メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・よくやった。今は休め」
「はい。・・・流石に少々疲れました」
 筐体から出てきた彩女に対して記四季は優しくいう。
 彩女はそれに肯くと、記四季の手に導かれセンター内に設置されたレンタルクレイドルの上で丸くなる。彼女にしては珍しく全く警戒していない。
 その隣ではハウが同じように丸くなって寝ていた。ヴァーチャルバトルではいかなる負傷を負うとも、現実の素体には何の影響も無い。その代わりに“心”が疲れるらしく、バッテリーもまだ充分に残っているにも拘らずよく寝ている。
 記四季はレンタルクレイドルに空いたスリットに、ハウの分も一緒にコインを入れておく。
「・・・・・・ったく。イヌ科の奴らってのは一生懸命だよ・・・」
 自身の胸を押さえながら記四季は言う。
 関節痛に食欲の減退、そして頭痛や脱力感。いずれも肺がんの初期症状である。彼は随分前からこの症状に悩まされていた。
 ・・・・・・・そして、それを隠し続けてきた。
「・・・あと、三日か」
 もはや症状は隠しきれなくなりつつある。
 普段は鋼の意志で押さえ続けて来た病魔も、流石に無視できなくなってきた。
 だが・・・
「明後日までは・・・まぁ持つ・・・か」









ホワイトファング・ハウリングソウル

第二十八話

『序曲』













 レンタルクレイドルのそばに椅子に腰掛け、記四季は麦茶を飲んでいた。
 ・・・飲んでいたのだが
「畜生! どう考えても卑怯だなん!! 何で筐体の中にセンター最強の二人が紛れ込んでるのだ!!」
「・・・仕方ないじゃない。だってそれが仕事なのよ」
「まぁ良いではないか猫よ。我等は職務をこなしただけなのだ」
 怒っているマイの傍には、なぜかジャンヌとルシフェルがいた。
 二人とも武装したままである。というか彼女達にとってその武装した状態こそが普段着であるようだ。器用に羽を畳んでニトロジェリーを飲んだり羽の手入れをしたりしていた。
「・・・お姉ちゃんの仕業でしょ。この二人」
「その通り。だってネイキッドのゾンビ軍団じゃつまらなかったんだもの。一回ノワールにやらせたら蹴散らしまくってあっさりゴールしたし。・・・まぁ結果としてボスキャラは必要ってことがわかったからよしとしよう。・・・遊んで金になるバイトって素晴らしいな」
 都はそういって心底楽しそうに笑う。
 その様子を少し呆れた顔でノワールが見ていた。
 サラはというとバイザーを上げたり下ろしたりしてルシフェルを見ていた。そして不思議そうに首をかしげ、何か納得したような顔で思案している。
「・・・おい赤毛。何考えてるんだ?」
 何となく疎外感を感じた記四季はサラに話しかける。彩女もハウも今はそばのレンタルクレイドルで就寝中だ。
「あ、キシキ。・・・いえ、彼女・・・ルシフェルを見たときにですね。色んな索敵方法を試したのですが見えなかったのです。それが不思議で。・・・現に今も視認は出来ますがレーダーや超音波、熱源反応とかだと見えないのですよ」
 記四季はルシフェルを見る。
 今はバトル中ではないから、何らかのスキルを使う必要は無い。・・・そうなると
「あの羽のせいだろ。常時発動型スキルなんじゃないか」
 結構忘れられがちだが、神姫の装備にはスキルがある。
 サラのライフルなら命中率が一時的に上がるし、彩女の刀なら切れ味が増す程度の些細なものから必殺技のような大掛かりなものまで様々だ。中には移動速度が上がるものもある。そう考えるとあの羽に何かスキルがあってもおかしくは無い。
「成る程。勉強になりました」
 サラはそういうとまた何か考え始める。
 恐らくルシフェルの姿を見えるようにする装備を探しているのだろう。
 ・・・あとで春奈に小遣いをやった方がいい。記四季はそう考える。
「おじいちゃん」
「あ?」
 サラと話していると春奈が話しかけてきた。
「私達これから秋葉にいって神姫用品見ようと思うんだけど。おじいちゃんはどうする?」
 楽しそうに、春奈はそういった。
 ここから秋葉原は少し遠い。遠いが記四季の家ほど遠いわけでもない。
 なじみのMMSショップに顔を出すのも悪くない。記四季はそう思ったが・・・
「・・・いや、遠慮しておく」
 今から秋葉原に行って店を回るとなると帰宅はどう考えても遅くなる。夕方で既に光の差さない竹山は、夜にもなればもはや何も見えない。屋敷から川に行く程度ならまだしも、山の入り口から屋敷に行くのは幾らなんでもきついものがある。
 何より体の問題もある。彼自身は何もしていないが、バトルは見るだけでも少々疲れる。
「あ、そう? じゃぁまた今度一緒にいこうよ」
「あぁ。そうだな」
 記四季はそういって麦茶を飲む。
 ほんの少し、血の味がしたが気にしないことにした。







 その後、寝ている彩女を手に記四季は都たちと別れた。













・・・




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー