メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

和の心とは即ち、居住まいに宿り




さて……あの買い物から、数日が過ぎた。既に“個室”増設用の建材類は
私・槇野晶の元へと届いているが、実際の和室は未だに完成していない。
否。より正確には、もう間もなく完成する所だ。そう、共に頼んだ和装も
もうそろそろ仕立て上がるらしいのでな、それに併せて作っていたのだ。

「ふむ……集光ケーブルは正常と。縁側はこれでいいか三人とも?」
「あ、はいっ……それにしても今日は雨なのに、明るいんですねぇ」
「侮ってはならん、一応外とほぼ同等の光量を確保出来るのだぞ?」
「……地下暮らしだから、太陽光は重要なんだよアルマお姉ちゃん」

ベッド横のスペース奥……即ち和室の奥には、三部屋共通の“縁側”を
用意した。折角の和室なのだ、これ位は凝ってみたいのが人情だろう。
集光ケーブルも複数増設し、換気口もバイパスを設けた。これによって
若干の苦労は伴うが、地上に造る庭とさほど変わりない景観は保てる。
出来映えを確認し、クレイドルの配線を確認。間仕切りは後ハメ式だ。
設置方向と向きが限られるものの、こう言った工夫には慣れていてな。

「さて、ロッテ達や。めいめいが持ち込む家具は、決まったのか?」
「準備オッケーですの♪“基礎工事”が終わればすぐ搬入しますの」
「ふむ……クレイドル、動作試験開始……一号、OK。二号、三号も」

頼もしいロッテの声を聞きつつ、私は装着しているウェアラブルPCで
“和壱式”を初めとしたクレイドル等の神姫用電装品を、調べていく。
チェックは十分と掛からず正常終了。間仕切りを嵌め込み、完成だッ!

「よし、これで出来た……では、出かけている間に搬入しておくれ」
「お出かけなの?……あ、着物を取りにいくのかな、マイスター?」
「そうだ。予定では今日か明日らしいので、一応行ってみようとな」
「わかりましたの、楽しみにしていますの~♪さ、始めましょっ?」

ロッテが音頭を取って作業し始めたのを見届け、私は白衣を脱いで出る。
目的地は新宿の呉服屋だ。寄り道が無い分、移動はスムースに完了した。
そこでは、京美人の店主がはんなりと私を出迎えてきた。荷は……四つ。
そう。ロッテの策略により、私用の着物も一つ仕上がってしまったのだ。

「毎度、おおきに。御嬢はんらの頼んだ着物……丁度出来ましたえ~?」
「む、そうか……しかし、一つ気になるのだがな。聞いて良いか店主よ」
「なんなりと。お代はもらった分で足りますけど、どないしましたの?」
「いや……あの娘らもそうだが、私に着物は似合うのか?という点がな」
「大丈夫違います?黒髪も綺麗やし、襟足もしっかり残してはりますし」
「……では、後は“アレ”を教えてくれぬか。やはり和装は不慣れでな」

私の仕草で店主は理解したらしく、それから私は数十分の間みっちりと
“手解き”を受けた。洋装とは言え普段から布を扱っていた為なのか、
自分でも意外な程、それはすんなりと私の手に収まった。良い事だな。
ちなみに、着物を纏う際には後頭部の生え際……“襟足”がある方が、
何かとうなじ周りの見栄えが良いらしい。長髪で幸運だったな、有無。

「おおきに。また御入り用の際には、なんなりと申し付けて下さい~」
「有無、あまり頻度は高くないだろうが……その際には宜しく頼むぞ」

今後も利用する可能性は真剣に未知数なのだが、一応礼を尽くさねばな。
というわけで風呂敷に着物を包み込み、私はアキバへと舞い戻ってきた。
そして、自室に入り……彼女ら三人の小さな着物を携えて、奥へ向かう。
すると横穴には、立派な日本家屋が出来上がっていた。一時間程度でだ!

「おお、もう済んだのか。立派じゃないか!む、床の間には……魔剣?」
「……うん。やっぱりコレを飾る為のスペースは欲しかったんだよ、皆」
「えっと。後はほら、生け花とか掛け軸とかで個性を出してみました!」
「後は、この部屋に似合う着物を身につけるだけですの♪マイスター?」

落ち着いた家屋の廊下側……つまり、出口から三人が出てきて見つめる。
そうなのだ。和装を手に入れる事となった“妹達”だが、彼女らは実の所
着付け方を知らんのだ。私も同様だったが、先程店主に教えてもらった。
そう、自分自身を実験台として懇切丁寧にな。時間は喰ってしまったが、
その分付け焼き刃ながらも、一通りの事は教わった。早速それを発揮だ!

「よし、では順番に着付けてやろう。最終的には、己で覚えるのだぞ」
「あ……わ、分かりましたっ。じゃあ……お願いします、マイスター」
「う、有無……よし、動くなよ。少々キツイかもしれぬが……よっと」
「んく……っ、結構しっかり締め付けるんですね?はふぅ……んっ!」

……アルマや、頼むから半裸の状態で艶めかしい声を出さんでくれッ!
このまま引っ張って、脱がしてしまいたくなるではないか。全く……。
必要以上にドギマギしながらも、三人の着物をしっかりと着せてやる。
桃色・浅葱色・青竹色……三姉妹のパーソナルカラーに準えた逸品だ。

「さ、どうだ。着付け終わったぞ……って、何か不満そうだなロッテや」
「マイスターも和服を着てくださいのッ!きっと出来上がってますの♪」
「う゛ぁ……お、覚えていたのかッ!少々恥ずかしいが、待っていろ?」

だがその美貌を検分する暇もなく、私自身も着物を纏うハメになった。
……洋服を脱ぐ背中に、6つの視線が突き刺さる……肌が燃えそうだ。
だが、此処で止めては余計に恥ずかしい。習った手法を活かし、着る。

「さ、ど……どうだお前達。これで一緒だぞ……似合っているな、有無」
「……褒めても、何も出ないんだよマイスター?……でも、嬉しいかな」
「ふぇ、そ……そうですか?何だか躯がぴしっとしてくる感じですっ!」
「そこは雰囲気って物がありますの、アルマお姉ちゃん。にしても……」

ロッテの言葉で、お互いがお互いを見合い……そして、ゆっくりと私の
肩へ登ってきた。普段の派手なジャンプではなく、腕の橋を渡ってだ。
そして、三人で左肩に腰掛けて……思わぬ事を囁きかけてきたのだな。

「マイスターの黒髪、紫紺のお着物にぴったり似合っていますの……♪」
「そう、ですね……結い上げた黒髪も、何時も通りとっても艶やかです」
「な゛!ほ、褒めても何も出ないぞお前達……!?ドキドキ、するぞ?」
「居住まいが何時もと違うから、ボクらもマイスターも余計に……かな」

──────まずは形から。そして澄んだ心を育むんだよ。







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー