メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…………」


 その日の事は実はあんまり思い出したくない。
 けど、忘れる事は出来ない。
 思い出したくも無い、忘れられない日。



 夢絃と約束した日……つまりなぜかアタシが神姫を譲り受けてしまった日の次の日、アタシは柄にも無く凄く緊張して、そして待ち合わせの場所で待ち人を待っていた。
 一応デートと呼べる物なのだろうか?
 実際夢絃にそんな気があろうが無かろうが、アタシとしてはそれ以外の何物でもなく、そして好きになった人とのデートである訳だから嬉しくも緊張していて気温は高いけどそのせいではなくて顔は真っ赤で熱い訳だけど心臓は激しく鼓動を繰り返しそして昨日はよく眠れなかった。
 うぅ……思考もなんだか暴走気味。
 静かに深く呼吸を繰り返す。
 そしてウィンドウに写る自分の姿を確認した。
 淡い色合いのキャミソールにジーンズのショートパンツ。暑さ対策でもないんだけど、大き目のキャスケット。足元には編み上げストラップのウェッジサンダル。かばんは小さめのボストンバッグ。
 似合ってる……よね?
 元々多くの服を持ってこの町に来ていないアタシは、昨日夢絃と別れてから急いで服を買いに走った。
 曽祖父の家に持ってきている服から選んでも良かったんだけど、やっぱりこんな時くらいは新調したい。
 でも、そんな風にフワフワしてるアタシも、少し恥ずかしい気がする。
 はっきりと浮かれている事を自覚すると、なんだか自分が酷くマヌケに見えてくる。
「なに変な顔してんだよー?」
「ふわひゃあ!」
 真後ろ至近距離から突然声をかけられた。
「……斬新な挨拶だな」
「い……いきなり後ろから声かけられれば、普通驚くモンなの!」
「えー。だってウィンドウ見てたから、ガラス越しにあたしたち確認出来てると思ってたんだぜー」
「確認してたら声かけられる前に振り向いてるでしょ!」
「……相変わらず賑やかだな、お前は」
 少し呆れたように、息を吐きつつ夢絃は言う。
 ううぅ……かっこ悪いよう。
「そ……そんな事より! さっさと神姫センターとかに案内してよ!」
「まぁまぁ。それより先に喫茶店でも入らないか? 暑くてかなわん」
 と言うなり夢絃はアタシの了解も得ずに歩き出す。
 ……まぁ、暑いと言う点においては反論の余地も無い訳で。
 それにただ用件だけを済まして終わりなんてイヤなのも確かだし。
 だからアタシは、一応非難めいた事を言い訳のように一言口にしてから、夢絃と並んで歩く事を選択した。



「何コレー!! これすっげ可愛い☆☆☆」
「へへへー」
 刹奈が身に付けたその服は、もうそのまま抱えて持って帰りたくなるくらい似合っていて、もうアタシはメロメロだったりする。
 刹奈も満更じゃなさそうで、くるりとまわってポーズをつけたりしている。
 その仕草がまた、破壊的に可愛い!
「もうコレ買うしかないって♪ こんなに可愛いのに買わないなんて罪!」
「えええぇぇぇ? ……あぁー……うーん」
 アタシの勢いに押されて、夢絃は真剣に悩み始める。
 あの後アタシ達は神姫センターには行かず、こんな風にショッピングし、ランチを食べ、町を歩き、そしてまたショップで時間を楽しんでいた。
 二人きりではないけど、刹奈も一緒だけど、コレってやっぱデートだよね!?
 ……昨日、いきなりキスなんかされたけど、期待してもいいんだよね?
 そう思うと本当に楽しくって、今までずーっと笑顔だった気がする。
 だから、あっという間に時が過ぎた。
「よし! 昨日朔良にプレゼントしたしな。今日は刹奈にプレゼントしてやろう」
「うおっ! 本当に!? やったー」
 刹奈は本当に嬉しそうに笑みを浮かべ、そして踊りだす。
「っと、そろそろ本当に神姫センターに行かないと。時間が無くなる」
 夢絃は腕時計で時間を確認すると、今刹奈が試着しているのと同じ製品を一つとった。
「ちょっと待っててくれ。後刹奈はその試着品を脱いでおけよ」
「うん。待ってるよ」
「おう! さっさと片付けとくぜー」
 アタシ達の返事を聞いて、夢絃はレジに向かう。
 アタシと刹奈の二人だけがその場に残った。
「あ……あの、さ。こんな事、刹奈に聞くのも自分でもどうかって思うんだけど」
「ん? なにー?」
 刹奈は器用に服を脱ぎながら答える。
「アタシ、期待していいのかな?」
 つまり、夢絃もアタシの事好きでいてくれてるのか? と。
 アタシは知っていてこんな質問を神姫である刹奈にした。
 神姫とオーナーの関係がどれだけ特別なのか、親友とその神姫の関係を知っているのに刹奈に質問した。
 何て浅はかな自分。
 それを少しだけ悔いながら、でもやっぱり聞いておきたかった。
「んー……そうだなぁ…… 少なくとも、アイツは朔良が好きなんだと、思うけど。でも、朔良が言う『期待』に応えるかどうかまでは、あたしには答えられないよ」
 いつに無く真面目な、真剣な口調で、確かめるように刹奈は言う。
 そこに少しばかりの悲哀を感じ、そしてその意味を本当に理解するのには後少しだけ時間が必要で。
 そのときのアタシは神姫特有の寂しさを感じているのだと、そう思い込んでしまっていた。
「……なんか、ゴメン」
「何だよー? 朔良が謝る事なんて、何も無いじゃんかー」
「でも」
「あー……うん。多分朔良が気にしてる事もわかんだけど、でもそれって誤解で――」
「よ。お待たせー」
 刹奈の言葉は夢絃が帰ってきた事で途切れてしまい、その続きを問う事は出来ず仕舞いで。
 結局疑問符だけが頭の中に残ったまま、アタシは二人と共に店を出る。
「おぉ。空が暮れかかってきた。本当にもう行かないと」
 そう言って一歩、夢絃が足を踏み出す。
 それに合わせて刹奈は夢絃の肩に飛び移る。
 更に夢絃は足を一歩踏み出す。
 それに伴って、アタシが店舗から一歩外に出る。
 アタシの方を見て、何かを話そうと口を開く夢絃がまた一歩通りに出る。
 同じようにアタシも通りに向かい歩を進める。
 だから、その通りを走る人が居る事に三人とも気付けない。
 その走っていた人から見れば、アタシ達はいきなり歩道に現れたワケで。
 慣性の法則に逆らう事はできず歩道を見ていなかった夢絃とぶつかった。
 その衝撃は当たり前に運動量と比例し、半ば吹っ飛ばされるように夢絃はよろける。
 当然衝撃は刹奈にも伝わり、刹奈は夢絃の肩の上から本当に飛ばされた。
 飛ばされた刹奈は体の制御も出来ない。
 そして刹奈の落下地点は車道で。
 そしてここは駅のロータリーの入り口で。
 夕刻のこの時間の交通量は増えていて。
 思わずアタシは刹奈を拾い上げるために車道へ飛び出していた。
 車道の刹奈を拾い上げたのと同じに、アタシの耳朶を打つクラクション。
 迫る車体。
 衝撃――
 ――――――――
 ――――――――――――――――
 だけどその衝撃は車との衝突によるものではなく――
 背中から誰かに強く押し飛ばされた衝撃だった。
 次の瞬間、アタシの背後でタイヤが鳴り、次いで嫌な衝撃音が聞こえる。
 ゴムが焦げる様なイヤな匂いが鼻腔を刺激する。
 瞬間的にアタシは振り返った。
「――――――――――――――――――――――――――――――――!!!」
 その時アタシは何を言ったのか?
 それともただ叫んだだけなのか?
 もう何も覚えていない。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー