メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイドルは神姫を救う? 前編


 あの試合から1ヶ月がたった。恒一はいずると話すことが少なくなり、毎日のように研究所に通っていた。
 (恒一、シュートレイがやられたダメージが大きいのが相当ショックだったんだろう…)
 いずるは彼の姿を見て心配になっていた。
 あの試合の後、シュートレイは集中治療室に運ばれた。一命を取り留めたものの、彼女の精神的ダメージは思ったよりも深刻だった。あれ以来、虚ろな状態で何も反応を見せなくなってしまったのだ。おそらく自分が破壊されるイメージが脳裏に焼きついて、トラウマになっているのだろう。日常生活もままならない状態なので、、シュートレイは今もリハビリを続けている。
 今日も恒一は小百合の下へ足を運んでいるのだろう。いずるはそんな彼のことを気にかけていた。
 「どうしたのいずる、そんなに深刻な顔して」
 家に帰ってきたいずるを、ホーリーが出迎えた。彼女もそのことが心配でしょうがないのだ。
 「恒一の事だよ、あの事件から急に元気がなくなってね」
 「ああ、恒一のことか。それで恒一は今どうしてるの?」
 ホーリーの質問に、いずるは少し落ち着いて答えた。
 「小百合さんの研究所に通ってシュートレイの看病さ。どうやら回復が遅れてるみたいなんだ」
 「シュートレイはもう傷は治ってるんだよね?それなのに、どうして恒一のもとに帰らないの?」
 「それは、彼女の心が病んでるからなんだ…」
 重々しい言葉を放ついずるを見て、ホーリーは少し寂しそうな顔になった。
 「病んでるって、そんなに重病なの?だったらホーリーたちもシュートレイを元気付けてあげないと」
 「そうだな、だったらあとでお見舞いにでも行こうか」
 そのとき、玄関のチャイムが鳴った。
 『すいません、宅急便です』
 どうやら宅急便の人が荷物を届けに来たみたいだ。いずるは玄関に行って荷物をとりに行った。

 荷物の送り主はいずるの実家からだった。その中身は米やラーメンなどの食料品や、衣類などの日用品だった。
 「母さんの奴、こんなもの送ってくるなんて」
 箱の中を一通り出し終わったいずるは、包装に包まれた箱があることに気付いた。
 「あれ、こんなものが…」
 どう見ても怪しい包装箱を、いずるは恐る恐る開けてみた。
 「…これって、神姫か…?」
 包装を取り除いた箱に書いてあるのは、『武装神姫』の文字があった。どうやら親は神姫も一緒に送ってきたようだ。
 「どうしてうちの親が神姫のことを知ってるんだろう?」
 いずるはその中身を開けてみることにした。その中身はアイドルタイプの神姫とその付属パーツ、起動ディスクとクレイドル、そして手紙が入っていた。
 「ええと…何々…」
 いずるは手紙を読んでみることにした。
 『いずるへ、お前も一人では寂しいだろうから、最近はやっている友達ロボットを送る事にした。最初コレを見たときはビックリしたよ。何せ胴体がない生首状態だったんだから。慌てて胴体を買ってきて繋げたよ。でもまだ起動してないから安心して。あと起動に必要なものは出来る限り用意したつもりだから。このロボットがお前の生活に潤いを与えてくれる事を祈ってるからね。あと、年に一回でもいいからうちに帰ってきなさいよ。  母より』
 「…」
 いずるは暫くの間言葉が出なかった。その後我に帰ると、改めて母が送ってきた神姫を手に取った。
 「相変わらず変わってるよなあ、母さんは。よく父さんが止めなかったもんだ」
 さっそくいずるはパソコンに神姫を繋ぎ、起動ディスクを入れた。
 「起動の仕方は小百合さんから教わってるから大丈夫だ」
 いずるはもしものときに再起動できるように小百合から起動のノウハウを教えてもらっていた。そのため、初めての起動でもある程度のことは知っているのだ。
 「よし、これで準備OKと…。さっそく起動させるぞ」
 起動ボタンをクリックするいずる。すると神姫の目が少しずつ開いていった。
 「…起動確認しました。始めまして、あなたがわたしのオーナーですね」
 起動成功。続いていずるはオーナー認識のための手続きを始めた。
 「そう、私は都村いずる。君のオーナーだ」
 神姫はにこっと笑い、いずるのことをオーナーと認識した。
 「それでは、わたしに名前を付けてください。あなたのお気に入りの名前を付けてくださいね」
 いずるは悩んだ。名前を決めていなかったのだ。
 「そうだな…、どうしようか…」
 ホーリーの時は思いつきでつけたのでそんなに悩む事はなかったのだが、今回は状況が違う。いずるは悩みながら名前を考えた。
 「…よし、きみの名前はミルキーだ」
 いずるは彼女の名前を「ミルキー」と名づけた。かわいらしいと思ったからだ。
 「ミルキーですね。登録しました。始めまして、わたしの名前はミルキーです。よろしくおねがいしますね」
 やっと登録が終わった。これで彼女もいずるのパートナーになったのだ。
 「ねえいずる~、もう入っていい?」
 隣の部屋からホーリーの声が聞こえてくる。もう痺れを切らしているのだ。
 「もういいよ。いま登録が終わったところだ」
 登録終了を聞いたホーリーは喜んで部屋に入ってきた。
 「ホーリーにも妹ができたんだね!やった~!!」
 大はしゃぎするホーリー。それを見ていたいずるはホーリーに注意した。
 「お前はこれからお姉さんになるんだから、見本になるようなことをしないとダメじゃないか。ほら、ミルキーが笑ってるぞ」
 いずるが指差した先には、くすくすと笑うミルキーの姿があった。
 「あ、ごめんね。つい嬉しくなっちゃって、こんなことしちゃった」
 「いいえ、こんなに喜んでくれて、わたしも嬉しいです。これからもよろしくお願いします、ホーリーお姉さん」
 ぺこりとお辞儀をするミルキー。意外と礼儀正しいのかもしれない。
 「オーナーさんもよろしくお願いしますね」
 「いずるでいいよ、ミルキー」
 「では、改めてお願いします、いずるさん」
 ミルキーはにっこりと微笑んだ。

 それからというもの、いずるはミルキーの育成に全力を注ぎ込んだ。ホーリーも一緒にミルキーのお姉さんになるように努めた。
 「ええと、これはヒーリングの効果があるんですね」
 「ああ、これは回復効果がある能力だな。これで相手の神姫の精神的ダメージを回復できる、と説明に書いてあるな」
 「あと、こちらの本のページにはアロマテラピーと書いてありますが、これはどのような効果があるのですか?」
 ミルキーは順調に見たもの、聞いたものを吸収し、自分の知識や経験にプラスしていく。そのスピードはいずるも驚くほどだった。
 「すごいね、ミルキーは。どんな知識も自分の物にしちゃうんだもん。ホーリーもそんな能力があったらいいのに」
 うらやましがるホーリー。しかしミルキーはそんな彼女に励ましの言葉を送る。
 「ホーリーお姉さんもいいところがあるじゃないですか。わたしにはできないことがいっぱいありますし」
 「でも起動してそんなに経ってないのに、こんなに覚えちゃうんだからすごいよね。このまま行けばアイドルじゃなくてナースになったりして」
 三人がお世辞を言い合っているとき、玄関のチャイムが鳴り響いた。
 「お客さまですね」
 「そうだな、ちょっと見てくるからここで待ってるんだぞ」 
 いずるは玄関に来て客を迎え入れた。
 「やあいずる、久しぶりだな」
 客は恒一だった。心なしか少し元気がないように見える。
 「恒一、お前大丈夫か?」
 「ああ、今のところはな…。今日は少しばかり気分転換したいと思ってね」
 いずるは恒一を部屋へ招きいれた。中に入った恒一は見覚えのない神姫=ミルキーに注目した。
 「お前、新しい神姫を購入したのか?」
 「まあね、話せば長くなるけど…」
 いずるはミルキーを手に乗せて、恒一に見せた。
 「始めまして恒一さん、わたしはミルキーといいます」
 「は、始めまして…俺は木野恒一。よろしく」
 なぜか照れる恒一。彼女のかわいらしさにドキドキしているのかも知れない。
 「ところで恒一、シュートレイの様子はどうなんだ?」
 いずるがシュートレイのことを話題に持ち込むと、恒一の表情が曇った。
 「それが…」
 どうやらシュートレイは前と変わらない様子らしい。
 「そうだ、まだ時間があるからシュートレイのお見舞いに行ってみようか?」
 いずるの提案にホーリーとミルキーは賛成した。
 「いこう、シュートレイのことが心配だし」
 「わたしもシュートレイさんに一目会ってみたいです」
 「よし、決まりだな。みんなでシュートレイのお見舞いに行こう」
 元気のない恒一を尻目に、いずる達は神姫研究所へ行く事にしたのだった。

 電車に揺られて数十分、いずるたちは町外れにある神姫研究所にやってきた。この隣には、神姫たちのメンテナンスや療養をする『病院』が隣接している。シュートレイは神姫研究所付属の病院に入院しているのだ。
 「知らなかったな~、ここの隣に病院があるなんて」
 「私もここの隣に新規の病院があるなんて、つい最近まで知らなかったんだ。何せ、規模が小さいからね」
 さっそく中に入ろうとする一行だが、入り口で誰かに呼び止められた。
 「あら、いずる君に恒一君。みんなでシュートレイのお見舞い?」
 声の主は小百合だった。彼女も病院に出入りしていたのだ。
 「小百合さん、こんにちは。これからシュートレイの様子を見に行こうと思って」
 「そう、でも酷なことをいうけど、彼女の回復はかなり遅れてるから、暫くはこのままの状態が続くと思うわ」
 少し残念そうに現状を語る小百合。その直後、いずるの肩に座っているミルキーに目がいった。
 「あら、この神姫、ニューフェイスね。新しく購入したの?」
 「始めまして小百合さん、わたし、ミルキーと申します」
 すかさず挨拶するミルキー。それを見た小百合は感心した。
 「あらあら、礼儀正しいのね。ところでこの神姫、どうしたの?あなたはあまり神姫のことが好きじゃなかったはずだけど」
 「話せば長くなりますが…」
 いずるはミルキーがどのように自分のマスターになったのかを説明した。
 「あははははっ、そう、そんなことがあったの。さすがいずる君のお母さんだわ。自分の息子に神姫を送るなんて」
 「しょうがないですよ、送り返したら何か言われそうですし。それに、もう一人増えても家族が増えるだけですから」
 いずるの意外な言葉に、小百合は思わずふふんと鼻笑いした。
 「いずる君、最初会ったときとは印象がまるで違うわ。これもホーリー効果、ってことかしら」
 ちょっと意地悪げに言う小百合。
 「そ、そうですか…」
 「そう、それにしてもこのミルキーちゃん、結構賢そうね。やっぱりオーナーに似てるのかしらね」
 ミルキーをまじまじと見つめる小百合。
 「それで、この子の成長ぶりはどうかしら?上手くいってる?」
 「はい、いつも借りてきた医療関係の本などを一生懸命読んでます」
 ミルキーの急激な成長振りを説明するいずる。そのとき、急になにかがひらめいた感じになった小百合は、いきなりいずるに話しかけた。
 「そうだ、シュートレイに会う前にちょっと研究所に寄ってほしいの」
 「研究所って、どうしてですか?」
 「いいから、ちょっと説明することがあるのよ」
 小百合はいずる達を無理やり研究所に引き込んだ。
 「で、何をするつもりですか?」
 「さっきミルキーが医療関連の本を読んでたと言ってたわね。もしかしたら彼女に精神医療の知識があるんじゃないかしら」
 「でも、読み始めてからまだそんなに時間が経ってませんし、もしあったとしても、治療なんてできるかどうか…」
 「まあ、これを見てからでも決めるのは遅くないわ」
 小百合は引き出しの奥から小さい箱を取り出した。
 「これは…、何ですか?」
 「これは精神医療用の『ヒーリングバトン』といってね、神姫や他のロボットの精神を安定させる、いわば『精神安定器具』といったものね」
 これを見た恒一はすぐさまバトンの側に近づいた。
 「どうしてこれがあるのを黙ってたんだよ?」
 「これは普通の神姫では扱えないの。使い方がシビアだから、ある程度医療関係の知識がないと使えないのよ」
 ミルキーはバトンが入った箱の近くに近づき、バトンをじっと見つめた。
 「いいんですか、わたしがいただいても?」
 「それを持つかどうかはあなた次第よ。もしバトンを持つつもりなら、あなたの能力を借してほしいの」
 小百合はバトンを取り出した。
 「…どういうことなんですか?」
 ミルキーの質問に、小百合はこう答えた。
 「いずる君から聞いた話だと、あなたはある程度だけど医療関係の知識を身につけてるようね。それに加えてあなたの能力は回復系、つまり癒しの力があるから、相性は抜群なのよ。だからお願い、シュートレイを助けてあげて」
 ミルキーは暫く考えてから、答えを出した。
 「分かりました、わたしにしかできないことならばやって見ます」
 「それじゃあ、これを使えばシュートレイはもとに戻るんだな?」
 再び割ってはいる恒一。しかし小百合は少し心配そうに答えた。
 「恒一君、たとえ元に戻らないとしても、後悔しないことを約束できる?この作業はとてもシビアで、たとえ直ったとしても、完全に戻る確率は5割にも満たないわ。最悪の場合、リセットしなければいけないかもしれない。それでも彼女を救う気持ちはある?」
 小百合の質問に、恒一は静かに、しっかりと答えを出した。
 「ああ、よろしく頼むよ」


つづく







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー