メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 わたし達が戦うステージは木が鬱蒼と生い茂る森と草原の中間みたいなステージでした。
 しかも二人用の筐体が調整中で空いてなかったのでバトルロワイヤル形式という。
「森ですか・・・・森では砂漠迷彩は意味ないですね」
『その前にアンタ素体は真っ黒じゃない』
「そういえばそうでした。でもこの素体、実は白雪シリーズなのですよ?」
『なにそれ。知らないわよそんなの・・・・と、右側に敵よ。ノワールちゃんじゃないみたいだけど』
 ハルナがそういった方向には確かに敵がいました。あれは・・・騎士型サイフォスですか。接近戦は不利ですね。
「それじゃ、遠くからチクチクと地味な攻撃を始めましょうか」



クラブハンド・フォートブラッグ

第二十話

『サラさんの殺伐恋愛講座』








 バトル開始から五分。
 既に残った神姫は三体のみとなっていた。
「早いものですね。開始時は六人いたものですが」
『私達が一人倒したから・・・全員が一人ずつ倒したか、一人が二人倒したかね』
「と言うかそれ以前にノワールはどこにいるのでしょうね。さっきから爆発音とかばっかりでどこにいるのやら・・・・」
 参りましたね。
 初めのサイフォス以外誰の姿も見ないとは。
 森の中はとても静かです。
 まぁ奥のほうから爆発音が聞こえてきてますが。
 ・・・行って見ましょうか・・・・ッ!?
 何かがある。そう感じたわたしは前転した。
 しなかったら一撃で終わっていたでしょう。
「・・・・・・・・・・・・・目標確認」
 目の前には・・・一つの巨大なロボットが・・・・ってまさかこれ。
「ノワールですか・・・・?」
「・・・・・・・・ん」
 ロボット・・・じゃなくてノワールが肯く。
 でもぱっと見ノワールには見えないのですが・・・・あぁそうか。ストラーフのデフォルト武装見るのはこれが初めてでしたっけ。
 てっきりハンドガンとブレードで戦うものかと。
『・・・・と言うかだね。驚いているのは嬉しいのだが・・・銃突きつけられてるのにその反応は無いだろう。降参するならしたまえよ』
「「あ」」




「何と言うかですね。ハルナ、少しぼんやりしすぎじゃないですか?」
「・・・ごめんなさい」
 お姉ちゃんをほっといて、筐体から出てくるいやいなや私はサラに正座させられていた。
 THE・神姫に怒られる女子の図。
「まぁ百歩譲って相手方の武装に驚いていたのはいいでしょう。でも驚きすぎて指示が無いのはいただけません。非常にいただけません」
「・・・うん」
「アナタがそんなのでは砂漠での勝利すら危ういです。一体どうしたのですか」
 ・・・いや、どうしたもこうしたも。
 理由なんて見当もつかないのよ。
「・・・・何か気になっていることがあるなら、相談に乗りますよ? それとも・・・・ハチヤと何かあったのですか?」
「―――――!?」
 八谷の名前が出た途端、私の心臓が跳ねた。
 体が火照って見る見るうちに顔が赤くなるのが判る。
「え、あ、もしかして・・・・・・マジですか?」
 俯いた顔を上げると珍しくサラが慌てていた。
「・・・・うるさいわね。ア、アンタには関係ないじゃない」
「あー・・・・これは参りましたね・・・・その顔見る限り・・・告白されましたか」
「――――――――――!!」
 ぅあーどうしよう。
 めっちゃ顔真っ赤だ。サラの顔見てらんない。
 さっきから床しか見てないもん。
「ふむ・・・しかし疑問がいくつかあります。告白されたなら、その結果があるはずです。ハルナだと・・・・ん・・・多分OKしたのでしょうが」
 その通りよコンチクショー。
 っていうか何で判るのよ。アンタはエスパーか?
「一体何がハルナを不安定にさせているのですか。わたしにはそれが判らないのです。もしよかったら教えていただけませんかね?」
 ・・・・・・。
 ノリが軽いわよ鉄兜。
「・・・笑わない?」
「笑いません笑いません」
「・・・誰にも言わない?」
「言いません言いません」
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」
 どうしよう、すっごい嘘臭い。
 言うんなら早くしないとお姉ちゃん戻ってきちゃうし・・・・。あぁもぅ!!
「・・・・告白されて、OKして」
「おめでとう御座います」
 ・・・・・・。
 間髪いれずに言うかこの子は。
「OKしたけど・・・・どうすればいいのか、私判んなくて・・・・」
 そう、“何をすればいいのか”じゃなくて“どうすればいいのか”が判らない。
 判らなくてわからなくて・・・・最後には自分の気持ちも判らなくなってきちゃって。
 私は本当に八谷が好きなのか、その場の雰囲気で、軽い気持ちであの時肯いてしまったかもしれない。そう思うと・・・・・八谷に合うのが怖くて。怖くて仕方が無くて。
 だから・・・今日は学校に行くのをやめたんだ。
「今八谷にあって、まともでいられるとは思えなくて・・・でもこれじゃ今だってまともじゃないね・・・」
「そうですね」
 ・・・・・・。
 だからさ。
 間髪いれずに言うのやめようよ。
 何か余計に不安になるのよ?
「でもですね。わたしはこう思うのですよ」
「・・・?」
「もしもハルナがハチヤの事を好きでなかったら、そもそも一緒に遊びに行ったりしません。それに告白されてもOKしなかったでしょう? 好きじゃない人と結ばれるくらいなら相手を殺すのがハルナです」
 そういって私を見上げる15cmの彼女。
 その顔があまりに真剣で、真剣だけどどこか私を馬鹿にした物言いで。
「・・・・一言余計よ」
 私は怒るよりも、そう呟いた。
「でも事実でしょう? そしてハルナはハチヤを殺さない。と言う事は答えはひとつしかないのですよ」
 ・・・・この子は。
 なんでこんな喩え方しかできないんだろう。絶対どっか歪んでるわね。
 ・・・・でも
「そうね。・・・・答えなんて、一個しか選べないしね」
 その妙な喩えも、真剣に私を馬鹿にした物言いも、全部私を心配してくれているって言うのが伝わってくる。
 今の私はただそれが嬉しかった。
「・・・・・・・うっし! うじうじすんのはもう止めよ!!」
「・・・それでこそハルナです。さすがツッコミとオチ担当ですね。『三Sが斬る!』も期待できそうです」
「・・・・何言ってんのよアンタ。ほら、お姉ちゃん迎えに行くわよ。もう終わってる頃でしょ」
 そういって私は右手を差し出す。
 サラは笑いながら手のひらに乗ってきた。
「ふふ・・・なんだかんだいってもやっぱりハルナですね。わたしを乗せるときの手が、とてもあたたかい」
「なっ、どういう意味よそれ!?」
 私達は笑いながら筐体のほうに向かって歩いていく。
 そこにはお姉ちゃんがいて、なんだか暇そうにしていた。
 どうも挑戦者が弱すぎたらしい。
「ん? ほう・・・・面構えが良くなったじゃないか」
「・・・どういう意味よそれ」
「そのまんまの意味さ。さて、私はバイトに戻らせてもらうよ。いい加減吉岡一人も可哀想だしね」
 そういってお姉ちゃんとノワールは神姫センターの奥に歩いていった。
 ・・・・私が言うのもなんだけど、凄いマイペースだよねお姉ちゃんって。
「よし! 私達も帰ろうか! 明日はちゃんと学校行くからさ」
「そうですね。不登校はあまり褒められたことではありませんし」
 私はサラのその言葉に思わず笑う。
 それもそうだろう。だって学校行かなきゃ八谷と会えない。いや、会えないわけじゃないんだけど、長く一緒に入れない。それはいやだしね。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー