メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サラ


 砂漠。
 このあたり一面の砂と、どこまでも広がる広大な風景がわたしは好きだった。
 今、わたしは砂漠の中にある丘の上にいる。
 ストライクイーグルに寄りかかり、黙々とスナイパーライフルを弄っていた。
『さすがと言うかなんと言うか。あんたが持ってると決まるわね』
 ボルトを操作し初弾をチャンバーに叩き込む。ボルトを少し引き装填を確認してからセーフティをかけ、ストックを下にして壁に立てかけた。
「まぁ見ての通りミリタリー風ですから」
『話し変わるけどさ。敵さんストラーフだって。確かあの男の人の・・・黒い方だったかな? お姉ちゃんのノワールみたいにカスタム機って訳じゃないみたいだけど』
「・・・・ですか。しかしマイはともかく、ノワールって元ファーストランカーでしたよね? それを打ち破るとは・・・」
『本調子じゃなかったんでしょ。まだ慣れてないっていってたし』
 わたしは会話しながら砂の上に腹ばいになり、スナイパーライフルを構える。
 スコープを覗くと、十字のヘアラインの向こうにはるか遠くの風景が見えた。
 目標確認。
十字のヘアラインの向こう側では悪魔型のストラーフが一機、砂漠の暑さに喘いでいた。
「・・・撃ちますか?」
『まだ遠いわね・・・・いっその事おびき寄せる?』
「ナイスチョイスです。ではそのように」
 そういいながらわたしは発炎筒を投げる。
 それはわたしよりも風下に落ちて、煙を上げる。
 後は待つだけだ。
「しかし参りましたね。相手はストラーフですか」
『何、苦手なの?』
「はい、懐に潜り込まれるとキツイです」
 わたしはライフルを少し動かして、適当に配置したクレイモア(地雷)の位置を見る。
 この位置なら・・・・うん、ここに来るまでに二、三個は引っかかりますね。
 スコープの向こう側では煙に気づいたストラーフがこっちに向かって走ってきていた。
 あの速度・・・エンカウントはまだ先になりそうですね。
「・・・・・ヒマだ。物凄いヒマだ」
『・・・いや、スナイパーだし仕方ないって。そこらへんは向こうもわかってくれると思うわよ・・・?』
「砂に埋ってひたすら待ち続けているとですね。いい具合に眠くなってくるのです」
『バトル中に寝たら怒るわよ?』
「大丈夫です。間合いに入れば即殺です」
『アンタはどこぞの格闘家か!? そもそも狙撃銃に間合いも何もないじゃない!?』
「有象無象の区別なく、我が弾頭は結構許す」
『許すな! ちゃんと仕事しなさいよ!!』
「奴は大変なものを射抜いていきました ――――――アナタの内臓です」
『グロイ!? 何で心じゃなくて内臓なのよ!? それたんなる殺人じゃない!!』
「いやいやハルナ、そこは神姫には内臓なんてないってツッコミじゃないと」
『絶対ずれてるわよその発想! いや確かに無いけど!』
「そうこう無駄口叩いてるうちに、敵さん間合いに入りましたよ?」
『だったら早く撃ちなさいよ!?』
 はるか遠くの方で、地雷が爆発する音が聞こえた。
 まぁ地雷一発じゃ死なないでしょう。
「サラ・フォートブラッグ。有象無象の区別なく、我が弾頭は許しはしない ―――――――行きますよ」
 そう呟くと、わたしは引き金を引いた。



「(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。」




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー