メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホワイトファング・ハウリングソウル

第十九話

『砕かれた未来~The broken future~』














 時は少し遡る。


 ぽつりと、アメティスタの頬に水滴が当たる。
 それが都か或いは自分の涙か、それとも雨か・・・アメティスタにはわからない。
「・・・・言いたいことは、それだけ・・・?」
 都は、そういうと右手を大きく振りかぶる。
「駄目だ! マスター!!」
「マイスター!!」
 都がやろうとしていることを理解したハウとノワールが止めようとするが、もう間に合わない。
 大きく振りかぶられた右手は、ほんの一瞬、躊躇するように止まってから
「――――――――――――――!」
 勢いよく、振り下ろされた。
 ・・・・・・・・アメティスタは、ゆっくりと目を開ける。
 自分の体がまだ無事であることに疑問を覚え、横を見る。
 そこには都の手があった。
「・・・・壊さないの?」
 その手をみながら、彼女は言った。
 都は何も言わない。
「・・・・ボクは、キミになら壊されてもいいと思ってたんだけど」
「・・・・・・・・・・いだろう」
 と、都が何かを口にする。
「・・・・殺せるわけ、無いだろう・・・!」
 都は・・・都は泣いていた。
 雨の中でも判るくらい、泣いていた。
「どうして? ボクは武装神姫・・・ただのオモチャだ。それに殺すんじゃない。壊すんだ」
「・・・私は、ハウとノワールを家族だと思ってる。・・・・サラとマイは友達だ・・・!」
「ボクたちを人間と区別していないのか。それは単なる誤解と錯覚だ。ボクたちとキミ達じゃ根本的に・・・・」
「そんなことは判ってる」
 都はそういって、アメティスタを押さえつけていた左手を離す。
「・・・・・でも、殺せない」
「・・・・なぜ?」
「・・・・そんな泣いてる奴を、殺せるか」
 言われてアメティスタは始めて気づく。
 彼女の頬は・・・涙で濡れていた。
「・・・・・・・・・どうして」
「そんなもの私が知るか・・・畜生ッ!」
 そういうと都は持っていた石を川に向かって投げつける。
 大きな音がして、小さな水柱が上がった。
「・・・よかった。マスター・・・」
「・・・・ん」
 と、都を止めようとしていたハウとノワールが溜息をつく。
「・・・悪かった。ついかっとなってな」
 その様子を見て都はすぐに謝った。
 間違いを起こす前に本気で止めようとしてくれたからというのもあるが、やはり心配をかけたからだろう。
 都が謝り、発言するものがいなくなり場を静寂が包む。
 その静寂を破ったのはやはり都だった。
「・・・・お前、壊れてなんていないだろう」
 その言葉はアメティスタに向けられたものだった。
「・・・・どうしてそう思うのかな?」
 都の言葉にアメティスタはそう返した。
「簡単だ。お前、私を怒らせようとしてたな? 昔の事を思い出させて怒らせて・・・自分が真犯人だって言って。そんなことを言われたら私がどうなるか、判っていたんだろう? 小さな予言者さん」
 今までのお返しとばかりに皮肉たっぷりに都は言う。
「どうなるか判ってて何故私にそんなことをするのか。何故罪の告白がしたいのに、相手を怒らせるのか。それが判らなかったが・・・お前、もしかして殺して欲しかったんじゃないか」
 アメティスタは答えない。
 しかしそれは肯定と同義の無言だった。
「さっきの話だと“壊れてるからアシモフコードを無視できる”はずだ。だったら自殺だって・・・できるはずだ。じゃぁなんで私に殺させようとする? それは・・・お前が壊れてないからだ」
「穴だらけで推理とも呼べない。それは殆どがキミの妄想と傲慢と身の程知らずから来た考えにしか思えないね」
 ようやくアメティスタが口を開く。
「そもそもボクが自殺したがってるって根拠は何さ。それにボクは衛にぃを・・・殺した。これで壊れていないわけが・・・」
「アシモフコードが未来予知とか、そんな事にまで対応できるわけ無いだろう。元々コードには抵触しないんだよ。・・・・衛のことはな」
「・・・・ボクが見た程度の事じゃ、マスターの死に直結するとは判断されなかったってこと?」
「そうだ」
 都は肯く。
 アシモフコードは今更言うまでもなくロボット三原則の事だ。その第一条・・・『ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危害を看過することによって人間に危害を及ぼしてはならない』にアメティスタの予言は抵触するか否か。
 するわけが無い。
それはまだ起こっていない事、起こるかどうかすらわからないこと。
 そして何より・・・予知は果たして神姫のアシモフコードに認識されているかということ。
「アシモフコードに認識されなければそれはプログラム的には“無い”ことにされるんだろう。もともと予知そのものがイレギュラーな要素だから認識されないのはある意味当然といえる」
「・・・つまり、あれは不幸な事故だったというの?」
「そうだ。アイツが死んだことで、誰か悪者を作り出すなら・・・車の運転手以外にだれもいやしないってことさ」
 都はそういって黙る。
 雨は、少し酷くなってきていた。
「・・・キミはそれで、納得できるの?」
「理解できないものに何か理由をつけ、理解した気になる。それが悪いこととは言わないがね。納得するさ。だってあそこで・・・私の目の前で起きた出来事には、お前が介入する余地なんかないんだから」
 都は迷い無くそういいきった。
 それは・・・アメティスタの罪を、許すといっているのと同義だ。
「・・・はぁ。また死に損なっちゃった。いい加減、衛にぃの所に行きたいんだけどな」
「やっと本音を言ったなこの馬鹿魚」
 アメティスタのその言葉に、都はキシシと笑う。
 その笑顔に偽りは無く・・・本当に楽しそうだった。
「・・・なぁ。お前、今何処に世話になってるんだ」
「山下りたとこにある神社だよ。・・・・ボクを引き取るってんならお断りだよ。ボクは今のこの生活が気に入ってるんだ」
「お見通しか」
「・・・ま、たまには遊びに行ってもいいけど」
「・・・・クク、素直じゃないな」
 そういって更に笑う都。
 雨はもう・・・・降っていなかった。






















・・・




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー