メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぶそしき! これから!? 4話 『シッパイ』

4-5


「ラミエ……」

「こ、この、わわたくしが、あんな無様な……」

 勝者のはずのラミエがうずくまるように床に伏して、何事かつぶやき続けている。
 顔を隠すかのよう、いや実際に顔を見られないよう腕でその顔を隠している。
 バトルはバーチャル上のものだったため、身に着けているドレスはバトル前同様、傷も汚れもない。
 しかし先ほどのバトルで出来事による彼女のショックは大きいのか、自身のマスターの声にも反応を示さない。

「あー、もうちょっとだったのに! ちくしょーっ!」

「あははは……」

 敗者のヒイロは地団太を踏んで悔しがっている。
 あと一撃、あと一歩で届いた勝利を逃したのがよほど悔しいのか、その体で、声で悔しさを表わしている。
 自身の神姫のそんな姿を見て、友大は思わず苦笑いしてしまう。

(でもまあ、さっきのバトルよりは良いかな?)

 先ほどのバトルよりも前、ゼルノグラードとのバトル後のヒイロの姿を思い出す。

(思うように戦えなくて、一方的にやられて落ち込んじゃった時よりも、今の方がヒイロらしい、かな?)

 自身の神姫の姿を見る。
 心なしか、悔しがってはいるがどこかすっきりしているようにも見える。
 友大は何となくそう感じる。

「ところで佐伯君」

「はい」

 自身の神姫に対して、しばらくそっとしておいた方が良いと判断した占部が友大に声をかける。
 友大は何となく、次に聞かれる内容について想像できる。

「ヒイロのことですか? あのパワーは前の人の改造らしいです。ここの店長の話では、レギュレーションの範囲らしいですけど」

「そうなんですか。あの人のことですから、嘘ではないでしょう」

 占部が納得したという風に頷く。

(あ、そう言えば……)

 友大がふと、あることを思いつく。

「あの、占部さんって神姫のドレスとか作れるんですよね。神姫用の武装を作ってみたんですけど上手くいかなくて……、少し聞いていいですか?」

 勇気をだし、思い切って聞いてみる。

「神姫の武装を手作りしたんですか。いいですよ、わたしの分かる範囲でなら」

「本当ですか! ありがとうございます。実は――」

 感心したように占部が頷き、友大の話を聞く。
 友達と一緒に自身の神姫のためにスパンコールでスケイルメイルを作ったこと、頭が引っかかってしまい着用できなかったことを友大は話す。

「――それ、ファスナーを付けたら良いんじゃないですか?」

「はい?」

 すぐに返ってきた言葉に友大が思わず聞き返してしまう。

「布服の上にスパンコールを貼り付けたアーマーのようなものなんですよね? 均一か手芸のお店、または通販で小さなファスナーを買って背中側に取り付けたら解決するんじゃないですか?」

「あっ、ああ!」

 思わず手を打ち、納得する。
 一瞬、何で気づかなかったのか自問してしまう。

「パンフレット貰いますね――」

「はい、どうぞ」

 占部は『迷い神姫を保護する会』のパンフレットをマリーベルからもらうと、手に持ったボールペンで裏側の白地の所に少しの遅滞もなく描きこんでいく。

「――と、こんな感じでしょうか」

「え、……あ! す、すごい!」

 占部から渡されたパンフレットを見た友大が思わず声をあげる。
 そこにはスパンコールスケイルアーマーのデザインとファスナーの取り付け方が描かれている。

「あ、ありがとうございます!! 何てお礼を言ったら……」

 思わず深々と頭を下げてお礼をしてしまう。

「気にしないでください。まあ、今回のバトルのお礼のようなものですよ。なかなか面白い――あら?」

 友大の姿に少し困ったような、少し照れくさそうにしていた占部が気付く。
 自身の携帯に着信が来ている。

「ごめんなさい。ちょっと電話が……」

「あ、はい。どうぞ」

 少し申し訳なさそうな占部に促す。

「ありがとうございます。……はい、占部です。………えっ?」 

 電話に出た占部が何か驚いたような声をあげる。
 すぐに真剣な表情になり対応を続ける。

「はい。……そうですか」

(……なにか、仕事で急用ができた時の父さんみたいな雰囲気だ)

 占部の様子を見て、ふとそんなことが思い浮かぶ。

「……っ」

 占部が一瞬、思い悩むような表情をする。
 少しだけ、視線を出入り口の方に向ける。

「……分かりました。はい、では――」

 そして、すぐに視線を戻す。
 話が終わったのか、携帯を切ってしまう。

「ごめんなさい。急用ができてしまいました。あ――」

「あ、あぶな――」

 急いで行こうとして、占部は足をもつれさせてしまう。
 本人が思っているより、仕事の疲労と焦りが強い。

「――あ、いた!?」

 堪えることができず、床に倒れてしまう。

「だ、大丈夫ですか!?」

「え、ええ。大丈夫です」

 すぐに体を起こし、携帯とカバンを手放していないことを確認する。
 友大が見たところ、どこかケガをしたり何かが壊れたりしているようには見えない。

「気をつけろよー」

「え、ええ……ラミエ。行きますよ」

 少々おぼつかない様子で立ち上がり、占部は自身の神姫の所へ行く。

「――ぇ、あ、はい」

 ラミエは自身のマスターの手に乗せられたところで、ようやく気づく。

「――って、お姉様! 朔様のお話を聞くのではなかったのですか!?」

「会社でトラブルが起きたそうです」

 悲鳴のごとき声をあげるラミエに、占部は簡潔に答える。

「そんな……!?」

「話は、後で必ず……」

 絶句する自身の神姫を宥めながら占部が店の出入り口に向かう。

「会計をお願いします。包装はいりません」

 店を出る前に手早くカードで会計を済ませていく。
 ラミエの手には、先ほどのバトルで使った武装が握られている。

「……」

 友大はなぜか、占部の後姿をじっと見ている。

「? どうしたんだよマスター。占部さんのことずっと見てさ」

 ヒイロが、そんな自身のマスターの様子をいぶかしむ。

「ああ、うん……」

(……いいなぁ。大人ってお金があって)

 ヒイロの声に生返事をしつつ、友大はそんなことを思わず、しみじみと思ってしまう。
 武装パーツをポンとあっさり買える姿に、羨望すら覚える。



 ■ ■ ■



「……」

 大人の占部と子どもの自分について比較してしまう。
 そうするうちに、自身の神姫に武装1つ与えることすら難しい自身の懐具合とスキルについて思い悩んでしまう。

「ヒイロ。なんか、ごめん」

 何となく自身の神姫に対して申し訳ない気持ちになる。

「? なんであやまるんだよ? ――と、そうだ!」

 急に自身のマスターに謝られて怪訝そうになったヒイロが、何か思いついたように声をあげる。
 側の武装パーツがある商品棚の方へ向かう。

「なぁ、マスター。武装パーツだけど――あれ?」

 マスターと約束した武装パーツの件について話そうとし、あるものに気付く。
 それは視点の違い、人間よりもずっと小さい神姫だから気づけたことだ。

「どうしたのヒイロ?」

「なにか、落ちてるぜ」

 怪訝そうにする自身のマスターの声を後に、ヒイロは商品棚の下の隙間に潜り込む。

「……マスター! こんなのがあったぜ!」

 すぐにヒイロが棚の下から戻ってくる。
 一緒に、棚の下からあるものを引っ張り出す。

「それ――」

 ヒイロが棚の下から引っ張り出したものは小型の記録媒体だ。
 誰かが落したものが棚の下の隙間に入ってしまったのか。

「落し物かな? 届けないと――って、あれ?」

 思わず声が出る。
 ヒイロが引っ張り出した記録媒体は、友大はどこかで見た覚えがある。

「ど、どうしたんだよ?」

 ヒイロは自身のマスターの素っ頓狂な声に少し驚く。

「よ、よく、見せて」

 友大はヒイロが拾った記録媒体を手に取り、もう一度よく見る。
 落とした時に擦れたりしたのか微小な傷がついている。
 よく見ると記録媒体に小さくEBSとマジックで書かれている。
 記録媒体の形や色、ごく最近に見たことがあることについて気づく。

「これって、占部さんのじゃあ……」

 記憶の山を掘り起こす。
 バトルをする前に占部が鞄から出し、スーツのポケットに入れた記録媒体とそっくり、いや多分それだろうと思う。

「そうなのか! じゃあ返しにいかないと――」

 そこで気づく。
 バトルの前に自己紹介をしたが、占部たちの連絡先は知らない。
 占部たちが出て時間が少し経っている。
 急いで行った様子から、今から追いかけて間に合うか怪しいものだ。

「「……」」

 思わず、互いの顔を見合わせる。

「……どうしよう?」

 思わずつぶやいてしまう。
 手に拾った記録媒体を持ったまま所在なさげに立ち尽くしてしまう。


――――To Be Continued☆






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー