※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

浄土真宗親鸞会 顕正新聞 索引 211号~225号

 


001号~015号 016号~030号 031号~045号 046号~060号 061号~075号 076号~090号

091号~105号 106号~120号 121号~135号 136号~150号 151号~165号 166号~180号

181号~195号 196号~210号 211号~225号 226号~240号 241号~255号 256号~266号

 

号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第211号

S54/12/20
(1979)

一言説法

論説

躍進に次ぐ躍進 高森先生渡米の気運

こんなことがききたい

浄土真宗の”貞女”になろう

 阿弥陀仏に一心一向

第211号

S54/12/20
(1979)

私はなぜ 専任講師になるのか

第57回 弁論大会

人生を深く見つめて

優勝「導く者の資格」

  福井大学教育学部 Yさん(埼玉)

教学で求道に飛躍

説得力に自信
顕正に成果倍増

71才で導師に合格
教学と生活が一体

第211号

S54/12/20
(1979)

”同志”の育成に猛進 強い求道への信念
感動の体験発表
―岐阜・本部会館―
いつもの通り、勝手ながら・・・

『観無量寿経』に感動
福井県 O (二二)

育成に直結 毎月七ヵ所で法話会
岐阜県 K氏
真の仏法者を育てよう
第九期顕正戦 輝かしい戦果
女性の団結 顕正と育成
滋賀県 Nさん
討論会 本部
白熱した優勝戦
鍛えた腕で”美味を”
研修センター炊待長にO氏
専任講師の法話に勧誘
福井県 Kさん
指導向上に全力を その一言で決まる
三重県 M (二三)
アメリカ 支部発足一周年を祝う
善知識をアメリカへ
自力がつきた時!
阿弥陀仏(他力)にうちまかせる T (2コマ漫画)
毎晩バイクで活動
休む暇なし南砺のホープ  [富山]
ふれ合いから前進へ
本部長 F
次期アメリカ布教に 再度A講師 女性の優しさ 育成のポイント
石川県 Oさん
顕正ひと口メモ 答
顕正ひと口メモ 礼儀心得手帳 第五十七回弁論大会 純会員のみなさまへ
峰恩講、盛大に開催
岐阜と本部で満堂の集い
大講師合格 訂正文 Sさんに 優勝の栄冠  岐阜報恩講 光に向って
第40話
信長と 家康の 違い
プロフィール
生長の家から親鸞会へ
京都府 Hさん
法友通信 滋賀県 T
教学試験成績 S54.9 - 54.11 人事異動 (S55.1.1付) 健康ノート(2) (医学部提供)
疲れをとる体操
第五十六回弁論大会 次期随行者(1月~2月) S氏 ,M氏
仏眼 導師合格 S.55カレンダー 予約受付中 感涙の聴衆 叫ぶ二世  ブラジル弁論大会 編集雑記

号外H号

ここまできた 法主派と改革派の対立
狂った報恩講 救急車で病院へ

ケガ人・ヤジ・罵声
門徒そっちのけで
”力の対決”警官出動  =東本願寺=

こんな本願寺と 未だに 縁の切れない人々
どこまで家畜化されているのだろう
皆さん
早く純会員に
なりましょう
こんな本願寺から 離れてよかった
新聞が大々的に報道
天下に恥さらし
世間体を乗り越えて  滋賀県 Hさん
「村八分にしてもらいます」  滋賀県 Bさん
案ずるより産むが易し  岐阜県 E氏
会員の声
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第212号

S55/01/20
(1980)

一言説法

論説

オークツラマの心意気

こんなことがききたい

真の平等と 悪平等

第212号

S55/01/20
(1980)

55年に誓う 初春の期待 訪米要請の嘆願書

第212号

S55/01/20
(1980)

正しい御本尊へ
絵像、木像を捨てて御名号に
心苦しかった絵像木像 坊主の反対を粉砕して
私の投書箱
東本願寺の 報恩講に思う
神戸市 Y

新春所感

狂っている 誰がこれを正すのか

  会長 高森顕徹

Kさんの言葉 正しい御本尊を
本部長 F
真の仏法者 純会員になろう
副本部長 K
南極遊覧機 墜落事故について 思うこと
東京都 U
新専任講師誕生
伝えよう 善知識の御苦労
青年部長 Y
決定
高森先生の渡米
喜びに湧く カリフォルニア
法友通信 大阪府 S
今月の金言 三重県 S
F氏の言葉 「真宗寺院は間違い」
勇気ある決断で御名号に
住職代理のK氏
京都市 A
明年・高森先生アメリカへ 第五次アメリカ布教へ
A講師が出発
青年部育成に賭ける
福井青年部 Y
大講師めざして  富山県 N 金沢市 S
仏法を両親に  愛知青年部 F 合格おめでとう 大講師試験 高岡市 T
幹部結集 いざ出陣!! 月八回の聴聞  富山大学 T 両講師が凱旋 D夫妻も来日 誤った伝統を打破
滋賀県 Iさん
福井市 I
礼儀心得手帳 顕正ひと口メモ 顕正ひと口メモ 答 東京都 S
快調スタート カレンダー顕正戦 本当の親鸞聖人の教  近日発刊
こんなことが 知りたい  第3巻
高森顕徹先生 著
第九期顕正戦 表彰式行われる 光に向って
第41話
西郷隆盛の信念
プロフィール
通夜を捨て 教学試験
福井県 Yさん
大阪市 S
純会員総会 活発な論議 教学試験成績表 (S54.10.25~S54.11.27) 新春決起大会
今年こそ!!
池田市 T
仏眼 導師合格 編集雑記
                                     

第212号
第2版

S55/01/20
(1980)

特報
研修センター 食堂・浴場完成
浄土真宗親鸞会 図書案内
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第213号

S55/02/20
(1980)

一言説法

論説

真剣勝負で挑め

こんなことがききたい

なぜ先祖供養を 厳禁されたのか

第213号

S55/02/20
(1980)

一般部  顕正戦完勝へ強い決意  青年部 学生部 純会員への道 子孫への最高の資産
福井県 M氏

第213号

S55/02/20
(1980)

宗教紙の雄
中外日報紙に厳重講義
再度の催促に遺憾を表明
抗議文
浄土真宗親鸞会を”新宗教”と報道
催促文
宗教紙の 良心に 訴える
返答文
誤解を招いたことは はなはだ遺憾である

私の投書箱
顕正戦の幕あけ
新春決起大会に誓う
  本願寺の哀れな現状  富山県 Y
カナリヤの教訓  愛知県 T
檄  たゆまぬ顕正 世界を変える 新しい純会員 ある日の母  東京都 S
第十期顕正戦へ 活かそう先陣の記録
毎日が顕正  富山県 Kさん
心に残る一言  石川県 H
J講師 アメリカ留学から帰国 過剰礼儀の廃止へ 法友通信 福島県 Mさん
活発な顕正戦 育成では合宿や弁論 皆さまへお知らせ 三河門徒の心意気
バイクでフル回転  愛知のI氏
岐阜県 Oさん
活動方針  青年部長 Y なぜ私は専任講師になるのか
福井県 S
第九期 顕正戦 学生部の表彰式 顕正ひと口メモ 答
ブラジル  副支部長にTさん コント 本当の親鸞聖人の教  近日発刊
こんなことが 知りたい  第3巻
高森顕徹先生 著
新しく事務員に KさんとSさん 光に向って
第42話
プロフィール
弁論で学友に
滋賀県 O君
新専任講師誕生
準会員推進委員に 任命書授与 教学試験成績表 (S54.11.27~S54.12.23) 顕正にわかりやすい号外 次期随行者(3月~4月) O , K
仏眼 導師合格 よこがお 顕正ひと口メモ 編集雑記
                                     

第213号
第2版

S55/02/20
(1980)

アンリか便り
海外布教の礎石たれ
同時通訳養成は快調
この道に悔いなし
真実開顕は英語で
浄土真宗親鸞会 図書案内
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第214号

S55/03/20
(1980)

一言説法 論説
まず行動を起そう

本願寺の非難に対して
四つの疑問を提示
親鸞会の質問状の全文

親鸞会の質問点

催促文  書留は未着なのか

第214号

S55/03/20
(1980)

”後生の一大事”の内容 答えにならない答え 純会員への道
このままなら鬼になる  岐阜県 M(五五)

第214号

S55/03/20
(1980)

ハッスル!今年の精鋭 私の投書箱
また『伝道院紀要』で 本願寺が非難
本会から抗議の質問状

本願寺から返答
「これ位にしましょう」とはや逃げ腰

重ねて親鸞会は追究する

公開討論辞せず
本当のみ教開顕に
求道、勉学共に全力投球
京都市 M氏
”あくどい”法話阻止
福井県 Y
(2コマ漫画)
三人足並揃え離脱宣言 聖人と共に
富山県 T氏
顕正ひと口メモ 答
仏法を分かち合おう  〔顕正戦〕 善知識渡伯に 高まる期待
I・K両講師が渡伯
寄生虫みたいな寺  滋賀県 Y氏 好きなタバコやめ  京都市 M(三五)
広げよう我らの会館
本部、滋賀の増改築に着手
矛盾 (1コマ漫画) 純会員のみなさまへ お茶大は私の手で
頑張る女性部長の心意気
東京都 K
法友通信 ブラジル Tさん
任務終え元気に帰国 ”英語教室”開講 親戚が寺の難関越え  福井県 Nさん(五七) ブラジル Sさん
檄 たゆまぬ顕正 世界を変える 英会話の習得から ”アメリカ聞法の旅”参加者募集 新しい純会員 新専任講師誕生
顕正ひと口メモ 大導師合格 本当の親鸞聖人の教  近日発刊
こんなことが 知りたい  第3巻
高森顕徹先生 著
なぜ私は専任講師になるのか
富山県 M
プロフィール
五〇〇分の一の仏縁
石川県 Fさん
光に向って
第43話
新風を巻き起す活躍  富山県 W氏 編集雑記
迷信打破の顕正戦 導師合格 まずは行動から  愛知県 Iさん 浄土真宗親鸞会 図書案内
仏眼 教学試験成績表 (54.12.24~55.1.15) れんげ  愛知県 Bさん
                                     

第214号
第2版

S55/03/20
(1980)

体験発表
父を殺した 私は天理教が憎い
滋賀支部 H (三七)

この愚劣さ!! これが邪教だ
人の唾を飲めば治る?
痰を飲めば治る?

最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ

第215号
特別号

S55/04/10
(1980)

一言説法 ハッキリしよう答えを求める

第215号
特別号

S55/04/10
(1980)

公開討論をも辞せず
本当の”み教え”開顕へ

続々の督促書簡

返答待ち50日
親鸞会から質問状
本願寺発行『伝道院紀要』の非難に

本願寺K氏 へ疑問を提示

書留は未着なのか
返答の督促文を送付

「これ位にしよう、論文は
本願寺派内だけのもの」
本願寺からの一回目の返答
仕事が山積で 答えられない!?

ますます深まる疑問

  新たにK氏へ質問

                   
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第215号

S55/04/20
(1980)

一言説法

論説

使命感に立ち上がれ

こんなことがききたい

なぜ神を排斥するのか

 親鸞聖人が排斥されたから

  参道つり橋落下が証明

第215号

S55/04/20
(1980)

人生の目的探求へ  私を変えた その一言  親鸞聖人のみ教え 純会員への道 (3)
留守になっていた足元
愛知県 S

第215号

S55/04/20
(1980)

仏法に出遇い変わった私
歓びの声を聞こう
おめでとう
医歯学部合格
檄 たゆまぬ顕正 世界を変える ”人生の日暮れ時” 心に響く無常観が聞法へ
富山県 H
「人生の目的が分からなかったら人間じゃない」
富山県 匿名氏
顕正ひと口メモ 麻雀競輪競馬から
自分も両親も驚く変身
張り切る学生部  東京、岡山大学に進出
”頑張れ”一般部  十期顕正戦の中盤
「必堕無間」の一言
石川県 M
卑怯な生き方に別れ  石川県 H 心動かした置き手紙
一転してご主人から純会員へ
五代目が”デビュー”
聴聞バスもフル回転
六時半起床の生活に
因果の道理を知らされ
モチの木移動 工事着工の準備 その自信に牽かれ
兵庫県 O
「資格はない」 この先輩の一言   福井県 K 坊主に説教
明年・高森先生ブラジルへも 「準導師」設定 普通科教学 この道しか 先輩の檄に奮起   京都府 K 新しい純会員 両親へ週に手紙 法友通信 津山市 S氏
素晴らしい人生のしめくくり
岐阜県 H
一人で喜べる 幸福になりたくて
印象的な聖人の御遺言
福井県 I
悲しみを乗り越え布教
求道への専任講師の姿  〔白道戦〕
学者の卵が 活動家に
アメリカ支部の顕正戦
喜び分かち会う”百人行”
百十人を突破 アメリカ聞法の旅 東大の部長にW氏 次期随行者(5月~6月) S(二二),U(二六)
増改築に議論白熱 臨時幹部会議 教学試験成績表 55.1.27~55.2.24 なぜ私は専任講師になるのか
富山県 O
光に向って
第44話
コマとダルマ
専制君主の殻から脱皮 編集雑記
(第一回) 純会員研修会を開催 人事異動 導師合格 健康ノート(3)  こわいインスタント食品 浄土真宗親鸞会 図書案内
仏眼 教学試験成績表 55.1.27~55.2.24 顕正ひと口メモ 答 プロフィール ブラジルの留学生 れんげ
                                     

第215号
第2版

S55/04/20
(1980)

親鸞聖人(1)/無常

(6コマ漫画)

最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第216号

S55/05/20
(1980)

一言説法

論説
これが親鸞聖人の教えか

こんなことがききたい

本願寺へ公開質問
返答できぬ本願寺 (その一)
本願寺の稚気

第216号

S55/05/20
(1980)

顕正戦に火花飛ぶ  完勝をめざし  力を注ぐ会合 (第一回純会員研修会から)
高森先生のお言葉
純粋なお弟子になろう

第216号

S55/05/20
(1980)

五濁の顕正最前線 私の投書箱
命の尊さから自信が  石川県 M
六・七月は 育成月間 功を奏す”アタック” 死力をつくす富山青年部
檄 たゆまぬ顕正 世界を変える 本部会館建立予定
小杉聖地で会員の集い  5月8日
純会員への道(4)
寺総代・宮総代をやめて  富山県 K
顕正で明け暮れの一日 法友通信
第十期顕正戦
完遂へあと十日
一隅を照らす、個人顕正中心に
自立する女性求道者 =聖地登山=  バーベキューに舌づつみ
ドライバーの方へ
守ろう”駐車のマナー”
浄土真宗親鸞会 図書案内 新しい純会員 職場に脈打つ仏法 新専任講師
導師合格 なぜ私は専任講師になるのか
島根県 K
健康ノート(4)
上手な医者のかかり方 -その1-
光に向って
第45話
政宗と丈辨
編集記
顕正ひと口メモ 新支部長にI氏 準導師合格 『光に向って』を活用 顕正ひと口メモ 答
仏眼 教学試験成績表 (55.2.24~55.3.10) プロフィール れんげ 本部会館 岐阜会館 降誕会
                                     

第216号
第2版

S55/05/20
(1980)

親鸞聖人(2) <出家得度>

(6コマ漫画)

最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第217号

S55/06/20
(1980)

一言説法

論説
善知識への信順は教学から

こんなことがききたい

聴聞は信心獲得と
無関係と強弁する本願寺

親鸞聖人 蓮如上人 の願いはなにか

第217号

S55/06/20
(1980)

実る活動 厳しさ学ぶ春の合宿  学生部 白熱する教学研さん

第217号

S55/06/20
(1980)

5.27.

返信待ち90日 抗議のシュプレヒコール

Q and a
絶対の幸福とは何か
六・七月は 育成月間 他には負けたくない

本願寺へ抗議行動

青年部学生部一千名が結集してシュプレヒコール

海外で初の親鸞会館 顕正七つ道具のカバンを肩に 私の投書箱
新支部長誕生 相手が納得いくまで 法友通信 神戸市 O
顕正ひと口メモ 秘訣は週一回の会合 顕正・親睦の5月5日 高岡市 H
礼儀心得手帳 セールスマン・集金人は
自宅訪問の顕正者  -南砺地区-
ただ今随行中 S(二五)
さァ始まる教学月間 準導師合格 新しい純会員 編集記
大導師合格 なぜ私は専任講師になるのか
大阪府 S
健康ノート(5)
上手な医者のかかり方 -その2-
光に向って
第44話
成功の裏に涙あり
顕正ひと口メモ 答
降誕会 立錐の余地なし  富山 導師合格 京都新聞も写真入りで報道 浄土真宗親鸞会 図書案内
仏眼 教学試験成績表 S.55.3.14~S55.4.17 プロフィール れんげ
                                     

第217号
第2版

S55/06/20
(1980)

親鸞聖人(3) <苦悶参籠>

(6コマ漫画)

最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ
号 数 1面 2面

第218号
特別号

S55/06/19
(1980)

回答せぬ本願寺

六度目の催促   親鸞会
お願いしているのだ!!

答えは四項目のみ

返答待って120日

返答できぬのは
中傷の明証ではないか
門主「教書」の精神は 何処へ?
抗議行動の直後
本願寺K警備局長より
返答の約束があったのに・・・

号 数 1面 2面 3面 号 数 4面

特別号
第219号

S55/07/10
(1980)

宿善論争 深信論争 今度こそ!!明快に これに回答を求む

特別号
第219号

S55/07/10
(1980)

親鸞会 vs 本願寺

宿善・深信論争の経緯

130日目で返信
回答にならぬ
重ねて返答申し入れ
本願寺発行『伝道院紀要』への質問

返信こう読んだ!! 質問は四つのみ
真理を求めての努力  その心
返信全文
特別号の内容
                   
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第220号

S55/07/20
(1980)

一言説法

論説
顕正は工夫と努力

こんなことがききたい

矛盾だらけの
本願寺の宿善論  (その三)

第220号

S55/07/20
(1980)

真宗再興への意気盛んなり
若き力結集  親鸞聖人降誕会

優勝弁論

讃歌

  高岡市 T

第220号

S55/07/20
(1980)

第11期  ベストを尽くし完遂  顕正戦 Q and a
人を指導する 優しさと厳しさ
8・9・10月は 第十一期顕正戦
檄 たゆまぬ顕正 世界を変える 高森先生の御講演-本部降誕会-
「誠に知んぬ―」の真意
高森先生ご講演の要旨
本部  熱弁競った弁論大会  第58回 私の投書箱
個人顕正こそ原点
第十一期顕正戦へ力みなぎる
京阪上隊二二〇%達成
第十期顕正戦表彰式
どちらがウソか(後生の一大事)
(4コマ漫画)
法友通信 滋賀県 T
本願寺当局より本会に入電 ブラジル青年部に 外人女性入会 十名の稚児が初参り
白菊を献花し仏縁を結ぶ
体験発表 名古屋市 S
飛躍への転機  学生部 顕正戦 新支部長に N氏 討論会 第五十八回弁論大会 最下位から上位へ
躍進をはたした高岡青年部
高岡市 O
高まる教学研さん熱 顕正ひと口メモ 幻灯 新しい純会員 只今随行中(7~8月) S(二四)
教学試験成績表 S 55.4.22~S .5.15 なぜ私は専任講師になるのか
岐阜県 S
健康ノート(6) 夏バテ対策 光に向って
第47話
基礎が大事
人事異動 新専任講師誕生
本部降誕会に満堂の聴衆 導師合格 顕正戦へのミニ合宿 顕正ひと口メモ 答
仏眼 準導師合格 活動レポート プロフィール れんげ アメリカ便り  A講師
                                     

第220号
第2版

S55/07/20
(1980)

親鸞聖人(4) <夢告>

(6コマ漫画)

最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第221号

S55/08/20
(1980)

一言説法

論説
大谷光真の「教書」を斬る

こんなことがききたい

矛盾極まる

  本願寺の誹謗  -その4-

  仏説を否定する本願寺

第221号

S55/08/20
(1980)

一座もかかさぬ決意

K氏からF本部長へ
「次善の策でやろう」

 F本部長 最善は文書諍論

十一名の稚児が仏縁を結ぶ
仏前に白菊を献花し合掌

第221号

S55/08/20
(1980)

若い力の結集!躍進へ Q and a
「一人いて喜ばは 二人と思うべき」とは
8・9・10月は 第十一期顕正戦
滋賀会館の増築完成
収容人員倍増なる
人間の実相を映し出す法鏡
高森先生『教行信証』を御講演
月十回の聴聞を決意
富山大学 S
教学受験三百名を突破
育成月間のめざましい成果
真剣な聴聞から行動が 優勝、次勝、参勝わずか一票差
岐阜降誕会第五十九回弁論大会
勉学でクラスの上位に
福井大学 S

学生部 恒例夏合宿
学ぶ 求道姿勢

  福井県 芦原町

こともあろうに親鸞会を
「新生共産党」と中傷
K氏から高森先生へ
「返答を を強要するな」
苦しい返信
第五十九回弁論大会 女の特性 生かす求道へ 私の投書箱
『神は存在しない』
その簡潔な証明法
大野支部長に Y氏 全文掲載 高森先生からK氏へ
問題をおこしたのは誰か
講師部優勝  討論
宿善・深信論争
本願寺、K氏より 回答にならぬ返信
顕正ひと口メモ 病を乗り越え 求道に励むNさん 体験発表 聴聞への姿勢を学ぶ  大谷大学 I
導師合格 新しい純会員
三十軒必ず叫ぼう 第十一期顕正戦出陣式 準導師合格 なぜ私は専任講師になるのか
東京都 S
礼儀心得手帳 光に向って
第48話
口は禍の門
法友通信 石川県 M
降誕会  盛会に終わる  岐阜 大導師合格 顕正ひと口メモ 答 れんげ 編集記
仏眼 教学試験成績表 S .55.5.7~S 55.6.5 プロフィール 活動レポート
                                     

第221号
第2版

S55/08/20
(1980)

親鸞聖人(5) <恋の芽ばえ>

(10コマ漫画)

最新のエレクトロニクスから生れた、電子バリ
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面

第222号
特別号

S55/08/17
(1980)

一言説法

閉ざすな”宗門”
本願寺へ請求

 『教書』の精神何処へ

聖人の真意開顕を  再請求

  不審は募るばかり

第222号
特別号

S55/08/17
(1980)

真宗学で明快な回答を

信前の人・信後の人
後生の一大事の相異

 真理への誠心誠意

求む的確な回答
宿善・深信論争

疑問さらに深まる

返信
またも失望の返事

第223号
特別号

S55/09/03
(1980)

一言説法 真実開顕へ前進 返答求めて12回

第223号
特別号

S55/09/03
(1980)

親鸞会 VS 本願寺

宿善・深信論争の経緯

特別号 宿善論争 深信論争 論争打ち切りを  返信 信前の後生は地獄必定

 残る回答お願い

開かれた宗門へ

四問目には回答
なお残された一、二、三問

請求
みんなが知りたい
親鸞聖人の本当のみ教え

 的を射た回答を

あとがき
                   
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面

第224号

S55/09/20
(1980)

一言説法 論説
顕正戦根気よく

こんなことがききたい

獲信のための 因縁とは何か -その5-

過去の修善と獲信とは
なんの因縁もないのか

第224号

S55/09/20
(1980)

他宗教から親鸞会へ!!  苦悩の日々  喜びの仏教 靖国問題
親鸞聖人は断固排斥  全お聖教に根拠
地獄への路線
一向専念無量寿仏を死守

第224号

S55/09/20
(1980)

研修会で自信・団結 Q and a
指示への姿勢
8・9・10月は 第十一期顕正戦 理路整然とした教え  天理教 事実の自己に目覚め  キリスト教
「靖国法案」を粉砕
親鸞聖人のみ教えを護って
三倍を目指す活動方針
なごやかな会食で東京支部発足祝賀会
他宗教の本を焼却  生長の家 絶対の幸福への教え  金光教
神信心の怖さを知り  生長の家 因果の理法を知らされ  キリスト教 私の投書箱
純会員への道
研修センター所長にY氏 安心立命を求めて  生長の家  実践倫理 三世十方を貫く真理  実践倫理
檄 たゆまぬ顕正 世界を変える 法務局長にY氏 なぜ私は専任講師になるのか
福島県 U
三十軒必ず叫ぼう顕正戦 第11期 布教最前線 「白道燃ゆ」で正法宣布
怒りと使命感  四十八期生 O
学生部  一大飛躍へ決意  決起大会 純会員のみなさまへ 顕正ひと口メモ 礼儀心得手帳 光に向って
第49話
泥棒の酒盛
次期随行者  M(二六) , Y(二一)
ハワイから延期嘆願書 浄土真宗親鸞会 図書案内 浄土真宗親鸞会 図書案内 顕正ひと口メモ 答 新しい純会員 法友通信 岩手県 F
仏眼 プロフィール れんげ 活動レポート
                                     

第224号

S55/9/20
(1980)

教学試験成績表 S55.6.17~S55.7.18

親鸞聖人(6) <ふしぎな女人>

(8コマ漫画)

導師合格
準導師合格 企業宣伝 輪島塗 (漆芸)U

第225号

S55/10/20
(1980)

一言説法 論説
中味ある顕正へ

こんなことがききたい

観念の遊戯を 暴露した本願寺 -その6-

 すぐオシになる理由  本願寺

第225号

S55/10/20
(1980)

各部の飛躍へ法務局設置
初代局長にY氏
病人にも仏縁を  医学部長(再) T 難関に挑戦
仏法一家はかく楽し

第225号

S55/10/20
(1980)

実る家族の顕正
父母・夫妻・子・姉・従弟
Q and a
絶望から聴聞へ
11・12月は 育成期間 部長と力を合せ  講師部副部長(新) Y
報恩講で信をとれ!!
収容倍増へ本部会館も拡張
アメリカ留学(第2次)から帰国
期待されるKさんの活躍
ゆるぎなき結束へ  法務局長(新) Y 親鸞会の中枢  学生部副部長(再) K 夏合宿で甦った妹
顕正戦 完遂へ燃える情熱  第11期 一騎当千へ挑戦  講師部長(新) F 菩薩行の実践へ  医学部副部長(再) M 真実の縁を妻に 祖父の死で人生に疑問 私の投書箱
車内での顕正法  加賀支部 K
宿善・深信論争 十三回目の催促状 四トントラック購入
正法宣布にパワーアップ
たくましき学生部へ  学生部長(再) N 初心にかえって  医学部副部長(再) N 雑縁の中に咲く真の花 力を合せるH姉妹
一本の矢は折れても 二本の矢は折れない
サンパウロ会館が完成 責任感ある青年部に 青年部長(新) 高森光晴 宿善・深信論争 返答待って210日(9/19)
残る三つの回答要求
誤解の解消へ 法友通信 神戸市 F
=岐阜= 募財達成へ強い決意 台所 倍の広さに  =本部= 目覚しい発展を  東京教務部長(新) 中根繁 新しい純会員 理解ある親に感謝 次期随行者  K , Y
=本部= 納骨堂が親切 各大学の代表選出 親鸞会の急先鋒に  情報部長(再) A 礼儀心得手帳 光に向って
第50話
小欲と大欲
布教最前線 笑顔を絶やさず戸別訪問
三十七期生 O
新専任講師誕生
教学受験者の急増 中期育成船表彰式 世界の光 報恩講迫る! 浄土真宗親鸞会 図書案内 なぜ私は専任講師になるのか
長野県 M
顕正ひと口メモ 答 編集雑記
仏眼 プロフィール れんげ 活動レポート
号 数 1面 2面 3面 号 数 4面 5面 6面 号 数 7面 8面
                                     

第225号

S55/10/20
(1980)

教学試験成績表 (S55.7.22~S.8.18)

親鸞聖人(7) <煩悩>

(9コマ漫画)

導師合格
準導師合格
純会員のみなさまへ 企業宣伝 輪島塗 (漆芸)U

 

196号~210号へもどる 211号~225号 226号~240号へすすむ