メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 『対戦相手求む!』の表示がされたスクリーンの真下にある扉を開き、僕たちはバトルスペースへと入り込んだ。
 どうやらここの神姫センターはバトルする神姫のマスターは個室に入る仕組みらしい。個室の中にはおそらくバトルする神姫の様子を見ながら指示を出すためにつかわれるのであろう壁いっぱいの大きなモニターとヘッドセットとキーボード。そして神姫を戦場へと送り込むパネルがあった。
 まるで公衆トイレのような狭く薄暗い空間に妙な落ち着きを感じてしまい、僕は立ち尽くす。

 「ダイチ、なにぼーっとしてんのさ速く速く!」

 ランにそう急かされわれに返った僕は、カバンを床に置きパーツの入ったケースを取り出した。
 少し迷ったのちに白いパーツを取り出しランに次々と装着していく。
 武装完了となったランをモニターの下に取り付けてあるパネルに近づける。するとモニターから光とも煙ともしれない白い靄が現れ、ランはパネルの中へと吸い込まれていった。
 バトルステージへと転送されたのだ。
 僕の手元から転送されていったランが草木のほとんど生えていない岩場に現れたのを僕はモニターで確認した。
 今回のバトルステージは荒野だ。大きな岩や地面のくぼみ以外あまり隠れる場所も大したギミックもないオーソドックスなステージである。

 「ラン、油断するなよ」

 僕はヘッドセットを使いマイクテストも兼ねてランに声をかける。

 「わかってるって。久々のバトルだ。全力でいくよ!」

 ランはそう言いつつ地面を蹴り、低空を勢いよく移動し始めた。
 ちなみに今回のランの装備はなんの変哲もないストラーフの標準装備である。
 もちろんランは『白黒子』であるので黒ではなく白い装甲だがそれ以外は普通に神姫ショップで売られているストラーフと見た目はまったく同じ、いわばどノーマルの状態である。
 一見なんの捻りもなく弱そうに思えるかもしれないが、特に目立った癖もなく、ランも生まれた時から使っている装備なのでミスもしにくいため、この装備を僕とランはけっこう気に入っている。
 今回のように僕たちが初めて来た土地や、長くバトルから離れている時はこの標準装備にすることも少なくなかった。
 作者が装備を考えるのが面倒くさかったとかそういうことでは決してない。

 「うわっと!?」

 ヘッドセットからランの驚いた声が聞こえてきた。
 どうやら攻撃を受けたらしい。

 「ラン、大丈夫か!」

 「うん、なんとか避けた。今のは……!?」

 僕もはっきりとは確認できなかったがランの斜め後方から光線が何本か飛んできたのはわかった。
 ランは投刃武器であるフルストゥ・クレインを2本取り出し構えると、先ほどよりも速い速度で光線の飛んできた方向へと移動する。
 通常のストラーフとは比べ物にならないほどの加速と最高速度。この機動力こそ『白黒子』の最大の特徴のうちの1つであるといえる。
 僕はモニターを穴があくほどにらみつける。先ほど光線が発射されたとされる付近を観察した。
 すると大きな岩と岩の間、ちょうど影になって見難い場所に薄緑の尻尾が揺れるのを発見した。

 「ラン! 岩の狭間だ!」

 僕が指示を出すと同時にランが素早くフルストゥ・クレインを投擲した。
 するどい2本の刃が回転しながら飛んでいき、片方の刃はわずかに左にそれ岩に深々と突き刺さり、もう片方は素早く引っ込められた尻尾をわずかに掠めて地面に刺さった。
 次の瞬間、岩の狭間から神姫の影が飛び出してきた。と同時に先ほどの光線がまた飛んでくる。
 ランはそれを身を捻りつつなんとか避けながら素早く距離をとり砂地の上に着地する。

 「へえ~、てっきりアーンヴァルかと思ったら白いストラーフじゃんか。リペイントバージョンなんて今時珍しいねえ」

 ランの遥か上空から声が聞こえてきた。どうやら相手神姫はいつの間にか空へと飛び上がっていたらしい。

 「お前ここらじゃ見かけない顔だなあ。オレのプチマスィーンズたちの奇襲を1発も被弾しなかったヤツなんて久しぶりだぜ」

 そう言って偉そうに腕組みをしながらフワフワと浮かんでいるのはハウリンであった。まるで男のような雄雄しいしゃべり方だ。
 基本的なハウリンの標準装備に黒き翼とアーンヴァルのエクステンドブースターを装備している。本体の周りにはプチマスィーンズが飛び回っていた。
 ランは相手のハウリンの姿を確認すると、相手と同じ高さまで飛び上がった。

 「ボクたち今日ここに引っ越してきたんだ。アンタけっこう強そうだけど、あの程度の射撃ボクにとっては屁でもないね」

 ランはそう言って相手と同じように偉そうに腕を組んだ。ちなみに屁でもないなどと強がってはいるが、先ほどの攻撃は言うほど楽に避けたわけではないはずだ。少なくとも僕にはそう見えた。
 しかし相手のハウリンにはそれが強がりとわからなかったのか、フンと鼻を鳴らすとこめかみのあたりをヒクヒクさせた。

 「ふふん、調子に乗るなよ。洗礼としてオレがボコボコにへこませてやんよお!」

 威勢よくほえるハウリン。てっきりそのまま突っ込んでくると思い、僕とランは身構えたがハウリンは素早く踵を返すとブースターを噴射させながら飛んでいった。

 「あれれ? 逃げちゃったよ?」

 「油断するなよラン、なにかの罠かもしれない」

 僕は釘をさしたが、ランは「へーき、へーき」などといいながら全速力でハウリンの後を追い始めてしまった。止めようかとも思ったがいずれにせよランは遠距離戦は得意ではない。近づかなければ正気はないため僕はそのまま行かせることにした。


 その後も相手は一向にこちらと積極的に戦おうとはせずに、逃げ回ってばかりいた。
 近接距離での真っ向勝負が大好きなランにとってはまったく面白くないらしく、モニターに移る横顔は明らかにイラついていた。

 「あー! もうっ! 逃げ回ってばかりじゃなくてちゃんと戦いなよ!」

 とうとう癇癪をおこし、ランはそう叫ぶ。
 しかし相手はまったく答えることはなく、そのかわりに遠隔操作されていると思われるプチマスィーンズによる射撃がランの死角の位置から飛んできた。

 「うわあ!」

 被弾。
 普段のランならばなんなく避けることができる程度の攻撃だったが、イラついているせいか、動きが大雑把になってしまっている。
 相手が機動力を生かして逃げ回り、それを追いかけるランが焦れたところをプチマスィーンズによる他方向からの攻撃。先ほどからこのパターンの繰り返しだ。
 1つ1つはたいして痛くもないがダメージは確実に蓄積している。
 僕はモニターの右上に表示されているランと相手の残りエネルギー残量を確認する。
 相手はいまだに9割以上のエネルギーを残しているのにくらべ、ランの方は残り5割に近づこうとしていた。このままではジリ貧だ。

 「しっかし、あの好戦的なハウリンにここまでクレバーな戦法をとらせることができるなんて……相手のマスター、かなりのやり手だな」

 僕は素直に感心してしまった。
 普通ハウリンと戦う場合はナックルや打撃武器といった近接武器でガシガシ打ち合う戦いになることが多いのだが、このように距離を取りまくるハウリンというのもなかなか珍しい。
 神姫の性格に合っていない戦法をとるのは難しいはずだ。神姫と話し合い、心を通わせて、なれない距離の戦いの修練の積み重ねが必要になってくる。
 僕も時々ランに遠距離戦の指示を出してみることもある。が、うまくいったためしはほとんどない。根っからのインファイターにアウトサイドな戦いをさせる難しさはよく知っているつもりだ。
 それなのにあそこまで見事なヒットアンドアウェイを見せられるとは。ただただ、相手のマスターの技量を尊敬するしかなかった。

 「感心してないでなんとかしてよお! このままじゃ負けちゃうよ!」

 ランが顔を真っ赤にしながらそう叫んでくる。
 僕は残り時間を確認する。あと1分。時間切れになれば判定で相手の勝ちだ。
 どうする?
 僕が悩んでいると、向こうのハウリンが喋りかけてきた。

 「へへーん、たいしたことないな新入りのストラーフ! そんなザマじゃあこの街では通用しないぜ!」

 「なんだとお!?」

 ランの顔がさらに赤くなる。やかんでものせればお湯が沸かせそうだ。

 「くやしかったらついてきな。ここで相手してやるよ!」

 そう言ってハウリンは小高い岩山に掘られた、原始人でも住んでいそうな洞窟に入っていった。あからさまな挑発とあからさまな罠だ。
ランはその入り口で急停止する。ランも罠に誘われていることに気づいたのだろう。
 しかし僕は停止したランに向かって叫んだ。

 「止まるな、突っ込むんだ! ラン!」

 僕の一声にランは一瞬戸惑ったが、すぐに加速して洞窟のなかに突っ込んでいく。

 「こうなったら賭けにでるしかない……」

 僕の意図を察したのか、ランも覚悟を決めた表情でうなずいた。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー