、残り二体!!』

そう、左右より迫る力から水平に逃げてもジリ貧。横に、逃げ道はある!
それを見抜いたアルマは、迫る剛腕から垂直に……つまり、ミラの懐へと
飛び込んで、魔剣の刃を腹へ突き立てた!装甲を砕かれた“力”の使徒は
壁に叩き付けられ、操られた無数の刃にて全身を貫かれる。勝負有りだ。

「まずは一人……あれ、パーツが残ってますね。って、それより今は!」
「さぁほらほら、どうしたのよ!ずっと逃げ回るだけっ!?」
「くッ……そう言っても太刀筋は早い。隙を見せたら一刀両断だもん」
「今の私は“フリーハンド”ティニア、疾き“心”の使徒よッ!」
『Nein(若干劣勢です、お気を付けて)』

私の意識は、アルマが気付いた異変よりもクララの戦いに向いていた。
相手をしているティニアは、床に弾ませている無数のボールを隠れ蓑に
死角からの奇襲攻撃を連発していた。その得物は……トンファーの様な
両下腕部のブレードと、神姫には巨大な“人間用”バタフライナイフ。
それらを操るテクニック自体は未熟だが、異様な走行速度が脅威だな。

「ほら、背中がら空き……ってまた機械人形が邪魔するッ!?」
『Ja(主君を守る者が騎士なのです)』
「……後一手、これで決まる。もう大丈夫だよアルサス」
『Ja(了解です)』

クララは全身に傷を負って、疲労の色……厳密には躯の駆動率低下……を
濃くしている。“アルファル”のアルサスが良く護っているにも関わらず
この傷と言う事は、守りが突破されれば恐らく一溜まりもない。しかし、
あくまでクララは冷静且つ大胆に行動した……ティニアの前に出たのだ!
魔杖・コライセルより、光の刃を産み出し真っ直ぐ構える。勝負の時だ。

「直線距離が一番得意だって、さっきまでの攻撃で分からない?!」
「……分かってるもん。だからこそ、この一撃に賭けるんだよ」
「なら……終わらせてあげるわよ──────ッ!?」

それを見たティニアの声は、最後まで言い切る前に止まった。爆音と共に
駆け出した彼女の上半身へ、鋼の糸が食い込んでいたのだ。そのリールは
クララから離れた所にいるアルサスと、クララ自身の手に握られていた。

「ぐ、ぁ……何よ、これ……!?あの時の、ワイヤー……!?」
「貴方の軌道を読むのが間に合って、助かったんだよ……ごめんね?」
「この一撃の為に……相変わらず切れるわね、クララは……ぐッ!」
『ティニア、脱落!“黒翼の戦姫”、残り一体!!』

斯くてティニアの躯は、クララの慈悲の一刀によりデータに還元される。
だが……やはり同じ異変が残った。彼女が装着していた装甲スカートが、
脚部のブーツ諸共一体化したモジュールの形で、まるごと残されたのだ。
──即ち、このパーツの管理者は……生き残ったイリンという事になる!

『どういう事だ?……ロッテの加勢に向かえ!中央で戦っている!!』
「わかりましたマイスター!クララちゃん、そっちも来てっ!」
「……分かったんだよ。でも、これ……嫌な予感がするもん」

そして全員の注目が、体育館中央のロッテとイリンに向かう。イリンは、
実に異様な姿で戦っていた。腰にあった拳銃らしき物と両肩のコートが、
分離・再合体して一挺のガンランスとなっていたのだ!周囲の床面には、
それを突き立てたと思しきクレーターが幾つも出来ていた。しかも彼女の
両腕には恐るべき物が嵌め込まれていた……発電用の、小型ダイナモだ!
その電力を受けて、銃は半ばリニアレールガンと化しているのだろうな。

「ふぅ、ふぅ……流石じゃない、前より強いわよロッテちゃん」
「はぁ……そういうイリンさんだって、個性を活かしてますの!」
「私は“技”の“トゥーハンド”イリン、そして“トゥルーハンド”よ」
「“トゥルーハンド”……ですの?」

しかしブルームキャリバー“カラドボルグ”を構えて相対するロッテも、
周囲の床や機材を穿ちつつ、無限の雷を解き放って戦っている。従って、
彼女らの周囲には電磁嵐とも言うべき、一種の結界が出来上がっていた。

「……ロッテお姉ちゃん、大丈夫かな?」
「今加勢しますからね、ロッテちゃんッ!!」
「アルマお姉ちゃん、クララちゃん……無事で何よりですの!」

そこへ、ミラとティニアを倒したアルマとクララが駆けつける。勝負は、
これで半ば決した様な物だった……だが、灯の一言がそれを覆したのだ!

『イリン、負けないで下さいです……“雷帝の御剣”を見せてッ!!』
「了解、姉様!……私は姉様が好きだから、貴方達に勝つのッ!!」
「ッ!?ガンランスをロケット代わりにして、飛びましたの!?」

──────灯の本心、純心。それは、どこまでも強かったんだね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー