※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アロッド:小惑星の集合体

概要

直径 現在公式設定なし
人口 現在公式設定なし
宇宙人くんサイズ 現在公式設定なし
惑星列幅 9列
音楽 ボレロ(のアレンジ・正式名不明)

ちりも積もれば一人前の星となる。
宇宙を漂う小さなアステロイド群が互いの重力に引かれて集まったのが惑星アロッドだ。
重力が極端に弱いこの星では、蛇形のアロッド星人がのらりくらりと漂い暮らしている。
ゆっくりと伸びのある上昇と下降で無重力状態のような浮遊感が特徴。

何気に、メテオン公式のムービーで登場していた。
オリジナル惑星なのにこれだけ元から期間限定ではなかった。
他の3つは光・闇が多いか毒が出るけど…そんな理由?
まぁ初心者向けの使いやすさだし、性能と同じようにゆったり気長に合成しろということかな

音楽は、モーリス・ラヴェルのボレロをアレンジしたもの。
惑星の性能と同じく、ゆったりとした曲である。
どこかで耳にした事があるのでは?
対戦に疲れたら、ここで音楽と背景に癒されるのもまた一興。

合成条件

大地 :30000
電気 :30000
氷   :30000
光   :3000
闇   :3000

性能詳細

初心者または上級者向け

非常にゆっくりだが打ち上げ力は上がっていくのでずっとピストンする事は不可能。
遅さに反して、アクセル時のカタマリの落下は意外と早い。ストンと落ちる。
また、上昇速度とアクセルオフの時のメテオの落下速度は驚くほど遅い。
状態に応じてやばいと思ったらアクセルを緩めていこう。

自然落下メテオ、攻撃メテオはものすごくゆっくり落ちてくる。
押し下げには弱いが、点火用のメテオがなくならない限りピンチにはなりにくいだろう。
ただし還元は若干早め。
シュートすると中々落ちてこないので不用意にするとピンチになるかもしれない。
それ故、縦列をシュートで押し返すのはやめておいた方が良い場合も多い。

また、ゆっくりの惑星にしては珍しく攻撃力は数値上、実質ともにあまり高くは無い。
打ち上げ方によっては大量のメテオを飛ばせるが、攻撃間隔がとにかく長いためだ。
その代わりなのか、防御面が秀逸で、非常に滅亡しにくい。
しかし、得点力は低いため、スコア合戦には非常に不利になる。勝つなら0滅亡を目標にしよう。
ブビットと違い、同時点火による上昇力UPもわずかに存在する。

色もかなり揃えやすく、標準的な広さで、ずっとアクセル踏ま(め)ない初心者には最適の惑星。
オレアナと併行して、このあたりでアクセルの使い方をじっくり習得すべし。
初心者向けとしては光と闇の要求数は辛いと思うが、上記の特徴のほか
集めにくく使用量の多いメテオ(特に大地)が結構降るのでお薦め。
ほかに氷も多めに出てくる。だいたい500個打ち上げて90個手に入る。

出てくるメテオの割合


100 |||||||||||||||||||| 31.3%
60 |||||||||||| 18.8%
大地 60 |||||||||||| 18.8%
電気 60 |||||||||||| 18.8%
30 |||||| 9.4%
10 || 3.1%
レア |

得点別階級分け


初心者 ~99999
初級者 100000~
中級者 200000~
上級者 300000~
超上級者 400000~
玄人 500000~
600000~

メテオ一覧


大地
電気 植物 生物
カス

攻撃メテオ一覧


1P 2P
3P 4P
5P 6P