メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

隣は何をする姫ぞ──あるいは晩秋




秋である。景色がセピア色からモノトーンへと遷移し、人々や神姫の
“心”にも変化をもたらす時期である……そして、『何とかの秋』と
散々使われるフレーズが示す通りに、その変化は様々なアクションを
行わせる不思議な力を持っている。何故、わざわざ秋なのだろうか?
MMS部品を買いこんだ客を見送りつつ、私・槇野晶はそう考える。

「はむはむ……やっぱり焼きたてが一番おいしいですの~♪あむあむ」
「こらこらロッテ、食べすぎると……ガスは出ぬが、腹に溜まるぞ?」
「今なら大丈夫ですの!食事機能のエネルギー変換効率がいいですの」
「……そう言う物なのか?さしずめロッテは“食欲の秋”という所か」

そう。人と若干異なるとは言え、“心”を備える神姫も例外ではない。
流石に普通の神姫であれば有り得ぬが、ロッテが発現させたのはまさに
人で言う“食欲の秋”であった。私がおやつに買ってきた石焼き芋を、
彼女はかれこれ一個半は平らげていた……何?ってちょっと待てっ!?

「ロッテ!私や皆の分はどうしたのだ、四個しか買っていない筈だぞ」
「あ゛っ!ご、ごめんなさいですの~!?甘くて美味しいからついっ」
「はぁ……仕方ない、今食べかけのを私と半分だ。いいなロッテよ?」
「は、はいですの~……でもマイスターとコレで間接……きゃ~っ♪」
「ぶぐっ!?ぐ、ごふぅっ!!な、なんて事を言うかこの娘はッ!?」

ロッテから半分取り上げた芋を口に運んだ所で、思いっきり噴き出す。
た、確かにこれは間接キスだがな……いきなりそんな事を言われると、
此方も一気に来て、堪らなくなってしまう……何だ、何か文句あるか?
変に意識すると意識が乱れる、ただそれだけだ。それ以外にはないッ!

「全く……そう言えば、アルマとクララは何処で何をしているのだ」
「あ、アルマお姉ちゃんはブースにいますの♪お芋、運びますのっ」
「有無。では、肩に乗って持っていてくれ……っと、アルマや~?」
「ふっ、せあっ!まだまだ、もっと打ち込んでくださいモリアン!」
『No problem(では続けます、回避行動を選択してください)』

という訳で私は芋の入った紙をロッテに持たせ、アルマの元へ向かった。
戦闘訓練用のウレタン式ブースでは、両手に“ヨルムンガルド”を持った
アルマと、同じく両手に“デストロイ・マチェット”を携えたモリアンが
真剣での組み手をやっている所だった。これは……少々過激ではある物の
“スポーツの秋”と言えなくもないか?とりあえず、声を掛けてみるか。

「アルマ、これアルマや。随分と精が出る様だが、休憩も必要だぞ?」
「え?あ、マイスター!そうですね、三十分は打ち込んでました……」
『Negative(バッテリー残量に不安があります)』
「そう、ですか?じゃあ、モリアンは充電して下さい。ありがとうっ」
『No problem(マスターのお役に立てたのならば)』
「我が“妹”ながら感心だな。重量級ランクのバトルが近いとは言え」
「えっと……なんだか気分が高揚して、躯を動かしたくなったんです」

充電用のポッドに戻るモリアンを見送って、アルマのボディチェックを
眼鏡の機能で行う。傷は殆ど無く、機能不全も無し…実に健康的だな。
清々しい彼女の顔は、幸せそうに食べていたロッテの顔とは別の意味で
眩しかった。神姫でも関節用モーターの不全等、“躯の鈍り”はある。
それを予防する意味でも、適度な運動は実に良いのだ……可愛い奴め!

「動いたら栄養補給だ。まずはコレを食べて、それから充電だな?」
「わあ……温かそうなお芋、ですね。じゃあ、遠慮無く頂きますっ」
「有無、さて。茶を用意せねばならん……クララも呼ぶか。クララ」
「……返事がないですの。さっきテーブルで読書してたんですけど」

アルマを肩に乗せ、ロッテから芋を受け取って渡す……その間も、私は
クララの名を呼ぶが、反応がないな。ロッテの言っていた大テーブルへ
向かってみない事には見つかりそうもない。三人で、彼女の元に赴く。
テーブルの上には……見事に突っ伏して寝ているクララの姿があった。

「……すぅ、すぅ……むにゃ、マイスター。そんな所触ったらダメだよ」
「この娘は……どんな夢を見ているのだ?というか、“寝言”なのか?」
「えっと、休眠時はデータ整理をしてる事もありますし……多分きっと」
「人間でも眠りで整理をする、って前にマイスターが言ってましたの♪」

ロッテの言う通りなのだが……彼女の寝言は、ちょっとドキドキする。
私の何を整理して何を夢見ているのか、期待と不安が一瞬よぎるのだ。
だが、このまま寝かせておく訳にも行かない。何故か?彼女の下にある
人間サイズの本が、クララの寝返りでクシャクシャになりそうなのだ。
これを見る限り彼女の場合、“読書の秋”という事らしかったが……。

「クララ、クララ!起きてくれんと、本が皺だらけになってしまうぞ」
「ん……?むにゃ、マイスター……?あれ、止めちゃったのかな……」
「止めた?……止めたって、一体何をだ。“夢”の話か、クララよ?」

とりあえず本から降りたクララにも芋を差し出して、私は茶を準備する。
だがその背に、思いも掛けない言葉が浴びせかけられたのだ……うぅッ!
本当に、本当に……可愛い奴らめ!後で、色々とお返ししてやらぬとな。

「うん。ボクを一杯抱きしめて撫でた上で、頬にキスまでしたんだよ」
「な゛ッ!!?ななななっ、なんて夢を見ているのだ!クララッ!?」
「あー……だってマイスター、最近作業と仕事ばかりでしたからねっ」
「だからマイスターは“恋の秋”を満喫するといいですの、ってね♪」
「茶化すな三人ともッ!でも……そうだな、夕方は適当にぶらつくか」

──────恋する、なんて言葉には……まだならないからね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー