※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メックス:機械化された鉱物

概要

直径 1000km
人口 2千万人
宇宙人くんサイズ 1.4m
惑星列幅 7列
音楽 ファミコミック

宇宙をさすらう鉱物であったメックス。
宇宙から流れ着いた産業ロボットのメックス星人が機械惑星に変えたのだ。
ミシンをかけるように回路を編み出すという高度な技術を持ったメックス星人。
メックス星人も一気に流れ着いたわけじゃなく、
メックス星人がメックス星人を造りだしたのだろう。
でもそれだとネズミ算でどんどん増えてしまうが。
増産の限界は材料が無くなったときか?
っつーか、ロボットを電源付いたまま宇宙に流すなよな…

一部では、グランネスト星人の主人ではないかと疑われている。

音楽は、「ファミコミック」。
その名のとおり、古きよき懐かしい電子音がピコピコ鳴っている。
公式サイトでは、打ち上がり方を「出来の悪いファミコンゲームみたい」と言われるほど。
思わず微笑ましくなるようなBGMである。
高度な技術を持つという設定と、ファミコン音のギャップがまたいい味を出している。

合成条件

風   :800
火   :1000
水   :350
鉄   :1500
電気 :500

ポイント :500

性能詳細

中級者~上級者向け

打ち上げ力や打ち上げの速度が常に一定という変わった特徴を持つ。
カタマリが重くても軽くても同じだけ打ちあがり、同じ速度で落下する。
そして、何回点火しても打ち上げ力が一定。
また、カタマリの下降速度も一定でタイムアクセルの影響を受けない。

なので、全列を打ち上げてフルアクセルで点火を続ければ
1回の点火で大量の攻撃メテオを送れるため、
相手の画面をノーマル攻撃で埋め尽くす『圧殺』が簡単にできる、
強力なピストン惑星として挙げられている。
さらには攻撃間隔も非常に短いため、攻撃面はとにかく強い。

DSでは点火している燃えカスが消えるとカタマリの上昇力がなくなったが、
メテオンではそう言う事が無くタイミングを合わせて空中で二次点火をするだけで全消しができる。
しかし、同時点火時の打ち上げ力ボーナスはなく、
どのような点火方法をとっても常に打ちあがる高さは一定。
これらの特徴からピストンに走るか、全消しに走るかは個人の自由である。

常時アクセルの練習には良さそうな惑星。
ただし、アクセルのオン・オフに関わらず落下が速いので
あまり初心者にはお勧めできないかもしれない。
とても個性的な特徴を持つ惑星なので、慣れれば楽しい。
が、強力な攻撃力を持つ課金惑星のため通常対戦では疎遠されがちな傾向にある。

ピストンは土台部分はあまり点火せず、攻撃メテオの緊急回避専用につかうといいのかも。
(攻撃メテオの落下はかなり早いため、柱列をシュートで返すのはかなり難しい)

鉄、電気が大量に出てくるので、グランネストの素材集めにはいいかもしれない。
が、通常対戦では疎遠され、集中攻撃を食らうことも珍しくないので
やるときは素材集め部屋を建ててやるように。

出てくるメテオの割合


100 |||||||||||||||||||| 33.3%
電気 80 |||||||||||||||| 26.8%
40 |||||||| 13.3%
40 |||||||| 13.3%
40 |||||||| 13.3%
レア |

得点別階級分け


初心者 ~99999
初級者 100000~
中級者 250000~
上級者 400000~
超上級者 550000~
玄人 750000~
900000~

メテオ一覧


大地
電気 植物 生物
カス

攻撃メテオ一覧


1P 2P
3P 4P
5P 6P