※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リモチューブ:常春で緑の星

概要

直径 現在公式設定なし
人口 現在公式設定なし
宇宙人くんサイズ 現在公式設定なし
惑星列幅 9列

常春の気候に包まれた緑の楽園。
肉食性の生物がいないこの星では文明いらずのリモチューブ星人がエコロジカルな生命体として進化。
重力が弱いこの星で、ピョンピョン飛び跳ねて忙しく生活している。
カタマリが跳ねるように上下動するダイナミックなジャンプタイプ。
なぜか、リモチューブ星人だけ目が2つある(他は0~1個 ルミオスは4個?)

文明が無いように書かれているけど、どうやってメテオに対抗してるんでしょうか。う~ん…。
もしかしたら直接メテオ動かせるほどの巨体だったりして・・・

肉食性の生物がいないということは、草食動物達は殖え放題ってわけだ。
そんなんでちゃんと生態系成り立つのだろうか。

余談だが、BGMはルミオスと同じ形式で、音楽が変わっていく。
その音楽は、カーニバルパレードを思わせるかのような、かなりノリノリな曲である。
滅亡すると緑の楽園が荒地と化す。まさに滅亡。それでも音楽はノリノリなままだ。

プレイしているとわかるが、背景にはリモチューブ星人以外にも何か(豚?)別の生物がいる。

合成条件

惑星『ジャゴンボ』を所持していること。
植物 :10000
生物 :10000


性能詳細

中~上級者向け

重力が弱いという設定の割には重力を強く感じる挙動で、
カタマリの上昇や下降の速度が非常に速い。
さらにメテオの重さの影響が強く、量が多くなるとほとんど飛ばなくなる。
この特徴から空中での操作は厳しくなる。
ぶっちゃけて言うと高く飛ばない&ジャンプ中の展開を早送りしたジャゴンボ。

点火力ボーナスの上がり方は緩いが、7~9次点火時に打ちあがってくれる。
そのおかげで点火数・回転率が増え得点力がとても高い。
ただし、降ってくるメテオの種類が多いので消し辛い。

また、攻撃メテオが降ってくる速度が遅い。(通常のメテオは普通)
なので攻撃されると通常のメテオが降るまで長い時間が空くことになる。
この間に土台をしっかり作ることがポイントになりそうだ。
攻撃メテオの落下速度の遅さゆえに縦列は押し返しやすいが、
流星群だとメテオが流星に引っかかって中々落ちてこない。
また、通常攻撃も連続で落とされると場合によっては完全に還元待ちになってしまう。

ジャゴンボ以上に還元速度は優れており、後半でも還元速度が遅い。
よって適当に点火させておいてから1つのカタマリにまとめれば
ダメージを受ける事も少なくなる。

ただし、すさまじい得点力と高い防御力から「滅亡しなければ勝てる」星のために忌避されがち。
通常対戦ではあまり使わないほうがいいと思われる。

毒メテオは333個打ち上げてやっと1個手に入るぐらいの確率で降る。思ったより少なく感じるかも。

出てくるメテオの割合


生物 100 |||||||||||||||||||| 33.2%
植物 60 |||||||||||| 19.9%
50 |||||||||| 16.6%
大地 30 |||||| 10.0%
30 |||||| 10.0%
20 |||| 6.6%
10 || 3.3%
1 | 0.3%
レア |

得点別階級分け


初心者 ~99999
初級者 100000~
中級者 250000~
上級者 400000~
超上級者 550000~
玄人 700000~
800000~

メテオ一覧


大地
電気 植物 生物
カス

攻撃メテオ一覧


1P 2P
3P 4P
5P 6P