メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第九話


「マスター!起きてください!!」
「ごべらっ!?」
次の日の朝、優一の一日はモーニングスターの一撃で始まった。
「スタンガンの次はこれかよ!!」
「だってジェni・・・」
「またかよ!!」
起動させてからもうダブルスコアに達しようかという数になったいつものやりとりだが、優一にとってもアカツキにとっても一つの習慣になろうとしていた。
「それより今日、今日ですよ!」
「判っとる×2。支度してくるからちょっと待ってろ」
十五分後、支度を終えた優一はアカツキと共に幸平と事前に決めておいた待ち合わせ場所に到着した。
「ところで・・・、何でアネゴがいるんだよ」
「何でって、こういうのは何かとトラブルが起きる物よ。あ、初めまして、治安局の安田聡美です」
「堂元です。どうも」
「しっかし、アインだけでなくツヴァイやドライまで引っ張ってくるとは・・・。まさか」
「そのまさか、カタロンよ。二人がこれから行く神姫センターは最初はかなり小規模だったけど、ある時期を境に急速に規模を大きくしていったのよ。機密情報だからこれ以上の事は言えないけど、捜査線上にカタロンが浮上してきたって訳。まぁぶっちゃけた話、偶には真剣勝負も楽しみたいからね」
「まったく、姉さんがタッキーのブロマイドをちらつかせるから嫌な予感はしてましたが・・・」
「それに釣られるアインもどうかと思うけど」
「まあまあ、アイお姉様もツーお姉様も同レベルと言うことで・・・」
「「貴女に言われる覚えはない!!」」
「ひやぁ!ごめんなさい!」
あきれ果てるアインに突っ込む悪魔型のツヴァイとそれにダメ出しして怒られる砲台型のドライ、二人ともアインと同様にCACが搭載された聡美の神姫だ。
「それで堂元君だっけ、その神姫センターのルールは?」
「四体の神姫で行われるタッグバトルです。形式はリアルバトルで、一回の参加人数は言うまでもなく4人です。それで、そこを牛耳っている兄弟はある程度の成績を上げた神姫のタッグと試合を行う事になっているんです。八百長は前者、不正ジャッジは主に後者で行われています」
「アネゴ、何か作戦は?」
「無い!」
「「へっ!?」」
聡美のあまりにも堂々とした物言いに優一と幸平は開いた口がふさがらなかった。
「証拠は大体掴んでいるから、後は主犯格を捕まえれば一件落着」
「いや、それ警察としてあるまじき考えですけど・・・」
「それじゃぁ行ってみよー!」
「「ダメだこりゃ」」


中に入った一行が目にしたのは文字通りの地下闘技場と言わんばかりの異様な雰囲気だった。
試合用コロシアムの外見は通常と同じに思えるが、試合の中継画像を見る限り、墓場とも言えるフィールドだった。
「あたしは外で見てるから、二人とも楽しんで来ちゃって」
「やれやれ、気楽なモンだよ全く」
「気にすんなって、アネゴはいつもこうだから。それじゃ、登録しに行くぞ」
優一と幸平はタッグバトルの部に参加する事にした。これなら万に一つ、不測の事態が起きたとしても的確に対応できる。
「リィナ、気を引き締めて行こう!」
「そう言うアカツキこそ、アタイの足を引っ張るなよ!」
張り切っている二人だが、少なくともアカツキの方は空元気であることは否めない。何せアカツキに取っては初めてのリアルバトルだ。敗北の代償は破壊、最悪の場合自身の死を意味する。現に、アカツキの知り合いの神姫がリアルバトルで命を落としている。
『バトルフィールドは、グレイブヤード。各神姫のオーナーはスタンバイをお願いします』
今回のアカツキの装備は精密狙撃用スナイパーライフルと中距離用のブルパップ・マシンガン、腰には迎撃用のスラッシュハーケン、格闘用の武装は両脚に仕込んだナイフのみと殆ど近接戦を無視した装備だが、リィナが前衛に立つのでさほど問題ではない。
一方でリィナは二振りのショーティルといつものファンネルに飛翔滑走翼を装備している。後衛はアカツキが担当するので、ファングはあくまで切り札だ。
『バトルロンド、セットアップ。レディ・・・GO!!』
「さあ、行こうか相棒!!」
「リィナ、アローフォーメーション!援護するわ!!」
「ガッテン!!」
試合開始と同時に上空に飛び上がったアカツキは前方に相手を捉えると、リィナと連携を取りながら戦闘を開始する。
相手のタッグ、マオチャオがクローを振りかざしながら突進し、ゼルノグラードが傲然と砲撃を開始した。しかし、二人の連携は相手を大きく上回っていた。
先ずアカツキのライフルが火を噴き、リィナに接近していたマオチャオを叩き落とす。間髪を入れずにリィナがアカツキの援護を受けながら弾幕をかいくぐり、ショーティルでゼルノグラードを横薙ぎに斬りつけた。
ゼルノグラードは致命傷を負ってリタイアとなったが、マオチャオの方はダメージを与えただけだった。
「ちょっとアカツキ、これはバーチャルじゃないんだよ!」
「っごめん、次は気を付けるわ」
バーチャルとリアルの違いにアカツキは戸惑いを覚えた。やはり勝敗の決め方に関する事が引っかかるのだろう。
結局2体ともリィナが仕留めてこの試合を終えた。
アカツキは今、100勝して舞い上がっていた己の未熟さを実感した。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー