メニュー

トップページ
作品ページ
サイト内検索

作品別直リンク

(最終更新年度順)

完結作品

武装神姫のリン
戦う神姫は好きですか
妄想神姫
ツガル戦術論
2036の風
剣は紅い花の誇り
クラブハンド・フォートブラッグ
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
ウサギのナミダ
アスカ・シンカロン
引きこもりと神姫
キズナのキセキ
魔女っ子神姫☆ドキドキハウリン
浸食機械
ゆりりね!

2015年

えむえむえす ~My marriage story~

2014年

ぶそしき! これから!?
デュアル・マインド
15cm程度の死闘
悪魔に憑かれた微駄男
Nagi the combat princess
えむえむえす ~My marriage story~

2013年

ねここの飼い方
白の女神と黒の英雄
深み填りと這上姫
キズナのキセキ
武装食堂
二アー・トゥ・ユー

2012年

美咲さんと先生
二人のマスター
類は神姫を呼ぶ
浸食機械
引きこもりと神姫
ライドオン204X
フツノミタマ
白濁!? 阪高神姫部
白い英雄を喰う黒い女神
マイナスから始める初めての武装神姫

2011年

流れ流れて神姫無頼
アスカ・シンカロン
MMS戦記
天海市神姫黙示録
UGV(仮)
Forbidden Fruit
すとれい・しーぷ
車輪の姫君
樫坂家の事情!
Slaughter Queen Esmeralda.

2010年

おまかせ♪ホーリーベル
戦うことを忘れた武装神姫
Gene Less
The Armed Princess―武装神姫―
ウサギのナミダ
PRINCESS BRAVE
神姫☆こみゅにけ~しょん
アルトアイネス奮闘姫
ロンド・ロンド

2009年

せつなの武装神姫
双子神姫
鋼の心 ~Eisen Herz~
犬子さんの土下座ライフ。
狛犬はうりん劇場
Memories of Not Forgetting
Knuckle princess

2008年

武装神姫のリン
『不良品』
師匠と弟子
マリナニタSOS!(仮)
橘明人とかしまし神姫たちの日常日記
戦う神姫は好きですか
スロウ・ライフ
徒然続く、そんな話。
妄想神姫
幻の物語
神姫ちゃんは何歳ですか?
剣は紅い花の誇り
EXECUTION
武装神姫~ストライカーズ・ソウル~
神姫長屋の住人達。
三毛猫観察日記
クラブハンド・フォートブラッグ
武装神姫と暮らす日常
ネコのマスターの奮闘日記
ホワイトファング・ハウリングソウル
ハウリングソウル
Heart Locate
トバナイトリ>トベナイトリ
3Sが斬る!
天使のたまご
Raven and Cat~紅き瞳と猫の爪~
神姫大作戦
蒼空~アオゾラ~

2007年

Mighty Magic
神姫狩人
凪さん家シリーズ
HOBBY LIFE,HOBBY SHOP
いつか光り輝く
幸せな神姫を戦場に立たせる会
春夏秋冬
アールとエルと
Twin Sword's
俺とティアナの場合
ツガル戦術論
2036の風
きしぶし!
流れ星シィル-銀河流星伝説-
神姫ガーダーシリーズ
sister G princess
Les lunes
Second Place -Howling-
Elysion
Report "vanish archetype"

鳳凰杯・まとめページ

単発作品用トップページ

武装神姫SS総合掲示板

2036年 武装神姫の世界 (公式設定)


50音順キャラクター図鑑
標準武装一覧
標準装備一覧
企業一覧
アマチュア・個人製作パーツ一覧
wiki相関図
キャラ相関図(2chまとめ版)
小道具関連設定
〈2つ名〉辞典



※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

● 三毛猫観察日記 ●



◆ 第六話 「誘われて・沖縄」 ◆



羽田空港から飛行機で3時間、那覇空港からモノレールで30分。俺達は今、
世界遺産である首里城の前に立っている。
「高槻先輩…僕、確か4時間前まで東京の部室に居たハズなんですが?」
「小暮君、安心しろ。俺もそのハズだ」
忘れてた。アキオってこういうヤツなんだ。思い立ったら即実行。金に糸目は付けないし、
周りの人間を巻き込む。コッチの都合なんて考えない。
俺達の周りではミア達が何故かフラダンスを踊っている。オマエラ楽シソウダナ。

それから暫くして、赤峰さんが迎えに来た。
「お待たせ!徳田君、サンタ子ちゃん。いきなりだからビックリしたよ!」
「急ですみません。それでコッチが高槻虎太郎とミア、ソッチが小暮拓斗と小春です」
「こんにちは!」「ミアちゃんだよ~ヨロシク!」「始めまして!」「お世話になります!」
「ようこそ沖縄へ!それでコレが…ウチのマヤーだ」
赤峰さんがバッグを開けると、一体のマオチャオが顔を出した。
「みんなよく来たニャ、マヤーも歓迎するニャ~!」
 (「うわぁ、ニャって言ったぞ!?」「ニャって言いましたね!」「カワイイ~♪」)

それから赤峰さんの案内で公園から約10分、旅館「秀山荘」に着いた。
ミア達はロビーでウェルカムフラワーを貰って嬉しそうにしている。
「本当は国際通りでも見物してもらいたいけど、もう遅いからね…今日はゆっくりして
 明日遊んでくればいいよ」
「ああ赤峰さん、今日俺達が来たのって…」
「解ってるよ、メシを食ってから話そう。用意するから風呂にでも入っててくれ」

で、俺達三人は和室でくつろいでいる。その側には四人の神姫が姦しい。
「ミアは雑種の三毛猫だけど、マヤーちゃんは何て猫なの?」
「マヤーは普通の猫じゃないニャ、イリオモテヤマネコなのニャ!」
「あ、私知ってます!沖縄にしか居ないヤマネコさんなんですよね?」
「そうニャ、野生の猫なのニャ!」
「でもマヤーさんホントお久しぶりです。半年ぶりぐらいでしょうか?」
「多分そのくらいニャ~。サンタ子、なんか前より老けたニャ」
「!?(こんのガキャぁぁ~~~!!!)」

「それじゃミア、俺達風呂に行ってくるわ」俺達は浴衣を持って立ち上がった。
「行ってらっしゃい~!」
「そうニャ、ウチは神姫用の浴場もあるから、マヤー達もみんなで入りに行くニャ」
小春の瞳がキラーンと光ったような気がした。

 (ヒ・ミ・ツ!)

風呂でのぼせた小春を看病していると、赤峰さんと女中さんが料理を運んできた。
メニューは豚の角煮やゴーヤサラダといった沖縄料理が中心だが、メインディッシュは
何故かすき焼きだった。
「沖縄じゃ結構すき焼きを食べるよ。ウチなんて大晦日の定番だし」へぇ、そうなのか。
で、赤峰さんを交えて会食、ってか宴会。
食事が終わると、ミア達は復活した小春と一緒にロビーに遊びに行ってしまった。
そして赤峰さんが語り始める。

「マヤーの俊敏な動き、あれは脚力とバーニアの併用によるものなんだ。装備の
 出力のほとんどを移動能力に費やしているから、実はパワーはあまり無いんだ」
「なるほど…それでパワー不足を補う為に、あの巨大な剣なんですね?」と小暮君。
「まぁそれもあるけど…アレは桜花さんの花鳥風月に対抗して用意したものだからね」
そう言ってコップのビールを飲み干した。

「そうそう、コレを渡しておくよ。メカニックは高槻君だったよね?」
赤峰さんはポケットからナノSDカードを取り出し、俺に渡した。
「これは?」
「中にマヤーのバーニア武装「雷迅システム」のデータと、その出力コントロールグラフが
 入っている。君ならこのデータを役立ててくれるだろう」
「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!それってつまり、マヤーの戦闘ノウハウって事じゃ
 ないですか、そんな大切なもの、受け取れませんよ!!」
「いや、いいんだ…どうせもうマヤーには必要無いものだし。桜花さんが死んでしまって、
 マヤーの戦う理由は無くなってしまったからな…」
赤峰さんが、遠い目をした。
「その代わりお願いがあるんだ。いくら強力な装備や戦術だろうと、機械なんだから
 限界はある。「神姫」が「機械」のままでは特にね。
 俺はね、それを使う「神姫」が「人間」として成長して初めて、それは限界を超えた
 性能を発揮すると思うんだ。
 だからこのデータを活かす為にも、神姫達とは人間と同じように接してやってくれ…」


次の日。俺達は午前中の便で東京に帰ることにした。
「もう少しゆっくりしていけばいいのに…」
「いやぁ~考えてみたら急に来ちゃったから、家の事とか明日の準備とか心配で」
アキオ、何故その心配をあと18時間早く出来なかったんだ。
「また今度、ゆっくり来ますね」
「ああ、待ってるよ!」

空港には赤峰さんが車で送ってくれた。そしてアキオがカウンターへチケットの手配を
しに行ってる間に、俺に60センチぐらいの箱を渡してくれた。
「マヤーがミアちゃんに渡してくれって言ってね」
箱を開ける。中にはあの『斬岩剣ベースラード』が入っていた。
「これを、ミアに…?」赤峰さんの肩のマヤーを見る。
「桜花姉ちゃんの花鳥風月は今も戦ってるニャ。だからせめて、この剣だけでも一緒に
 戦わせてやって欲しいニャ。剣の心を連れてって欲しいのニャ…」
「マヤーちゃん…」俺の肩に乗っているミアが呟いた。

2階の出発ロビーで赤峰さん達と別れた後、ミアが言った。
「コタロー、この剣、ホントに重いね…この剣の重さ、ミアちゃんにも解るよ…」
「そうだな、ミア。本当に…重いな」



第七話 ミア!電光石火!! へ進む

第五話 アタシも日記を書いてみよう へ戻る
三毛猫観察日記 トップページへ戻る




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー