※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

浄土真宗親鸞会 顕正新聞 索引 226号~240号

 


001号~015号 016号~030号 031号~045号 046号~060号 061号~075号 076号~090号

091号~105号 106号~120号 121号~135号 136号~150号 151号~165号 166号~180号

181号~195号 196号~210号 211号~225号 226号~240号 241号~255号 256号~266号

 

号 数 1面 2面

第226号
特別号

S55/11/06
(1980)

返答求めて250日

黙秘権行使はなぜか

人権無視の体質か

なぜ履行されないのか
親鸞聖人の遺弟の任務

増補版 本願寺と親鸞会の主張
どちらがウソか
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第227号

S55/11/20
(1980)

一言説法

論説
仏の正意を体験

こんなことがききたい

親鸞会中傷の明証 -その7-

第227号

S55/11/20
(1980)

ブラジルに輝くサンパウロ会館 有言実行に徹せよ
-10.9,10 全国青年部合宿-

第227号

S55/11/20
(1980)

実る顕正!戸別訪問 Q and a
11・12月は 育成月間 身業説法で母を顕正 スランプの脱出法
サンパウロ会館が落成
ブラジル支部 盛大に祝賀会を開催
本願寺の狼狽を嗤う  中外日報が報道 顕正ひと口メモ 答 火の玉の如き聞法心
完成 迷信打破のカレンダー 奈良路で親睦  講師部・医学部旅行 私を支えてくれた言葉
同志を法筵へ 喜びを分かち合おう 西日本担当部長にY講師 捨自帰他が極意 新しい純会員 戸別訪問 たゆまぬ顕正 法話会 法友通信 東京都 S
講師試験、大量に合格 A次長誕生 顕正ひと口メモ 光に向って
第51話
王様の提言
根気強い訪問 私の投書箱
(第二回)熱気おびた純会員研修会 なぜ私は専任講師になるのか
サンパウロ市 Y
新人紹介
ニューフェィス
三十軒訪問で自信 編集記
仏眼 れんげ 活動レポート
                                     

第227号

S55/11/20
(1980)

教学試験成績表 (S.55.8.20~S55.9.21) 迷信打破のカレンダー
導師合格
準導師合格
最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ
         

第227号
第2版

S55/11/20
(1980)

親鸞聖人(8) <百々夜の祈願)

(11コマ漫画)

浄土真宗真親鸞会 図書案内
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面

第228号
特別号

S55/12/15
(1980)

本願寺vs親鸞会の論争
各地の反響
黙秘へ不信の声
問題に関心深まる

300日黙秘続ける  これでいいのか

本願寺に  私は思う

第228号
特別号

S55/12/15
(1980)

論争への反響

血の通う言動を

あとがき
                   

第228号
第2版

S55/12/20
(1980)

親鸞聖人(9) (善知識とのめぐりあい)

(8コマ漫画)

最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第229号

S55/12/20
(1980)

一言説法

論説
法謗の徒の末路

こんなことがききたい

悪辣極まる 本願寺の中傷 -その8-

 お聖教の根拠

第229号

S55/12/20
(1980)

聖人の真意を開顕  カメラニュース 体験発表 情報部だより 正会員に「顕真」を配布

第229号

S55/12/20
(1980)

苦境を克服し 聴聞ひとすじ Q and a
11・12月は 育成月間 討論会 親の反対に負けず 陰口なりとも
いつもの通り、勝手ながら・・・ 海外 輝かしき成果
ハワイ支部誕生
渦巻く感動の熱き声  報恩講から 高森先生のご出陣に向けて
アメリカ ブラジル 講師使命感に燃える

会報「顕真」発行に際し
来春一月から実施

国家試験と両立 私の投書箱
京都北(支部)京阪(青年部)が首位
第十一期顕正戦表彰式
アメリカ便り  A 猛烈求道の七十歳 法友通信 富山県 N
親鸞聖人 報恩講、満堂の集い
滋賀と本部で盛大に開催
結婚相談カウンセラーに  K氏 第六十回弁論大会成績 第六十一回弁論大会成績 夜を徹し片道十時間 次期随行者  A(二四) , I(二三)
顕正ひと口メモ お知らせ なぜ私は専任講師になるのか
東京都 K
礼儀心得手帳 光に向って
第52話
カンシャク玉の出所
広島から全国へ 新専任講師誕生
浄土真宗親鸞会 図書案内 新人紹介
ニューフェィス
顕正ひと口メモ 答 主婦の多忙を乗り越えて 編集記
仏眼 新しい純会員 プロフィール れんげ 活動レポート
                                     

第229号

S55/12/20
(1980)

教学試験成績表 (S.55.9.25~10.24)

親鸞会

この一年の動き

大導師合格
導師合格
準導師合格
浄土真宗親鸞会 図書案内
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第230号

S56/01/15
(1981)

『こんなこと聞きたい』は会報「顕真」に集録

論説

真宗の一大改革へ

親鸞会二十年の歩み No.1

本部長 F

 尊い出会い

第230号

S56/01/15
(1981)

新春に誓う  幹部の決意

純会員への道

 廃立の実践

  浅井支部 Y

第230号

S56/01/15
(1981)

決起大会

二次顕正に全力

活動方針

法友通信 高岡市 K

年頭所感

今年もひとり

  わが道をゆく

   高森顕徹

Kさんの言葉 F氏の言葉 東京都 Y
自利利他に撤し
富山上隊長 N
ミニ合宿で幹部育成
学生部 女子部長 K
岐阜市 N
兵庫県 T
責任と使命感に燃える
愛知上隊長 M
法話と幻灯を活用
武生副支部長 K
石川県 M

学師試験、初の合格者

  高森光晴氏の快挙

千葉県 K
忍耐と信念の青年部に
高岡上隊長 K
草の根活動の展開
京都南支部長 K
福井市 O
金沢市 F
苦労惜しまぬ
岐阜上隊長 K
ジャンプの年
神戸学生部 地区部長 K
東京都 O
情報部通信員22名着任 京都市 S
人事異動 研究・工夫・努力
東海学生部 地区部長 H
会員の連絡と協調
三重副支部長 S
富山市 M
新春に誓う幹部結集
本部会館で決起大会
純会員総会開かる 海外布教より相次ぎ凱旋
倍加したブラジル青年部
Q and a
本当に今生で 救われるのでしょうか
一人が一人を顕正
浅井支部長 M
顕正意欲の向上へ
大野支部長 Y
会報「顕真」を創刊
月一回正会員に配布
遺族会脱会と恩給 新人紹介 ニューフェィス 新しい純会員 アメリカ布教  A 次期随行者  F(二一) , K(二〇)
死の解決に驚嘆 なぜ私は専任講師になるのか 礼儀心得手帳 光に向って
第53話
経験と修練
ブラジル布教 J 新専任講師誕生
少林寺はニセの仏教 顕正ひと口メモ 白道顕正戦
石川県で新記録達成
活動レポート
仏眼 特急で往復の求道 プロフィール 編集記
                                     

第230号
第2版

S56/01/15
(1981)

親鸞聖人(10) <信心決定>

(6コマ漫画)

最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第231号

S56/02/15
(1981)

一言説法

論説
なぜ論争をするのか

〔入門シリーズ〕 仏教と科学 (1)

科学文明の発達と幸福
人間の苦悩は解決されたか

  高森顕徹

第231号

S56/02/15
(1981)

育成は統一会合で
毎月各地で開催  =青年部=
=女子学生部=
盛んに説法練習
「一人150回叫ぼう」を目標に

創価学会から親鸞会へ

 Hさんの手記

第231号

S56/02/15
(1981)

アメリカから台湾へ 拡大する海外布教 Q and a
親鸞会 vs 本願寺の論争
経過を全国的に公開
どう対応するか、本願寺
顕正新聞特別号 数百万部を配布
手配りと新聞折り込みで
真実の杭を  Y 求道にゆきづまった
あかりのない私
55年度 後期顕正戦の表彰
京都北支部ほか八団体
開発部主任にM講師 玉砕の覚悟で  N
幻灯を製作  福井青年部 漢方薬の認識を新たに
第五回医学部ゼミナール開く
K講師ブラジルへ
新型バス購入 各地に顕正室を設置
小さいながら”仏法の道場”  =愛知=
奏功した”紙芝居方式” スケッチブックで顕正 「夢を持つようにしよう」とは?
高森先生25日渡伯 宿善 深信 論争の経過、一冊の本に 一年生(東京)が街頭で初顕正
東海地区ではミニ白道戦  =学生部=
純会員総会開かる  石川県
高まる論争への寄付 二日間で目標額達成 顕正室で初会合  南砺青年部 広島に事務所開設 法友通信 東京都 K
浄財のご協力を! K講師、着任  アメリカ 顕正ひと口メモ 礼儀心得手帳 福井学生部 大雪の中を徒歩で参詣
往復二時間以上かけ
光に向って
第54話
人間万事 塞翁が馬
顕正ひと口メモ 答 俳句

台湾布教はじまる Y、N講師を派遣

増補版 本願寺と親鸞会の主張
どちらがウソか
親鸞会二十年の歩み(2) 徹信会発足
本部長 F
なぜ私は専任講師になるのか
愛知県 A
プロフィール
「お役に立ちたい」高森先生宅を雪かき
第1回 全国布教大会
仏眼 浄土真宗親鸞会 図書案内
                                     

第231号
第2版

S56/02/15
(1981)

親鸞聖人(11) <結婚>

(8コマ漫画)

最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第232号

S56/03/15
(1981)

一言説法

論説
撤せよ、真の顕正に

〔入門シリーズ〕 仏教と科学 (2)

幸、不幸をわかつ鍵
人間の心の中にこそ

   高森顕徹

第232号

S56/03/15
(1981)

=青年部= 一カ月で五名顕正
効果的なK氏の”辻説法”
顕正こそ、私の生きがい
連日公園で呼びかけ  =一般部=
学生部 新入生勧誘迫る

第232号

S56/03/15
(1981)

「論文で反論を期待」

 本願寺がK氏(岐阜南)に表明

Q and a
祝賀会を開催 別れをおしむ幹部 =金沢= 御著書を活用 説法形式で どう顕正するか
死が恐ろしくないという母

高森先生ブラジル

無事御到着 滞在二週間
海外開拓五年目の快挙

ブラジル支部が一位 純会員推進 入会二カ月で特財に 驚くべき仏縁の深さ 自費でビラ三千枚
顕正に目覚めたI氏 =愛知=
=京都= 部会で実践練習 的確な顕正を
最年少17歳の分隊長
「テニスより仏法」とKさん
=神戸= 学年別に会合
顕正戦への原動力
多忙で顕正できない
外国語講座に人気 普通科終え高等科へ挑戦
65歳、頑張るYさん  =石川=
第一回 布教大会を開催 ミニ白道戦 一日で26冊(新記録)配布
独走するS講師
阪神女子部 部門活動を開始 団結の強化を 新専任講師誕生
二・五米の雪に打ち勝つ
団結して正会員を顕正  =福井=
慶応大学に真実を
万全の備えで新勧へ突入 =東京教務所=
次期随行者
滋賀館長 高森氏を任命 盛んな上隊法話 法友通信 金沢市 A
正会員顕正戦に立て 4月~6月 K O支部長が勇退 専任講師が代行 二人一組で聴聞録 正会員会合を開く =石川= 広島からみかん届く 親鸞聖人ゆかりの地 No.1
御誕生の地 日野の法界寺
滋賀県 T
よせられる新刊への浄財 専任講師への道
歴史学の限界を知る
愛媛県 I
顕正ひと口メモ なぜ私は専任講師になるのか 礼儀心得手帳 光に向って
第55話
雲から落ちた 久米の仙人
私の投書箱
K氏 勧学寮頭K氏と会談 親鸞会二十年の歩み(3) 親鸞会結成
本部長 F
  導師合格 顕正ひと口メモ 答 編集記
仏眼 教学試験成績 (S・55・12・20~56・1・21) 大導師合格 俳句
                                     

第232号
第2版

S56/01/15
(1981)

親鸞聖人(12) <結婚>

(9コマ漫画)

最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面 9面 号 数 10面 11面

第233号

S56/04/15
(1981)

一言説法 論説
海を越えた真実の灯炬

〔入門シリーズ〕 正しき宗教 (1)

どの宗教でも同じか
自己の主体性で判断を
高森顕徹

第233号

S56/04/15
(1981)

学生部 激戦、新勧へ突入
合格発表時の勧誘
昨年の三倍の成果 (東京)
=青年部=
旅行と合宿で 強まる団結
=一般部=
全国一斉に活発な行事
親睦と団結を強化

第233号

S56/04/15
(1981)

第一回全国布教大会

横綱 「恩徳讃」
青年部長 高森光晴

高森先生ブラジル御布教  各地に感動の渦
南米に開く 真実の法輪

第233号

S56/04/15
(1981)

Q and a

なぜ真実開顕に背を向けるのか

本願寺の体質を問う

大獅子吼ブラジル

「ついにお会いできた」
悲願を成就 喜びに沸く サンパウロの同志

顕正は言葉ではない
燃える心がすべて
漢字にフリガナの説法
慣れぬ正座で真剣な聴聞
日本語を学ぶ青年部
=本願寺=
「親鸞会に積極的対応する」
宗務総長、宗議会で言明
無常 刈萱童心の巻 福大:Y (3コマ漫画) 富山青年部 K号作戦、三千枚 固い握手 涙の別れ 名利の心を 真実に活かせ
「会者定離……」
盛大に卒業生の送別会  大阪・神戸
顕正室に仏壇を喜捨
結婚を機縁にO夫妻  南砺青年部
礼儀心得手帳 布教大会成績 高森先生を囲み座談会
ポルトガル語の通訳ではずむ
送別の辞(要約)
獲信への新たな意欲
法友通信 富山県 Y
説法第一は高森(光晴)講師
感動を呼ぶ布教大会
仏法一筋、Nさん一家 I講師ブラジルより凱旋 富山県 Y
学生部男子部長にI講師 顕正ひと口メモ =富山= 布教大会と顕正戦出陣式行わる 可憐な”秋田おぼこ” 仏法求めて高岡へ 光に向って
第56話
愚かな親子
顕正ひと口メモ 答 日本への留学生 ブラジルの帰路 アメリカで座談会
「すごい自信のお方だ」
新専任講師誕生
なぜ真実開顕に背を向けるのか
本願寺の体質を問う  高森顕徹著
親鸞会二十年の歩み(4) 破邪の第一刀
本部長 F
福井 分科会で研究重ねる 幹部育成会合 大会に参加して 富山医科薬科大学二年 K ブラジル紀行…①
旅立ちとアメリカの出会い  O
私の投書箱
教学試験成績 (S・56・1・23~56・2・24) 教学試験成績 (S・56・1・23~56・2・24) れんげ ブラジル青年部の声 編集記
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面 9面 号 数 10面 11面
                                                   

第234号
号外

S56/04/15
(1981)

真宗再興へ若い力結集

のびる布教戦線ブラジルへ

なぜ真実開顕に背を向けるのか

本願寺の体質を問う

第234号

S56/05/15
(1981)

一言説法

論説に代えて
制約どおりの回答を待つ
高森顕徹

〔入門シリーズ〕 正しき宗教 (2)

選択の基準は何か
三世十方を貫く仏教
高森顕徹

第234号

S56/05/15
(1981)

=学生部= 年々拡大する成果
全国で新入生歓迎合宿

獲信の記録

私はこうして
阿弥陀仏に救われた

  大阪府 K

『白道燃ゆ』で会合
効を奏すW氏の育成  島根県

第234号

S56/05/15
(1981)

O講師にエン罪
問われるマスコミの体質
(ブラジルその後)
「再度のご渡伯を」
寄せられる会員の熱い声

新刊『本願寺の体質を問う』全国紙に広告
宿善深信論争 本会が論文で開顕

守られるか度々の誓約
本願寺は今度こそ回答を

『白道燃ゆ』暗記で自信 大阪大学二年 F 富山県五支部 合同で研修会
フェリーの中で座談会 九州の帰路なごやかに 法学部生が合宿  司法試験合格めざし 九カ月で導師合格
教学に快進撃のF氏  岩手県
親鸞聖人ゆかりの地 No.2
出家得度の寺 粟田口の青蓮院
第3回 純会員研修会を開催 金沢女子部 明るい笑顔を
顕正室に鏡台、毎日点検
訂正文 正御本尊を裂く暴挙
法難こえ真実一路  岐阜県
論争の意義と展望  高森先生が御講義 Y氏、E氏が担当 第二回全国戦事務 ただ今活躍中 バレー部主将から大転回
富山医薬大医学部5年 S
ブラジルから留学生
この一冊 弘めることが 真宗の
流れを変える いっち近道
情報部通信員 顕正ひと口メモ 答 法友通信 小松市 H
専任講師への道
『白道燃ゆ』で大転換 剣道から仏道へ
三重県 F
顕正ひと口メモ なぜ私は専任講師になるのか うれしさを・・・(蓮如上人) 光に向って
第57話
シュリハンドク
れんげ 編集記
なぜ真実開顕に背を向けるのか
本願寺の体質を問う  高森顕徹著
親鸞会二十年の歩み(5) 創価学会との対決
本部長 F
  信心かぞえ歌  作、K ブラジル紀行…②
マイアミを経て リオデジャネイロへ  O
アメリカ聞法の旅 募集
教学試験成績 (S・56・2・25~3・24) 滋賀会館 親鸞聖人降誕会
                                     

第234号
第2版

S56/05/15
(1981)

親鸞聖人(13) <不退の輦>

(7コマ漫画)

最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面 9面 号 数 10面

第235号

S56/06/15
(1981)

一言説法 論説
長生不死の神方

石川県松任市 占い信じ、子供殺す

 心臓凍る迷信の被害

〔入門シリーズ〕迷信打破に徹する仏教

第235号

S56/06/15
(1981)

高まる教学への熱  育成の主眼に
学生部  新入生、一斉に受験
=青年部合宿=
決死報恩の先陣をきれ!
講義白熱、コンパも中止 福井研修センター
=京都御法話=
高森先生迎え十周年
KBSテレビで宣伝も

第235号

S56/06/15
(1981)

親鸞聖人(14) <体失.不体失の諍論>
作.K

(7コマ漫画)

印刷所

”百聞は一見にしかず”

=白道顕正戦= 新記録、厳寒の北海道で
S・Mチームが142%

第235号

S56/06/15
(1981)

私の投書箱

K氏(岐阜)宗務総長と面談
「法論はあかん」とふるえ
ただ、「帰ってくれ」

学生部長アメリカへ
抜群の指導力に期待
=東京教務部= 真実の炎、慶応に点火
東大制覇に続く勝利
神棚に勤行、腐敗の坊主  Y
礼儀心得手帳 ポスター貼りに大活躍
教学も積極的なN氏  -東京-
結ばれた仏縁 喜びのMさん
英語留学に二講師 アメリカで一年間 =金沢= 月四回の教学講義 フレッシュマン活躍中
仕事と仏教を両立  =東京青年部=
=読者の感想=
本願寺は余りに無責任
『本願寺の体質を問う』全国から大反響
台湾布教始まる Y・N両講師が出発 朝日新聞世論調査
死後信ずる――60%  20代が最高
=富山= 毎朝15分、一日一題を 親子二世帯ともに求道
金沢N、S両夫妻
法友通信 神戸市 S
書留親展で送付
門主と宗務総長へ
「大安、友引、気にする」47%
迷信天国、ニッポン
=大阪= 創価学会の破邪中心に 本部会館降誕会(6/20・21) ブラジル紀行…③
サンパウに到着
赤い屋根、赤い土地  O
島根県 Y
専任講師への道
「臨終の後悔はいやだ」
石川県 H
光に向って
第58話
家康も感服 お梶の妙答
”足で聞け”を実践  愛知青年部 PL教団やめ 弥陀一仏に 企業宣伝 砺波地区設備管理センター この一冊 弘めることが 真宗の
流れを変える いっち近道
次期随行者  K(一八)
三棟を買収、印刷所に 親鸞会二十年の歩み(6) 『顕正』ご発刊
本部長 F
企業宣伝 谷本建設株式会社 家族や知人を顕正  神戸法話 渡辺設備 アメリカ聞法の旅 募集
仏眼 北陸印刷株式会社 企業宣伝 京呉服の塚本 ひふみ印刷社 企業宣伝 共和印刷株式会社 企業宣伝 (株)東洋ツーリストサービス 滋賀会館 親鸞聖人降誕会

第236号

S56/07/15
(1981)

一言説法 論説
核戦争の危機
紛争再燃 東本願寺
東京本願寺が独立
改革派  全国で末寺争奪戦か  法主派
改革派、宗憲を更改
『御文章』を聖教から削除
「法主」を「門主」に
権限失い完全象徴化

第236号

S56/07/15
(1981)

=学生部= キリスト敎破邪を実践
新入生育成の第二段階
=台湾布教=
仏教の全盛期「唐」想起
真宗なく新興宗教進出
聖人の御誕生を祝う
遇い難く、聞き難き法
『教行信証』総序を御説法

第236号

S56/07/15
(1981)

優勝旗、新旧交代

親鸞聖人(15) <信心同異の諍論>  作.K

(6コマ漫画)

『本願寺の体質を問う』新聞広告、全国に

第236号

S56/07/15
(1981)

私の投書箱
中期育成戦スタート(7月~8月)
参詣者の増大を!
現状を打破せよ より深い聴聞で

第62回 弁論大会

優勝 「父の日に」
千葉県 O

日本人人口動態調査
死亡者、1日平均2,000人 老衰は20人に1人
ガン、心臓病、年々増加
「全くの盲信ですね」
より高まる真実への熱  東京
本部降誕会、満堂の熱気 質問状を提示 牧師、逃げの一点張り  福井 中外日報にも掲載
島根県 
念願のご法話に湧く
白道戦六年目の結実
自殺者年間二万人
一日平均56人も
視覚に訴え、真実を 京都女子部が幻灯会 プロフィール =討論会= 優勝は医学部チーム
東大生と講師部が熱戦
目覚めよ坊主  静岡県 N
娘はキツネ、狂信の母
金ヅチで殴り殺す
東海  大学ごとに推進 ブラジル紀行…④
宿善の集大成 サンパウロ会館
第一次から四年目の快挙  O
企業宣伝 株式会社 藤田屋 門主は私にも無回答  広島県 T
専任講師への道
親鸞会の お役にたちたい
兵庫県 M
光に向って
第59話
泣いて馬謖を斬る
会場爆笑、初詣り 稚児が撞木で「チーン」 第六十二回弁論大会成績 岐孝園 寺に生まれ、宗門に絶望  高知県 I
東本願寺、紛争を再燃 親鸞会二十年の歩み(7) 『顕正新聞』発刊
本部長 F
二名が体験発表 企業宣伝 谷本建設株式会社 斉藤不動産 なぜ真実開顕に背を向けるのか
本願寺の体質を問う  高森顕徹先生著
法友通信 東京都 S
仏眼 企業宣伝 降誕会を八ミリ映画に 製作責任者にY氏 北陸印刷株式会社 ひふみ印刷社 企業宣伝 前川地所

第237号

S56/08/15
(1981)

一言説法 論説
本願寺は約束を守れ

創価学会に大法謗
会長が心筋コウソクで急死

教義のデタラメさ証明
無間地獄直行の宗教
日蓮は現世から糞地獄
歴代管長の死もあわれ

第237号

S56/08/15
(1981)

真宗再興へ燃える合宿!!
学生部幹部が結集

自己の求道正す勝縁に

競う聴聞、燃える求道

十五年目の悲願達成

 発揮された滋賀県の団結

仏壇製作に込めた精魂
「一世一代の仕事」とS氏

第237号

S56/08/15
(1981)

”定員オーバー”滋賀降誕会
講師部はみ出し聴聞

親鸞聖人(16) <信心同異の諍論>  作.K

(5コマ漫画)

”体質”福井でベストセラー
活発な書店からの注文

第237号

S56/08/15
(1981)

私の投書箱

滋賀会館に新仏壇

遷仏会に感慨無量
念願かなった滋賀会員

岩手から団体で月一回
七月より入会金変更 岐阜で定例幹部会議
発展するアメリカ 支部事務所を拡張 欠勤し一座も休まず  =金沢=
ハワイに顕正号 集中して聞法 善知識を偲んで研修会  京都北 法友通信 島根県 Y
本部にファクシミリー 礼儀心得手帳 滋賀県 U
第十三期顕正戦に臨んで(九月~十一月)
胸から胸へ真実を
司令局長 Y
人事異動 一年生の声 親鸞聖人ゆかりの地 No.3
仏教千年の歴史を秘める 比叡山
第六十三回弁論大会成績 小杉聖地周辺開発進む
新本部会館建立に格好
企業宣伝 株式会社 藤田屋
専任講師への道
私の家系は布教使 本願寺の横暴さに決起
京都府 K
見よ!学会員の不運 多い”通り魔”の被害者 光に向って
第60話
学徒時代の新井白石
弁論大会
寺院に生まれ、家族の顕正を実践!
優勝 「今一度」  島根県 K
岐孝園
親鸞会二十年の歩み(8) 青年部の結成
本部長 F
企業宣伝 北陸印刷株式会社 ブラジル紀行…⑤
生活のままが真実開顕 O
斉藤不動産
仏眼 ひふみ印刷社 企業宣伝 (株)東洋ツーリストサービス 谷本建設株式会社

第238号

S56/09/15
(1981)

一言説法 論説
道徳と仏教の相異

(自民)靖国国家護持へ活発な動き
国民へ参拝強制の恐れ
仏法者として断固反対
敗戦記念日、靖国神社へ
”全閣僚参拝”で拍車
日本神道の邪説
靖国に霊魂は存在しない
雑行を撤廃せよ
一向専念が真宗の肝要

第238号

S56/09/15
(1981)

特集

打倒 本願寺 決起大会

若さ結集! 華やかな交歓会

笑いの中にも真宗再興の熱

決起大会グラフ特集

興廃の危機に決起せよ!

第238号

S56/09/15
(1981)

決起大会グラフ特集

興廃の危機に決起せよ!

”私はこう闘う” 第13期顕正戦への決意 ハワイ ロス 準備たけなわ
高森先生初の米国布教に

第238号

S56/09/15
(1981)

私の投書箱

講師部・青年部・学生部・教務部
打倒本願寺に結集

決起大会を開催

研究・工夫プラスねばりで  福井上隊 S
Y講師(第9次)ブラジルへ
K講師体調崩し帰国
飛騨地方を見事開拓
白道戦より三チーム凱旋
ほしい命がけの実践  武生支部 親鸞聖人ゆかりの地 吉水 統一聴聞日のお知らせ
相手を選ばず顕正  同志社大学 M
高森先生26日御渡米 人事異動 四国にも学生部を  徳島大学 O 東京教務部が夏合宿  研修センター 法友通信 滋賀県 O
神奈川から往診
近藤医師、高森先生の自宅へ
訂正文 先生の涙に奮起  京都南支部 S 木元院長夫人 交通事故で御逝去 石川県 M
専任講師への道
我が子の死が縁に
福岡県 E

白隠と酒屋の娘
病床の師を憶うて  京都北支部 K 岡山市 E
第13期顕正戦に突入 親鸞会二十年の歩み(9) 座談会始まる
本部長 F
企業宣伝 北陸印刷株式会社 血気大会に参加して ブラジル紀行…⑥
独特、海外初のご説法 O
高岡市 Y
仏眼 企業宣伝 前川地所 企業宣伝 共和印刷株式会社
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面 9面 号 数 10面
                                               

第239号

S56/10/15
(1981)

一言説法

論説
科学と生命の尊厳

東本願寺紛争
1,000ヵ寺が離脱を申請?
法的にも完全に空中分解
巻き返しを計る法主派
富山で23ヵ寺が独立
福井別院、神戸別院も

第239号

S56/10/15
(1981)

=学生部= 体で学ぶ二河白道
顕正と勉強の両立を

第13期顕正戦たけなわ

電話と手紙で育成  福井
農繁期に心田も耕す  滋賀
農業実習の中活動  南砺
一大事に驚く
第二回全国戦で仏縁  石川

親鸞聖人(17) 信行両座の諍論  作.K

(6コマ漫画)

第239号

S56/10/15
(1981)

=ハワイ御布教=

法の花咲く常夏の国
驚くべき成功

私の投書箱

『本願寺の体質を問う』末寺僧侶に大打撃
「本願寺はつぶれる」の声も

各地で”体質”講習会  本願寺

内容の深刻さに震撼

三重二支部に発展 支部長にT・S氏 実を結ぶたゆまぬ顕正
毎月、手紙で顕正 一年がかりで入会へ
身業説法に徹する 聴聞へ家族四人
ハワイ布教(三次)にK講師
英語での顕正が主力
O講師「ジャーナリスト専門学院」に派遣 体力、語学力の向上を
医学部夏のゼミナール
人事異動 改革派 「本願寺」の名称を抹殺
見真大師の称号も返上
法友通信 大垣市 T
専任講師への道
腎臓病を患い入院
福井県 F
光に向って
第62話
大号尊者
礼儀心得手帳 れんげ 富山県 N
善知識ハワイに初法輪  =ホノノル= 親鸞会二十年の歩み(10) 教学試験始まる
本部長 F
企業宣伝 ひふみ印刷社 ブラジル紀行…⑦
待望の青年部会合  O
企業宣伝 北陸印刷株式会社
仏眼 インスタント・プロテイン 企業宣伝 (株)東洋ツーリストサービス 谷本建設株式会社
                                     

第240号

S56/11/15
(1981)

一言説法 論説
報恩講の心構え
報恩講に憶う
聖人流刑の真因は何か
弥陀一仏の強調で迫害
会長 高森顕徹

第240号

S56/11/15
(1981)

高森先生、アメリカ御布教期間を有意義に

親鸞聖人(18) 信行両座の諍論  作.K

(8コマ漫画)

高森先生アメリカ御布教 法輪は世界に弘がる
米国に燃ゆ 真実の法灯

第240号

S56/11/15
(1981)

同時通訳で聴聞OK
仏縁深めたMさん
カレンダー顕正戦迫る!!
迷信打破、12月1日から10日間
会員手帳も作成
カレンダーと同時頒布

アメリカ・ハワイ随行便り

御心は真実開顕のみに

  第三次ハアイ布教 K

第240号

S56/11/15
(1981)

私の投書箱

高森先生初の米国御布教
魂の雄叫びアメリカに
火を吐く舌鋒
アメリカ支部 強まる求道心

学生部 北陸三県合同で布教会
上馬講師が凱旋 ハワイで英語布教に活躍
講師試験、多数の合格者 丹沢渓谷でバーベキュー =御講演= 無明の闇を破る仏法
弥陀に一向専念せよ
福岡に事務所新設 京阪神地区も布教会 四年生が上位占める 活発に質疑応答 =座談会=
待ちわびる・・・(高森顕徹) 専任講師への道
生の目的と死の恐怖 仏法で得た真の回答
石川県 N(二二)
報恩講に来たれ! 光に向って
第63話
大倉喜八郎の信念
本部長、会員に色紙贈呈 帰路はハワイで 顕正しおり 法友通信 石川県 T
ぜひ明年も 四月、ロスとハワイで 親鸞会二十年の歩み(11) 講師部発足
本部長 F
企業宣伝 北陸印刷株式会社 ブラジル紀行―⑧
知らされた先生の御心労  O
感想――アメリカ聞法の旅
善知識との最高の旅
顕正新聞 号外特集号 山口県 S
仏眼 ヴァイタE 顕正新聞縮刷版 第1号~第100号まで 企業広告 ひふみ印刷社 企業広告 (株)東洋ツーリストサービス
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面 9面 号 数 10面
                                               

 

211号~225号へもどる 226号~240号 241号~255号へすすむ