メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

次女の生い立ち、遠くて近き過去




暑苦しい夜が訪れる。地下は常に快適な物、と思いきや気を抜くとすぐに
湿っぽくなるので、この時期は空調をしっかりしないと寝苦しいのだな。
とは言え過度に湿気を取り去ると、今度は肌や髪によろしくない。神姫の
人工毛髪も、その影響を受けてしまう。私・槇野晶は勿論、“妹達”にも
気を遣い設定は厳密にしてある……だが、日々のコンディションもある。

「今晩は、こうか……よし、エアコンの設定終わりッ!寝るか……」
「──────なら、ロッテお姉ちゃんが神姫として産まれたのは」
「ええ、その暫く後なんですの。リーグ登録は昨年末ですけどね?」
「意外と昔から、なんですね……あたし達の中にある“コレ”って」

……部屋に入ろうとした所で、何やらロッテ達の会話が聞こえてくる。
否、それは寝物語という感覚の物であり……ロッテがアルマとクララに
語り聞かせている所の様だ。にしても“あの事”を人に語るとは……。
ロッテも心の底からアルマとクララを信頼するに至った、という事か。

「はい。プロトタイプCSCは“その人”から、マイスターの手へ」
「そしてその一つが、ボクの場合は納品時在庫不足の代替品として」
「あたしには二つ……“手術”を受けた時に、修理用部品として?」
「そうですの。そしてわたしは、マイスターの意志で残りの三つが」
「これも奇跡、かもしれませんね……マイスターの願い通りですし」

そう。彼女らの一部または全部のCSCは、バージョンが僅かに古い。
六つの宝石名を冠する現在の普及型CSC……それの最終期試作品だ。
それを得た理由か……すまんな、まだ話したくはない。だが、使用した
理由は先程彼女ら自身が復唱した通り。特に彼女らを強化しようとか、
邪な企みが有る訳ではない。CSCの性能だけなら、むしろ弱い位だ。
唯一部品としての目立つ特徴を上げれば、無色透明である事ぐらいか?

「うん。人の良き友、マイスターの良き妹……ボクらの本懐だもん」
「マイスターは照れ屋ですから、まだ人に話せないと思いますの♪」
「でも、何時か知らなきゃいけない事ですしねぇ……良かったです」
「……ふふ。すまんなアルマ、まだ事の全てを語り尽せぬ弱い姉で」

皆が『マイスター!?』と驚く。私が聞いていると、思わなかった様だ。
声を掛けた事で堂々と出られる様になった私は、皆の側……私のベッドに
腰掛けて、ロッテに続きを促す。柔らかく微笑んで、彼女は一つ肯いた。

「そのCSCを得たマイスターは、神姫と人の共存を願っていたですの」
「そう。それを立証せんが為、体現せんが為に……ロッテに用いたのだ」
「じゃああの……マイスター?もしも、ロッテちゃんの姉妹が別の……」
「ボクらじゃない別の新しい神姫でも、残りのCSCは使ったのかな?」
「そうだな。だからこそ、お前達に継承できた事は幸運だったと思うぞ」

そう。仮に居たとしたならば……だが、当初その予定は無かった。この
CSCを以て人との友好が体現できれば、それで十分だと思っていた。
だからこそ残り三つがアルマとクララに継承された事は、幸運なのだ。
ある種の“運命”であり……結ばれるべき“紅い糸”だったのだろう。
既にアルマとクララの二人以外に、ロッテと私の姉妹は考えられない。

「時はまださして流れていないが、それでもお前達は立派な“妹”だ」
「……あ、有り難うございますマイスター……あれ、目がぼやけてる」
「アルマお姉ちゃん、泣いてるのかな。でも、本当に嬉しいもんね?」
「もう、二人ってばしょうがないですの~♪……それなら、えいっ♪」

ロッテに抱きしめられ、慌てる二人を見つつ思う。何時か、全ての過去を
話せる時が来たら、すぐに話そう……とな。私自身も彼女らにも、若干の
痛みを伴う事件なのだがな……だが、知らぬ方がいい事実とは思えない。
真に“姉妹”ならば、時間は掛かってもお互いの全てを晒け出すべきだ。
今すぐ言えぬ己の弱さを痛感しつつ、私は服を脱ぎ……こら、見るな!?

「あ、マイスター……もう寝ちゃうんですか?いつもより、早いですよ」
「有無。今日の作業は終了したし、明日はアルマのバトル予定だろう?」
「あっ、そうでした!?……あたしの“魔剣”を成長させるんでしたね」
「にしても、アルマお姉ちゃんの剣は……どんな能力持ってるのかな?」

そう言い、クララがアルマの“和室”を見る。床の間モドキの台座には、
未だ一度も鞘から抜けぬ魔剣・エルテリアが静かに佇んでいた。意外にも
自分だけ使えぬ事実に、アルマは凹んでいない。曰く『魔剣の主張』故。
どうやらロッテのライナスト・クララのコライセル以上に、エルテリアは
明確な“自意識”を備えているらしいのだ。琥珀め、なかなかやる物だ。
そう言えば、コネを頼り解析に出した“四本目”……アレは何だろうな。

「それは……まだ言えません。認めるまで使わせない、って話ですし」
「なら、一刻も早く認めてもらえる様に頑張ってみるといいですの♪」
「もちろんそのつもりですッ。明日は勝ちますよ、CSCに誓って!」
「誇らしき水晶の魂、“プロト・クリスタル”に誓って……なんだよ」
「その意気だぞ皆!さぁ、寝ようか。明日は朝から気合を入れようぞ」

……会話の隙に、お気に入りのパジャマへ着替えた私がブランケットを
羽織る。それと並行し、お揃いの寝間着を着た三人も、東杜田技研製の
“ふたごのおひめさま”と特製の増設クレイドルに入り、眠りに就く。
和室で寝る時も有れば、こちらで寝る時もある。要はその日の気分だ。

「こうして、何時までも一緒に寝られるといいな……じゃあ、おやすみ」
「はい……♪おやすみなさいですの。アルマお姉ちゃん、クララちゃん」
「そうだよね、可能な限りずっと一緒に……おやすみなさい、なんだよ」
「おやすみなさいっ……ずっとずっと、行ける所まで生きたいですね♪」

──────もう二度と失いたくないから、だから一緒だよ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー