メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…………負けた」
「やっぱ強いね、ムラクモちゃんは。ここで注目されてるだけのことはあるかも」


それから一時間と経たず、俺と柚子っち、ひいてはムラクモさんとルリさんのタイマンバトルが始まって終わった。
ルリさんは基本装備に+αしただけのもの。要はムラクモさんと同じような構成なわけだけど。
どっちかというと近接戦闘をベースにしてあるタイプだけど、ルリさんはゼルノグラードのガトリングガンなんかで遠~中距離のレンジを強化してあるみたいだ。
あとさりげなーくおいてくるシュラム・グレネードが怖かった。

トライクで急接近してのエアロチャクラムもなかなか恐ろしかったけど、ムラクモさん、意外と冷静に立ち回っていたなぁ。
近接はさっちゃんのおかげでいつのまにかだいぶ上達したらしい。

「しかし……バトルしてないとはいいつつも、タイミングとか距離感とか、随分実戦慣れしてないか?」
「私もそんな感じがしたよ。ものすごく冷静に攻めてこられた感覚があった」
俺たちのその言に柚子っちとルリさんはというと。

「ま……まぐれだよ、まぐれ……勝負は時の運、とも言うし……」
「…………今日が稀……」

ホントかなぁ。すごい手練な感じがしたんだけど……気のせいかなぁ。
ムラクモさんも、何か府に落ちない顔をしたまま。




「……なんか随分仲よさそうじゃぁないか、晃」
「うほぁわちゃ!?」

不意打ち気味に飛んできた言葉に、恥ずかしくもビビッてしまった。
最近よく聞くこの声はっ。

「ああああああさささ、さっちゃんきてたかッ」
「しばらくこっち通うって、前に言ってあっただろ?その歳でボケるな」
「そーだった!そーだったねっ」
振り返れば、黒と赤と銀ドクロで構成されたパンキッシュなさっちゃんがいらっしゃいました。
なんか不機嫌そうな感じで笑ってるのがこわいよ!
「そっちのは誰?キミの彼女?」
ポシェットから上半身を出しているフランちゃんがなんかすごいこといってる。
「彼女?やることだけはしっかりやってるのか、お前でも」
さっちゃんもまた、その不機嫌そうな笑みを柚子っちに向けた。
「いやいやいやいや、彼女だなんて、そんなスゴイもんじゃないって、な?柚子……」
さらに反対に振り返り、柚子っちの方を見ると―――。
「……あなた、あなたが、まさかここで……っ」
「……お前、1年前の……あのでかいヤツ」
空気が、まるで変わっていた。
緩みきった毛糸のような状態から、ギリギリまでピンと張られたピアノ線のような。
柚子っちの眼はまっすぐ、さっちゃんのほうを見据えている。
憎悪の視線。まるで刃物のように鋭い。

―――なにが、どうなってんだ?

「……なに、そんな眼で見ちゃってさ」
「ッ……覚えて、ないなんて、言わせないッ!」
つまらなそうに、さっちゃんは柚子っちを見上げる。
柚子っちは、その視線のナイフを振りかざして、言葉と共に叩きつける。
「ルリにあんな、あんな酷いことしておいて、覚えてないなんて言わせないッ!
「ひ、ひどいことって、さっちゃん?」
そんな柚子っちに対し、さっちゃはひどく冷めた笑みを浮かべた。
「ああ……なんだ、フランに負けたうちの一人か」
「一年前くらいの……あ、あのイーダか」
合点がいった、という黒い色の二人。
「負けたアンタが悪いのさ、運が悪かったとでも思っとけばいい」
「ふざけるなッ!ルリを散々嬲っておいて、運とか負けたほうが悪いとか、そんな言葉で!」
「あの時、もう少し強かったらぼくもあそこまでいじめなかったんだけどねぇ?」
「……ッ……お前ッ」
挑発的な言葉で返すさっちゃんとフランちゃん。それに、さらに怒りを燃やす柚子っちとルリさん。
「ちょ、ちょ、二人というか四人とも落ち着け!?何がなんなんだ!?」
「なんかちょっと、尋常じゃないよマスター……」
戸惑うしかない俺とムラクモさん。どうしろってんだ!?

「……相沢くん、この人と知り合いみたいだけど、どうして」
視線同様、冷たいニュアンスで柚子っちが俺に問いかけてくる。
―――こ、こんな恐い柚子っち、見たことねぇぞ。
「……相沢、くん……?」
い、いやいや知り合いっつーかなんといいいますか幼馴染というか俺の初恋っつーか!
恐いよ!やばい恐いよ!

「そのバカは関係ないだろ?アンタが用あるのは私じゃないのか」
「矛先が違うよ、向ける先はぼくらの方なのに」

「そう、だね……でも、後で話、聞かせてもらうから」
むしろ俺のほうがいまいち見えてないんだけど!?



「―――さて、どうするの?文句だの悪態だけで終わり?」
「リターンマッチなら、いくらで受け付けるけどね、『強く』なってれば、だけど」
冷たい笑みを張り付かせたまま、二人は挑発を続ける。
「……舐めないで、私のルリは強くなったんだ」
「…………許さない、お前は許さない……」
対照的に、憎悪を突き刺し続けるこちらの二人。
「リアルバトルで、叩き潰してやる!」
リアル!?
「へぇ?自分が負けるって考えてない?運が悪いと今度こそ、本当に壊れるよ?」
そう、いくら安全になったと謳っても、リアルバトルはまだある程度の危険姓が残っている。
神姫が損傷してしまうこともあり、それによってCSCに異常が出て、修理からオールリセット、なんてことも極稀にある。
だから、俺を含め大多数の人間は、基本的にバーチャルでのバトルを好む。
修理費とか弾代とか、センター側の負担とか、そういうこともあるけど。

だというのに、わざわざリアルを挑むほどなんだ。
そこまで柚子っちの怒りが深いってのが、わかる。

「リアルで味あわせてやるんだ、私とルリの味わった苦しみを!」
「そのために…………強く、なった……っ」



「はっは!じゃあ見せてもらおうじゃんか!どれだけ強くなったのか、さ!」
「フランが退屈しない程度にはなってると、いいけどね?」


な、なんでこんなことに……なっちまったんだ……。






トップへ      ねくすと




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー