メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・・・・・・・・・・・」
 彩女は竹薮の中、一人思案していた。
 昨日釣具を探しに行かされた都たちは雨になっても帰ってこず、彩女はいよいよ捜索隊を出そうと記四季に進言したものの却下された。記四季の性格から考えて・・・出さないはずは無いのだが。
 だが結果的に都たちは無事に帰ってきた。アメティスタと一緒に。
「・・・・何故彼女はそこにいたのか。そこで何があったのかは・・・今はいいでしょう」
 問題は帰ってきた直後・・・アメティスタが記四季に何か進言し、記四季が一直線にトイレにこもりしばらく出てこなかったことだ。
 ただ腹を痛めただけならばそれでいい。いいのだが・・・
「洗面台に付着した血・・・主、貴方はご病気なのですか・・・・?」








ホワイトファング・ハウリングソウル

第二十話

『おじいちゃんち』











「・・・・ほぅ。悪くねぇじゃねぇか春奈」
「ふふ・・・私だって料理くらいできるんだよ?」
 記四季の屋敷の台所ではなぜか記四季と春奈が料理をしていた。
 普段どおり、朝五時に起きた記四季は朝食を作ろうとしていたところ雑魚寝に慣れず、起きてきた春奈に見つかってしまい手伝ってもらっていたのだ。
「おぉ~い。朝飯はまだかねー?」
 居間では遅く起きてきた都がゴロゴロしていた。
 余談だが彼女は全く料理が出来ない。
「・・・・・・・・表?」
「残念。裏だよ。次、ハウ」
「裏ですね」
「正解。やっぱり犬猫ってシックスセンスが鋭いのかな。サラよりも正解率が高いね。・・・じゃ次ノワール。どっちだ?」
「・・・・・・うら」
「残念、表だ」
 彩女を除いた四人の神姫たちはなぜかコイントスをして遊んでいる。
 アメティスタが投げ、残る三人が表か裏かを当てるのだが・・・どうもハウ以外正答率が低いようだ。
「あれ? そういえば彩女ちゃんはどこ行ったの?」
 と、春奈が彩女の不在に気がついた。
「あいつなら朝の散歩と確認だ。今日は朝飯食ったらすぐに狩りに行く日だからな」
 春奈の言葉に記四季は手馴れた手つきで何だかわからない肉を切りながら答える。
「・・・・・・狩り?」
「週三回くらい狩るんだよ。朝の日と昼の日があってな。ついでに言うと今俺とお前が切ってるのは鹿の肉だ。冷蔵庫には熊の肉もあるぞ」
 事も無げにいい、肉を切り終え野菜に取り掛かる記四季。
 春奈はその言葉に呆然としていた。
 自分の祖父がまさか熊を倒してその肉を食ってるとは思っていなかったらしい。
「いや、竹山だけじゃなくて奥の樹海と山も俺の土地だからな。別に違法じゃないぞ?」
 春奈の驚いた視線に記四季は見当違いないい訳をする。
 その様子をサラが苦笑しながら見ていた。
「始めてみた時は本当に血がつながってるのかと思いましたが、やはり血縁ですかね。いい訳をするときの仕草や表情がよく似ている」
「・・・記四季さんは微妙にバイオレンスだけどね。熊も鹿も全部自分で解体しちゃうし」
 サラの言葉にアメティスタが続いた。
 その表情はやはり苦笑している。
「うちのマスターもよく似てますよ。笑ったときとか・・・黙ってるときとか」
「聞こえてるぞハウ。私はそんなに老けていない」
「・・・・・マイスター・・・・もうすぐ・・・・三十路・・・・」
「いやまだ二十五だから。まだ五年あるから」
「まぁ春奈よりは老けてますよね」
「当たり前だ」
「うむ。都さんの未来は・・・・言わない方がいいみたいだね」
「おいコラそこの占い師。微妙に気になる言い方をするな」
 都と神姫たちが漫才をやっていると台所から記四季がやってきた。
 手には皿に乗った納豆を持っている。
「老けるのがいやなら納豆食っとけ。体にいいぞ」
「・・・あのおじい様。私発酵食品は・・・ちょっと・・・」
「なんだお前。納豆嫌いまだ治ってなかったのか。いい機会だから治して帰れ」
 記四季はそういうと都の前に皿に乗った納豆を置いた。
 物凄く嫌そうな顔をする都。
「・・・そ、そうだ! おじい様、春奈も納豆嫌いです!!」
「ん? そうなのか?」
 死なば諸共。都は妹の春奈を道連れにしようとしていた。
 微妙に酷い姉である。
「え? 昔は駄目だったけど今はそうでも無いよ?」
 都の目論見は、春奈のそんな言葉によって打ち砕かれた。
「何だと!? お前私が本屋を始める前は食べたら吐くほど駄目だったじゃないか!!」
「何でって言われても・・・ほら、平気だよ?」
 そういうと台所で平然と納豆を食べる春奈。
 都はというとその光景に呆然としていた。
「ば・・・馬鹿な・・・何故・・・何故だ・・・!?」
 そのまま打ちひしがれる都。
 背中がすすけている。
「ミヤコミヤコ」
「・・・何だ」
「ハルナはですね。本当につい最近まで食べられなかったのですよ」
 この状況を机の上で見ていたサラが続ける。
「ですがね。ハチヤが納豆好きだったので・・・我慢していたら食べられるようになってしまったそうです」
「・・・・・春奈・・・貴様男のために納豆嫌いを克服したと言うのか! 貴様は納豆に魂を売ったのか! 貴様はどう考えても賞味期限なんて意味が無いように見えるその腐敗食品を食べるというのか!!」
 机の上の納豆を振りかざし春奈に叫ぶ都。
 行儀が悪いことこの上ない。
 記四季はというと味噌汁の仕上げに移っていた。もうどうでもいいらしい。
「いやそんな事いわれても・・・ほら、体にいいよ?」
 微妙にはにかみながら言う春奈。
 それはもう幸せ最高潮の新妻のような表情だったという。
「く・・・これが噂の新妻ビームか・・・判ったよ私の負けだ。・・・納豆はお前が食べるんだ。八谷のために・・・」
「え、うん。別にいいけど・・・」
 いつの間にか春奈が食べることになっているが彼女は気づかない。
 その様子を面白そうな顔でサラは見ている。
「・・・爺ちゃんは騙されねぇぞ。黙って納豆くえや」
 デカイお盆に朝食を満載した記四季が居間に来ると都は力尽きたように項垂れた。












・・・




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー