※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

浄土真宗親鸞会 顕正新聞 索引 181号~195号

 


001号~015号 016号~030号 031号~045号 046号~060号 061号~075号 076号~090号

091号~105号 106号~120号 121号~135号 136号~150号 151号~165号 166号~180号

181号~195号 196号~210号 211号~225号 226号~240号 241号~255号 256号~266号

 

号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第181号

S52/06/20
(1977)

一言説法 論説
仏教の精髄 信の一念と親鸞聖人
こんなことがききたい
信前と信後とは どのように変わるのか

第181号

S52/06/20
(1977)

破邪顕正特集号
日蓮―この法謗の大罪人
慢性下痢、腸結核、糞地獄
報いは厳然  日蓮の臨終
これでもゴ利益があるのか?
破邪顕正特集号
釈尊を否定して
日蓮をもっともエライという
矛盾だらけの主張
光に向って
第11話

第181号

S52/06/20
(1977)

徳育講義スタート
人格の完成をめざし 法の輪を広げよう
東西南北
破邪顕正号
創価学会を撲滅せよ!
海外布教第二弾
浄財続々よせられる
第一回徳育講義  ――滋賀会館――
礼儀の根本から分かりました
次期随行者  T(31) , S(27)
本部事務に Tさん 私はなぜ 専任講師になるのか
『白道燃ゆ』読んだその時
私の人生は決定した
広島県 M (27)
兵庫 姫路市ではじめての御法座
西日本に法の輪
愚かな牛 (作.K) (7コマ漫画) 教学試験成績表 (52. 4.11~52. 5.10) 白道顕正戦 その後の香川県
顕正ひと口メモ 大喝 導師合格 幸福製造機?
板マンダラの正体を暴く
板マンダラに 何のゴ利益もない
明白な現証
後記 法友通信 福島県 M
仏眼 顕正ひと口メモ 答 大導師合格 ブラジル速報 編集雑記

第182号

S52/07/20
(1977)

一言説法 論説
真の破邪顕正に 最大級の努力を

こんなことがききたい

蓮如上人はことなかれ主義者か

第182号

S52/07/20
(1977)

高森先生 御講演

「願成就文」の開顕こそ
親鸞聖人の真面目

親鸞聖人降誕会(本部)
高森先生 御講演

一念でなれる 絶対の幸福

光に向って
第12話

第182号

S52/07/20
(1977)

インサイド・レポート 親鸞会降誕会(本部) 親鸞会降誕会(本部)
ああ親鸞会の 意気高し
親鸞聖人降誕会(本部)  
高森先生御講演(1)
仏教の至極「願成就文」を
開顕された親鸞聖人
第45回弁論大会優勝
地獄の鬼の笑顔
福井県 S (20)
体験発表 福島県 M (36)
親友の ”死”にあって
第十四回弁論大会成績
顕正ひと口メモ 答

真実に生きた人々
本光坊了賢の報恩殉教

降誕会分科会「幻灯」の部で上映

顕正法話会を開催
富山県五支部
世界にのびる親鸞会
アメリカに真実の灯を!
A編集局長派遣
教学試験成績表 52. 5.11~52. 6.10 顕正新聞が
私の人生を変えた  投稿
福井市 M
親鸞会のマークにそっくり
「巌上の鷲」御喜捨
導師合格 「大無量寿経」は
どのようにしてできたのか
法友通信 富山県 W
大喝 真実とのめぐり遭い
広島からの求道
企業宣伝 渡辺仏壇店
顕正ひと口メモ 庄松同行 作・K (2コマ漫画) 今月の金言 編集雑記

第183号

S52/08/20
(1977)

一言説法

論説

馬鹿と大馬鹿

こんなことがききたい

釈迦の本懐 「願成就文」 と 親鸞聖人

第183号

S52/08/20
(1977)

特報 「どちらがウソか」 遂に八万部突破
十万部に挑戦  顕正全国戦

海外布教奮闘記

 米国仏教の現状
ロスアンゼルスにて

   A

光に向って
第13話

第183号

S52/08/20
(1977)

親鸞聖人降誕会(滋賀)

体験発表

高森先生との出会い
五十年間の煩悶に終止符

  岐阜県大垣市 M (65)

親鸞聖人降誕会(滋賀)

友が友を呼ぶ破竹の勢い

親鸞聖人降誕会

―地鎮祭判決―

最高裁判決と
親鸞聖人の御教示

岐阜会館新築工事いよいよ着工
――青空に響く杭打ちの音――

私はなぜ 専任講師になるのか

空しさと孤独の半生
今度こそ絶対の幸福の身に

  富山青年部 S

幹部研修会
破邪顕正の 先陣に立とう
さあ第六期顕正戦!! 全員突入せよ
……7の日は統一顕正デー……
新聞で真実撒こう 全国へ! 第四十六回弁論大会成績
幹部研修会に参加して
顕正戦への決意
京都府 K (35)
岐阜会館建設概要 法友の輪をガッチリ組んで
日本海地区・太平洋地区で合宿
顕正ひと口メモ 答
顕正ひと口メモ ――本願寺と親鸞会の主張――
どちらがウソか
教学試験成績表 52. 6.11~52. 7.10 法友通信 大津市 Y
一念の味(体験) 作・K (4コマ漫画) 会報 導師合格 編集雑記
                                     
号 数 1面 2面 3面 4面

第184号
特集号

S52/09/20
(1977)

一言説法 「”祖師は祖師”
本願寺は木像本尊を固執する」
これが本願寺の態度

正しい御本尊をハッキリさせよう
”本願寺の苦渋”まざまざ
なぜ祖師に 還れないのか
浄土真宗”衰退の真因” ここにみる
名号本尊と親鸞聖人
浄土真宗 教義安心の根拠
なぜ親鸞聖人が 最初なのか

論破
的はずれの中傷 いずれが断章主義か
はたして証文とならないのか
もっと慎重な 検読が必要

重ねて   木像か、絵像か、名号か
本願寺の本尊を追究する

浄土真宗の 正しい本尊を
明らかにするために

苦渋する本願寺 T (4コマ漫画)
現実が証明する
本願寺のウソ
名号本尊「1ヵ寺もナシ」
顕正ひと口メモ 答
本願寺と親鸞会の主張
どちらがウソか
顕正ひと口メモ 正義の争い 作・K (2コマ漫画)

第184号

S52/09/20
(1977)

一言説法 第一回決起大会表白文
親鸞会結成二十周年に向かい
全力を傾倒  青年部学生部

光に向って

第14話

若者の熱と力を総結集
―8月14日―  ―本部会館―

宿善は待つにあらず求むるものなり
布施の功徳

祇園精舎は どうして建てられたか

青年部・学生部 第一回決起大会
破邪顕正の陣頭に立て!
大喝
無意味な闘争と闘え

私はなぜ 専任講師になるのか

相次ぐ肉親の死に無常を知る
信心決定に一生を決意

  大阪青年部 T (31)

会長先生からの御言葉
末法の仏弟子たれ
御名号の下付を受けたい方へ インチキと暴力の創価学会
法友四人に百名で集団暴力 ―福井大学―
一人が一人を顕正し
真実の友を倍にしよう  第六期顕正戦
次期随行者(十月~十二月) H(24),N(23)
教学試験成績表 (S52. 7.11~52. 8.10) 法友通信 羽咋市 H
仏眼 大導師合格 編集雑記
                 
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第185号

S52/10/20
(1977)

一言説法 論説
物質社会の限界と 絶対の幸福

こんなことがききたい

はたして”宗教は迷信の代名詞か”

親鸞聖人の御教えのみ
三世十方を貫く真理

第185号

S52/10/20
(1977)

ニセの幸福

海外布教だより

海外布教奮闘記

 米国仏教の現状

  ロスアンゼルスにて A(29)

光に向って
第15話

第185号

S52/10/20
(1977)

顕正全国戦 ぞくぞく寄せられる 反響の渦

白道顕正戦 G号作戦

九州全土を席巻

悪らつな布教妨害

東北への第一歩まずまず

ある破邪の記録

 地獄は本当にあるのか?

   天理教に迷った門徒総代

岐阜県 N (70)
大喝 御恩報謝 よこがお ”無言実行”
宿善求めてやまぬ毎日
高岡南支部 副支部長 Kさん(53)
本部会館事務所 新築工事スタート
―11月中旬完成―
顕正ひと口メモ

私はなぜ 専任講師になるのか

浄土真宗の末寺に生まれた私
善知識を求めての半生

  愛知青年部 H (24)

入間市 M (55)
仏弟子の使命果さん顕正戦  第六期顕正戦

第六期顕正戦 各地で火花とぶ
”破邪顕正の利剣かざして”

顕正ひと口メモ 展望
福井事務所住所変更のお知らせ 会員宅訪問でフル回転
愛知 S (67)
本部事務に Kさん 親鸞聖人
報恩講
親鸞会講師部
親睦旅行の巻  9月28・29日
――能登半島・和倉温泉――
あめ玉や扇子どころでないところ!
(2コマ漫画)
教学試験成績表 (S52. 8.11~52. 9.10) ニッコリ笑って顕正にアタック
滋賀 I (35)
顕正戦の幕あけ ―顕正出陣式―
導師合格 法友通信 宮崎県 F

第186号

S52/11/20
(1977)

一言説法 論説
善知識に遇うことは 難きが中に難し

こんなことがききたい

真実信心のわからぬ歎異鈔愛読者
問題提起”「歎異鈔」第九節”
喜べないままのお助けか

第186号

S52/11/20
(1977)

海外布教前線特集号

門信徒の開教使への批判
卑劣きわまる開教使の姿勢

海外布教前線特集号
破邪顕正の宣言

光に向って
第16話

第186号

S52/11/20
(1977)

海外布教だより

天理教と訣別
一度の法筵で、仏教の素晴らしさ
人生の目的を知らされる

  ブラジルサンパウロ S (51)

東西南北

海外布教前線特集号
真宗門徒に告ぐ
米国仏教団を斬る
A

第四回青年部幹部育成合宿
破邪顕正の精鋭 敦賀に勢ぞろい
(2コマ漫画) 聴聞バススタート
喜ばれる S氏の尊行
大喝 私の投書箱 聴聞バスを大いに利用しよう
高岡市 T (60才)
私はなぜ 専任講師になるのか
「無常の虎」にみる
おろかな旅人は私だった
岐阜青年部 N (24)
一人が一人を顕正し
真実の友を倍にしよう  第六期顕正戦
顕正体験発表会
顕正ひと口メモ 教学試験成績表 (S52. 9.11~52.10.10) ”快適な乗り心地”聴聞バス
京都大学 O (19才)
法友通信 大阪市 M
仏眼 本部会館事務所 待たれる完成 導師合格 顕正ひと口メモ 答 編集雑記

第187号

S52/12/20
(1977)

一言説法 論説
落ちこぼれ生徒と仏教

こんなことがききたい

「霊友会」とは、どんな会なのか

第187号

S52/12/20
(1977)

仏典にみる真実
人生は苦なり
――四苦八苦――

海外布教を終えて

  T ・ K

光に向って
第17話

第187号

S52/12/20
(1977)

親鸞聖人報恩講(滋賀)

優勝 第47回 弁論大会

二河の道ゆけ
福井県武生高校 K (15)

東西南北
親鸞会ブラジル支部発足
国際布教戦線の金字塔
総勢30余名、役員7名でスタート
親鸞聖人報恩講
親鸞聖人の洪恩しのぶ 無二の法恩講
大喝 あゝ我が祖師 親鸞聖人
―滋賀青年部上演―
玉日姫との出会いから信心決定まで
第四十八回弁論大会成績
会員の皆様へ 顕正ひと口メモ 白道顕正戦H号作戦
ふきすさぶ邪教の嵐の中 10・11月
ブラジル第三次講師派遣
支部の基礎造り F講師を抜擢
本部会館 事務所完成 熊谷蓮生坊 作・K (3コマ漫画) 間髪入れず講師派遣を要請
第三次講師派遣要請書  ブラジル支部
教学試験成績表 (S52.10.11~52.11.10) 顕正ひと口メモ 答 私の投書箱 徳育講義を受けて
名古屋工業大学 K (22)
次期随行者(一月~三月) O(24) ,H(20)
ブラジル支部住所 大導師合格 人事異動 真実開顕の捨て石となる
前青年部長 F
親鸞聖人の役を演じて
滋賀青年部 S
法友通信 小松市 N
親鸞聖人報恩講 盛大に行なわる 導師合格 顕正新聞 縮刷版 近日発刊!! 第四十七回弁論大会成績 編集雑記

第188号

S53/01/20
(1978)

一言説法

論説

苦悩の大衆に 清水を与えよう

こんなことがききたい

近代合理主義を信ずる私は
後生の一大事を認めない
死は暗黒と消滅のみではないのか?

第188号

S53/01/20
(1978)

願わくば
本部長 F
昭和53年  謹賀新年  元旦

光に向って

第18話

第188号

S53/01/20
(1978)

海外だより

A講師、アメリカより帰国

 米国仏教界をゆるがす活動

東西南北

年頭所感

一にも顕正 二にも顕正
――喬木も一粒のタネから―

   会長 高森顕徹

戦いすんで………その1
顕正体験発表会を開催
その2 懇談会を催す
弥陀一仏を 仰がなん
作・ブラジル支部長 K
難関突破
新大講師  四名
新講師二十四名  一挙に誕生
法友通信 武生市 D
大阪府 T
真宗改革 変らぬ聖使命
青年部長 Y
滋賀県 O
池田市 F
福井市 H
本部事務に Yさん 京都市 I
どろぼうの酒盛 K.作 (1コマ漫画) 石川支部発展して
金沢支部・加賀支部となる
岐阜会館落慶式に 参詣しよう!! 箕面市 S
顕正ひと口メモ 教学試験成績表 (S52.11.11~52.12.10) 第二次アメリカ布教
O K講師を派遣
訂正文
仏眼 導師合格 高岡南副支部長に Yさん 顕正新聞 縮刷版 近日発刊!! 顕正ひと口メモ 答 編集雑記

第189号

S53/02/20
(1978)

一言説法

論説

何が不安の根源か

こんなことがききたい

「溝さらえ」の御文章
「信心も失せ候ふべし」とは?

第189号

S53/02/20
(1978)

和讃法話

・真心徹到するひとは
金剛心なりければ
三品の懺悔するひとと
ひとしと宗師はのたまへり

御文章法話

聖人一流の章

 (1)蓮如上人と 本願寺の東西分裂

光に向って

第18話

第189号

S53/02/20
(1978)

私はなぜ 専任講師になるのか
燃ゆるが如き求道心の 破邪の闘士となる
福井青年部 O (24)
東西南北

火宅無常の世界
何が信じられるのか

そらごとたわごとまことあることなし

青年部・学生部 交歓会に遊ぶ
トピックス・コーナー
専任講師は英語熱
学生部は医学熱
なかよしクイズ アメリカ布教への浄財
たちまち二百万円寄せられる
顕正ひと口メモ 顕正ひと口メモ 答
土蔵秘事 作・K (1コマ漫画) 親鸞聖人と 恵信尼公の手紙
S53. 1.10 彦根市民会館
法然上人伝 (1)
作 A
法友通信 室蘭市 T
大喝
まことの心が あるか
教学試験成績表 (S52.12.11~53. 1.10) 米原町 S
仏眼 導師合格 編集雑記
                                     
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面 9面 号 数 10面

第190号

S53/03/20
(1978)

一言説法 岐阜会館落慶に あたって
本部長 F

こんなことがききたい

親鸞聖人は死後の浄土を
言われなかったのではないか

第190号

S53/03/20
(1978)

落慶記念高森先生御講演

親鸞会館は 最高の仏法領

フォト・ニュース

祝 岐阜会館落慶

にぎわう岐阜会館

第190号

S53/03/20
(1978)

親鸞会 第49回 弁論大会

邪を破れ
福井県 T (16)

光に向って
第19話
和讃法話
・真心徹到するひとは
金剛心なりければ
三品の懺悔するひとと
ひとしと宗師はのたまへり

第190号

S53/03/20
(1978)

東西南北
岐阜会館、完成す
盛大に落慶式典を挙行
”目に余る本願寺の実態
使命を痛感します ”
――海外からのレポート――
顕正ひと口メモ
総務局長のポスト新設
I副本部長が兼任 名称は「I局長」
顕正ひと口メモ 答
厳粛な落慶式典
交歓会・弁論大会で落慶を祝う
第四十九回弁論大会 海外布教 ブラジル・アメリカ
最新情報 (三月一日現在)
新専任講師
滋賀会館事務に Kさん 随行録 経過報告
会館建立への三年間
岐阜南支部長 E
感謝状・表彰状を受けられた人達 法然上人伝 (2)
作 A
なかよしクイズ
1月号の答
教学試験成績表 (S53. 1.11~53. 2.10) 蓮如上人と一休 作・K (6コマ漫画) 法友通信 滋賀県 T
仏眼 導師合格 編集雑記
                                               

第191号

S53/04/20
(1978)

一言説法 論説
破邪に立て

こんなことがききたい

本願寺,苦しまぎれの横車
木像本尊は初心者への方便

第191号

S53/04/20
(1978)

和讃法話
・真心徹到するひとは
金剛心なりければ
三品の懺悔するひとと
ひとしと宗師はのたまへり

人間の幸福は
自己の探求から始まる

光に向って
第21話

第191号

S53/04/20
(1978)

海外布教の功労者
T氏 ブラジルより帰国
東西南北 人生とは何か
浄土真宗の救いは
死後か今か?
四面楚歌の声を聞き
廃墟に立つ我が同志  -米国-
K副本部長中心に 企画部再編成
大喝
耳馴れ雀はいないか!
顕正ひと口メモ 答 医学部誕生
私はなぜ 専任講師になるのか
無常の嵐に倒される前に
富山青年部 H (21)
顕正ひと口メモ 教学試験成績表 (S53. 2.11~53. 3.10)

阿呆野談義 その1
恋愛は 人間界のみの特権

法然上人伝 (3)
作 A
支部幹部 研修会を開く
なかよしクイズ
2月号の答
導師合格 九州初の御法座  -福岡-
大導師合格 法友通信 京都市 H
                                         
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第192号

S53/05/20
(1978)

一言説法 論説
医学を志ざす 仏法者の使命
――医学部誕生によせて――

こんなことがききたい

広大難思の慶心は
踊り上る喜びか 親鸞会
法の尊さか   本願寺

第192号

S53/05/20
(1978)

なかよしクイズ
四月号答

あと1週間の命なら
あなたは どうするか!

なんとも思わない
したいことをする
仕事を一生懸命やり
悔いのないように努力する
真剣に仏法を求める

光に向って
第21話

第192号

S53/05/20
(1978)

破邪顕正の実践
この人達に続け

海外布教だより

新旧交代するアメリカの仏教界

布教力のない本願寺
躍進する親鸞会

余りにも不勉強で的はずれ
聞く気も起きない 本願寺の親鸞会攻撃
抱腹絶倒の非難内容
阿呆野談義 その2
恋愛必勝の秘訣
女性の神業的本能を知ること
顕正ひと口メモ 顕正ひと口メモ 答 ラジオ放送開始
新聞投書に反響  ブラジル
再び暴かれた創価学会の実態
現代五月号に克明
聖人一流の章 (2)
聖人一流の御勧化の
おもむきは
信心をもって本とせられ候
目にみえる
坊主たちの狼狽ぶり
諸行無常 是消滅法 作・K
(9コマ漫画)
親鸞聖人降誕会迫る!
大喝
大火を越えて聞け
教学試験成績表 (S53. 3. 2~53. 3.31) 新専任講師
仏眼 導師合格 お詫び 法友通信 福井県 K

第193号

S53/06/20
(1978)

一言説法

論説

二十周年に 信を獲れ

こんなことがききたい

本当に念仏さえ称えておれば
死んだら極楽へ往けるのか
――「易往而無人」とは――

第193号

S53/06/20
(1978)

なかよしクイズ
五月号の答
蓮如上人とお初

光に向って

第22話

第193号

S53/06/20
(1978)

白道顕正戦I号作戦―A,K講師
岩手県に輝かしき戦果

妙好人 Oさんと出会う

東西南北
今度は愛知会館だ!
I氏、六百坪を提供
入会後、わずか一年
岡崎市・高速道路近く
本願寺へデモ攻勢
総勢一千名を結集  京都
意気上がる青年部、学生部
次期随行者(七月~九月) Y(25) , N(21)
F館長の後任
D、T講師 元気に出発  ブラジル
阿呆野談義 その3
五年後のダイヤと 今のネックレス
アメリカ ブラジル で教学試験

妙好人 Oさん

 獲信への記録

青年部合宿
びわ湖畔で開催
「聴聞」の姿勢を講義
大喝
なぜ、あわてないのだ
一休和尚 作・K (6コマ漫画) 法然上人伝 (4)
作 A
顕正ひと口メモ 投稿
<俳句>  作・和歌山市 S
教学試験成績表 法友通信 ロスアンゼルス S
仏眼 大導師合格 顕正ひと口メモ 答 編集雑記

第194号

S53/07/20
(1978)

一言説法 論説
遠きは近き道理なり 熱烈な海外の聞法心

こんなことがききたい

親鸞聖人のお聖教解釈の問題点(1)

本願成就文
至心に廻向して、か?
至心に廻向せしめたまへり、か?

第194号

S53/07/20
(1978)

なかよしクイズ
六月号の答

優勝 第50回 弁論大会

優勝弁論
勇将の下に弱卒なし
岐阜県 F (20)

光に向って
第23話

第194号

S53/07/20
(1978)

死ぬまでに一度でよい   ブラジル
善知識高森先生にお会いしたい
心打たれる ブラジル支部会員の求道
本部会館、6月17日・18日
若さあふれる親鸞聖人降誕会

ある臨終説法の記録

ボク、死んだらどこへ行くの?

  死に直面した少年の問い

よこがお アメリカで知った真実の道
専任講師めざして帰国
S君 (27)
顕正ひと口メモ

親鸞会を知って

  早稲田大学 S

講師の旅費はわれらの手で
浄財よせ合うブラジル支部
顕正ひと口メモ
大喝
雨だれの説法と 音羽の明詮
二台目の聴聞バス
やさしい家庭教育の心得
愛を育てる 子どもの躾け方
滋賀県 S
第五十回弁論大会 法然上人伝 (5)
作 A
法友通信 岩手県 S
教学試験成績表 会館前の道路舗装費と
ふとん百組、財施される
名古屋市 U
導師合格 編集雑記
-号外-
K号
(火車来現の絵)

人間は死んだらどうなるか?
火車来現と後生の一大事

 
お知らせ

第195号

S53/08/20
(1978)

一言説法 論説
肉体の葬式と魂の葬式

こんなことがききたい

親鸞聖人におけるお聖教解釈の問題点
(その二)

「帰命」とは? 「南無」とは?

第195号

S53/08/20
(1978)

なかよしクイズ
七月号の答

わかりやすい仏教

 人類の迷信

   会長 高森顕徹

光に向って
第24話

第195号

S53/08/20
(1978)

苦戦の前半戦をのりこえて
アメリカに55名の同志を結集

岐阜会館

 初めての降誕会

お盆とは何をする日か?
京都支部、活動強化
京都南支部、京都北支部となる
顕正ひと口メモ
顕正ひと口メモ なぜ若者が 親鸞聖人に魅力を感ずるのか
大喝
迷信狂は誰か 古代バラモン教徒と現代人
坂田支部にH氏 おばの教訓
岐阜県 S
ここまできた 本願寺の内紛
法主、書類送検
第五十一回弁論大会成績
阿弥陀仏や地獄は
実在するのか
岐阜会館に Sさんが常住
教学試験成績表 (S53. 5.25~6.25) これだけは知っていよう!
仏具の常識
死後の世界を知らされて
滋賀県 M
目で見る仏教! 法友通信 岐阜県 T
仏眼 導師合格 編集雑記
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面
                                     

 

166号~180号へもどる 181号~195号 196号~210号へすすむ