メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 第八間幕。
 ライトがゆっくりと明るさを強めていく。

 中央に置かれた木製のテーブル。その上に置かれたソファに座る、先ほどとは髪型もスーツカラーも違うフェスタとルクス。何らかを楽しげに話していた二人であるが、ふとこちらに気付く。
 ルクス、先に立ち上がって恭しくフェスタを手で引き起こす。フェスタ、ドレスの裾を持つようなジェスチャーを交えて立ち上がると、手に持っていた銀色のカチューシャを頭に付け直して仰々しく一礼。

フェスタ「こんにちは。お久しぶりのフェスタです」
ルクス「同じくルクスです。2036の風、第八幕をご覧頂き、ありがとうございます」

 二人、ゆっくりとソファに座る。
 ライト、照り返しが弱くなり、テーブルだけが浮かび上がる。

ルクス「姉様とお会いした時です」
フェスタ「うん、懐かしいな・・・とてもうれしかった」
ルクス「はい。12月でした・・・2036年も残り少なくなっていました」
フェスタ「そうだね。私達は一月に一度はあのデパートに行ってたけど・・・えっと?」
ルクス「私とマスターは初めて足を運んだ時です。今もまだ、二度しか行った事が無い事を考えれば、偶然というのも躊躇う確立でお会いした事になります」
フェスタ「・・・そうかな?」

 フェスタ、ちらりっと流し目でルクスを見やる。ルクス、不思議そうに首を傾げる。

ルクス「姉様?」
フェスタ「ねぇ、ルクス? 『偶然』だって思ってる? 今も」
ルクス「・・・。・・・いえ、そうですね」

 ルクス、敵わないと言いたげに肩をすくませると小さく笑う。フェスタ、にっこりと笑ってみせる。
 ライト、少し暗く。

ルクス「『神姫とは単一のオーナーしか持つ事が出来ず、対するオーナーはその神姫の所有権を持つ』」
フェスタ「そうだね」
ルクス「ならば・・・神姫は一代限りの物。全てはオーナーの意志に従うべきなんでしょうか」
フェスタ「・・・夢。神姫が未来に描く事が出来る、小さな、けど。確かな物」

 フェスタ、優しげに胸の前で手を合わせる。ルクス、その姿を銀色の瞳に映し、やがて。目を瞑る。

ルクス「小さな我ら。出来ることもまた小さいかもしれません」
フェスタ「だけど、夢に向かう事はきっと・・・小さくない」
ルクス「はい。確かに」
フェスタ「うん、決して小さくなんてない。とてもとても、ステキな事だと思うな」

 ライト、更に暗く。ふっと、二人が悲しげな表情を浮かべる。

フェスタ「・・・夢に向かって頑張る力。夢に向かって歩く想い。夢を描いて空を見上げる瞳・・・」
ルクス「それらは。夢の中に逃げ込み、心を塞ぐ事とは違う事・・・」
フェスタ「夢に逃げないで・・・夢を見ることで逃げ続けないで! それは夢を描く事とは違う!」

 フェスタ、涙を浮かべ、首を振りながら大きな声で言う。
 それを見て、しばし沈黙していたルクス、瞳をこっちに真っ直ぐ向ける。

ルクス「それでは皆様。いつかまたお会いします・・・」
フェスタ「・・・あと四幕。最後までお付き合い下されば幸いです・・・」

 ライト消灯。

 ・・・。
 ふっと、スポットライト点灯。
 がらんとした舞台。冷たい色の、どこかの廊下。
 その光の中心には、いつしかの・・・種。
 芽を出す気配は。
 未だ、無い・・・。

 消灯。


 第八幕。了。






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー