メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぶそしき! これから!? 第1話 『ハジメテ』

1-1

「ええと、問題ないってことで、いいんですよね?」

 少し不安げに少年――ついさっき起動させた神姫のマスターである佐伯友大――が店長とセラフィルフィスに尋ねる。

「ソフト、ハードともに再チェックしたよ。
 記憶と前のオーナーの情報は真っさら。
 この子のシリアルナンバーから再確認したけど、廃棄の手続きは済んでいることになっているよ」

「性格設定と一部の戦闘データーが残っていたぐらいだね。それに倫理プログラムは正常に働いている。
 素体は前のマスターが改造していてパワーの値が高いがレギュレーション範囲内だ。公式試合にだって出られるよ」

 パソコンの画面を眺める店長とセラフィルフィスが調べた結果を語る。

「もし、さらの神姫が良いということならリセットして登録しなおすのも手だが……」

「えっ!?」

 『リセット』という単語を聞いて、引きつるようにヒイロの体が震える。

「ええ!? でも、それって今のヒイロが…………嫌だ」

 友大の様子を見て、店長は一息ため息をつく。

「だろうね。一応、念のために少しでもおかしいと思ったら連絡して欲しい。万が一ということもあるからね」


「まあ、景気の悪い話はこの位にして、楽しいお話をしようよ。はい! ヴャーチャルバトル&ミッション共用無料5回分に試用チケット5枚分付きポイントカード~」

 今までの空気を吹き飛ばそうとするかのごとく、パンパカパーンとした擬音が背後につきそうな位に明るく、セラフィルフィスがポイントカードを渡す。

「ええと、これは」

「他のお店と同じく、買ったらポイントがついて、お金の代わりにポイントを使って品物やサービスを買えるよ」

 そんなセラフィルフィスを苦笑しながら、店長は説明する。

「ヴァーチャルバトル&ミッション共用無料5回分は、ここのヴャーチャルバトル用の筐体でバトルかミッションを5回分無料でできるものだよ」

 店長は筐体のある場所を指差す。
 そこには4つの筐体があった。
 コンピューター上に再現された空間で行われるヴァーチャルバトル用の筐体は、リアルバトル用の筐体ほどスペースを必要としない。

「試着は自由にできるけど、試用チケットがあれば試着したまま、ここでバトルできるサービスなんだ」

「そうなんだ」

「マスター! さっそく試着してバトルしてみよーぜ」

 バトルと聞いて、ヒイロが目を輝かせる。

「わ、分かったよ。店長ありがとうございました」

 ヒイロの勢いに押されるように、友大は武装パーツの棚に行く。
 やんちゃな弟に引きずられる兄弟のような光景だ。
 店長とその神姫はその光景を微笑ましく見守る。



 ■ ■ ■



 物陰から、隠れるように少し顔を出して2体の神姫が新しいマスターと神姫の姿を眺める。

「……ねえ、ハーティア」

 マリーベルが、ポツリと相方に呼びかける。

「なんだよ、マリーベル」

「あの子、幸せになれるよね」

 そんなことを呟く。
 そこには願うような、懇願するような響きがある。

「……わかんねーよ、そんなこと」

 そんな相方から、顔を背けてハーティアはぶっきらぼうに答える。

「幸せになって、欲しいけどな」

「そうだね、幸せになって、欲しいね」

 再び目覚めた神姫に対する、2姫の偽らざる想いだった。



 ■ ■ ■



「どーだ! マスター!」

 武装パーツの棚を物色し、気にった武装パーツを装着したヒイロが意気揚々と自身のマスターにその姿を見せる。
 黒く輝く装甲のレイディアントアーマーの一式に身を包み、炎の剣レーヴァティンを掲げた出で立ちだ。

「うん、格好いいよ!」

 自分の神姫を友大は褒めてあげる。
 そうすると、ヒイロはそうだろそうだろと言わんばかりに胸を張る。

「よぅし! なら次はバトルだな!」

 喜び勇むヒイロが、筐体の方に向かって駆け出す。

「あ、待ってよ」

 ヒイロを追って、友大も筐体に向かう。



 ■ ■ ■



「――対戦がヴァーチャルバトル、ミッションなら1人でもできるぜ。初めて戦う神姫は、まずはこのミッションの神姫と戦って腕試しするもんだ」

 犬型MMSハウリンのハーティアが、初めてバトルを行う友大少年とヒイロのサポートに付く。
 店長はレジ対応、セラフィルフィスは接客中だ。

「ヒイロ、だったよな。神姫参戦リフト、その丸いところに乗ってくれ。バトルが始まる際に下がって筐体の中に入るけど、びっくりすんなよ」

「おう!」

 ヒイロが元気良く答える。

「マスターはそのヘッドギアを付けてくれ。このキーボードと視線で色々な操作ができる。最初は初心者用の分かり易いのがいいぜ。これで視点変更、このボタンでパラメーター確認、そして――」

「は、はい」

 ハーティアは口調こそぶっきらぼう気味な所があるが、説明は丁寧だ。
 初心者マスターとその神姫に教え、筐体の使い方をレクチャーしていく。

「――よし。実際やってみな」

「は、はい!」

 促され、友大は教えられた通りに筐体を操作していく。
 ミッションで神姫との対戦を選択、教えられた軽装備のアーンヴァルを対戦相手に選択する。
 確認が出るのでYESを選択する。

「おお!」

 ヒイロが立っている床が沈む。

「筐体の中に入って、スキャンされてデータ化されるぜ。
 データ化した武装パーツを記録媒体に入れているなら、それを筐体に接続して使えるが、今のお前らには関係ない」

 ヒイロが完全に筐体の中に入ると、神姫参戦リフトが降りて穴があいた箇所が隔壁で閉まる。
 中では筐体に備えられたスキャナーがヒイロ本体と武装パーツの形状と構造、データーチップに刻まれた情報を読み込む。

「まあ、お前らの初バトルだ。肩ひじ張らず、相手をぶちのめすことだけ考えろ!」

 ハーティアなりに、初めてのバトルに挑む初心者マスターとその神姫を応援する。



 ■ ■ ■



――各データの読み込み終了
  レギュレーションチェック……オールクリアー
  フィールド:コロシアム
  モード:MISSION
  MISSION No.01……スタート――


『始まった!?』

 ヘッドギアを付けた友大の目に白いタイルで覆われた大地と、誰もいない観客席、白い壁に覆われた壁が映る。
 無味乾燥な光景だが、まるで実在しているかのような臨場感を少年に与える。
 ここは神姫用のバトルのために、コンピューター上に形成された空間だ。
 しばし、その光景に目を奪われる。
 一瞬後に、対戦相手である軽装備のアーンヴァルとスキャナーで情報を読み込まれたヒイロのデータがデジタルの体を与えられ、仮想の世界に現れる。

「マスター! どうするのか命令してくれよ!」

 開始早々に、ヒイロがマスターに指示を求める。
 自分の神姫の求めに少年は我に返る。

『こ、攻撃!』

「よっしゃあ!」

 マスターの攻撃に嬉々としてヒイロが駆け出す。

「!」

 相手のアーンヴァルが牽制にハンドガンを撃つが、レイディアントアーマーの装甲の前では当たっても大した痛手にならない。
 一気に距離を詰めて剣の間合いに入り込む。
 相手が慌ててライトセイバーを構えるが遅い。

「ぅ、おりゃあ!」

 気合を入れて、ヒイロがレーヴァテインを横殴りにアーンヴァルに叩きつける。
 刀身が相手のアーマーごと胸部にめり込む。
 勢いに押され、アーンヴァルの体が宙に浮く。
 ヒイロはそのままレーヴァテインを振り切ってかっ飛ばす。

「!?」

 アーンヴァルが凄まじい勢いで飛ばされる。
 2転3転と転げた挙句、コロシアムの壁に叩きつけられる。

『や、やった!?』

「まだだ!」

 ヒイロが即座に駆けて、相手のもとまで向かう。

「……!」

 アーンヴァルがよろめきながらもヒイロの接近に気づき、何とか構えるとハンドガンを撃ち込む。

「しゃらくさい!」

 ヒイロは無数の弾丸を前に躊躇なく飛び込み、踏み込んで袈裟斬りにする。

「――!?」

 アーンヴァルは後ろの数歩下がり、壁にもたれ崩れ落ちるように白い床の上に倒れこむ。
 普通の神姫なら、戦意喪失して自身かそのマスターがサレンダーするほどのダメージだったが、設定上はLIFEはわずかに残っている。
 NPCとして設定された神姫は手に持ったハンドガンを何とかヒイロに向けようとする。

「これでトドメだ!」

 アーンヴァルが再びハンドガンを撃つよりも早く、ヒイロはレーヴァテインをさらに叩きつける。
 それが決定的な一撃となり、相手は動きを止める。


――WINNER HIIRO



 ■ ■ ■



「楽勝! どーだ、すごいだろ!」

 バトルを終えて意識が体に戻ったヒイロが、筐体から出てくる。
 開口一番に胸を張って自慢する。

「……」

「……マスター?」

 黙ったままの自身のマスターに、ヒイロは怪訝な様子で呼びかける。

「――あ。すごい! すごいじゃないかヒイロ!」

「! そーだすごいだろ! もっとほめろー」

 我に返ったマスターが、初の勝利に興奮する。
 自身の神姫を褒めちぎる。

「NPC相手とは言え、始めてのバトルで圧勝か。大したもんだ」

 観戦していたハーティアも、初めての勝利に喜ぶ主従を自身なりに祝福する。

(……なんつー正面突破、力押し。全く防御や回避しようって素振りがなかった。
 しっかし、実質2発で勝負がほぼ決まっていたようなもんだったな。攻撃力は、本当に大したもんだ。エウクランテに偽装したムルメティアに思えてくるな――)

 初心者マスターとその神姫の勝利の喜びに水をささないために、その場では余計なことは言わないが、後で店長に報告しようとハーティアは考える。


――ヒイロの武装データが更新されました。

ウェポン:レーヴァテイン(試用)
ヘッド :なし
ボディ :レイディアント・アーマー 黒(試用)
アーム :レイディアント・リストガード 黒(試用)
スカート:なし
レッグ :レイディアント・フットアーマー 黒(試用)
リア  :レイディアント・リアプレート 黒(試用)
シールド:なし 
アクセ :なし






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー