メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 そこはまさに地獄だった。
 目に映るものは何も無く、記四季の身体は動けず。感覚が無いにもかかわらず痛覚だけははっきりしている。
 胸は熱く、まるで溶けた鉄を口から流し込まれたかのような感覚。
 掻き毟ろうとしても身体は動かず、動かそうとするとまるでそれが罰であるかのように襲い掛かる激痛。
 意識が無ければどれだけ良かったか。否、例え意識が無かろうともこの地獄は繰り返し自分を苛むだろう。ならば・・・いっその事、死ねばよかったのか。
 死ぬのなら、あの時・・・“アヤメ”が死んだときに自分も死んでいればよかったのか。
 そうすればこんな地獄を味わうことも無かっただろうし、なにより何の迷いも無く死ねただろう。ならば何故、自分は今生きているのか。

 ――――――――――あやめ

 恋でもなく、愛でもない。そんな感情は遠の昔に枯れ果てた。
 ならばそれは何か。今自分が胸に抱く流し込まれる赤い鉄よりも熱く、胸を打つものは何か。

 ――――――――――あやめ

 判らない。
 それがなんなのか判らない。
 自分が今、どちらの“あやめ”を呼んでいるのかがわからない。

 ――――――――――あやめ

 その呼びかけを最後に、記四季の意識は浮上した。












ホワイトファングハウリングソウル

第二十九話

『煉獄』














「――――――――――――――」
 仕事場なため、彩女が立ち入ることを禁じている書斎で記四季は目を覚ました。
 時刻は・・・七時ちょうど。都たちと別れ帰宅したのが五時、その後夕飯を食べたのが六時だから・・・それほど長く寝ていたわけではない。
 窓の無い書斎は昼間でも薄暗い。そこで記四季は机に突っ伏して寝ていた。こんなことは学生時代以来だ。
 見ると、遺書を書くために置いた半紙の上に赤い血が転々と模様を作っていた。
 記四季は無言でそれをくしゃくしゃにするとゴミ箱に放り投げる。半紙は放物線を描き、ゴミ箱のふちに当たって落ちた。
「・・・・・・」
 懐を探り携帯電話を取り出す。
 それは老人向けのものではなく、神姫のステータス確認ができるカスタムモデルだった。
 迷うことなくボタンを押す。コール音が静かに鳴り響き、女性が返事をした。
「はい。北白蛇神社です」
「・・・その声は剛三の孫だな。七瀬の爺だ。ムラサキの奴を出してくれ」
「あ、何だ七じいちゃんか。・・・大丈夫? 声暗いわよ?」
「・・・問題ねぇよ。ムラサキ出してくれ」
「・・・・・りょーかーい」
 声の主は少し訝りながらもアメティスタを迎えに行った。
 恐らくはタライに水を張ってからいくだろう。そうすると少し時間がかかるはず・・・
「意外と電話するの遅かったね」
 かかるはずなのだが、なぜか彼女は大して間をおかずに電話に出ていた。
 待ち構えていたのだろうか。
「単刀直入に言おう。どのくらい持つ」
「・・・どのくらいって、なにが?」
 知っているだろうに。彼女ははぐらかす。
 まるで ――――――そのことを話したくないかのように。
「しらばっくれるな」
「はいはい。・・・・・・正直ぎりぎりだ。間に合うか間に合わないか・・・今回ばかりはボクにも判らない。多分もっと“時間”が近づけば見えてくると思うけど、それじゃ少しばかり遅いよね」
「・・・あぁ」
 記四季は自分の胸を押さえる。
 この体が何時まで持つか・・・現時点では不確定なようだ。
「・・・ねぇ、覚えてる?」
 と、少し声のトーンを落としてアメティスタが言う。
「ボクが随分前にした予言」
「・・・何だったか。“放たれた銃弾”“折れる刀”“倒れる銀髪の者”・・・だったか」
 そう、それはアメティスタが言った予言。
 その予言は、未だに成就していない。
「あの時ボクはそれが、記四季さんに関することか神姫バトルで彩女が負けることかと思ったけれど・・・最近、この三つに共通するイメージを感じ取るようになってきたんだ」
「・・・なんでぇ」
「“生”のイメージ」
 はっきりとアメティスタはそういった。
 お世辞にもこの予言は良いものとは思えない。武器が出ているし、何よりそれが使われている。そして人が倒れる。
 ・・・この三つを見て、どうして“生”のイメージなんて感じるのだろうか。
「・・・わからなくてもいいよ。ボクもよく判らないから。でもこれだけは言える。“未来はまだ決まっていない”。この状態なら、ボク達は幾らでも盤面を変えられる」
「・・・まるでゲームだな」
 駒は人間。盤面は世界。
 アメティスタはビショップ、キングは記四季とするならば・・・彩女はなんだろう。
「・・・気に触ったなら謝るよ。でもこれがゲームだとしたら、ボクは負けるつもりはない。絶対に記四季さんを生かす。だからその為にアドバイスだ。まずこの電話の後に来る電話に絶対に出て。これは・・・アルケミストからの電話だ」
 受話器の向こうにいる彼女には見えないだろうが、記四季は無言で肯く。
「内容は注文してたものが出来たって連絡。記四季さんはそれを速達で送ってもらうように言って。ただの郵送じゃトラブルが起きて指定日に届かないから」
「・・・おぅ」
「次に朝の五時と正午、三時くらいに発作があるから気をつけて。結構きついのが三時くらい・・・その時は記四季さん、そこにいてよ。彩女は入ってこないからさ」
 見えているかのようにアメティスタは言う。
「あと八時ごろ川に来て。ボクが薬を持ってくから。・・・剛三さん心配してたよ。わざわざ材料取り寄せて調合しちゃったくらいなんだから」
「・・・・・・・・・・すまん」
「そのセリフは剛三さんとみっちゃん達に言ってね」
 みっちゃんとは北白蛇神社の巫女である。剛三の孫であり姉妹で働いているらしい。
「・・・さて、話すことはこのくらいかな」
「・・・・・・悪いな」
「いいよ別に。ボクが望むのはこんなに頑張ったことを笑い話にして話せる未来だ。そこには記四季さんも剛三さんも・・・彩女だっている。それがあの雨の日、死に損なった僕が望む未来だ。・・・それじゃ、また後で」
 電話は、そういって切れた。
 記四季は無言で携帯を畳み机の上に置く。
 そして・・・ふと、遺書を書くために用意したすずりに目がいく。
 アメティスタは自分を死なせないために、自分の我侭に付き合いながらも頑張っている。にも拘らず当人がこんなのはどうなのだろう。
 記四季はすずりに手を伸ばし、ふたをする。もう使うつもりは無かった。
 と、机に置いた携帯電話が無機質な着信音を奏でる。
 急ぐことなく手に取り通話ボタンを押し、耳に当てる。
「よぉ、槇野」
 記四季は速達がどれほど速く届くか知らない。興味がなかったからだ。
 だが今は、その速さを信じてみることにした。




















・・・




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー