メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 僕たち三人を乗せた車が目的地に着いたのはそれからわずか十分ほどたってからだった。

 そこは少し古めの家が立ち並ぶ住宅街の外れにあるなんの変哲もない3LDKのアパートだった。僕にはその中の四畳半部屋の一つを割り当てられた。

 引越し屋さんが事前に運び込んでいた荷物を人通り整理し終わると、それまで退屈そうに作業を眺めていたランが唐突に口を開く。


 

「神姫センターに行ってみない?」


時刻はすでに三時半を少し回ったところで、引越し作業を終えたばかりで疲労している僕としてはこのまま家で明日から新しい学校で始まる新学期に向けて準備をしつつ、ダラダラと夜を迎えたい気分だったのだが、ランはやはり武装神姫としての血が騒ぎ(血はないが)、一刻も早くこの地でライバルとなるであろう神姫たちを見ておきたいのか、どことなく闘志がみなぎった顔をしていた。

こういう時のランは僕が嫌だと言ってもしつこく食い下がってくる。

僕はしかたなく電話の機能はほとんど使わない携帯端末をポケットから取り出し、近くにある神姫センターの場所を調べるべく画面をタッチした


 

「行ってもいいけどバトルは無しだぞ。まだろくに準備もしてないし、僕も疲れてるんだから」


 

僕がそう言うとランは少しだけ不服そうな顔を見せたが特に文句も言わず頷いた。今の僕にはバトル中でのベストな指示は望めないと思ったのだろう。

調べてみるとセンターは意外と近くにあることがわかった。ここから一キロも離れていない。

これには今は行く気が薄い僕でもうれしかった。これからは以前よりも気軽に神姫センターに行けそうだ。

僕はなんだか気が軽くなり、ランがシャツの胸ポケットに飛び込むのを確認すると財布と携帯、そして念のため武装パーツが入ったケース放り込んだカバンを引っつかんでアパートの階段の下に止めておいた自転車に颯爽とまたがった。


 

自動ドアが開くのを確認すると同時に僕はセンターの中へと足を踏み出す。

じつはというと東京のものに比べると狭いのではないのかと少し心配していたのだが、そんなことはまるでない、センターの中は学校の体育館の何倍もありそうな広さだった。

入ってまず目に付くのは中央に設置されている巨大スクリーンだった。そのスクリーンの下には神姫たちを戦わせるバトルスペースが何台か設置されている。

今は誰も使っておらずスクリーンにもなにも映ってはいなかったが、おそらくここでオフィシャルバトルが行われるのだろうと僕は予想した。

中央から視線を外しセンター内をぐるりと見回してみる。バトルの合間に休憩できるようにイスやテーブルや自販機が置いてあったり、たくさんの種類の武装パーツが置いてある店や、神姫をドレスアップさせるためのコーディネートショップがあったりなど、僕が今まで通っていたセンターにも負けないほどの規模だった。


 

「あ、ダイチ。二階にフリーバトルができる場所があるみたいだよ。行ってみようよ」


 

そう言ってランが指をさす。確かに二階に上がる階段の先にフリーバトルスペースがあることを示す看板がかかっている。僕は言われるままに階段を登っていった。


 

『うへえ……』


 

階段を登りきった瞬間、僕とランはまったく同じタイミングで溜息ともなんともつかない声を出してしまった。

一階は色々なコーナーに別れていたのに対し、二階は文字通りあたり一面、所狭しとバトルスペースが設置されていた。

時刻は夕方だというのに二階には多くのオーナーと神姫がバトルを展開している。しかしそれでもバトルスペースにはまだかなりの空きがあった。これなら何十人もの人がいっせいにバトルできそうだ。

バトルスペースには一階のものよりもかなり小さいが、それぞれバトルの様子を映し出すスクリーンが取り付けられていた。僕たちはそれを歩きながら順番に眺めて歩いていく。

バッフェバニーの激しい銃撃を自慢のシェルで防御しつつ接近し、得意技「収穫の季節」を華麗に決めるジュビジー。お互い有利な射撃ポジションをとるため、まるで戦闘機のようなドッグファイトを繰り広げるエウクランテとツガル。ボロボロになりながら自らの武器を轟音と共に激しくぶつかりあわせるティグリースとマオチャオ。

それぞれのスペースでマスターの熱い思いを背に戦う神姫たちを見ていると、僕は引越し作業の疲れも忘れ、心の奥底が熱くなっていくのを確かに感じた。

先程まで疲れで脱力していた僕がこんなに気持ちを高ぶらせているというのに、もともと乗り気だった僕の胸ポケットにいる相棒が熱くなっていないわけもなく、ランはシャツをぐいぐいと力強く引っ張りながら僕の名前を呼んだ。僕があごをひきランの方を向くと、ランはこれでもかというほど真っ直ぐに人差し指をつきたてた腕を前方に伸ばしていた。僕は素早くその腕の示す方向をみる。

そこにはスクリーンに『対戦相手求む!』とでかでかと表示されたバトルスペースがあった。僕とランはお互い顔を見合わせ、ほぼ同時に力強く頷いてからスペースに向かった。

 

第三話 初バトル





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー