※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

浄土真宗白鷺会 教学テキスト 仏教学6号 問22


問
 難治の三病 難化の三機について書きなさい。出典も。
答
 ┌五逆
 ┤法謗
 └闡提(因果を撥無する心)
 一切衆生は治療不可能な三つの悪性をもっていると涅槃経に説
 かれている。

[get5out考察]


get5out用画像フォーム
現在、paintプラグインはご利用いただけません。

問
われらの実機を阿弥陀如来、釈迦のお言葉で示せ。
答
阿弥陀如来――五逆と謗法(本願)
釈迦――五逆、謗法、闡提(涅槃経)
解説
・実機――真実の機(地獄行きの相)
・五逆――仏教学1号問(18)参照。
・謗法――仏教学1号問(16)参照。
・闡提――仏教学1号問(16)参照。

問
闡提とは、どんな機か。自分で感ずるものを書け。
答
・因果を撥無する心。
・テレー、キョロン、キョトン、ボー、地獄と聞いても驚かず、極楽と聞
 いても喜ばぬ心。
解説
・撥無――はらいのけて信じないこと。

問
本願にもれた(除かれた)機が七つあるが、列記せよ。その根拠を経典、
聖教上で示せ。
答
・五逆┐
・謗法┼(3)涅槃経(これを難化の三機という)
・闡提┘
・邪見┬(2)正信偈
・■慢┘┐
・弊  ┼(3)大無量寿経
・懈怠 ┘
 (■=驕+性-馬-生)
解説
・出題の意義――この身このままお助けという人を破邪する為。
・難化の三機――化導しがたい三つの心。
・邪見――弥陀の本願をよこしまに見ている心。
・■(=驕+性-馬-生)慢――うぬぼれ心。
・弊――修繕のきかない心。
・懈怠――この次、この次と死ぬまで仏法を聞くのをのばす心。

問
我々の真実の相(実機)を、阿弥陀如来と釈尊の
お言葉で示せ。
答
○阿弥陀如来―五逆と謗法(本願)
○釈尊――――五逆・謗法・闡提(涅槃経)
解説
・実機――自己
・化導――教え導くこと
・難化の三機
・難治の三病

問
闡提はどんな機か、感ずるものを書け。
答
○因果を撥無する心。
○キョトン、ボー、として
 地獄と聞いても驚かず、極楽と聞いても喜ばぬ心。
解説
・闡提――信不具足。断善根の衆生。無信。
 真実を受け付けない心。
・撥無――はねつける
・真実に向ったら死んでいる。
・仏性がある。

問
 難治の三病、難化の三機を書き、その出典も示しなさい。
答
 五逆
 法謗
 闡提(因果を撥無する心)
 一切衆生は、治癒不可能な三つの悪性を持っていると涅槃経に説かれ
 ている。

ツリー型コメントフォーム
名前:

現在、paint_bbsプラグインはご利用いただけません。

タグで :




合計: -
本日: -
昨日: -

2017年08月18日(金) 2017年08月17日(木) 2017年08月16日(水) 2017年08月15日(火) 2017年08月14日(月) 2017年08月13日(日)

link_pdfプラグインはご利用いただけなくなりました。